音楽
音楽プロジェクト・Sizuk初ライブ「Introduction」公式レポ

音楽プロジェクト「Sizuk」、初のライブイベント「Introduction」公式レポート到着! 作曲家・俊龍氏が初のイベント登壇で即興弾き語り披露

アニメ・アイドル楽曲を中心に数々の印象的な曲を生み出し続ける作曲家・俊龍氏による音楽プロジェクト「Sizuk」(ヨミ:シズク)。そんなSizukが2月3日(土)に池袋・harevutaiにて初のライブ「Introduction」を開催しました。

これまでイベント出演がなかった俊龍氏本人が登壇。集まった観客の熱気が感じられる昼の部の様子を綴った公式レポートが到着しました。

Sizuk 1stLIVE「Introduction」公式レポート

アイドル・アニメ楽曲を中心に、数々の名曲を生み出してきた作曲家・俊龍による音楽プロジェクト「Sizuk」。その初ライブが2月3日(土)池袋・harevutaiで行われた。1st LIVE「Introduction」では、2024年放送予定のTVアニメ『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 Season Ⅱ』のEDテーマ「Para Bellum」も初披露され、[昼の部][夜の部]公演ともに大盛況となった。その[昼の部]の模様をレポートする。

AKB48、SKE48、水樹奈々、茅原実里、小倉唯、石原夏織、『ラブライブ!』『THE IDOLM@STER』『アサルトリリィ』『D4DJ』など、これまで数多くのアーティスト、そしてコンテンツに楽曲を提供してきた俊龍。特にアニメ・声優ファンからの知名度・認知度、そして人気は高く、時に“俊龍節”などと表現される楽曲は、ライブでも特に盛り上がる曲として、愛され続けてきた。

そんな彼が、歌い手、作詞家、編曲家、そしてイラストレーターなど、様々なクリエイターと音楽を届けていくというのが「Sizuk」という音楽プロジェクトだ。そして、その記念すべき1stライブが行われるということで、会場には昼・夜公演ともに多くのファンが集まった。

「Sizuk 1st LIVE Introduction feat.AYAME」とスクリーンに大きく映し出されていた通り、この日は歌い手のAYAME(from AliA)が参加。1stライブは、彼女のライブステージと、MC澄川龍一と俊龍、AYAMEによるトークパートという二部構成となっていたのだが、その他にもファンには嬉しいサプライズ展開などが待ち受けていた。

まず最初に始まったのはトークパート。ラジオなどへの出演はしているものの、俊龍として顔を出してステージに立つというのは初めてのことだったため、登場するや、集まったファンからは「おお!!」というどよめきと拍手が起こる。一緒に登壇したAYAMEも「ここに俊龍さんがいます!」と煽り、場を盛り上げていた。

昨年1月のデビュー曲「Dystopia」から、これまで8曲をリリース、精力的に活動を続けているSizuk。このプロジェクトで歩んできた1年について聞かれた俊龍は、「今まで作曲に専念したいという思いで、こういうことはやってこなかったんですけど、あとでやっておけば良かったという気持ちになるより、ファンの皆さまにお会いして、違う気持ちで音楽と向き合うことができたほうが良いと思ったので、プロジェクトを始めることにしました。それによって、新しい歌い手であるAYAMEさんやKotohaさんとの出会いもあったので、とても有意義な時間でした」と振り返る。また、一流の作詞家、編曲家、プレーヤーと一緒に楽曲を作ることは日々勉強になっていると、この決断が自分にとってプラスになっているとも語っていた。

AYAMEは、自身がボーカルを務めるバンド・AliAでは歌うことがない曲を歌うので「歌い手として、引き出しを増やしてくれた1年だったので、自分の歌が豊かになったし、始まるときは、こんなに曲を歌わせてもらえるとは思っていなかったので、毎回のレコーディングが楽しいです!」と嬉しそうに話していた。

オープニングトークで、音楽について真面目に語ったあとは、1周年記念に用意された高級シャンプーをかけてのゲームコーナー『みんなにSizuKを知ってもらうためのINTRODUCTION Quiz』へ。「AYAME SECTION」を俊龍が、「俊龍SECTION」をAYAMEが、「Sizuk SECTION」を2人で回答し、2つのセクションを勝ち取れば、プレゼントがゲットできるというもの。

「AYAME SECTION」では、AYAMEがプライベートで“今”ハマっているものを、A:サウナ・B:神社巡り・C:キックボクシングの中から選ぶというクイズが出題される。俊龍はレコーディングでAYAMEからたくさん話を聞いたというサウナを選んだものの、正解はキックボクシング。ステージ上にサンドバッグが用意され、キックを実践したのだが、なぜか俊龍自身がサンドバッグを支えるという展開に。サングラスもかけて、かなりノリのいい俊龍に、ファンも楽しそうにして笑っていたのが印象的だった。「俊龍SECTION」では、俊龍 第二検索ワードクイズが出題される。Googleで「俊龍」と名前を入力した際にサジェストとして出てくる次のワードを当てるものなのだが、これは実際に調べたことがあるAYAMEが3つの選択肢の中から「LINE」を選び、見事に正解。俊龍がLINEを利用していないことは彼をよく知る者には有名なエピソードなのだが、なぜLINEをしないのか、その理由を俊龍自身が語ることになり、「ひとりでお茶をしているとき、LINEが原因でケンカをしているカップルを見て、LINEは危ないものだ!と思ったから」と話して会場を爆笑させる。サービス開始当時、電話番号を登録している人がLINEのともだちとして登録されてしまう仕様になっていて、それをキッカケにした痴話喧嘩だったそうだが、そのカップルはアニソン業界にこんな影響を与えていたとは知る由もないだろう。ちなみに、スタッフやクリエイターからの「やってほしい」圧は強いが、今のところ、LINEを始める予定はないとのこと。「Sizuk SECTION」では、Sizukの楽曲のドラム音だけを聴いて曲を当てるというクイズ。これに関しては、作曲をしている俊龍が見事に正解をしていた。

それぞれ3問ずつ出題されたクイズは、「俊龍SECTION」と「Sizuk SECTION」をクリアし、プレゼントは無事ゲットとなるはずだったのだが、MCが「スタッフの強い希望で、即興で、シャンプーをテーマに曲を1曲歌ってほしい」と無茶振り。実際はプレゼントが獲得できなかったときのための救済措置だったのだが、獲得してもやらされるところに、彼の人柄が表れていたように思う。だが、やるときはやる作曲家・俊龍は、あまり弾かないというアコギを手に、シャンプーの歌というより、自身の髪型をネタにした自虐ソングをファルセットを交えながら披露。最終的にクラップまで巻き起こしていた。しかも「ふざけたままでは終われませんので、サビだけ」と言って、今回イベントに参加できなかったKotohaがボーカルを担当した「夏を呼ぶ声」を弾き語りで歌うというサプライズ。これにはファンも喜び、そして感動していた。

俊龍による弾き語りの歌まで見ることができて、満足度の高い1stライブ。神田ジョン(PENGUIN RESEARCH)、そして作曲家のEFFYから、俊龍が慕われていることが伝わってくるお祝いメッセージが流れたあとの後半は、AYAMEのカッコ良さが存分に味わえる、熱狂のライブパートへ。

今回のイベントのために俊龍自ら制作したサウンドエフェクトが流れた後、ピアノの前奏とともにステージ中央にAYAMEがスタンバイすると、デビュー曲「Dystopia」をぶちかます。いきなりのファルセット、声を出した瞬間からフルスロットルで一気に駆け抜ける強力なナンバーを、白いワンピースを激しく揺らしながら歌っていく。スピーディーな楽曲でも、フレーズごとにしっかりと表情をつけていく、ものすごい歌唱力に圧倒されてしまう。観客もクラップをしたり、手を上げたり、楽曲に身を委ねて楽しんでいた。

直後のMCで「私は、Sizukのライブ初めてなんですけど、皆さんは初めてじゃないんですか?」とAYAMEが驚くほどの一体感。面白かったのは「今日、ライブが初めての方、いますか?」と聞いて、誰も手を挙げなかったことで、それだけの猛者が集まっている現実に、彼女自身「バンドを5〜6年やってきたけど、こんなことはなかったです」と、さらに驚いていた。

そんな百戦錬磨のファンならばと、もっと盛り上がるようお願いをすると、AYAME歌唱の最新曲、TVアニメ『結婚指輪物語』OP主題歌「Lover's Eye」へ。この曲はアニメの映像を背負っての歌唱だったので、世界観にどっぷり浸ることができた。緩急のある曲だが、繊細さと激しさの両方を、高い次元で表現していたのも素晴らしい。続く、真っ赤な花びらが舞う映像をバックに歌った「anemone」は、ロングトーンのビブラート、そしてファルセットの美しさが際立っていた。ひたすら高音で突き進むハードな楽曲なのだが、完璧に歌い切っていた。

いつもバンドを背負っているため、ステージが広いと語るAYAME。「この1年、一緒に制作をして、本当に俊龍さんがすごい人なのだとわかって、すごく尊敬しているんです。また一緒に作りたいと思ってくださるのであれば、私も一生懸命、良い歌を届けたいと思います」と伝え、またSizukとしてもライブをしたいと願いを語る。

そして新曲として、TVアニメ『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 Season Ⅱ』のEDテーマ「Para Bellum」を初披露。新曲だというのに、サビ後のイントロで、すでに声が上がる。これもいわゆる“俊龍節”が、ファンに浸透しているからこそだろう。さらに『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦』のイメージソング「REVERSI」へと繋げる。この曲はアニメMVをバックのパフォーマンスだったが、2曲続けて、魂のこもった熱い歌声を叩きつけていた。

「最後にもう一度、この曲で盛り上がってくれますか!」と言って、再びTVアニメ『冰剣の魔術師が世界を統べる』のOP主題歌「Dystopia」を、今度はアニメMVをバックに歌う。最初に歌ったものより、よりエモーショナルに、温まった観客は、飛び跳ねながら、この日一番の声を出し、ライブを盛り上げていた。

熱狂のライブを終えると、再び俊龍も登場。最後は、AYAMEが「最高に楽しかったです!次またSizukとして会える日を楽しみにしています!」と言うと、俊龍も「これからもカッコいい曲、かわいい曲、いろいろな気持ちを込めた作品をお届けできるように頑張っていきますので、よろしくお願いします」とファンへメッセージを伝え、記念すべき1stライブを終えた。

リリース情報

Digital Single
「Para Bellum」/ Sizuk
(TVアニメ『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 Season Ⅱ』エンディングテーマ)

歌:AYAME(from AliA)
作詞:只野菜摘
作曲:俊龍
編曲:藤田淳平(Elements Garden)

◆参加クリエイター
AYAME:https://www.youtube.com/@AliAofficial
藤田淳平:https://twitter.com/Junpei_Fujita
只野菜摘:https://twitter.com/tadanonatsu

TVアニメ『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 Season II』作品情報

2024年放送予定

あらすじ

科学技術が発達した、機械仕掛けの理想郷「帝国」。
超常の力・星霊術を駆使し、“魔女の国”と恐れられる「ネビュリス皇庁」。
二国は長きにわたる戦争を続けてきた――。
帝国の最高戦力イスカと皇庁の王女にして“氷禍の魔女”アリスリーゼは、
激闘の中で互いの素顔に触れ、その生き方と理想に惹かれ合う好敵手となった。
独立国家アルサミラで帝国と皇庁の謀略を打ち砕いた二人は、
再会を誓ってそれぞれの道へと進むが、意外な形でその約束を果たす。
アリスの妹シスベルと取り引きを交わし、護衛として皇庁に潜入するイスカ。
シスベルの捜索隊として皇庁の都市リースバーテンを訪れるアリス。
偶然の再会は二人の心をさらに燃え上がらせるが……
同時に皇庁内では帝国の内通者「純血種・被検体E」が暗躍し、
帝国の「特務・女王捕獲計画」が動き出そうとしていた。
否応なく引き裂かれようとするイスカとアリスは、
その運命に抗うことができるのか――。

スタッフ

原作:細音 啓 (ファンタジア文庫『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦』KADOKAWA刊)
キャラクター原案:猫鍋蒼
監督:稲葉友紀
シリーズ構成:studioぱれっと
キャラクターデザイン・総作画監督:吉川佳織
音響監督:長崎行男
音響制作:ビットグルーヴプロモーション
音楽:Elements Garden(都丸椋太・岩橋星実・藤永龍太郎)
音楽制作:ポニーキャニオン
アニメーション制作:studioぱれっと×SILVER LINK.
製作:キミ戦2製作委員会
オープニングテーマ:AliA「セナカアワセ」
エンディングテーマ:Sizuk「Para Bellum」

キャスト

イスカ:小林裕介
アリスリーゼ・ルゥ・ネビュリス9世:雨宮天
ミスミス・クラス:白城なお
音々・アルカストーネ:石原夏織
ジン・シュラルガン:土岐隼一
燐・ヴィスポーズ:花守ゆみり
シスベル・ルゥ・ネビュリス9世:和氣あず未
イリーティア・ルゥ・ネビュリス9世:沢城みゆき
ミラベア・ルゥ・ネビュリス8世:久川綾
璃洒・イン・エンパイア:竹達彩奈
ネームレス:笠間淳
仮面卿:緑川光
キッシング・ゾア・ネビュリス9世:小原好美
サリンジャー:関俊彦

公式サイト:https://kimisentv.com
公式X:https://x.com/kimisen_project

(C)細音啓・猫鍋蒼/KADOKAWA/キミ戦2製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング