映画
『猿の惑星/キングダム』公開記念舞台挨拶レポート到着

『猿の惑星/キングダム』公開記念舞台挨拶レポート到着! 松岡禎丞さん、小松未可子さん、竹内力さんら豪華日本版声優陣が登壇!

映画史に残る神話的名作『猿の惑星』の“完全新作”として描かれる『猿の惑星/キングダム』が、2024年5月10日(金)より公開中。世界中でオープニングNo.1、日本でも初週3日間で洋画NO.1の大ヒットを記録しています。

この度、本作の公開を記念して松岡禎丞さん(ノア役)、小松未可子さん(ノヴァ役)、竹内力さん(プロキシマス・シーザー役)ら豪華日本版声優、そしてお笑いコンビ・サルゴリラをゲストに迎えた公開記念舞台挨拶が開催。会場の様子が記されたレポートが公開となりました。

 

関連記事
猿の惑星/キングダム
今から300年後の世界、猿たちは絶対的支配を目論み、巨大な帝国<キングダム>を築こうとしていた。一方、人類は退化し、まるで野生動物のような存在となっていた。そんな世界で生きる若き猿ノアは、ある人間の女性と出会う。彼女は人間の中で“誰よりも賢い”とされ、猿たちから狙われていた。猿と人間の共存は不可能なのか。はたして、この世界で生き残るのは―。作品名猿の惑星/キングダム放送形態実写映画シリーズ猿の惑星スケジュール2024年5月10日(金)キャストノア:オーウェン・ティーグ(松岡禎丞)ノヴァ:フレイヤ・アーラン(小松未可子)プロキシマス・シーザー:ケヴィン・デュランド(竹内力)ラカ:ピーター・メイコン(楠見尚己)トレヴェイサン:ウィリアム・H・メイシー(千葉繁)シルヴァ:エカ・ダーヴィル(楠大典)アナヤ:トラヴィス・ジェフリー(浦和希)スーナ:リディア・ペッカム(白石晴香)コロ:ニール・サンディランズ(多田野曜平)ライトニング:ラス・サミュエル(岡井カツノリ)ダー:サラ・ワイズマン(佐藤しのぶ)スタッフ監督:ウェス・ボール配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン公開開始年&季節2024実写化映画(C)202420thCenturyStudios.AllRightsRese...

 

『猿の惑星/キングダム』公開記念舞台挨拶 レポート

大勢のファンに囲まれたステージに、冷酷な独裁者プロキシマス・シーザー役の竹内力、主人公の若き猿・ノア役の松岡禎丞、重大な秘密を抱える人間の女性・ノヴァ役の小松未可子が早速登壇。無事公開を迎え竹内は「全体の50%くらいが吹替で観られていると聞き、凄いことらしいんですよね。もしかしておひねり出るかなと思うくらい(笑)うれしく思いました。周りの反響としては、リアルな猿にびっくりしている人もいれば、『続編があるんじゃないの!?』とバタバタ言っている人もいますね(笑)」と、心境と周囲の反応を告白。

松岡も「公開されてから行く現場ごとで、誰かしらに『猿の惑星』見に行きましたよって言われるんですよ、今朝も『最高でした!』と言ってもらい嬉しかったです」と、小松も「公開前に映画館にいったら大きな本作のパネルがあって!人知れず写真を撮って、高揚感に包まれたのを覚えています。そして家族からも『あの“猿の惑星”か!どの猿!?』と聞かれて(笑)『猿じゃないんだ』となりました(笑)」と喜びの思いを明かした。

本作で描かれるのは、今から 300 年後の猿が人類を支配する世界。かつて人間によって生み出された猿ウィルスが猛威をふるい大都会だった世界は荒廃し、人間は知能や言語だけでなく、文化、技術、社会性までも失い、まるで野生動物のような存在となっていた。そんな世界において人間はもちろん、様々な猿の部族までをも支配しようとする独裁者・プロキシマスを演じた竹内は「プロキシマスは高慢的な独裁者で、知性のある戦略家でありながら急にキレて怒鳴り声をあげたり、馬鹿笑いしたりと、喜怒哀楽の激しい猿なんです」と説明しつつ「普段は俳優なので自然にしゃべりたくなっちゃうんですが、猿っぽく話したほうがいいのかなと、悩みはありました。猿っぽくしすぎるとセリフが聞きとりづらかったりしますし、悩みながら吹替しました」とアフレコでの苦労を明かした。

そんなプロキシマスによって大切な家族と故郷を奪われてしまう主人公の若き猿・ノアを演じた松岡は、「ノア役のオーウェン・ティーグが猿の生態を日常からしみ込ませて演じているので、動きや息遣いに気を付けて演じました。そして、ノアはそんなに強くはないんですけど、猿のことを思いやれる人間...いや、猿で(笑)人と猿の関係をつきつめていくんです。未熟だけど成長していくキャラクターなので、そんな過程を大事に演じました」と、ノアの魅力と吹替のこだわりを告白。

そしてノアが仲間を助けるために旅をする中で出会う、ある重大な秘密を抱えた人間の女性・ノヴァを演じた小松は「人間の存在が変わってきているシリーズの中で、本作では人間は退化しているんです。その中でもノヴァは賢い人間なので、彼女の目線から感じられる知性を大事にして演じました。また、劇場映画の吹替ってテレビとは違って家でチェックができないので、現地にいかないと映像を確認できない難しさも感じました」とこだわったポイントと、普段とは違った面で苦戦したことを明かした。

ノヴァと出会ったことで、これまで野生動物の一種としか思っていなかった人間の“本当の姿”と、かつて人間と猿が共存していた時代があったことを知り、再びそんな世界を目指すために次第にノヴァに心を開いていくノア。果たして二人は種を超えた団結のもと、プロキシマスの狂気の支配を食い止め、“共存”の道を切り開くことができるのか―。そして、ノヴァが握る、人間と猿の関係性を一瞬にして覆す秘密とは!?かつてない衝撃のラストが待ち受けている―。

 

お笑いコンビ・サルゴリラが日本版声優として登場することを発表

イベントが大いに盛り上がっている中、公開を祝福しに日本の“エイプ”ことお笑いコンビ・サルゴリラがステージに登場!「名前だけで呼ばれました、ラッキー登壇です!」と早速会場を笑いに包み、すでに作品を鑑賞した赤羽から「めちゃくちゃ面白かったです。このシリーズ自体観たことがなくて本作が“初・猿の惑星”になったのですがすんなり観れましたし、もちろんシリーズファンの方はさらに楽しめる作品だなと感じました」と熱い想いで感想が語られた。

そしてイベントでは二人からある発表が...!児玉から「ちょっとだけ声で出演してまして!」と<日本版声優として作品に出演していること>が告げられると会場はシーンとした空気に。すかさず児玉が「全然盛り上がらないですね(笑)」と突っ込みつつ、「ノアが卵を持って帰る映画冒頭のシーンで『ウォウウォウ』って言っています(笑)探してください」と語った。

吹替版を鑑賞した竹内は、二人の声について「素晴らしいお芝居だったと思います。冒頭シーンなのでぼーっと観ててよくわからなかったのですが、卵役でしょ?」と会場を笑いに誘った。日本のエイプを代表して登場するサルゴリラの声も、是非劇場で見つけ出してほしい!

そしてイベントでは、本作の公式ホームページ(https://www.20thcenturystudios.jp/movies/kingdom-apes)で開催されている『猿の惑星/キングダム』特別版「類人猿診断」(精神科医・名越康文監修)にゲストが挑戦。いくつかの質問に答えると、考え方や行動の基準がまったく違う<オランウータン、チンパンジー、ゴリラ、ボノボ>の 4 つのタイプの診断結果が出てくる。

事前に質問に答えたゲストの結果が MC によって発表され、松岡・小松・児玉は<自分の信念を持つオランウータンタイプ>、赤羽は<秩序と調和を重んじるゴリラタイプ>、そして竹内は自身の演じるプロキシマスと同じ<ムードメイカーのボノボタイプ>であることが明らかとなると、「やっぱり!」と会場は大盛り上がり。その場を盛り上げる特徴のボノボタイプだった竹内だが、サルゴリラの児玉は「確かに楽屋でもすごく盛り上げてくれます」と竹内の意外な一面を明かした。

 
最高峰の VFX 技術が生み出す壮大な世界観をはじめ、公開後には映像美だけでなく心揺さぶれる深い物語に注目が集まっている本作。中でも主人公ノアは映画の冒頭から終盤にかけて、自分自身と向き合い、知らない世界を知っていくことで“観客も共感できる成長物語”が描かれているが、松岡は「本作は、主人公・ノアと一緒にどんどん理解していく作品だと思っています。ノアが一歩ずつ進み困難を乗り越えていくごとに、伏線を回収して、ノアと同時に楽しめる作品になっていると思います」と語り、小松も「リブートシリーズの主人公・シーザーの伝承を受け継ぐものと、シーザーを知らないものの間で、どうその伝承を受け取っていくのかというところが、個人的に深いと思いました。ある意味人間の歴史もそうなんじゃないかと浮かぶシーンもあり、グッときました」と、インパクトだけにとどまらない本作のストーリーの深さを明かす。

竹内も「人間がいるべき場所に猿がいるのが、現実だったら怖いなとゾワゾワして違和感を感じながらも、今現在世界各国で起きている戦争やコロナ、地球温暖化などへの教訓的なメッセージが散りばめられている作品になっています」と、本作の深いメッセージ性を語った。

そして最後に本作のファン、これから作品を観る方に向け竹内から「世界最高峰の VFX で描かれる世界に浸りながら存分に『猿の惑星/キングダム』を楽しんでください!なんて素晴らしい日だ~!」と熱いメッセージとともに、大ヒットしている本作にぴったりの決めセリフで締めくくった。さらに本作の公開を記念し、イベント最後には鏡割りを実施!会場が『猿の惑星/キングダム』公開祝福の熱気に包まれ、イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。

全てを掌握しようとする独裁者プロキシマス・シーザーに反旗を翻すため立ち上がるノアとノヴァ。だがノヴァは、猿たちの知らない重大な“秘密”を抱えていた...。種を超えたその団結は、狂気の支配を止めることができるのか。それとも、圧倒的力に飲み込まれてしまうのか。<猿&人間>VS<猿>という新たな衝突の先に待ち受けるこの惑星に隠された驚くべき真実とは!?『猿の惑星/キングダム』は、大ヒット公開中。

『猿の惑星/キングダム』作品情報

猿の惑星/キングダム

あらすじ

今から300年後の世界、猿たちは絶対的支配を目論み、巨大な帝国<キングダム>を築こうとしていた。一方、人類は退化し、まるで野生動物のような存在となっていた。

そんな世界で生きる若き猿ノアは、ある人間の女性と出会う。
彼女は人間の中で“誰よりも賢い”とされ、猿たちから狙われていた。
猿と人間の共存は不可能なのか。はたして、この世界で生き残るのは―。

キャスト

ノア:オーウェン・ティーグ(松岡禎丞
ノヴァ:フレイヤ・アーラン(小松未可子
プロキシマス・シーザー:ケヴィン・デュランド(竹内力)
ラカ:ピーター・メイコン(楠見尚己
トレヴェイサン:ウィリアム・H・メイシー(千葉繁
シルヴァ:エカ・ダーヴィル(楠大典
アナヤ:トラヴィス・ジェフリー(浦和希
スーナ:リディア・ペッカム(白石晴香
コロ:ニール・サンディランズ(多田野曜平
ライトニング:ラス・サミュエル(岡井カツノリ
ダー:サラ・ワイズマン(佐藤しのぶ

(C)2024 20th Century Studios. All Rights Reserved.
関連記事
猿の惑星/キングダム
今から300年後の世界、猿たちは絶対的支配を目論み、巨大な帝国<キングダム>を築こうとしていた。一方、人類は退化し、まるで野生動物のような存在となっていた。そんな世界で生きる若き猿ノアは、ある人間の女性と出会う。彼女は人間の中で“誰よりも賢い”とされ、猿たちから狙われていた。猿と人間の共存は不可能なのか。はたして、この世界で生き残るのは―。作品名猿の惑星/キングダム放送形態実写映画シリーズ猿の惑星スケジュール2024年5月10日(金)キャストノア:オーウェン・ティーグ(松岡禎丞)ノヴァ:フレイヤ・アーラン(小松未可子)プロキシマス・シーザー:ケヴィン・デュランド(竹内力)ラカ:ピーター・メイコン(楠見尚己)トレヴェイサン:ウィリアム・H・メイシー(千葉繁)シルヴァ:エカ・ダーヴィル(楠大典)アナヤ:トラヴィス・ジェフリー(浦和希)スーナ:リディア・ペッカム(白石晴香)コロ:ニール・サンディランズ(多田野曜平)ライトニング:ラス・サミュエル(岡井カツノリ)ダー:サラ・ワイズマン(佐藤しのぶ)スタッフ監督:ウェス・ボール配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン公開開始年&季節2024実写化映画(C)202420thCenturyStudios.AllRightsRese...
(C)2024 20th Century Studios. All Rights Reserved.
おすすめタグ
あわせて読みたい

猿の惑星/キングダムの関連画像集

おすすめ特集

ディズニープラス独占最速配信
今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング