アニメ
『白聖女と黒牧師』石谷春貴×中村カンナが掛け合いで目指したのは「兄妹のような関係性」

夏アニメ『白聖女と黒牧師』石谷春貴さん×中村カンナさんがアベルとヘーゼリッタの掛け合いで目指したのは「兄妹のような関係性」/インタビュー

2023年7月よりTOKYO MXほかで放送中のTVアニメ『白聖女と黒牧師』。

本作は和武はざの先生によって月マガ基地で連載中の漫画を原作としており、不思議な力を持つ聖女・セシリアと、真面目で料理上手だけれど鈍感な牧師・ローレンスのもどかしい関係性が描かれています。

アニメイトタイムズでは本作の第4話放送に際し、アベル役の石谷春貴さん&ヘーゼリッタ役の中村カンナさんへのインタビューを実施!

今回はアベルとヘーゼリッタの登場回を振り返ったほか、掛け合いでのこだわりや見ていてもどかしすぎるセシリアとローレンスの関係性、アフレコでの裏話などを語っていただきました。

アベルとヘーゼリッタの関係性や掛け合う上で意識した点などはぜひご一読の上、再度作品を見返してみてはいかがでしょうか!

また、本稿とは別に本作のキャストを対象としたメールインタビューも掲載中です。あわせてチェックしてみてください。

関連記事
白聖女と黒牧師
とある教会。そこには可愛いけどだらけグセのある聖女さまと、真面目で過保護で料理上手な牧師さまが住んでいました。穏やかな日々の中で、密かに恋する聖女と鈍感な牧師が繰り広げる、"無自覚いちゃラブコメ"。もどかしい二人の関係が行きつく先は――!?作品名白聖女と黒牧師放送形態TVアニメスケジュール2023年7月12日(水)〜2023年9月27日(水)TOKYOMX・BS11ほか話数全12話キャストセシリア:澤田姫ローレンス:石川界人アベル:石谷春貴ヘーゼリッタ:中村カンナメル:戸松遥レベッカ:中原麻衣エリック:小市眞琴ギーゼルベルト:前野智昭フレデリカ:上田麗奈スタッフ原作:和武はざの(講談社「月マガ基地」連載)監督:野呂純恵シリーズ構成:山田由香キャラクターデザイン:中川洋未美術監督:中村千恵子色彩設計:真壁源太撮影監督:杉浦誠一編集:武宮むつみ音楽:川田瑠夏音響監督:土屋雅紀アニメーション制作:動画工房製作:「白聖女と黒牧師」製作委員会主題歌OP:「コイセカイ」ClariSアニメイト通販での購入はこちらED:「トコシエスタ」ササノマリイ公開開始年&季節2023夏アニメ電子書籍『白聖女と黒牧師』電子書籍(コミック)(C)和武はざの・講談社/「白聖女と黒...

ローレンスとの掛け合いはキャラクターが勝手に喋ってくれるような感覚があった

――まずは作品の印象とオーディション時のエピソードをお願いします。

アベル役・石谷春貴さん(以下、石谷):オーディションを受ける時に原作を読ませていただきましたが、以前からSNSで話題になっているのは見かけていました。凄く綺麗な絵柄で優しい気持ちになれると思っていたのですが、実際に触れてみるとキャラクターたちのバックボーンがしっかり描かれていて、それだけではないことがわかりました。

大変なこともあるけれど、その上で救いがあるといいますか。セシリアやローレンスの周囲のキャラクターたちや世界観全体が優しいので、辛いことがあっても優しさに包まれているし、どこかで報われるお話になっていると思います。

アベルについては、仮面を被っているキャラクターだと思いました。オーディションの台詞は初めて教会に訪れるシーンだったのですが、そこで本心を隠しているタイプなんだろうなと感じました。

人と接する時に壁を作って、その壁からチラチラと覗いている。そうやってコミュニケーションの取り方を周囲に悟らせないようにする部分も見受けられたので、その点も意識しました。

そんな一面が僕と似ているような気もしたので、凄くイメージしやすいキャラクターでしたね。だから力を抜きながら、キャラクターたちの人間関係の潤滑油になるようにしました。

後、アベルは自分のことがあまり好きではないので、周囲が思うほど楽観的ではないのだけれど、そんな雰囲気を纏うことで穏やかな空気を作ろうとしているところも共感しやすかったです。

――人間関係の潤滑油になろうとしている、周囲を見ていると聴くとある意味では大人な印象を受けます。

石谷:逆に一番子供かもしれません。周囲を見てはいても、肝心な自分の足元を見られていないんです。自分を大事にできていないので、それを指摘してくれるヘーゼリッタは彼にとって貴重な存在だと思います。

――中村さんはいかがでしょうか?

ヘーゼリッタ役・中村カンナさん(以下、中村):私もオーディションを受けるにあたって原作をチェックしたのですが、最新巻まで一気に読めるくらい面白かったです。最初からオーディションを受けるならヘーゼリッタだなと思っていたので、彼女の視点で物語を読み進めて、フレデリカに関する背景が描かれた部分は特に感情移入しました。

フレデリカの優しさに小さな頃から接していたが故に、彼女の喪失を背負おうとする意思の強さが感じられたんです。そこが魅力的だし感情移入もできたので、オーディションを受けました。

ですが石谷さんのおっしゃる通り、それぞれのバックグラウンドが描かれているので、ヘーゼリッタだけでなくどのキャラクターにも感情移入できるんですよね。それぞれ辛いことを経験しているからこそ優しさにも個性があって、そんな優しさにどんどん包まれていく感覚がありました。

――アベルは第2話から登場しました。改めて振り返った感想をお願いします。

石谷:外面の良いスイッチがオンになっていましたね。2話のアベルが一番テンション高いんですよ。だからファーストインプレッションを大事にしているんだろうなって感じました。

物語が進むごとに馴染んでいくと、ツッコミ台詞のテンションも段々と平坦になっていきます。2話の中でも自分の事情を知る人の前では落ち着いていたりと変化がありました。彼が仮面を被っていることが理解しやすいのもこのエピソードだったかなと。

中村:確かに仮面を被っている気配はありつつも、セシリアとローレンスの関係にスッと入り込んでいました。ふたりの関係を探りつつも、ふたりにとって居心地の良いポジションであろうとする。それもアベルの良いところだし、器用なキャラクターだと思いますね。

――ローレンスとの掛け合いは昔馴染みであることが一目で理解できるような感覚がありました。

石谷:ローレンス役の石川さんが距離感の近いお芝居をしてくれました。アフレコでテストテイクの時に、もう少し仲の良い感じでというディレクションがあったのですが、そこからは距離感を掴んでスムーズに演じられました。

お互いのことを理解しているので、やっぱり探り合う必要がないじゃないですか。アベルが本当に思っていることは、モノローグで視聴者にだけ伝わるみたいなところがあるのですが、ローレンスとの掛け合いはキャラクターが勝手に喋ってくれるような感覚がありました。それくらいお互いを理解しあえているんじゃないかと思います。アベルには多少隠している部分があるのですが、ふたりは本当に良いコンビだと思います。

中村:初登場時からいままで温度感が全く変わっていなかったので、先輩方の演技は凄いなと思っていました。途中から登場するキャラクターを演じる時は現場の雰囲気を掴むのに苦労するのですが、それを感じさせない石谷さんの腕を感じましたね。第1話はセシリアとローレンスだけでしたが、第2話はアベルのおかげでまた違ったテンポ感が生まれていましたし。

石谷:あそこのシーンは「ようやくこの作品に入っていけるぞ!」という感じで楽しかったです。セシリアとローレンスにとってはある意味では異物なんだけれど、それを感じさせないコミュニケーション能力があるキャラクターなので、僕もそういう演技を意識していました。

ポジション的にはローレンスがツッコミでアベルはボケなのですが、ヘーゼリッタが登場してからはツッコミ側に回ることも出てきて。アベルはその柔軟さでみんなが馴染みやすくなるような役割を担っているんです。

――セシリアとローレンスの関係性を悟るのも早かったですよね。

石谷:あれはわかりやすいですもん!

中村:ふたりとも正直ですもんね。

一同:(笑)。

――アベルはセシリアから嫉妬されることもあるじゃないですか。掛け合ってみていかがでしたか。

石谷:セシリアが「じぇら」っていましたね(笑)。ローレンスとセシリアとヘーゼリッタとで見せる顔が違うのですが、アベルはフラットに行くことも多くて。だから、暗くならないようにとのディレクションがありました。

過去を語るシーンでは、事実の説明に終始することを大事にしていました。するとセシリアが聖女モードでアベルを肯定してくれるのですが、褒められ慣れてなさそうな一面も見られて。そうやってセシリアはアベルの本質を見てくれたので、ローレンスを任せても安心だと思ったのではないかなと。

その掛け合いでは「これが聖女様か……」というリアクションを素直に取りましたが、セシリアのぐーたらな部分も知っているので、ただローレンスが好きな女の子なんだなという保護者目線で見つつ、ちゃんと向き合ってくれた時は背筋を伸ばす感じで演じました。


 

(C)和武はざの・講談社/「白聖女と黒牧師」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング