アニメ
子安武人が20年越しに語るボーボボの楽しみ方|集英社「春マン!!」CM公開記念インタビュー

『ボボボーボ・ボーボボ』って名作? 珍作? 超神作? 20年前の収録現場や共演者との思い出を振り返りながら、子安武人さんが語る“ボーボボの楽しみ方”|集英社「春マン!!」CM公開記念インタビュー

西暦2024年。地球は様々なアニメ・マンガなどエンタメコンテンツが次々と生まれ、矢継ぎ早に新しいブームを作り出す時代を迎えていた。

アニメ・マンガの歴史の中で燦然と輝き、現在も語り継がれる不条理なギャグマンガがあった。それが澤井啓夫原作の『ボボボーボ・ボーボボ』(集英社 ジャンプコミックス刊)である。読者・視聴者の心を掴んで離さない"それ"は、時代を経るごとに輝きを増し、現在では伝説的な作品となった……。

そして昨年、TVアニメ放送開始から20周年となり、グッズ展開やコラボ企画などで盛り上がりを見せた『ボーボボ』が、今度は集英社春のマンガ祭「春マン!! 2024」に登場!

ボーボボ、ビュティ、首領パッチが「春マン!! 2024」を盛り上げるべく、本企画のCMに出演。アニメイトタイムズでは、そのCM収録現場にお邪魔させていただき、収録を終えたばかりの子安武人さんにインタビュー!

ボーボボを演じた直後という、かなりカロリーを消費した状況の中、子安さんに放送当時の思い出や、収録現場について深堀りさせていただきました。

子安さんが"相棒"と語る小野坂昌也さんとのお話、ボーボボという異色なキャラを演じる胸中、NGなしのアドリブ合戦になっていたというアフレコ現場エピソードなど、ファンにはたまらない内容がたっぷり!

作品に関する貴重なお話が盛り沢山となった本稿を、どうしても、ハジケリストに読ませたい……!

関連記事
TVアニメ『ボボボーボ・ボーボボ』シリーズディレクター・芝田浩樹氏インタビュー|20周年を迎えて増していく作品人気は予想外!? 「ボーボボのファンは、刺激的な何かを浴びてしまっているかもしれない」
アニメ・マンガの歴史の中で燦然と輝き、現在も語り継がれる不条理なギャグ作品があった。それが澤井啓夫原作の『ボボボーボ・ボーボボ』(集英社ジャンプコミックス刊)である!昨年、TVアニメ放送開始から20周年となり、グッズ展開やコラボ企画などで盛り上がりを見せた『ボーボボ』が、今度は集英社の春を彩るマンガの祭典「春マン!!2024」に登場!ボーボボやビュティ、首領パッチが「春マン!!2024」を盛り上げるべく、本企画のCMに出演。アニメイトタイムズでは、前回インタビューさせていただいた、子安武人さんに引き続き、本CMの音響ディレクター、および作品のシリーズディレクター(監督)を務めた芝田浩樹さんにお話を伺いました!放送当時からジワジワと支持が広がり続け、現在では沢山のファンを持つTVアニメ『ボーボボ』。今回のCMだけに留まらず、アパレルグッズや食品系の商品などがひっきりなしにリリースされる人気ぶりに、芝田さんも思わず困惑!? 放送前の制作現場の試行錯誤や、とにかく楽しかったというアフレコ現場でのエピソード、芝田さんが考える『ボーボボ』が愛される理由など、赤裸々に語っていただきました。作品の中身も、ブームの生み出し方も、不思議だらけの本作...
関連記事
ボボボーボ・ボーボボ
300X年地球はマルガリータ帝国に支配される時代を迎えていた。マルガリータ帝国皇帝ツル・ツルリーナ4世は己の権力の象徴として全人類をツルツルボーズ頭にすべく全世界で毛狩り隊による“毛狩り”を開始した。そんな時代に毛の自由と平和を守るためマルガリータ帝国に立ちむかう1人の男がいた。その男の名はボボボーボ・ボーボボ!鼻毛真拳の使い手ボーボボはビュティ、首領パッチらとともに毛の平和のため(?)旅にでる!!!作品名ボボボーボ・ボーボボ放送形態TVアニメスケジュール2003年11月8日(土)~2005年10月29日(土)テレビ朝日ほか話数全76話キャストボーボボ:子安武人ビュティ:野中藍首領パッチ:小野坂昌也ところ天の助:園部啓一ヘッポコ丸:進藤尚美ナレーション:太田真一郎スタッフ原作:澤井啓夫企画:木村純一 太田賢司 森下孝三プロデューサー:吉川大祐 太田賢司 島袋憲一郎 松田佐栄子 渡辺哲也 梅澤淳稔 吉澤孝男 吉村行夫製作担当:野田由紀夫 額賀康彦シリーズ構成:浦沢義雄シリーズディレクター:芝田浩樹キャラクターデザイン:大西陽一総作画監督:梨澤孝司美術デザイン:中村光毅色彩設計:豊永真一音楽:亀山耕一郎主題歌OP1:「WILDCHALLENGER」JINDO...

 

僕が喋ればボーボボになる

ーー「春マン!! 2024」のCM収録、お疲れ様でした。『ボーボボ』の収録は久しぶりになりますよね?

ボボボーボ・ボーボボ役・子安武人さん(以下、子安):久しぶりですね(笑)。『グランブルーファンタジー』のエイプリルフールコラボ以来じゃないでしょうか。

ーーそうですよね、およそ2年ぶりになるかと。

子安:そんなに経つんだ! 懐かしい「亀ラップ(ファンの間で伝説のギャグラップと呼ばれる人気のネタ)」を無理矢理歌わされて……。

ーー令和再録版・亀ラップですよね(笑)。

子安:あの時も地獄でしたね〜(笑)。『ボーボボ』に関しては、楽な収録がひとつもありませんから!

ーーそれは、今回の収録もですか……?

子安:放送当時(放送開始は2003年11月〜)から20年あまり経つわけじゃないですか。当時は、若くて体も丈夫だったので、今よりも遥かに勢いがあるし、精神的にも今よりも豊かだったんだなと彼を演じるたびにつくづく思います。端的に言えば、随分僕も老化したなと思いますね(笑)。

ーーいえいえ、ブースで聞かせていただきましたけど、全然衰えが感じられないと言いますか。

子安:そうですか? 個人的には、重みというか箔が付き過ぎちゃっていて。もうちょっと軽くて、ノーテンキなイメージがボーボボにはあったんだけど、僕のキャリアも上がって、声質も下がっていて。精神的に落ち着いてもいるので、どっしり感が出すぎたなと。もうちょっと軽く演じたいな〜と思いながら、やっていましたね。

ーーなるほど。

子安:いつまでも変わらないで続けられるのは、非常に難しいことなので、そこを上手くコントロールしながらできれば良いなと思いながらの収録でした。なので、あまり違和感もなく、衰えを感じさせないと言ってくださって嬉しいです。

ーー僕もリアルタイムで視聴していたんですが、勢いは変わらない印象です。

子安:元々、ボーボボに関しては、「こうしなければボーボボじゃない」みたいな感覚はなかったんです。特定の声やキャラクターをつけるというふうには一切演じていなくて。僕が喋ればボーボボだな、という感覚が昔からありました。

ーー子安さんが演じればボーボボ。

子安:そうかもしれないですね。なので、今回も最初は心配していなかったんですけど、実際に喋ってみると「どっしり感が出てきたな……」と思って少し心配でした。収録自体は、もちろん大変ですけど、楽しかったですね。

ーー限られた尺の中で、ボーボボのテンションやキャラクターを引き出すのは難しそうです。

子安:いや、今回のCMは特に早いんですよ! 情報量が多いですし、的確に情報を伝えなければならなかったので。本編でも、あんなに早く喋ってはいないよな、まだ滑舌は大丈夫だなとか思いながら(笑)。

これで滑舌が悪かったら、いたたまれないですよね。改めて、自分はまだ大丈夫だ、いけるなと励ましながらやっていました。

 

 

最高の相棒・小野坂昌也さんとの思い出

ーー首領パッチ役の小野坂昌也さんとの掛け合いはいかがでしたか? 『グラブル』の際は、ゲームなのでおそらく個別収録ですよね。

子安:そうですね、別々に収録して、彼のセリフを聞きながらやっていました。なので、実際に横にいるのと対して変わらなかったですけど、今回はふたりで一緒。でも……隣に相棒の小野坂昌也がいると楽しいですね〜。

ーー本当に楽しそうに演じられていました。

子安:一気にあの当時の記憶を思い出して、「楽しい収録をしていたんだな〜」としみじみとしつつ。やっぱり、彼は首領パッチをやっている時が一番輝いていますね。

ーー(笑)。20年経った今でもそう思うのですね。

子安:改めて思いました。首領パッチをやるために生まれてきただけはあるな、と(笑)。彼は“首領パッチ声優”だからね。

ーー確かに、小野坂さん以外の声は考えられないです!

子安:そうなんです、首領パッチ以外はイマイチなんですよ。

ーーえぇ!? そうなんですか!?

子安:そうそう! って冗談ですからね? ちゃんと冗談って書いてくださいよ?(笑)

ーーもちろんです(笑)。

子安:でも、それぐらい首領パッチをやっている小野坂昌也は光り輝いています。最高に面白いですね。


  

ーー過去のインタビュー等でも、「首領パッチとのやり取りが一番好き」って仰ってましたよね。

子安:首領パッチが居なければ、『ボーボボ』は成り立たないですし、小野坂昌也じゃない首領パッチなんてありえない。小野坂さんがいなかったら、『ボーボボ』という作品が成立しなくなっちゃうんじゃないかな。それぐらいの存在です。

ーーまさに相棒。

子安:相棒なんてもんじゃないかもしれないですね! 最高です。

ーー今日の収録時には、合間におふたりで楽しげにお話をされていましたが、当時からそうでしたか?

子安:なんら変わらないですよ。冗談を言いながら、ふざけ合いながら。なのに収録が始まるとビシッビシッと声を当てていく。あの感覚は全然変わっていないです。始まる前に椅子に座って喋って、マイクの前に立ってまた喋って。でもフィルムが回るとバシッと声を当てる。当時と変わってないです。多分、お互いの人間性じゃないかな。

ーー仕事と向き合う姿勢が似ていらっしゃると。

子安:いや、ヘラヘラしているところかな(笑)。だから、変わりようがないことです。他の人が真面目にやっていても、我々はずっとヘラヘラして(笑)。

ーーでも、それが役にも、おふたりのやり取りにも滲んでいて、面白くなっているんじゃないでしょうか。

子安:どうなんでしょうか(笑)。もちろん、マイクがオンになれば真面目にやっていますし、良いものを作るぞ、という気持ちでやっています。でも、あまり硬くなりすぎると、セリフがつまんなくなっちゃう。頭を柔らかくして、その中から自然に出てくるような言葉じゃなければいけない。用意されていない言葉で話すのがボーボボと首領パッチの掛け合いですよね。そういうのを目指していました。

ーー今回のCMを聞いていても、「当時のやり取りが始まった!」という感覚がありました。

子安:それは嬉しいですね。それは、首領パッチのおかげですよ。『ボーボボ』が戻ってきた、『ボーボボ』のままだねって思ってもらえたら嬉しいです。

 

 

(C)澤井啓夫/集英社・東映アニメーション
おすすめタグ
あわせて読みたい

ボボボーボ・ボーボボの関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年春アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング