アニメ
「SOS☆感謝祭」ステージイベント<夜の部:『涼宮ハルヒの憂鬱』>公式レポ

平野綾さん・茅原実里さん・後藤邑子さんが登壇した「SOS☆感謝祭プレミアムステージイベント」<夜の部:『涼宮ハルヒの憂鬱』>の公式レポートが到着! サプライズで杉田智和さんも登場!

美水かがみ先生による4コマ漫画『らき☆すた』と、谷川流先生による小説『涼宮ハルヒの憂鬱』の連載開始20周年を記念する合同イベント「SOS☆感謝祭」。2024年3月9日(土)から3月24日(日)まで埼玉・ところざわサクラタウンにて開催中です。

このたび、3月10日(日)に開催された「SOS☆感謝祭プレミアムステージイベント」<夜の部:『涼宮ハルヒの憂鬱』>の公式レポートが到着!

イベントは平野綾さん・茅原実里さん・後藤邑子さんが登壇し、さらにサプライズで杉田智和さんが登場。初期設定ラフなどの秘蔵資料をもとに20年の軌跡を振り返りました。

関連記事
涼宮ハルヒの憂鬱
ただの人間には興味ありません!「この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上!」入学早々、時を止めるような挨拶をした涼宮ハルヒ。そんなSF小説じゃあるまいし…と、誰でもそう思う…。しかしハルヒは心の底から真剣だった。それに気づいたキョンをとりまく日常は、もうすでに超常になっていた…。涼宮ハルヒが団長の学校未公式団体「SOS団」が繰り広げるSF風味の学園ストーリー。作品名涼宮ハルヒの憂鬱放送形態TVアニメシリーズ涼宮ハルヒシリーズスケジュール2006年4月2日(日)~2006年7月2日(日)チバテレビほか話数全14話キャスト涼宮ハルヒ:平野綾キョン:杉田智和朝比奈みくる:後藤邑子古泉一樹:小野大輔長門有希:茅原実里朝倉涼子:桑谷夏子鶴屋さん:松岡由貴谷口:白石稔国木田:松元惠キョンの妹:あおきさやかスタッフ原作・構成協力:谷川流原作イラスト・キャラクター原案:いとうのいぢ連載:角川スニーカー文庫刊 ザ・スニーカー 少年エースシリーズ構成:涼宮ハルヒと愉快な仲間たち監督:石原立也超監督:涼宮ハルヒキャラクターデザイン・総作画監督:池田晶子シリーズ演出:山本寛美術監督:田村せいき色彩設計:石田奈央美撮影監督:田...

「SOS☆感謝祭プレミアムステージイベント」<夜の部:『涼宮ハルヒの憂鬱』>公式レポート

今回はメインキャスト陣(涼宮ハルヒ役:平野綾、長門有希役:茅原実里、朝比奈みくる役:後藤邑子)が久しぶりに一同に集結。豪華ステージが幕を開けた。

まずは20年の歩みを振り返る「涼宮ハルヒの足跡」のコーナー。初期のタイトル案や、キャラクターのラフスケッチなどの紹介に続いて、初代担当編集である坂本氏からのメッセージを紹介。年表を確認しながら、物語全体の時系列を追っていく。「憂鬱」や「消失」などアニメ化にまつわる部分では、アニメプロデューサー・伊藤氏のメッセージを紹介、その後も、歴代担当者や書籍営業担当からの熱いメッセージが届けられた。

そして最後を飾る形でいとうのいぢからのイラストメッセージが公開。ハルヒ、長門、みくるの愛らしい姿に会場全体が癒やされると、現在制作進行中という待望の新作「涼宮ハルヒの劇場」描きおろしビジュアルも紹介され、未来へ続く足跡も残しつつコーナーを締めくくった。

そしてイベントは待望の朗読劇のコーナーへ。

古泉一樹役・小野大輔からのビデオメッセージがスクリーンに映されると、そのまま朗読劇へ突入......と思いきや「会場のファンのためにある男を派遣した」とのコメント。これに合わせて、サプライズでキョン役・杉田智和が登場し、会場は大いに沸いた。

4人で始まった「ワンダリング・シャドウ」は小説第8巻、「涼宮ハルヒの憤慨」に収録されている中編エピソード。ハルヒたちの入学から1年が経とうとしていた3月、クラスメイトの阪中さんから持ちかけられたある不思議な相談。ハルヒはそれを幽霊の仕業と期待したようで......というもの。

ドラマCDなどを含めてもこれまで演じられたことはなく、キャスト陣による新たなエピソードが聴けることとなった。

朗読劇の合間にはサプライズで原作者・谷川流からのメッセージが紹介。続いて杉田が客席へ挨拶。当初はスケジュールが厳しく参加ができなさそうだったというが、「ハルヒ(平野)に呼ばれたのと、キョンならこういうときどうするだろうと考えて、その結果が、今です」と無理を押して駆けつけたことを打ち明けると、会場からは大きな拍手が送られていた。

朗読劇を終えると、後藤から「こうしてSOS団のみんなが揃っているとすぐ昔に戻って演じられる」という感想に、皆一様に感慨深そうな感想を語り合った。朗読劇のために駆けつけた杉田はここで退場。録音での参加となった小野大輔、阪中さん役の相沢舞たちへの感謝を述べ、会場から大いに喝采を浴びていた。

かくして朗読劇は盛況のうちに幕を閉じ、あっという間にエンディング。

谷川流といとうのいぢに向け、花束とキャストからの寄せ書き色紙の贈呈とともに、ケーキと共に会場のファンとの記念撮影も行われた。キャスト、ファンが一体となった「おめでとうございます!」という思いが印象に残るステージだった。

そしていよいよ、3人のキャストが今日のステージを振り返りつつ、最後の挨拶を述べる。

後藤「20周年を迎えた今も先生が作品を書き続けて、続きをみんなが待ち続けているということが、いち関係者として、こんなに胸がいっぱいになるくらい嬉しいんだなということを改めて思いました」

茅原「またこうして集まれるように応援していただけたら、とてもとても嬉しいです。いつハルヒに呼ばれても、歌って、踊って、有希にいつでもなれるようにこれからも頑張っていきます」

平野「私たちがハルヒを演じた18年、谷川先生が書き続けた20年間というのは、他とは比べられないすごく特別なものがあるなとこのイベントを通して改めて感じました。また元気に5人揃ってみなさんの前に姿を表すことができたらと思っていますので、今後とも応援よろしくお願いします」

と、それぞれから語られたメッセージは、作品に対する深い想いが感じられるものとなっていた。

イベント会場で繰り広げられた内容は上記の通りだが、さらに追加コーナーとしてスペシャル映像が事後番組が配信限定で公開されている。

「SOS団・20周年(はたち)の集い」と題して行われたこの番組では、本編で出演が叶わなかった小野大輔を交えてSOS団5人全員が顔を揃えての同窓会的な内容となっていたのだ。今回のステージや朗読劇にまつわる秘話や、アニメ放送当時の思い出、『涼宮ハルヒの憂鬱』に対する想いまで、30分の大ボリュームでお届け。こちらも必見の内容となっている。

盛りだくさんでお送りした「SOS☆感謝祭プレミアムステージイベント」<夜の部:『涼宮ハルヒの憂鬱』>。配信アーカイブは3月17日(日)23:59まで「Streaming+」、「ニコニコ生放送」にて視聴可能。ぜひ、このスペシャルなイベントを何度も楽しんで欲しい。

「SOS☆感謝祭プレミアムステージイベント」配信アーカイブ情報

アーカイブ視聴期間

2024年3月10日(日)各公演終了後から2024年3月17日(日)23:59
※公演終了後、アーカイブ視聴開始までに処理でお時間をいただく場合がございます。

『涼宮ハルヒの憂鬱』『らき☆すた』原作20周年記念合同イベント「SOS☆感謝祭」の詳細はこちら

チケット情報

⚫️券売スケジュール
2024年3月17日(日)21:00まで

⚫️配信チケット販売サイト
Streaming+
ニコニコ生放送

(C) Nagaru Tanigawa, Noizi Ito/KADOKAWA
(C)美水かがみ
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング