声優
『まーぶるインスパイア』収録現場よりキャストコメントをお届け!

ぬるオタ女子中学生たちのゆる~い日常がドラマCDに! 『まーぶるインスパイア』収録現場より能登麻美子さん、金田朋子さんらのコメントが到着!

 まんがタイムきららにて連載中のまったり女子中学生コミック『まーぶるインスパイア』が、2月末にキャラアニよりドラマCDとして発売される。

 『まーぶるインスパイア』は、むねきちさんがまんがタイムきらら(芳文社刊)にて連載中の4コマコミック作品。中学生になった主人公・るくはが、マイパソコン購入を目指して、友人たちと繰り広げるゆる~い日常が描かれる。ドラマCDでは主人公の女子中学生・るくは役を能登麻美子さん、るくはの友達のみりき役を金田朋子さん、みりきの妹の小学生・かのみ役を神田朱未さん、かのみの友達のるのる役を鈴木真仁さん、ナレーションを草尾毅さんが担当している。今回、ドラマCD収録後のコメントが到着したので紹介しよう。

●「皆さんとうまく混ざり合っていくようで、凄く楽しいなと思いながら演らせていただきました」(能登さん)

能登麻美子さん(るくは役):私もるくはと同じように、パソコンは全然詳しくないので、今回台本を拝見して「あ、色んな知らない単語が、いっぱいあるなぁ……」と。台本を通して新たに知る事が沢山ありました。実際にどういう風になるのか想像ができなくて……。他の皆さんの声を聴いて、その中でキャラクターをどうするか決めようかな、と思いながら現場に来たのですが、今は何か皆さんとうまく混ざり合っていくようで、凄く楽しいなと思いながら演らせていただきました。
るくはは、みりきちゃんとの掛け合いが多いので、朋ちゃん(金田朋子さん)の演技を聞きながら、その場のリアクションで瞬間で返しているところが結構ありますね。妄想モードに入る時のるくはの暴走っぷりが、台本読んでいて凄く面白いです。日常ののんびり屋さんと妄想モードの落差が、面白い子だなっていう印象ですね。原作が好きな方に、このドラマCDも楽しんでいただけたら、凄く嬉しいなと思っています。草尾さんがおっしゃったように、どこか噛み合ってない感が面白いと私も思うので(笑)。……ま、噛み合って来たら来たで違う良さがあるとは思うんですけれども、多分、「ココはココしかないだろうな!」っていう、危うい中の面白さというのが、この作品の世界観にホントちょうどいいだろうなって思うので、そこら辺を、原作とあわせて楽しんでいただけたら、凄く嬉しいです!

金田朋子さん(みりき役):凄く難しい言葉が普通に出て来て……色んな意味で勉強になりました(笑)。今度、日常生活に使って、知ったかぶりしたいなって思います(笑)。HD―ハードディスクとか。……もう知ってるかな、みんな?(笑)。みりきはいつも凄くテンション高くツッコんでるので……こちらも凄く勉強になりました!(笑)。私、普段ツッコむ事はあまり無いので、「ああやってツッコめばいいのかー!」って思って、これも、日常生活で役立てたいです(笑)。でも、みりきちゃんくらいやってしまうと、日常生活ではかなり浮いちゃうので、そのへんはちょっと大人らしくしつつ(苦笑)、今度誰かに、この対応をしてみようかなと。……大丈夫かな? 急に知らない人にやってしまうと、びっくりされてしまうので、今回一緒に演じさせていただいたこの声優さんの中のメンバーの誰かに、やりたいなと思います(笑)。
凄く個性的なキャラクターがいっぱいで、現場の雰囲気がとても良く自由にのびのびやらせていただいて、とてもいいトコだなぁ、って(笑)。楽しく演じさせていただいているので、そういう雰囲気が多分、聴いている方にも伝わるんじゃないかなぁ~。そういうところも想像しながら聴いていただけると、一緒に楽しい雰囲気も味わっていただけるんじゃないかなぁ、と思います。ぜひ、聴いてください!

神田朱未さん(かのみ役):マイク前に立って自由にやってみたら、皆さん、それぞれのキャラクターにポン!て入られて、自分が家で台本を読んでいた時に想像していたものとは、また全然違った皆さんのキャラクター作りに、「あ、こうくるんだ!」っていうのを楽しみながら演じさせていただきました。私としては大きい胸を持ったキャラクターの役で、ちょっと「嬉しいな」と思っています(笑)。
かのみは、小学生なのに、“双丘”と呼ばれる豊満な胸を持っています。で、彼女の何の気なしに言っている言葉や態度に、みりきさんがイラッとするっという。この、いつものパターンが、「面白いなぁ」と思って演じています。想像力を膨らませたら、いくらでもその先を考えることが出来るような作品だなぁ、と思いました。ぜひ色々な聴き方をしていただけたら嬉しいです!

斉藤佑圭さん(たまら役):今回この話をいただいて、原作を読ませていただいたんですけど、絵が可愛らしくて……絵が可愛らしいのに、ちょっと内容が濃いというか。ちょっとHなお話が入っていたりとか、自分の日常生活ではあまり聞き慣れない言葉だったりとかが多くて、最初台本を読んだときに、ちょっと戸惑ったんですけれど、こうして今日、他の皆さんと一緒に収録をして、その中で「あ、この子は、こういう風に返して来るんだ」とか、「ナレーションはこういう風に入るんだ」などが、生で聞けるので、それで「この作品は面白い!」って、自分が出てない時に、後ろの席で、おなかを押さえながら笑いをこらえていました。凄く楽しいです。
たまらは結構、見た目はボーッとしてて、「あ、ポヤーンとしてる、ちょっと天然の子なのかな?」と思っていたら、みりきちゃんがガーッ!とツッコむのに対して、たまらはボソッと「何とか」みたいに落ち着いてボケるというか、ボソッとボケるというか、かなりキツい事をサラッと言ってのけたりするので、「結構、怖い子だな」って思いました。あと、原作の中で、小説を書いたりしていたりとか、割と妄想癖が強い子なので、そういう、単純に可愛いだけじゃない面も持っているっていうのも、それはそれで魅力的だと思います。この作品自体に、ゆる~くまった~りとして流れがあって、収録現場も、ゆる~くまった~りな空気があり、その辺はやっぱり、演じている皆さんが作品にマッチした空気を作ってくださっているなぁ、と凄く感じているんで、それが聴いている方達に伝わったら、ホントに嬉しいかな、と思います。
キャラクターそれぞれに魅力があって、何かしながら聴いていても、「フッ」って耳にとまって、ちょっと笑えちゃったりする作品だと思うので、ぜひ皆さん、聴いてください!

鈴木真仁さん(るのる役):とても可愛らしいキャストさんばかりの中、多分、一番年上の私が一番年下であろうキャラクターを演じるというのは、この仕事ならではだなと感慨深いです。まだ目立った活動はしていないのですが、今後どのようなヌルオタぶりを発揮するのか楽しみです。もう、言い尽くされてしまいましたが、ヌルオタの方も、そうでない方も、皆さん、楽しんでいただける作品だと思うので、聴いてください!

草尾毅さん(ナレーション):“オタク”とか“萌え”とか、色んなジャンルの中で、“ヌルオタ”というジャンルがあって、それが一体どんなものなのか? と、みんな探りながら演ってるところが、今回、非常に可笑しいな、っていう気がします。とても個性豊かなキャストの皆さんなので、本番もそうですけど、テストの時から、皆さんのテンションに乗っかっていくべきなのか、ちょっと引いたところにいるべきなのか、そのさじ加減が非常に難しくて(笑)。
本番でもどっからどう出てくるか判らない方達ばかりなので、それにドキドキハラハラしながらナレーションの収録をさせていただきました。きっと、このドラマCDを手に取られたり、聴いて下さる方は、原作のファンの方が大半を占めていると思うので、それぞれ皆さん、作品についてのイメージを持ってらっしゃると思うんですが、それを僕らがどう解釈しつつ、何度も言っていますが、その噛み合っていないところとか、探りつつやっているところとか、また、この原作を何故、このキャストでドラマCD化したんだろう? とか、色んな事に“?”を持っていただいて、聴いた時に、“面白かった”という事もそうなんですけど、それ以上に、“?”というのがいっぱい残るような、そんな不思議な感覚な作品に仕上がっていたら、とても嬉しいと思うので、ぜひ、皆さんに聴いていただきたいなと思います!

ドラマCD まーぶるインスパイア
2010年2月27日発売
3150円(税込)
発売元:キャラアニ

>>キャラアニ.com


(C)むねきち/芳文社
おすすめタグ
あわせて読みたい

能登麻美子の関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング