アニメ
『終末トレインどこへいく?』安済知佳×木野日菜が語る最終話の見どころ

『終末トレインどこへいく?』安済知佳さん(千倉静留役)×木野日菜さん(東雲晶役)最終話直前インタビュー|静留にとってこの旅は必要なものだったんじゃないかな

水島努監督と横手美智子がタッグを組み、「終末世界×電車×友情」をテーマに、不思議な冒険を繰り広げていくオリジナルTVアニメ『終末トレインどこへいく?』。主人公・千倉静留は、7G事件の影響で異変が起きた世界で、行方不明になった親友に会いに行くために吾野から池袋に電車で向かいます。

アニメイトタイムズでは、いよいよクライマックスを迎える本作について、千倉静留役・安済知佳さんと東雲晶役・木野日菜さんにインタビュー! ここまでの物語を振り返ってもらいつつ、最終話の見どころについてお聞きしました。

 

関連記事
終末トレインどこへいく?
郊外のとある町。ここはどこにでもある、ごくごくありふれた田舎……ではなかった。住民たちに大きな異変が起きているのだ。だけどそんな中でも千倉静留には、強い思いがあった。行方がわからない友達に、もう一度会いたい!静留たちは放置されて動かなくなっていた電車で、生きて帰ってこられるかどうかもわからない外の世界へと出ていく。走り出した終末トレインの終点には、いったい何がある?作品名終末トレインどこへいく?放送形態TVアニメスケジュール2024年4月1日(月)~2024年6月24日(月)AT-X・TOKYOMXほか話数全12話キャスト千倉静留:安済知佳星撫子:和氣あず未久賀玲実:久遠エリサ東雲晶:木野日菜中富葉香:東山奈央善治郎:興津和幸スタッフ監督:水島努演出チーフ:菅沼芙実彦シリーズ構成:横手美智子キャラクターデザイン・総作画監督:西田亜沙子キャラクターデザイン原案:namo美術監督:野村正信 堀越由美色彩設計:小山知子撮影監督:田沢二郎編集:後藤正浩音響効果:小山恭正録音調整:山口真之音響監督:水島努音楽:辻林美穂音楽制作:フライングドッグアニメーション制作:EMTスクエアード主題歌OP:「GA-TANGO-TON」中島怜ED:「ユリイカ」ロクデナシ公開開始年&季...

関連記事

関連記事
春アニメ『終末トレインどこへいく?』連続キャストインタビュー第3回:久賀玲実役・久遠エリサさん&東雲晶役・木野日菜さん|「電車に乗ってみんなで一駅ずつ進んで、いろんなことに出会って、また電車に乗って出発する雰囲気が新鮮」
2024年4月1日より放送を開始した、オリジナルアニメ『終末トレインどこへいく?』。水島努監督と横手美智子さんが再びタッグを組み、「終末世界×電車×友情」をテーマに、不思議な冒険を繰り広げていきます。そんな『終末トレインどこへいく?』の放送にあわせ、キャスト陣へ連続インタビュー! 1回目は主人公の千倉静留を演じる安済知佳さん、2回目は星撫子役の和氣あず未さんにお話を伺いました。 3回目となる今回は、久賀玲実役の久遠エリサさん&東雲晶役の木野日菜さんのお二人が登場! 喧嘩ばかりしている玲実と晶ですが、2人はどう演じていったのか。作品の魅力や、お気に入りシーン&キャラクターなどについてもお聞きしました。※本記事では3話までのネタバレを含みます。ぜひ3話を見た後にご覧ください。  晶は毒舌やクールなキャラクターのバランスを取るのが難しかった――まずは久賀玲実、東雲晶というキャラクターの自己紹介をそれぞれお願いできますか?久遠エリサさん(以下、久遠):玲実は可愛いものが好きで、野生児フィーリングのあるギャルです。『練馬の国のアリス』(作中オリジナル作品)というアニメがすごく好きな等身大ギャルな女の子。でも都会によく出てるようなギャ...

 

第7話の歌は歌詞しかもらえなかった!?

――ここまでの旅路のなかで、お二人はどのエピソードが印象に残っていますか?

千倉静留役・安済知佳さん(以下、安済):いっぱいありますが、東吾野での出来事(第3話)ですかね。彼女たちの出発地点であった吾野は大人たちが動物になっていましたが、東吾野では人間にキノコが生えていて。7Gの世界がどういうものなのかがよく分かるエピソードでした。静留たちはキノコが生えた人々を普通に受け入れていましたが、晶だけちょっと怖がって、状況を受け入れれないある意味での冷静さを持ってたんですよね。東吾野で、各キャラクターの個性も見えたような気がします。あとは、松田さんの最後の豹変ぶりが最高でした(笑)! ここから物語はどうなっていくんだろうと、収録の時もワクワクしていた記憶があります。

 

 
東雲晶役・木野日菜さん(以下、木野):私はゾンビとクロキン(黒木美都)のエピソード(第6話・7話)が印象に残っています。私のなかでゾンビと言えば「ぐわあ!」とか「ぎゃあ!」と叫ぶイメージだったのですが、本作では「あー」「えー」と、なんかきれいなハーモニーを奏でていて。「なんだ、このゾンビは!?」って思わずツッコんでしまいました(笑)。

一方でクロキンとゾンビの関係はほっこりしたもので。何だか心があたたかい気持ちになったまま終わるエピソードでした。個人的には、晶が長い官能小説を読み上げるシーンも印象深いですね。

安済:あれ、すごかった!

木野:ありがとうございます(笑)。そして、善治郎さんに教えてもらったエッチな歌。そういう歌ならバラードか情熱的な「どただんだだん! ちゃらりらちゃらりらー」みたいな感じかなと思っていたのですが、「スパパンパンパン! もういっちょ!」というお祭りみたいな感じで(笑)。あれは果たして、本当にエッチな歌だったのだろうか……。とにかく色々な要素が詰まったエピソードなので、記憶に刻まれています。

安済:劇中で歌う曲って、大抵はアフレコ前に音源をいただいてそれを聞いて練習してから臨むのですが、今回は歌詞しかいただけなくて……。

木野:そうでした!

安済:水島監督から「音源を聞かなくてもいけるやつです」というコメントだけが来ていまして。

木野:(笑)。

 

 
安済:で、実際に収録してみたら、リズムがめちゃくちゃ速いんですよ! しかも、私は途中で「あ、もっと」って言わないといけなくて。楽しくもありつつ大変な収録でした……。

木野:あれ、最初に和氣さんが録っていたんですよね。和氣さんは水島監督が「こんな感じ!」と言ったメロディになぞって、その場で歌ったらしいんですよ。

――えぇ!?

安済:すごいですよね。

木野:よく歌えたなぁって。

安済:実は私、あの歌が『終末トレイン』の最後の収録だったんです。「これが最後!?」って思っちゃいました(笑)。そしたらスタッフさんが「(久賀)玲実役の久遠(エリサ)さんも『これが最後ですか?』と言っていました」と教えてくれて。同じ気持ちでした(笑)。そういうのも相まって、あの歌は印象に残っています。

 

 

おすすめタグ
あわせて読みたい

終末トレインどこへいく?の関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング