アニメ
『鬼人幻燈抄』6/27放送スタート!追加声優に白熊寛嗣・近藤唯

『鬼人幻燈抄』6/27から初回1時間スペシャルで放送スタート! 追加声優に白熊寛嗣さん・近藤唯さん、コメント到着

江戸から平成へ、百七十年という途方もない時間を旅する鬼人の物語を描く、和風大河ファンタジー『鬼人幻燈抄』(著・中西モトオ/双葉文庫)。

TVアニメ化が発表されている本作ですが、このたび6月27日(木)からTOKYO MX、MBS、BSフジにて、初回1時間スペシャルで放送開始することが決定しました。

さらにキービジュアルが解禁となる、追加声優に白熊寛嗣さん・近藤唯さんも明らかになりました。

▲公開されたキービジュアル

▲公開されたキービジュアル

剣を構える甚太を中心に、甚太の妹・鈴音、巫女の白雪、同化の鬼と遠見の鬼女が描かれたデザイン。

甚太の剣に絡みつく布が、甚太を中心に繋がっていたであろう関係性の分断や、彼が様々なしがらみに囚われていくことを想起させるようなビジュアルとなっています。

その一方で力強く前を見据える甚太の表情が、ただ囚われていくだけではないことも物語っています。

関連記事
鬼人幻燈抄
時は天保十一年(1840年)。大飢饉により人心が乱れた世において、鬼が人の姿に化け、戯れに人をたぶらかすようになっていた。江戸の街から遠く離れた山間の集落・葛野(かどの)。この集落に、甚太と鈴音という兄妹が暮らしていた。幼い頃に、ある理由から葛野に来たよそ者の二人だったが、皆に受け入れられ仲睦まじく日々を過ごしていた。集落には、「いつきひめ」と呼ばれる巫女がおり、成長した甚太は巫女の護衛役を務めるように。そしてある日、甚太は鬼の討伐に赴いた森で、遥か未来を語る不思議な鬼に出会う――巫女の護衛役として死と隣り合わせの甚太、その身を心配しつつも健気に明るく兄を送り出す鈴音、巫女「いつきひめ」として責務を果たす中、鬼に命を狙われる白夜。三人の運命の歯車が重なり、そして狂う時。人と鬼、長きに渡り時代をも巻き込む大きな災いが降り注ぐ。江戸から平成へ。刀を振るう意味を問い続けながら百七十年という途方もない時間を旅する鬼人の物語を描く、和風大河ファンタジー。作品名鬼人幻燈抄放送形態TVアニメスケジュール2025年キャスト甚太:八代拓鈴音:上田麗奈白雪:早見沙織同化の鬼:白熊寛嗣遠見の鬼女:近藤唯スタッフ原作:中西モトオ(双葉文庫)...

追加キャラクター&キャスト情報

同化の鬼(どうかのおに) CV:白熊寛嗣

葛野を囲うように広がるいらずの森で甚太が出会った高位の鬼。二本の角に筋骨隆々の体躯を持ち、昼夜問わず動くことができる。

■白熊寛嗣さんコメント

──本作の魅力をお聞かせいただけますでしょうか。

「悪」とは何なのか。
存在なのか、それとも行為なのか。
人間は何故、刀を振るうのか。
「悪役の中にも正義あり」と常々考えている自分にとって、とても考えさせられる作品です。皆様もぜひ、この世界にどっぷりとハマって下さい。

──演じるにあたり、意気込みを教えていただけますでしょうか。

鬼という存在が、人間を弱者として見下すのではなく、それぞれの存在を尊重した上で向き合う。桃太郎の赤鬼、にならないよう、理性を持って「鬼」を演じました。

遠見の鬼女(とおみのきじょ) CV:近藤 唯

同化の鬼と行動を共にする高位の鬼。遠く離れた景色や、今は形もない未来の情景を視ることができる<遠見>の力をもつ。

■近藤 唯さんコメント

──本作の魅力をお聞かせいただけますでしょうか。

それぞれの想いや決意が絡み合ってどうしようもなくなっていく様に、心がぎゅっと締め付けられ、第一話からその世界観に一気に引き込まれました。それだけ強く心を動かし、引き込んでくれる登場人物たちの想いの描き方が、とても魅力的です。

──演じるにあたり、意気込みを教えていただけますでしょうか。

170年という長い年月をまたぐ物語の始まりに関わる大事な1人だと思っていますので、演じられて嬉しく思います。彼女には彼女の信念があり、その信念に沿って、己の役割を貫き振る舞う姿は、演じていて楽しかったです。

TVアニメ『鬼人幻燈抄』作品情報

2024年6月27日(木)からTOKYO MX、MBS、BSフジにて放送開始 ※初回1時間スペシャル

Introduction

時は天保十一年(1840年)。大飢饉により人心が乱れた世において、鬼が人の姿に化け、戯れに人をたぶらかすようになっていた。

江戸の街から遠く離れた山間の集落・葛野(かどの)。この集落に、甚太と鈴音という兄妹が暮らしていた。幼い頃に、ある理由から葛野に来たよそ者の二人だったが、皆に受け入れられ仲睦まじく日々を過ごしていた。

集落には、「いつきひめ」と呼ばれる巫女がおり、成長した甚太は巫女の護衛役を務めるように。そしてある日、甚太は鬼の討伐に赴いた森で、遥か未来を語る不思議な鬼に出会う――

巫女の護衛役として死と隣り合わせの甚太、その身を心配しつつも健気に明るく兄を送り出す鈴音、巫女「いつきひめ」として責務を果たす中、鬼に命を狙われる白夜。三人の運命の歯車が重なり、そして狂う時。人と鬼、長きに渡り時代をも巻き込む大きな災いが降り注ぐ。

江戸から平成へ。刀を振るう意味を問い続けながら百七十年という途方もない時間を旅する鬼人の物語を描く、和風大河ファンタジー。

STAFF

原作:中西モトオ(双葉文庫)
監督:相浦和也
シリーズ構成:赤尾でこ
キャラクターデザイン:池上たろう
音楽:髙田龍一(MONACA)、広川恵一(MONACA)、高橋邦幸(MONACA)
アニメーション制作:横浜アニメーションラボ

CAST

甚太:八代 拓
鈴音:上田麗奈
白雪:早見沙織
同化の鬼:白熊寛嗣
遠見の鬼女:近藤 唯

公式サイト
公式X(@kijin_anime)

原作情報

■「鬼人幻燈抄」
原作:中西モトオ(双葉文庫)

単行本:全14巻発売中
文庫本:7巻まで発売中 最新8巻は9月11日発売
コミックス:6巻まで発売中 最新7巻は9月11日発売

(C)中西モトオ/双葉社・「鬼人幻燈抄」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

鬼人幻燈抄の関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング