アニメ
夏アニメ『白聖女と黒牧師』放送直前!声優・澤田 姫(セシリア役)インタビュー

夏アニメ『白聖女と黒牧師』放送直前!セシリア役・澤田 姫さんインタビュー|序盤の見どころは、ローレンスの鈍感さに振り回されるセシリア!? 恋心が見えるシーンで印象に残ったディレクションとは?

可愛いけどだらけグセのある聖女さまと、真面目で過保護で料理上手な牧師さまの二人が繰り広げる“無自覚いちゃラブコメ”作品『白聖女と黒牧師』(和武はざの著、講談社「月マガ基地」連載中)。

本作のTVアニメが2023年7月からスタートします。アニメイトタイムズでは、放送を記念し、ヒロイン・セシリアを演じる澤田 姫さんにインタビューを実施!

可愛いけどだらけグセのある「聖女」セシリア、彼女がひそかに想いを寄せるも鈍感で気付かない「牧師」のローレンス。二人の印象や作品の魅力についてはもちろん、本作が初レギュラー&初主演となった澤田さんにとって印象的だったことについても語っていただきました。

関連記事
白聖女と黒牧師
とある教会。そこには可愛いけどだらけグセのある聖女さまと、真面目で過保護で料理上手な牧師さまが住んでいました。穏やかな日々の中で、密かに恋する聖女と鈍感な牧師が繰り広げる、"無自覚いちゃラブコメ"。もどかしい二人の関係が行きつく先は――!?作品名白聖女と黒牧師放送形態TVアニメスケジュール2023年7月12日(水)〜2023年9月27日(水)TOKYOMX・BS11ほか話数全12話キャストセシリア:澤田姫ローレンス:石川界人アベル:石谷春貴ヘーゼリッタ:中村カンナメル:戸松遥レベッカ:中原麻衣エリック:小市眞琴ギーゼルベルト:前野智昭フレデリカ:上田麗奈スタッフ原作:和武はざの(講談社「月マガ基地」連載)監督:野呂純恵シリーズ構成:山田由香キャラクターデザイン:中川洋未美術監督:中村千恵子色彩設計:真壁源太撮影監督:杉浦誠一編集:武宮むつみ音楽:川田瑠夏音響監督:土屋雅紀アニメーション制作:動画工房製作:「白聖女と黒牧師」製作委員会主題歌OP:「コイセカイ」ClariSアニメイト通販での購入はこちらED:「トコシエスタ」ササノマリイ公開開始年&季節2023夏アニメ電子書籍『白聖女と黒牧師』電子書籍(コミック)(C)和武はざの・講談社/「白聖女と黒...

セシリア役が初レギュラー&初主演! 澤田さんとセシリアは似ている点がいっぱい?

――まず皆さんへ自己紹介をお願いします。

セシリア役・澤田 姫さん(以下、澤田):はじめまして、澤田 姫です。初対面の方によく「芸名ですか?」と尋ねられますが本名です。オーディションの時も野呂(純恵)監督とその話題になりました(笑)。

テーマパークに行ったり、一人でぶらぶらお散歩するのが好きです。自然に触れるのが心地よくて、道すがらお花の写真を撮ったりしています。あとは、周りの方から「意外だね」と言われることが多いんですが、アクションやアクロバットが好きで、友達と集まってバク転の練習などをしています。

この作品に関わるようになってからは、スタッフさんやキャストさんからよく「セシリアに似ているね」と言われます。最初は「私なんか、彼女と程遠いですよ」と答えていましたが、よく考えてみたら、おうちでだらだらしているところとか、思ったことがすぐ表情や言葉に出ているところとかは似ているかもと思いました。

――いい意味で素直なところがセシリアと似ていると皆さんが感じられたのでは?

澤田:そうだといいです(笑)。

短所は、長所と被りますが、感情を隠せないところです。不安そうにしていると家族や友達にすぐに見抜かれてしまいます。あとは、不器用なところとか、よく転ぶところとか。思ったよりもセシリアとの共通点がいっぱいあります(笑)。

食べることも好きです! お菓子が好きで、焼き菓子ではスコーンやマドレーヌとか……あっ、スコーンが好きなのもセシリアと同じですね。セシリアは“ローレン(※)が作る”スコーンという条件付きですけど(笑)。卵を使った料理も好きです。オムライスや卵かけごはん、サンドイッチとかですね。

※:セシリアがローレンスを呼ぶ時の愛称

――料理を作るほうはいかがですか?

澤田:料理はちょっと……。最近、さすがに料理ができないのはまずいなと思って、少しやり始めましたが、肉まんを作った時、それをツイッターにアップしようとしたら、お母さんに「みんなに引かれるからやめなさい」とストップをかけられました。電子レンジでゆで卵を作ろうとして爆発させてしまった時から「お願いだからキッチンには入らないで」と出禁になってしまって(笑)。今は、スコーンを作りたいなと思って、何度もお母さんと交渉を続けて、少しずつキッチンへの侵入を試みている最中です(笑)。

――澤田さんは見た目がお嬢様っぽいのに、たくさんおもしろエピソードがあるんですね。

澤田:えっ!? お嬢様っぽく見えましたか? やった! すごく嬉しいです! それだけで今日は幸せです。幻滅されてしまったかなと心配だったので良かったです。私、よくしゃべらないほうが…と言われるので(笑)。

――澤田さんは、本作がアニメ初主演作になるそうですが、決まった時の感想は?

澤田:もちろん嬉しかったのですが、それ以上に信じられない気持ちのほうが大きかったです。収録している時も、収録が終わった今も「夢だったんじゃないかな?」とたびたび思うことがあります。アニメの放送が始まって、それを目にした時にやっと実感が湧くかもしれません。

セシリア役が決まったとマネージャーさんから聞いた時はビックリしたり、喜びを爆発させたりしましたが、落ち着いた後は不安になりました。アニメではガヤやモブとして参加することはありましたが、レギュラーとして出演させていただくのも初めてですし、他の方と一緒に掛け合いで収録するのも事務所でレッスンを受けたことがあるだけで、何もわからない状態でした。

そもそも、テープオーディションを通過してスタジオオーディションに呼んでいただけたこと自体が初めてで、手応えもわからないまま、終わってしまって。「たぶんダメだったな」と思いながら家路についたんですが、後日合格の報告を聞いて、そのままいろいろなことが進んでいって。ヒロインを演じる責任の大きさや、自分の実力のなさから焦りを感じて、とにかく不安ばかりでした。

――主役どころか初のレギュラーだったんですね。第2話まで拝見しましたが、まったくそんな気配を感じませんでしたよ。

澤田:本当ですか? それなら良かったです。スタジオでは原作の(和武)はざの先生をはじめ、音響監督の土屋(雅紀)さん、ローレン役の石川(界人)さん、アベル役の石谷(春貴)さん、ヘーゼリッタ役の中村(カンナ)さんなど、キャストの皆さんに助けていただけたことが大きかったです。

収録の終盤に差し掛かる頃でも、現場に行く時は「本当にこれでいいのかな?」とか「もっと練習できたんじゃないかな?」と不安なままで。でもスタジオに入るとスタッフさんやキャストさんがいつも笑顔で迎えてくださって、優しく声を掛けていただいて、石川さんはいろいろなお話やアドバイスをしてくださいました。土屋さんもリテイクが続いてしまっても絶対に怒らず、むしろ良いところをほめてくださって。そんな温かい現場だからこそ、変に卑屈になることなく、前向きにのびのびやらせていただけたと思います。初めての現場がこの作品で良かったと思いますし、皆さんには感謝しかありません。

――コロナ禍に入ってから、スタジオに入る人数を絞った分散収録が主流ですが、更にこの作品はメインキャラの数が少ないので、よりチーム感があったんじゃないですか?

澤田:そうですね。掛け合いをする方と一緒にやらせていただけるように、スケジュール調整していただけたのでありがたかったです。

――収録はプレスコ方式(収録後に演者のお芝居に合わせて絵を調整する方式)だったそうですね。

澤田:プレスコが普通なのかイレギュラーなのかもわからなくて(笑)。ボールド(キャラクターが喋っているタイミングを示すもの)を見ながら収録するのもレッスンで1、2回やったことがあるくらいで。ただ、土屋さんからは「あまり気にしなくていいよ」と言っていただけたので、わからないながらもやりやすさを感じていました。

――いつも何人くらいで収録されていたんですか?

澤田:だいたい4人です。石川さんと私と、序盤はレベッカ役の中原(麻衣)さん、アベルとヘーゼリッタが登場してからは石谷さんと中村さんと。皆さんとても優しかったです。休憩中は私が緊張していたので、石川さんが最近買ったものとか、他愛もない雑談で和ましてくださいました。

(C)和武はざの・講談社/「白聖女と黒牧師」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング