音楽
TVアニメ『ONE PIECE』きただにひろし 大槻マキ インタビュー

アニメ『ONE PIECE』新OP&EDテーマソングインタビュー|きただにひろしさん&大槻マキさんが語る『ONE PIECE』の主題歌を歌うということとは?

 

25年で成長したこと、変わらないこと

――25年ぶりにお二人がそろって、OP&EDの楽曲を担当されるというのは貴重なことだと思います。25年前はできなかったことで、今はできていることはありますか。

きただに:25年分は成長していると思います。これまでの曲を聞くと、やっぱり若かったから、甘めのジャッジや足りない部分もあります。それは25年間、自分が音楽をやってきて、そういう判断ができる、聞ける耳を持てたということも成長だと感じています。

それからJAM Project(※10)でいろいろと揉まれて、自分が成長しているということもよくわかります。パフォーマンスの部分でも、アニソンを歌うことによって、いろいろなところでいろいろな経験をさせてもらったので、メンタルの部分やフィジカルの部分も強くなりましたね。

僕は今55歳のなんですけど、変わらず「ウィーアー!」を歌えているという部分では、成長できているかなと思います。これは大槻さんといつも2人で言っていることですけど、「もっともっと成長したいね」と話しています。

大槻:そうですね。ところで、ダニーさんは声や喉をどのように維持しているんですか。

きただに:あえて過保護にしない方がいいかなと途中から思いました。守りに入ってしまうと、人間は弱くなってしまうので、あえてスパルタにして気にしないようにしています。スパルタというのは昭和っぽくて、令和の時代にはあまり言えないんですけど、持論としては、あんまり甘やかさない方がいいかなと思っています。

ジンクスとか作ってしまうと、もしそのジンクスが守れなかったとしたら、困ると思うんですよ。ジンクスに頼っていたら、もしそれがないとわかった時には、たぶん何にもライブができなくなってしまうと思います。
大槻:それはとても大事なことですよね。

※10:JAM Project(Japan Animationsong Makers Project):水木一郎の呼びかけによって結成された日本のアニメソング歌手グループ。現在のメンバーは影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹。

 

 

――大槻さんが25年前はできなかったことで、今はできていることはありますか。

大槻:昔は「自分の歌って、どうなんだろう?」と思いながら歌っていたところがあったんです。「memories」を歌っていた時も「自分の歌い方って、これでいいのかな?」とか、まだよくわからない手探り状態で歌っていたんですけど、「これが大槻マキなんだ!」という声が定着していって、「一度聞けば、大槻マキだとわかる」と言っていただくようになってから、自由に歌えるようになったかなという感じはあります。

それこそ、ジンクスを作らないで、きっとダニーさんがおっしゃっている「自分に甘くしない」というのは、いつもの自分でいることの大切さを一番大事にされているんだろうなと、それは自分もそうだなと思いました。こうでないといけないという気持ちは、逆に過保護になってしまうもとになるので、自分を鍛えるためには、常にいつもの自分が最高の状態でいること。それを保っている自分が一番大事というように思ってきました。

きただに:常にいつものところでいられるというのは、なかなかできないんですけど、それができたらすごいですよね。それは大事なことだと思います。

大槻:たぶんダニーさんは、ストイックに生活をされているのかと思います。夜明け前に起きるんですよね。

きただに:それはおっさんだから、早く眼が覚めちゃうんです(笑)。

大槻:そうなんですか(笑)。食生活も気にされていて、それは私も見習わなければと思っています。食事もご自分で作られていてすごいんですよ。25年経っても、これだけ現役で若々しく、進化しているけど、ずっと変わらないままなので、私もダニーさんのように、頑張って維持しなければと思っています。

 

音楽や歌には、人の人生を変えてしまうほどのパワーがある

――きただにさんが感じる歌や音楽の魅力とはどんなところにありますか。

きただに:僕も子どもの時にいろいろなアーティストに衝撃を受けて、僕の人生の中にも刻み込まれているアーティストがいます。そんなふうに歌の力って、その人の人生をも変えてしまう1曲になったりするじゃないですか。そのくらい人間において、音楽、歌というのはすごく大事なポジションかなと思うんです。

その中で、きただにひろし、大槻マキのポイントとしては、技術うんぬんはプロとしてのラインはあるとしても、僕が思うにはそんな細かいことよりも声だと思っています。大事なのは、きただにひろしの声、大槻マキの声だということ。楽曲を聞いた時に、「これはきただにひろし、これは大槻マキ」とわかるように。しかもそれが心地よく、聞かせられているという楽曲が「ウィーアー!」や「memories」で、自分のいいポイントが出ているということなんだと思います。

声の鳴りと、その声の鳴りを聞くだけで、ワクワク感がするから、何曲も主題歌をやらせていただいているんだと、僕はそういうふうにとらえています。だから、自分の声が『ONE PIECE』という作品の世界観に合っているんだと思っているので、すごく嬉しいです。アーティストというのは声なんだなと改めて思いました。

 

 

――大槻さんが感じる歌や音楽の魅力とはどんなところにありますか。

大槻:私も落ち込んでいる時や音楽を聞く気持ちにもならないという時がありますけど、ふと音楽を聞くと、それだけで元気になるということがあります。音楽や歌には、人の人生を変えてしまうほどのパワーがある。目に見えないものでも、こんなに奇跡的なものって、人の声なんですよね。そこから生まれるパワーは計り知れないなと感じています。

私もダニーさんも、ファンの方たちから「25年経っても、声が変わらないままずっと歌い続けてくれてありがとう」と言われることがあります。その言葉を聞いて、自分たちも嬉しくなって、すごく元気になる。こちらが与えている側ですけど、あちらからも与えてもらっているものがある。そういった相乗効果を感じるのが音楽の力なんだろうなと思いますね。

きただに:ファンの方たちのコメントにはすごく励まされます。嬉しくて泣いちゃいますよ。

大槻:本当にそうです。ただただ自分が一生懸命歌っていたものに対して、「この歌を聞いて、すごく励まされてきた」という声を聞くと、逆に自分たちも励まされているという。音楽は目に見えないもの、相乗効果がすごくあるんだなと感じます。

きただに:コメントを読んで、「そう思っていたんだ」とか「そうなんだ」と気づかされることがたくさんあります。

大槻:気持ちを込めた分、帰ってくる大きさが全然違います。

きただに:今は『ONE PIECE』の楽曲を歌うとなったら、ファンの人にいかに喜んでもらえるかをまず考えてイメージします。「自分の楽曲が主題歌に決まってラッキー」という気持ちではなくて、『ONE PIECE』をもっと盛り上げるためのアイテムだと思っているので、25周年を盛り上げていくという気持ちと同時に、ファンの人たちにいかに喜んでもらうか、楽しんでもらうかという気持ちを持って取り組んでいます。

大槻:25年の間に、ずっと愛してもらえたことに関しての感謝の気持ちの方が今は強いですね。

きただに:『ONE PIECE』という看板を背負っていますから、ここからは感謝の気持ちばかりで、その気持ちを返していくイメージです。

大槻:それがあったから、歌えてきていたと思います。

きただに:『ONE PIECE』という作品は、自分の歌の人生の中でほとんどを占めていますから、それぐらい大事な作品ですよ。

大槻:切っても切れない作品です。

――ありがとうございました!

 

CD情報

「あーーっす!」/きただにひろし

【発売日】2024年4月10日
【価格】
Blu-ray付:2,200円(税込)
DVD付:2,200円(税込)
通常盤:1,650円(税込)

【収録内容】
≪CD≫
♪.作詞:藤林聖子、作曲:田中公平による「ウィーアー!」の正統後継作「あーーっす!」含め4曲収録
≪Blu-ray/DVD≫
「ワンピース」主題歌歌唱曲、初のミュージックビデオを収録
※収録内容、仕様は予告なく変更する場合がございます

 

「Dear sunrise」/大槻マキ

【発売日】2024年4月10日
【価格】1,650円(税込)
【収録内容】
♪.「memories」「RUN! RUN! RUN!」以来となるエンディング主題歌
「memories」を彷彿とさせる25年の想いが詰まった楽曲「Dear sunrise」を収録!
※収録内容、仕様は予告なく変更する場合がございます

 

作品情報

ONE PIECE

あらすじ

時は、大海賊時代。この世の全てを手に入れた男、海賊王ゴールド・ロジャー。彼が死に際に放った一言は全世界の人々を海へと駆り立てた。「俺の財宝?ほしけりゃくれてやる!探せ!この世のすべてをそこに置いてきた」ロジャーが遺した富と名声と力の「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡って幾人もの海賊たちが旗を掲げて戦っていた。そして、そんな海賊に憧れる一人の少年ルフィ。「悪魔の実」の能力により、一生泳げない体の代わりに、全身がゴムのように伸びる不思議な体を手に入れた少年!命の恩人・海賊団のリーダー・シャンクスからもらった麦わら帽をトレードマークに、ルフィは航海に出た。

キャスト

モンキー・D・ルフィ:田中真弓
ロロノア・ゾロ:中井和哉
ナミ:岡村明美
ウソップ:山口勝平
サンジ:平田広明
トニートニー・チョッパー:大谷育江
ニコ・ロビン:山口由里子
フランキー:矢尾一樹
ブルック:チョー
ジンベエ:宝亀克寿

うるティ:黒沢ともよ
ササキ:ボルケーノ太田
フーズ・フー:野島裕史
ブラック・マリア:小林ゆう

ヤマト:早見沙織

(C) 尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

 

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年春アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング