menu
アニメ
TVアニメ『夢喰いメリー』声優コメント到着!

TVアニメ『夢喰いメリー』(2011冬アニメ)より、声優・佐倉綾音さん、岡本信彦さん、茅野愛衣さんのコメント到着!

 「まんがタイムきららフォワード」(芳文社)連載中の牛木義隆さんによる同名漫画をアニメ化、2011年1月よりTBS・BS-TBSにて放送開始のTVアニメ『夢喰いメリー』。本作のアフレコ現場より、放送に先駆けてメインキャスト陣のコメントが到着した。

 『夢喰いメリー』は他人の夢が視える不思議な能力を持った高校生・藤原夢路が、ある日「幻界(ユメ)」から迷い込んだ少女・メリーと出会い、幻界と人間界の境界で繰り広げられる夢魔たちの戦いに2人が巻き込まれていくというアクション・ファンタジー作品。

 今回は第3話の収録を前に、メリー・ナイトメア役の佐倉綾音さん、藤原夢路役の岡本信彦さん、橘勇魚役の茅野愛衣さん、霧島咲役の伊瀬茉莉也さん、河波千鶴役の植田佳奈さんから、演じるキャラクターの魅力や作品の見どころなどについて伺うことができた。

 

アニメイトタイムズからのおすすめ

出演キャストからのコメント

――演じているキャラクターについて教えてください。

佐倉綾音さん(メリー・ナイトメア 役):メリーはこの作品の登場人物のなかで、いちばん喜怒哀楽が激しいキャラクターなのではと思っています。泣いたり、夢路とゲームをして喜んだり悔しがったり。そこが魅力的でもあり演じていて難しいなと思うところでもあるので、これから成長していきたいです。それからメリーはすごく強いです。敵と戦うアクションシーンも含めてメリーの魅力だと思いますので、そこもぜひ注目してほしいです。

岡本信彦さん(藤原夢路 役):夢路は中身がすごい熱血で、ヒーローになりたい男の子という感じです。普通の男子高校生なんですけど「人の見る夢が分かる」という特殊能力を持っていて、ある日メリーという少女に出会ってからは日常が平凡ではない方向に行ってしまう。ある意味、視聴者目線のキャラクターではないかと思います。

茅野愛衣さん(橘 勇魚 役):勇魚は夢路の幼馴染で、訳あって一緒に住んでいます。わりとおっとりした、可愛らしい女の子です。学校生活でも一緒に過ごしていたりするので、夢路のことは幼い頃から何でも知っている感じですね。

伊瀬茉莉也さん(霧島 咲 役):咲は夢路と勇魚と仲の良いクラスメイト。腐れ縁じゃないですけど、いつも3人でつるんでいる感じで、勇魚とは対称的にサバサバした、ちょっとボーイッシュな女の子です。とても活発で、もしかして運動神経も良いのかなと勝手に思ったり。これから夢路や勇魚、メリーとも関わりがあるかもしれないので、ちょっと楽しみなキャラクターです。

植田佳奈さん(河波千鶴 役):千鶴は夢路のクラスにやってきた謎の転校生です。裏に色々と秘密があるらしいのですが、今のところ私自身も知らされていないので、とにかく謎だらけの女の子です。

――現在、第3話までアフレコ収録が進んでいますが、現場の雰囲気はいかがですか? 作品の見どころなども交えてお願いします。

佐倉さん:台本を読んで驚いたのは、カット数がほかのアニメに比べてちょっと多いなと感じたことです。パンパンパーン!と切り替わるところにスピード感があって、それがアクションシーンに活かされているのかなと思いました。

岡本さん:メリーがとにかく可愛くて、さらに強いというポイントを押さえて観るだけでもすごく楽しい作品です。ほかには戦うシーンがすごくかっこいいんですよ。第1話の始まりからかっこいいので、そこはぜひ注目してほしいところです。現場では、まさか自分が20代前半にして「引っ張っていってくれ」と頼まれるとは思いもしませんでした(笑)。僕より年下の方たちと、こうしてメインで作品を盛り上げていこうというのはあまりない経験なので、色々な意味で緊張しつつ、頑張ろうという気持ちにさせてもらえる現場です。

茅野さん:現場は皆さん優しい方たちばかりです。私自身、ひとつの作品に最初から出演するのは初めてなので緊張もありましたが、皆さんのおかげで何とかアフレコの2回目まで終えることができました。作品では、メリーの可愛らしさや夢路の頑張っているところ、それから夢と現実の世界のギャップに注目してほしいです。何よりキャラクターが魅力的で、とくに勇魚のお父さんが激しいというか、かっこいいというか(笑)。ぜひそこも観てください。

伊瀬さん:主役の佐倉さんが初めてのレギュラーだということで、現場では岡本さんがああしようか、こうしようかと佐倉さんに優しくコミュニケーションをとっている姿が微笑ましいです。私、岡本さんより年下なんですけどね(笑)。見どころとしては、やっぱり佐倉さんのメリー。新番組第1話のアフレコは「このキャラクターってどんな声を出すんだろう」と毎回楽しみなんです。初めてメリーの声を聞いたときに「これだ!」ってすごく思って、佐倉さんのお芝居に感動したのを覚えています。完成された映像を観るのが私も楽しみです。

植田さん:アフレコ現場は、たぶん、すごく若いです(笑)。綾音ちゃんに関しては自分の娘でもおかしくないくらいの感じで、私が仕事を始めたときに生まれていたりするんですよね。それを考えると、本当にお母さんのような気持ちでスタジオにおります。作品に関しては、メリーが現実の世界にやってきて葛藤を繰り返しながら、それでもなお前向きに敵や自分の未来に向かっていこうとする姿が綾音ちゃんの一生懸命な姿とリンクしていて、とても見ていて気持ちがいいし、応援したくなります。

――ちなみに、ご自身の演じているキャラクターの魅力や注目してほしい部分は?

佐倉さん:メリーの衣装が可愛いなとオーディションの第一印象から思っていました。「これが動きやすくてメリーにはちょうどいいんだ」と思えるように全部計算されているのかなと感じました。メリーの魅力は喜怒哀楽とアクション、日常での人間らしさと戦うときの能力のギャップがいいなと思っているので、そこを観ていただきたいです。

岡本さん:夢路は素直で熱い心を内に秘めている少年なので、そんな姿を見ているとこっちまで頑張らないといけないような気持ちにさせてくれます。すごくヒーローに憧れているのがセリフの随所にも表れていて、そういうところを見ると友達に欲しいなと思ったりもします。

茅野さん:勇魚は美術部に入っていますが、私自身も絵を描くのがすごく好きなんです。羽の生えたクジラとかイルカの絵を夢見て描いているみたいで、まさに「女の子」という感じ。お父さんの喫茶店を手伝っていることもあって、たぶんお料理とかもするのかなと。そんな家庭的なところが勇魚の魅力だと思っています。

伊瀬さん:咲は性格がサバサバしているので、演じていてもすごく気持ちがいいんですよね。嘘がないというか、自分の思っていることをポンッと口走る。そういう飾らない魅力というか、私も友達に欲しいタイプだなと思います。

植田さん:千鶴はクールで無口で、無愛想にもとれるくらい表向きは喋らないキャラクターです。でも一瞬だれかに見せる、柔らかいというか気の抜けた表情というシーンがあって、その二面性が魅力なんじゃないかなと思います。

――最後にメッセージをお願いします。

佐倉さん:収録が終わったあとに音響監督さんが来てくれて熱心に教えてくださったり、監督さんがメリーの魅力について説明してくれて「それを活かせるような芝居をしてほしい」と言われたり、この作品に対する皆さんの愛情が伝わってきました。私もそれに応えられるように精一杯頑張らないといけないなと毎回感じています。温かい先輩方に支えられながら日々頑張っておりますので、ぜひ皆さんに観ていただきたいです。

岡本さん:よく演じるときにはキャラクターをこっちに引き寄せて、とかするんですけど、夢路がけっこう僕と考え方とかも似ていたので結果的には夢路の方に寄せていこうと。本当に頑張って、振り絞りながらスタッフとキャストの皆さんと熱く作り上げているという感じの作品なので、観ていただければと思います。

茅野さん:それぞれのキャラクターに、良いところがいっぱい出てくる作品になっているので、早く皆さんに観てもらえるといいなと思っています。ぜひ期待して楽しみにしていてください。

伊瀬さん:今まで年齢的にどの現場に行っても一番下でしたが、佐倉さんみたいに年下の人が出てきて、私自身も先輩方に頼りきるのではなく「自分もひとつの作品を背負って一緒に引っ張っていくんだ」という気持ちに移行しつつあるのを感じます。この作品に関わらせていただけたおかげでもありますし、スタッフ・キャストとともに『夢喰いメリー』を盛り上げていければいいなと思っています。

植田さん:夢と現実という、すごいファンタジーで綺麗で儚い世界観がこの作品の魅力だと思います。その世界観とキャスト陣のフレッシュな魅力がいっぱい詰まった作品ですので、楽しみにしていてください。

<TEXT:川口みどり>

作品情報

TVアニメ『夢喰いメリー』
2011年1月よりTBS・BS-TBSにて放送開始

<スタッフ>
原作:牛木義隆(芳文社「まんがタイムきららフォワード」連載中)
監督:山内重保
シリーズ構成:白根秀樹
キャラクターデザイン・総作画監督:藤井昌宏
アニメーション制作:J.C.STAFF

<キャスト>
メリー・ナイトメア:佐倉綾音
藤原夢路(ふじわら・ゆめじ):岡本信彦
橘 勇魚(たちばな・いさな):茅野愛衣
光凪由衣(こうなぎ・ゆい):秋谷智子
エンギ・スリーピース:遠藤 綾
ジョン・ドゥ:中田譲治
橘のおやっさん:藤原啓治
グリッチョ:川田紳司
霧島 咲(きりしま・さき):伊瀬茉莉也

最新刊

価格:637円(税込)29ポイント還元
発売日:2018/09/12 発売

アニメイトでは、特典も着いております!


【コミック】夢喰いメリー(20)

 

>>TVアニメ『夢喰いメリー』公式サイト
>>公式ファンサイト

(C)牛木義隆・芳文社/夢喰いメリー製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

夢喰いメリーの関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020夏アニメ(来期7月)、何観るアンケート(結果発表)
夏アニメ声優で観る
2020春アニメインタビュー
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング