映画
『特別編 響け!ユーフォニアム』松田彬人(音楽)インタビュー【スタッフ&声優 短期連載:第3回】

『特別編 響け!ユーフォニアム~アンサンブルコンテスト~』音楽・松田彬人さんインタビュー|成長していく久美子たちを表現するために、劇伴も“新しさ”を追及!【スタッフ&声優 短期連載:第3回】

大人気シリーズ約4年ぶりの新作として、8月4日(金)から全国の劇場で上映中の『特別編 響け!ユーフォニアム~アンサンブルコンテスト~』。

主人公となる、北宇治高校2年生の黄前久美子は、3年生の部活引退により新体制となった吹奏楽部の部長に就任。冬から春にかけて開催される小編成のコンテスト「アンサンブルコンテスト」に向けて、代表チームを決める校内予選が行なわれることになったのですが……。

アニメイトタイムズでは、本作のスタッフ&キャストへのインタビュー連載企画を実施中。第3弾は、テレビシリーズ第1期から音楽を担当し、劇伴だけでなく、劇中で演奏されるオリジナルの吹奏楽曲も制作してきた松田彬人さんにインタビュー。「新しい方針での第一弾」になった本作の音楽全般について、語ってもらいました。

関連記事
特別編 響け!ユーフォニアム~アンサンブルコンテスト~
新部長・久美子を待っていたのは、アンサンブルコンテスト――通称“アンコン”に出場する代表チームを決める校内予選だった。無事に予選を迎えられるように頑張る久美子だが、なにせ大人数の吹奏楽部、問題は尽きないようで……。様々な相談に乗りながら、部長として忙しい日々を送っていた。部員たちがチームを決めていくなか、肝心な久美子自身はというと、所属するチームすら決まっていなくて──。作品名特別編響け!ユーフォニアム~アンサンブルコンテスト~放送形態劇場版アニメシリーズ響け!ユーフォニアムスケジュール2023年8月4日(金)キャスト黄前久美子:黒沢ともよ加藤葉月:朝井彩加川島緑輝:豊田萌絵高坂麗奈:安済知佳塚本秀一:石谷春貴釜屋つばめ:大橋彩香中川夏紀:藤村鼓乃美吉川優子:山岡ゆり鎧塚みぞれ:種﨑敦美傘木希美:東山奈央久石奏:雨宮天鈴木美玲:七瀬彩夏鈴木さつき:久野美咲剣崎梨々花:杉浦しおり滝昇:櫻井孝宏スタッフ原作:武田綾乃(宝島社文庫『響け!ユーフォニアム北宇治高校吹奏楽部のホントの話』)監督:石原立也副監督:小川太一脚本:花田十輝キャラクターデザイン:池田晶子総作画監督:池田和美楽器設定:髙橋博行楽器作画監督:太田稔美術監督:篠...

前回の記事

関連記事
『特別編 響け!ユーフォニアム~アンサンブルコンテスト~』 黒沢ともよさん×安済知佳さんインタビュー|今回の久美子と麗奈は、また一つ階段を上ったような、“粘度の高い”関係性!?【スタッフ&キャスト短期連載:第2回】
2015年4月から放送された第1期と、2016年10月から放送された第2期それぞれの総集編に加え、スピンオフの『リズと青い鳥』を含む4本もの劇場版が制作されてきた大人気シリーズ『響け!ユーフォニアム』(原作:武田綾乃)。2019年4月公開の『劇場版響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』以来、約4年ぶりとなるファン待望の新作がついに完成。作品集『響け!ユーフォニアム北宇治高校吹奏楽部のホントの話』に収録されている人気エピソードをアニメ化した完全新作中編『特別編響け!ユーフォニアム~アンサンブルコンテスト~』が、2023年8月4日(金)から全国74館の劇場で上映されます。今回のストーリーでは、北宇治高校吹奏楽部でユーフォニアムを担当する2年生の黄前久美子が、3年生の引退後、新部長に就任。まだ慣れない役割に戸惑いながらも、12月に開催される小編成によるコンテスト「アンサンブルコンテスト」の代表チームを決める校内予選に向けて、大勢の部員たちをまとめようと奮闘していく姿が描かれます。アニメイトタイムズでは、本作のスタッフ&キャストへのインタビュー連載企画を実施中。監督&副監督対談に続く第2弾では、主人公の黄前久美子を演じる黒沢ともよさんと、ドラ...

成長していく久美子たちを表現するために、劇伴も“新しさ”を追及

――松田さんは、第1作から『響け!ユーフォニアム』シリーズの音楽を担当されてきましたが、今回の『アンサンブルコンテスト』の音楽の作業はどのように始まったのでしょうか?

松田彬人さん(以下、松田):最初に話を聞いたのは2年くらい前で、その時はTVアニメ第3期となる『響け!ユーフォニアム3』、いわゆる『久美子3年生編』の前にアンサンブルコンテストの話を制作すると聞いて、実際の映像などを観たりして勉強をはじめました。

――本作の音楽についてのお話の前に伺いたいのですが、吹奏楽部がテーマの『響け!ユーフォニアム』シリーズの音楽を制作するにあたっては、このシリーズならではの独特の魅力などはあるのでしょうか?

松田:吹奏楽の曲を書くことは、すごく珍しいことなので、とてもワクワクする仕事だし、やりがいもあります。もちろん、そのためには、いろんな作品を聴いて勉強をする必要もあるんですが、楽しさはすごくあります。

――劇伴(BGM)に関しても、『響け!ユーフォニアム』ならではのポイントはあるのでしょうか?

松田:これまでの『響け!ユーフォニアム』シリーズの曲に関しては、「このシーンでこういう風にしたい」みたいな具体的な内容のオーダーは無くて。印象に残る良いメロディーの曲を作ることがメインだったんです。

でも、今回からそれが変わりました。鶴岡(陽太)音響監督からは、「今までと同じように作ると、ずっと同じ感じにしかならない。(3年生が部活を引退して)主人公たちが最年長になったし、これから3年生にもなっていく。その上で、成長していく主人公たちを表現するために、音楽も一転させて新しくしたい」というオーダーがありました。その上で、「いろいろなことを覚悟の上で、絵のことを考えず、新しいことをやって欲しい」と言われましたので、絵にしっかり合わせようとは思っていなくて、新しいテクニックで作っていたりしています。

――そのオーダーを聞いた時には、「これは面白いな」と思いましたか? それとも「これは大変だぞ」と思いましたか?

松田:正直、どっちもありました(笑)。一回聴いて「新しいな」と思ってもらうためには相当変えないといけないし、それは相当多くの引き出しがないとできないことなので、現代音楽と呼ばれるちょっと複雑な音楽も含めて、いろいろな音楽を聞きました。『アンサンブルコンテスト』(の音楽)は、新しい方針での第一弾みたいな形になっていますが、テレビシリーズ第3期の『久美子3年生編』でも、それが主流になっていくはずなので、もっといろいろと勉強して新しいところを探していけたらいいなと思います。

(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

特別編 響け!ユーフォニアム~アンサンブルコンテスト~の関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング