映画
『特別編 響け!ユーフォニアム』池田和美(総作画監督)インタビュー【スタッフ&声優 短期連載:第4回】

『特別編 響け!ユーフォニアム~アンサンブルコンテスト~』総作画監督・池田和美さんインタビュー|成長による変化も入れつつ、「今までの久美子たち」でもあると思ってもらえるように芝居を付けた【スタッフ&声優 短期連載:第4回】

大人気シリーズ約4年ぶりの新作として、8月4日(金)から全国の劇場で上映中の『特別編 響け!ユーフォニアム~アンサンブルコンテスト~』。

北宇治高校吹奏楽部の新部長・黄前久美子を始めとする、人間味にあふれた、個性豊かなキャラクターたちが魅力の本作で、総作画監督を担当したのが京都アニメーションの池田和美さん。『中二病でも恋がしたい!』『CLANNAD』などでキャラクターデザインを務め、過去の『響け!ユーフォニアム』シリーズにも作画監督や原画で参加してきました。

アニメイトタイムズのインタビュー連載企画第4弾では、池田さんに本作への思いなどを語ってもらいました。

関連記事
特別編 響け!ユーフォニアム~アンサンブルコンテスト~
新部長・久美子を待っていたのは、アンサンブルコンテスト――通称“アンコン”に出場する代表チームを決める校内予選だった。無事に予選を迎えられるように頑張る久美子だが、なにせ大人数の吹奏楽部、問題は尽きないようで……。様々な相談に乗りながら、部長として忙しい日々を送っていた。部員たちがチームを決めていくなか、肝心な久美子自身はというと、所属するチームすら決まっていなくて──。作品名特別編響け!ユーフォニアム~アンサンブルコンテスト~放送形態劇場版アニメシリーズ響け!ユーフォニアムスケジュール2023年8月4日(金)キャスト黄前久美子:黒沢ともよ加藤葉月:朝井彩加川島緑輝:豊田萌絵高坂麗奈:安済知佳塚本秀一:石谷春貴釜屋つばめ:大橋彩香中川夏紀:藤村鼓乃美吉川優子:山岡ゆり鎧塚みぞれ:種﨑敦美傘木希美:東山奈央久石奏:雨宮天鈴木美玲:七瀬彩夏鈴木さつき:久野美咲剣崎梨々花:杉浦しおり滝昇:櫻井孝宏スタッフ原作:武田綾乃(宝島社文庫『響け!ユーフォニアム北宇治高校吹奏楽部のホントの話』)監督:石原立也副監督:小川太一脚本:花田十輝キャラクターデザイン:池田晶子総作画監督:池田和美楽器設定:髙橋博行楽器作画監督:太田稔美術監督:篠...

前回の記事

関連記事
『特別編 響け!ユーフォニアム~アンサンブルコンテスト~』音楽・松田彬人さんインタビュー|成長していく久美子たちを表現するために、劇伴も“新しさ”を追及!【スタッフ&声優 短期連載:第3回】
大人気シリーズ約4年ぶりの新作として、8月4日(金)から全国の劇場で上映中の『特別編響け!ユーフォニアム~アンサンブルコンテスト~』。主人公となる、北宇治高校2年生の黄前久美子は、3年生の部活引退により新体制となった吹奏楽部の部長に就任。冬から春にかけて開催される小編成のコンテスト「アンサンブルコンテスト」に向けて、代表チームを決める校内予選が行なわれることになったのですが……。アニメイトタイムズでは、本作のスタッフ&キャストへのインタビュー連載企画を実施中。第3弾は、テレビシリーズ第1期から音楽を担当し、劇伴だけでなく、劇中で演奏されるオリジナルの吹奏楽曲も制作してきた松田彬人さんにインタビュー。「新しい方針での第一弾」になった本作の音楽全般について、語ってもらいました。前回の記事成長していく久美子たちを表現するために、劇伴も“新しさ”を追及――松田さんは、第1作から『響け!ユーフォニアム』シリーズの音楽を担当されてきましたが、今回の『アンサンブルコンテスト』の音楽の作業はどのように始まったのでしょうか?松田彬人さん(以下、松田):最初に話を聞いたのは2年くらい前で、その時はTVアニメ第3期となる『響け!ユーフォニアム3...

立場が変わった事で久美子たちの芝居付けも変化

――先に制作が発表されていた『久美子3年生編』(『響け!ユーフォニアム3』)に続き、『アンサンブルコンテスト』のアニメ化が決まり、本作で総作画監督を担当されることになった際の心境をお聞かせください。

池田和美さん(以下、池田):まず最初に思ったのは「これは責任重大だぞ」ということでした。すでにTVシリーズ2本、劇場版を挟んでスタッフや視聴者の皆さんそれぞれに『響け!ユーフォニアム』のイメージが根付いていると思います。皆同じようでいて同じでないイメージがある中で、いかに皆さんに納得していただける絵作りが出来るか、過去シリーズのさらに先にあるものとして受け入れてもらえるものが作れるかどうかが重大だと思いました。

――本作の制作をスタートするにあたって、監督陣からは、作画に関しての何らかの方針などを伝えられていたのでしょうか?

池田:改めてここを変えていこう、というようなことはほとんど無かったと思います。ただTVアニメ第3期となる『響け!ユーフォニアム3』、いわゆる『久美子3年生編』も含めると、この先、作画面でのアイデアの模索は出てくると思います。過去作品での表現を超えていきたい、という声はスタッフからもあります。

――『響け!ユーフォニアム』の登場キャラクターたちの、デザイン面での魅力を改めて教えてください。

池田:体温と体重がしっかり感じられて実在感があるところです。ぽっちゃりしているといった話ではなくて、ただ立っているだけの絵でも、骨があって肉があって、しっかりと地に足がついている、という感じがするんです。瞳や髪などはカラフルでキラキラしていてアニメ的だけれども、この「重み」の部分が演技と相まってキャラクターの存在感を増幅させていると思っています。

――池田さんご自身は、どのようなことを特に大事にしながら、本作の制作を進めたのでしょうか? 

池田:今まで描いてきた久美子たちに続くものとして、説得力のあるものが作れるかどうか、ということです。過去のシリーズを通して、(キャラクターの)成長に合わせて意図的に変化させてきたもの、意図せず変化してきたもの両方あると思います。今回、基本設定は前作『誓いのフィナーレ』(『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』)を踏襲していますが、立場が変わった事で久美子たちの芝居付けも次第に変化していきます。その変化も入れつつ、「今までの久美子たち」でもあると観た人に思っていただけるだろうか、と思いながら制作していました。

(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

特別編 響け!ユーフォニアム~アンサンブルコンテスト~の関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング