アニメ
『怪獣8号』第3部隊副隊長・保科宗四郎の情報まとめ

2024春アニメ『怪獣8号』第3部隊副隊長・保科宗四郎(ほしなそうしろう)の情報まとめ! 性格や人柄、強さ、主人公・日比野カフカや隊長・亜白ミナとの関係などを一挙にお届けします。

2024年4月より放送がスタートした『怪獣8号』(原作:松本直也先生)。怪獣が発生する日本で、それらを討伐する「日本防衛隊」の戦いが描かれている話題作です。

保科宗四郎は、第3部隊副隊長であり、刀のスペシャリスト。近接戦闘に長けており、小・中型怪獣の討伐においては隊長・亜白ミナをしのぐ実力を持っています。

本稿では、保科宗四郎の性格や人柄、強さに加え、主人公・日比野カフカや隊長・亜白ミナとの関係、今後の注目シーンなどをまとめてお届けします。

※本稿はネタバレを含みます。

関連記事
怪獣8号
日常的に怪獣が人々をおびやかす世界。怪獣を討伐する「日本防衛隊」への入隊を志していた日比野カフカは、いつしかその夢を諦め、怪獣専門清掃業で働いていた。「二人で怪獣を全滅させよう」かつてそう誓い合った幼馴染の第3部隊隊長・亜白ミナの活躍と、防衛隊を目指す後輩・市川レノとの出会いをきっかけに再び夢を追い始めるカフカ。しかしその矢先、謎の小型怪獣によって強大な力をもつ“怪獣に変身”してしまう!「怪獣8号」と名付けられ日本中から追われる存在になったカフカは、それでも防衛隊員への夢を諦めず、怪獣災害に立ち向かうのだった――。作品名怪獣8号放送形態TVアニメスケジュール2024年4月13日(土)〜テレビ東京系列ほかキャスト日比野カフカ/怪獣8号:福西勝也亜白ミナ:瀬戸麻沙美市川レノ:加藤渉四ノ宮キコル:ファイルーズあい保科宗四郎:河西健吾古橋伊春:新祐樹出雲ハルイチ:河本啓佑神楽木葵:武内駿輔小此木このみ:千本木彩花四ノ宮功:玄田哲章中之島タエ:田村睦心穂高タカミチ:杉田智和水無瀬あかり:稗田寧々五十嵐ハクア:風間万裕子斑鳩亮:古川慎怪獣9号:吉野裕行怪獣10号:三宅健太スタッフ原作:松本直也(集英社「少年ジャンプ+」連載)監督:宮繁之...

基本プロフィール

年齢:不明
誕生日:11月21日
身長:171cm
好きなもの:読書、コーヒー、モンブラン、単純な奴

日本防衛隊第3部隊副隊長。刀のスペシャリストで近接戦闘が得意。小・中型怪獣の討伐においては保科の右に出る者はいない。隊長・亜白ミナに特別な敬意を抱いており、刃物の扱いが苦手な彼女を補佐している。
 

明るく、厳しく、優しく、冷静

普段は明るく人当たりの良い保科。面倒見も良く、新人隊員たちの訓練にも立ち会っている他、保科個人でも剣道の稽古を開いており、後輩たちに剣術の稽古をつけています。指導自体は一切手を抜かないものの、精神面の配慮も忘れないため、カフカら新人隊員たちにとっては厳しくも温かい上官。

単純な人や面白い人が好きで、入隊試験の際にはがむしゃらに奮闘するカフカを笑いながらも気に入り、カフカ入隊後も「お笑い枠」と呼ぶなど保科本人もユーモアに富んだ人物です。

一方、表面的にはお調子者のようにしていても、頭は常に冷静。怪獣に対しては非常に冷酷で、怪獣8号の姿で彼と対峙したカフカは、そのプレッシャーに恐れをなしています。勘も鋭く、8号の正体が露見する前から察知していたようです。
 

保科流刀伐術の使い手

室町時代から続く関西でも有数の怪獣討伐の家系の出である保科は、家に代々伝わる保科流刀伐術の使い手であり、今では刀において右に出る者はいないほどのスペシャリストです。

その武器の特徴から大型怪獣に対しては不利。しかし、小・中型怪獣の討伐においては隊長・亜白を凌ぐ実力を誇っています。

防衛隊スーツの解放戦力(強さを表す指数)は90%を超えており、専用武器は双刀。素早い身のこなしは目が追い付かないほどで、相手をしたカフカは「人間の動きじゃない」と感じています。

保科の使う技一覧

刀伐術は双刀を用いた二刀型、討伐術は一刀型で使用します。

●刀伐術1式 空討ち
●刀伐術2式 交差討ち
●刀伐術3式 返し討ち
●刀伐術4式 乱討ち
●刀伐術5式 霞討ち
●刀伐術6式 八重討ち
●刀伐術7式 十二単

●討伐術1式 朧抜き
●討伐術2式 風穴
●討伐術3式 逆拍子
 

のちに「ナンバーズ10」の使用者となる

自身が死闘の末に討伐した「怪獣10号」を元にした怪獣兵器「ナンバーズ10」と適合し、使用者となります。

10号の意志が残った状態で兵器化されているため、始めは意思の疎通がうまくいかず、ちぐはぐな動きを見せますが、戦闘を通して息の合った名コンビとなっていきます。保科・10号コンビのファンという読者も少なくありません。

日比野カフカとの関係

入隊試験では合格基準に達しなかったカフカを、保科は候補生として自分の小隊で預かることを申し出ます。それは保科がカフカを人間的に気に入っているためでもありますが、実戦試験で起きたハプニングにカフカが関わっていることを感じて、その正体を突き止めるためでもありました。

カフカに疑念を抱きつつも、懸命に努力する姿を見て少しずつ情が芽生え始める保科。初任務でのカフカの成果を評価し、正隊員への昇格を推したのも彼でした。

カフカの正体が露見し、正式に怪獣兵器として運用されることが決定した後も、何かとカフカのことを気にかけており、強化するため隊式格闘術と保科流格闘術を叩き込みます。

カフカにとって保科は師であり、誰よりも認められたい相手であり、自身が目標とする「亜白ミナの隣」に立つライバルです。

亜白ミナとの関係

元々は関西で入隊していた保科でしたが、刀よりも銃器による怪獣討伐が主流となった現代では、周囲から口々に「時代遅れ」「現場から退いて指導者に回れ」「諦めろ」と言われ続けていました。

そんな保科を初めて認めてくれたのがミナでした。包丁も握りたくないほど刃物が苦手な自分を、近接戦のエキスパートとしてサポートしてほしいというのです。スカウトを受けた保科は第3部隊に異動し、その後副隊長の座に就くこととなりました。

誰も口にしなかった言葉と機会をくれたミナに特別な敬意を持ち、その期待に応えることに全身全霊をかけています。また、ミナにとっても保科は心強い副官であり、厚い信頼を寄せています。
 

今後の注目シーン

隊長の留守を守り切る

ミナの留守中に多数の翼竜系怪獣により襲撃を受けた立川基地。群れることのないはずの翼竜系怪獣を束ねる「怪獣10号」を1人で相手する保科。人語を操る知性と隕石のような威力の攻撃に加え、巨大化した相手に苦戦を強いられます。

しかし今は、初めて自分を評価してくれたミナに任された留守。死んでも守る、と満身創痍で戦いを続けますが、ついに10号に捕らえられ、一巻の終わりかと思われたところでミナが現着。怪獣に強烈な一撃を与え、保科は解放されます。

隊長に繋ぐという副隊長としての務めを果たしたのです。それでも10号は手強く、ミナの弾道を早々と見切り始めます。すると、保科はボロボロの身体に鞭打ち、10号の脚を斬り付け機動力を削ぎます。

さらに隊員・四ノ宮キコルが加勢に入り、見事な連携で強敵を撃破! 保科を頼りに思うミナと上官を誇りに思う保科の強い信頼関係に胸が熱くなります。

 

怪獣10号との共闘

怪獣10号の意志を残したスーツ「ナンバーズ10」を着用するも、いくら訓練を積んでも解放戦力が83%を超えない保科。

そんな中、保科を倒すために作られた「怪獣12号」と戦うことになります。10号いわく、12号は全てのスペックが10号の上を行く完成品だと言うのです。

保科自身、物心ついた時から保科家の完成形と呼ばれている兄がおり、自分は出来損ないという認識でした。10号の立場に自分の境遇を重ね、余計に負けられないと決意。

普段の二刀型に一刀型を交えて応戦するも予想以上に強い相手に絶体絶命の危機に陥ります。もう打つ手はないと戦意を喪失する保科に、「あんなに強ぇ奴が目の前にいるんだぜ 最高じゃねーか」と信じられない言葉をかける10号。

自分がここまで刀を振り続けてきた動機が他でもなく「楽しかったから」だということに気付かされ、ハッとする保科。すると、解放戦力は急上昇し、ついに100%に到達。

戦いを楽しむ10号と戦う動機が一致し、両手と10号の尻尾を使った三刀流で、強敵12号を撃破! 名コンビによる見応え抜群の共闘です。

 

声優は河西健吾さん

保科宗四郎を演じるのは河西健吾さん。2月18日生まれ、大阪府出身。『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の三日月・オーガス役をはじめ、『鬼滅の刃』の時透無一郎役など、人気作品のキャラクターを多く演じています。

保科宗四郎が道を斬り開く!

どれだけ周囲に反対されても諦めることなく己の道を極め続ける保科。副隊長というポジションに就いても、防衛隊の道をその手で斬り開くため鍛錬を怠ることはありません。見事な剣技をお見逃しなく!


 

1990年生まれ、福岡県出身。小学生の頃『シャーマンキング』でオタクになり、以降『鋼の錬金術師』『今日からマ王!』『おおきく振りかぶって』などの作品と共に青春時代を過ごす。結婚・出産を機にライターとなり、現在はアプリゲーム『アイドリッシュセブン』を中心に様々な作品を楽しみつつ、面白い記事とは……?を考える日々。BUMP OF CHICKENとUNISON SQUARE GARDENの熱烈なファン。

この記事をかいた人

わたなべみきこ
出産を機にライターになる。『シャーマンキング』『鋼の錬金術師』『アイドリッシュセブン』と好きなジャンルは様々。

担当記事

関連記事
アニメ・映画・ゲームとのタイアップ多数! 劇場版『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』主題歌に起用のBUMP OF CHICKENがこれまでにタイアップした作品・楽曲をご紹介!
ボーカル&ギターの藤原基央さん、ギターの増川弘明さん、ベースの直井由文さん、ドラムの升秀夫さんによるロックバンド・BUMPOFCHICKEN(略称・BUMP)。紅白歌合戦をはじめとした国民的音楽番組にも多数出演し、数々のテレビドラマやCMにも楽曲が起用されている日本を代表するロックバンドです。昨年で結成25周年を迎え、長年多くのファンに支持されている彼らは、アニメやゲームとも多数タイアップしており、その数なんと16曲! 最近では、2022年4月15日公開の劇場版『名探偵コナンハロウィンの花嫁』の主題歌にも起用されたことでも大きな話題になりました。そこで今回は、これまでにBUMPがタイアップした作品と楽曲を一挙にご紹介!ご存知の方も多いかもしれませんが、BUMPメンバーの皆さんにはアニメや漫画、ゲームを愛する“オタク”な一面も。そんな彼らが手掛けるタイアップ曲は、その作品が表現する世界を歌とサウンドでさらに確固たるものにしています。  TVアニメ×BUMPまずは、TVアニメとのタイアップからご紹介していきます。第1シリーズ第1シーズンのOP・EDを共に務めた『3月のライオン』は、共にアニメーションによるMVが制作されています。 「アンサー」/『3月のライオン』第1シ...
関連記事
『アイドリッシュセブン』年末恒例音楽番組「ブラック・オア・ホワイト」特集! 大幅リニューアルされた今年の注目ポイントと出演アーティストを紹介!
年末恒例の音楽番組「ブラック・オア・ホワイトミュージックファンタジア」(以下、ブラホワ)。毎年、その年の音楽シーンや芸能界を彩ったアイドルたちが顔を揃え、音楽による熱いバトルを繰り広げてきました。視聴者の皆さまにもそれぞれブラホワにまつわる思い出があるのではないでしょうか。そんな長い歴史をたどってきた「ブラホワ」が今年大幅リニューアルされることが先日発表されました。その名も「ブラック・オア・ホワイトライブショーダウン」! 本記事では、これまでのブラホワの歴史を振り返りつつ、大規模なリニューアルを果たした今年の注目ポイントを特集。さらに、4組の出演アーティストのこれまでの活躍や魅力などもまとめてご紹介! 「ブラック・オア・ホワイトライブショーダウン」をさらに楽しみましょう!  これまでの「ブラック・オア・ホワイト」年末恒例の音楽番組として長く国民に愛されてきた「ブラック・オア・ホワイトミュージックファンタジア」。その年活躍したアーティストたちが各部門ごとに音楽による熱いバトルを繰り広げ、その歴史を積み上げてきました。特に、近年注目されているのは「男性アイドル部門」。そのブームの後押しもあり、毎年魅力的なアイド...
関連記事
アーニャの出自、プロジェクト<アップル>、謎に包まれた現“皇帝の学徒”……『SPY×FAMILY』の伏線・謎をまとめて考察してみました!
スパイの父・ロイド、暗殺者の母・ヨル、超能力者(エスパー)の娘・アーニャがそれぞれの正体を隠しながら家族として暮らすハプニングだらけの日常を描いたホームコメディ『SPY×FAMILY』。ユニークな設定と魅力的なキャラクター、スリリングな展開や心温まるエピソードが盛り込まれたストーリーなどたくさんの魅力を持つ本作は、テレビアニメ化やミュージカル化、アニメ映画化と様々な形に展開され、多くのファンを楽しませています。原作は漫画アプリ「少年ジャンププラス」で隔週月曜日に最新話が更新され、今も物語は進行中。毎回更新を楽しみにしているファンも多いことでしょう。かく言う私もそんなファンの1人で、アーニャやクラスメイト達の可愛さにほっこりしたり、時折挟まれるギャグに笑わせてもらったり、シリアスなストーリーにハラハラしたりと毎話楽しませてもらっています。しかし、ふと考えてみるとアーニャって未だに謎だらけなんですよね。彼女の可愛さやキャッチーさに引かれてついつい忘れがちですが、作中で最も謎多き人物は他でもないアーニャではないでしょうか。そうして漫画を読み返してみると、アーニャのこと以外にも明かされていない部分や伏線、謎がわんさか出てきた...
もっと見る
関連記事
『SHAMAN KING(シャーマンキング)』20年来のファンである私が大人になってから気づいた“1000年の時を渡って描かれる心を巡る物語”
まもなく最終回を迎えるTVアニメ『SHAMANKING』。霊能力(シャーマン能力)を持った主人公の少年・麻倉葉が全知全能の力を持つシャーマンキングを目指して「シャーマンファイト」に参加し、戦う姿を描いた物語です。原作は武井宏之先生によって1998年より連載がスタートした『シャーマンキング』で、2004年に連載は終了したものの、その後完全版が刊行されました。2001年に一度オリジナルストーリーでアニメ化されていますが、2021年4月より満を持して完全版ストーリーがアニメ化されています。連載終了から18年経った今も根強いファンから支持されている本作。かく言う私も、小学生の頃、アニメをきっかけに本作と出会い、初めて“沼落ち”を経験しました。幼い私に何がそんなにハマったのか、今となっては覚えていないのですが、寝ても覚めても『シャーマンキング』のことを考えており、“声優”という職業を知ったのもこの作品がきっかけでした。つまり、『シャーマンキング』は私を立派なオタクにした(してくれた)そんな思い入れのある作品なのです。そんな『シャーマンキング』の完全版が初のアニメ化ということで、毎話本当に楽しみに視聴していたのですが、大人になってから改めて物語に触れた...
関連記事
もはやアニソン界になくてはならないバンド!UNISON SQUARE GARDENがこれまでにタイアップした楽曲を一挙にご紹介!
ギター&ボーカル・斎藤宏介さん、ベース&コーラス&作詞作曲担当・田淵智也さん、ドラムス&コーラス・鈴木貴雄さんによるスリーピースバンド・UNISONSQUAREGARDEN(略称・ユニゾン)。3人とは思えないほど厚みのあるエッジの効いたバンドアンサンブルが人気の彼らは、アニメ『TIGER&BUNNY』のOP主題歌「オリオンをなぞる」をはじめ、数多くのアニメ作品の主題歌を担当しており、もはやアニソン界にもなくてはならないロックバンドと言えるでしょう。昨年末には、2022年4月より放送のアニメ『TIGER&BUNNY2』のOP主題歌をUNISONSQUAREGARDENが担当すると発表され“タイバニ×ユニゾン”の最強タッグ再結成が大きな話題となりました。そこで、本稿ではこれまでにUNISONSQUAREGARDENが担当してきたアニメ主題歌をご紹介!アニメの世界観が“ユニゾン”のカラーによって鮮明に描かれた楽曲はどれも聞き応えのある名曲ばかりです!UNISONSQUAREGARDENが担当したアニメOP&EDテーマまずは、最強タッグが誕生した『TIGER&BUNNY』のOP「オリオンをなぞる」。“ユニゾン×アニソン”と聞くとこの曲を思い浮かべる方も多いはず!5枚目のシングルで、アニメ人気にも後押しされてバンド初の売り上げ1万枚超えを達成...
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング