アニメ
夏アニメ『しかのこ』潘めぐみ×藤田咲インタビュー

言葉を超えた自由と混沌の渦の中で、“シカ”があなたを待っている――夏アニメ『しかのこのこのここしたんたん』鹿乃子のこ役・潘めぐみさん×虎視虎子役・藤田咲さんインタビュー

2024年7月7日(日)よりTVアニメ『しかのこのこのここしたんたん』(以下、『しかのこ』)がTOKYO MXほかにて放送開始となります。

本作は、ホロライブの天音かなたさん、にじさんじの空星きらめさんのキャラクターデザイン担当でも知られる漫画家&イラストレーター・おしおしお先生の漫画を原作とした超カオスなギャグアニメ。ツノの生えたシカ少女・鹿乃子のこ(通称:のこたん)と、元ヤン女子高生・虎視虎子(通称:こしたん)の二人が出会ったことをキッカケに、不条理だけど笑えるガール・ミーツ・シカ(?)物語が幕を開けます。

アニメイトタイムズでは、そんな本作で主演を務めるのこたん役・潘めぐみさんと、こしたん役・藤田咲さんに単独インタビュー! キャラクターを演じた感想や、キャラクターにまつわるアレコレ、そしてアフレコ現場でのエピソードなど、多岐にわたるお話を伺いしました!

関連記事
しかのこのこのここしたんたん
都立日野南高校に通う女子高生、虎視虎子。ある日の登校中、彼女は顔に冷たいものが当たるのを感じた。ふと上を見ると、そこには鼻水をたらし、ツノが電線に引っかかって身動きが取れなくなっている女の子が――!?うっかり変な『ツノ』の生えた少女・鹿乃子のこを助けたことで、優等生(の皮を被った)虎視虎子の人生がかき乱されていく......一人の少女(元ヤン)が一人のシカ(?)に出会うガール・ミーツ・シカ物語開幕!!作品名しかのこのこのここしたんたん放送形態TVアニメスケジュール2024年7月7日(日)〜TOKYOMX・BS日テレにてキャスト鹿乃子のこ:潘めぐみ虎視虎子:藤田咲虎視餡子:田辺留依馬車芽めめ:和泉風花猫山田根子:久保ユリカ狸小路絹:土屋李央燕谷千春:赤﨑千夏ナレーション:鳥海浩輔スタッフ原作:おしおしお「しかのこのこのここしたんたん」(講談社「マガジンポケット」連載)監督:太田雅彦シリーズ構成・脚本:あおしまたかしキャラクターデザイン:辻村歩音楽:三澤康広アニメーション制作:WITSTUDIO製作:日野南高校シカ部主題歌OP:「シカ色デイズ」シカ部ED:「シカせんべいのうた」鹿乃子のこ、虎視虎子公開開始年&季節2024夏アニメ(C)おしおしお・講談社...

こしたんは『しかのこ』の世界を守る聖剣!?

ーーまずはキャラクターの簡単な紹介と、演じた感想をお願いします。

鹿乃子のこ役・潘めぐみさん(以下、潘):のこたんは女子高生だったり、シカだったり変幻自在な子です。とても自由に演じさせていただいているんですが、その分ツッコミ役のこしたんにとても苦労をかけているのは重々承知しております……(笑)。

果たして彼女はどこから来たのか、そもそも何者なのか。謎が多い子ではあるので、「みなさんの想像にお任せします」という感じのキャラクターになっていますね。

虎視虎子役・藤田咲さん(以下、藤田):こしたんは、元ヤンであることをひた隠しにしている女の子です。でも、実際のところは、カワイイものが好きだったり、流行を追いかけてたりしているような本当に普通の女子高生なんです。

ただ、周りで起こる色々なことにツッコんでいる姿を見て、ちょっと気性の激しい子だと思われるかもしれませんが、日常を生きていれば普通に穏やかに暮らしていけるような、そんな女の子でございます。

自分自身に近いところがたくさんあると感じたので、スッと演じられました。私は元ヤンじゃないですけれど(笑)。私自身、みんなのボケに対してツッコむのは得意な方かなと思っているので、実に楽しく演じさせていただいています。

ーーお互いのキャラクターの印象はいかがですか?

潘:そこにいてくださるだけで「ありがとうございます」という気持ちでいっぱいです(笑)。

本人が仰る通り、こしたん=咲さんみたいな、「誰一人置いていかない」という魂が感じられるんです。強めのツッコミにも愛があるんですよね。それはたぶん咲さんが演じてくださるからこそ、受け取れるものなので、安心してボケられるし、自由に無茶できるという印象があります。

多分こしたんがいないと、それはもう大変な世界だと思うので(笑)。私は勝手にこの世界を守っているひとつのカギみたいな、この日野市に刺さってる神聖な剣みたいなイメージを持っています。

藤田:のこたんには可愛らしい一面がたくさんあるんですけど、こしたんを演じているがゆえにちょっと小憎たらしいなって思う瞬間もたくさんあって。それをいい塩梅に潘ちゃんが演じてくれていて、非常にバランスの良いキャラクターになっていると思います。なぜかみんなが崇め立てたり、不思議なカリスマ性があるんですよね。

のこたん以外も、リアルな友達だったらしんどい子が多いと思うんですけど、なぜか許せてしまう可愛らしさがあるし、演出のおかげなのか、原作のおしお先生のおかげなのかは分かりませんが、愛嬌があるんですよね。

潘:カワイイ子を愛でるというか、孫に近い距離感で見ているのかもしれません。

ーー台本や原作マンガ等、作品にはじめて触れた時、どんな印象を受けましたか?

潘:オーディション受ける前に原作を読ませていただいたんですけど、そのハチャメチャさが心地良い作品だなと思いました。考える間を与えてもらえないくらい、次のページが予測不能で(笑)。次から次へと怒涛のようにシカが押し寄せてきて、「鹿の大群に襲われたらこういう感覚なのかな?」と思いながら、読み進めていました。

言葉で表すのがもったいないくらい、「とりあえず読んでくれ! 見てくれたらわかる!」という印象ですね。カロリーの高い作品なので、なんなら湯気が見えそうです(笑)。

藤田:私もオーディション受ける際に原作から読ませていただきましたが、本当に面白かったので、「この面白さをどういう風に伝えたらいいんだろう」と考えながら読んでいました。
あとは、鼻水や血がコマを飛び出している場面が多くて……。こんな美少女を描いてるのに大丈夫かなって思った記憶があります(笑)。

ーー原作に負けず劣らず、アニメでもパロディネタであったり、ナレーションからメタな発言が飛び出したりと自由な作品ですが、おふたりは本作の魅力をどう感じていますか?

藤田:魅力かぁ……魅力はありすぎますね(笑)。

潘:何を魅力とするかにもよって、伝えるものが変わってくると思うんですけど、一言で言うなら”自由”です。「こう観た方がいいのかな」という概念を必要としないと言いますか。みんなが見たように受け取ってもらったものが『しかのこ』です。

あと良い意味でボーダーラインがないですね。特定の層に観て欲しいというものではないので、それぞれに刺さる何かがあるんじゃないかなと。どうやらPVが海外の方に刺さっているらしく(笑) 。咲さんとも「言葉はいらないね」という話をしていたんです。海を越えても感じ取ってもらえる熱量、その偉大な感じも魅力ですね。

藤田:考え出すとキリがないですよね。「のこたんってなんなんだろう」「なんでツノ外れるんだろう」「ツノ生えてるのはオスじゃないの?」とか(笑)。どの立場で見るかによっても楽しみ方が変わるんじゃないでしょうか。こしたんがしゃべっているシーンが多いので、こしたんの視点で観る方が多いと思うんですけど、のこたん側に立って、シカの立場で観てもらっても……(笑)。

潘:むしろ(のこたん側に)立てるものなら立ってみてほしいです(笑)。

藤田:それによって作品の見方も変わってくると思うので、そういう意味では、受け取る側が試されている作品なのかもしれないです。

おすすめタグ
あわせて読みたい

しかのこのこのここしたんたんの関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング