アニメ
『Fate/Zero』OP曲は新たな挑戦――LiSAが語った!

『Fate/Zero』OP曲になっている11月23日発売「oath sign」は「新しい挑戦でした」――今一番熱いガールズロックアーティスト・LiSAにインタビュー「初シングルは皆さんへの"ラブレター"です」 

 キャッチーかつパンチの効いたガールズロック・サウンドでアニソンファンはもちろん、幅広い層のリスナーに愛されるアーティスト、LiSA。アニメ『Angel Beats!』の劇中バンド・Girls Dead Monsterの二代目ヴォーカル・ユイの歌い手としてアニソン界に衝撃を与えた彼女が、満を持して待望の1stシングル「oath sign」をリリースする。

 また今回のシングルは、アニメ『Fate/Zero』のOPテーマとなっている。初のシングル、そして初のアニメOPテーマとなった本作には、LiSAのどのような想いが込められているのだろうか……?その気持ちをたっぷりと語っていただいたので、ここに紹介しよう。

――まず始めに、楽曲を初めて聴いた時の感想を伺えますか?

LiSAさん(以下LiSA):普段歌っている曲はストレートなロックが多いので、どうやって歌っていこうかな?と。私よりもこの曲が"似合う"方って、とてもたくさんいると思うんです。でも、そんな曲を自分が歌うことで、今まで見たことないような、良い化学反応が生まれたら良いな、って。


――歌詞も「進もうどこまでも 穢れきった奇跡を背に」や「泣いてる夜抱いたまま嘆きを叫んで」など、前に進んでいくことを連想させながらも、全体的にダークなテイストですよね。

LiSA:原作を読ませていただいたのですが、キャラクターたちはみんな「聖杯戦争」を制すために必死になって戦っているんです。結果はともかくとして彼らが一つの目標に向かってそれぞれ進んでいくお話だと思うのですが、その戦いの中でも彼らには様々な迷いや葛藤、不安も生まれていきますよね。でも、自分達の意思を信じたい、勝てるって信じたい、っていう気持ちが込められている歌詞だな、と思いました。そして彼らの感情と、私自身が夢に向かって進んでいくことへの感情がリンクしたんです。だから、聴いてくれた人が"今"を信じていけるような曲になったら良いな、と思いました。


――レコーディングはいかがでしたか?

LiSA:頭では両方のメッセージを入れていきたい、と理解していても、実際にそれを歌に反映することは難しくて。レコーディング自体は試行錯誤しながら、時間をかけました。でも最終的には、ところどころにきちんとアニメの絵も浮かべつつ、自分の気持ちも入れつつと、納得のいくものができました。


――どのくらい時間がかかったのでしょうか?

LiSA:普段は数時間で集中して録るのですが、今回は新しい挑戦ということもあり、倍はかかりましたね。


――今「新しい挑戦」という言葉が出ましたが、LiSAさんにとって具体的にどんなところがチャレンジングでしたか?

LiSA:「oath sign」は普段私が歌っている曲に比べて速いし、言葉もたくさん詰まっていて、良い意味でアニメの世界に寄っている曲だと思うんです。そういった楽曲を歌うことは初めてだったので、それを自分なりに歌いこなす、という部分ですね。


――ちなみに、自分がもしマスターになるならどのサーヴァントが良いですか?

LiSA:ライダーです!おっきくて、可愛いですから(笑)。でも自分がサーヴァントになるなら、雁夜さん(間桐 雁夜)が良いです。


――おお!その理由も伺っても良いですか?

LiSA:自分を犠牲にしてでも誰かを守りたいっていう、その姿勢を応援したいです!とても素敵な気持ちを持っている方なので、逆に私が雁夜さんを守ってあげたいです(笑)。

「oath sign」LiSA<br>2011年11月23日発売<br>期間生産限定盤(CD+DVD)1680円(税込)<br>初回生産限定盤(CD+DVD)1680円<br>(税込)通常盤1260円(税込)<br>発売:アニプレックス<br><br>画像は期間生産限定版

「oath sign」LiSA
2011年11月23日発売
期間生産限定盤(CD+DVD)1680円(税込)
初回生産限定盤(CD+DVD)1680円
(税込)通常盤1260円(税込)
発売:アニプレックス

画像は期間生産限定版

画像は初回生産限定盤

画像は初回生産限定盤

画像は通常盤

画像は通常盤

――その気持ち、よくわかります!ではカップリングについてもお伺いしていきたいんですが、『confidence driver』と『HANDS & SMiLE』はLiSAさんご自身が作詞をされてるんですよね。

LiSA:はい!「confidence driver」は、夏の全国ツアー中に書いた歌詞なんです。ツアーはずっと車で回っていたので、「drive」なんです!単語も「tion」って言葉で合わせたかったので、メンバーに「何かそういう単語ない?」って聞いたりして。私は曲から歌詞を書くタイプなんですが、初めてこの曲を聴いた時に突っ走ってるイメージが浮かんだんです。だから「drive」にちょうど良いな、と思って、歌詞を書きました。ツアーに行くとき、私のことを想って、いろんな助言をしてくださる方がいるじゃないですか?それは優しさから来るものだとわかっているんですが、自分の「あそこに行きたい!」っていう気持ちや「みんなに会いたい!」っていう気持ちが、抑えられなくて。その自分の意思の強さを信じたいな、っていう意味で、「confidence driver」にしました。


――『HANDS & SMiLE』もLiSAさんらしい、「強さ」や「楽しさ」が凝縮されている気がします。ポジティブなヴァイヴが溢れていて、背中を押してくれるような……。

LiSA:この曲から受けたイメージは、"みんなが笑っている映像"だったんです。そこから何を書こうかな、と思ったときに、人ってイライラしたり悲しいことがあっても、「今日、こんなに悲しいことがあってさ」とか「イライラしちゃってさ」とかみんなに言える人って、実はそんなに多くはないな、と思って。その中でも仕事や学校に行って、ニコニコしなくちゃいけなかったりもするじゃないですか?それで私がその人たちに何を伝えたいかな、何ができるかな、って考えたんですけど、たぶん、「どうしたの?何があったの?」って色々聞くよりも、「私と一緒にいるときは、楽しい時間を過ごそうよ!」って、笑顔でいられる時間を作ることなんだろうなって。自分は当事者じゃないから、その人の悲しみを感じることはできない。だったら、音楽やブログ、ライブを通してみんなに"笑ってもらえる時間"を作り出していけたら良いな、と思って、『HANDS & SMiLE』にしました。


――『ナミダ流星群』は、中でも特にしなやかで優しい曲調になっていますよね。

LiSA:私自身、人に弱さを見せるのがあまり得意じゃないんです。そういう意味でも、自分では書けない歌詞を、meg rockさんが書いてくださいました。でもその中にも強さだったり、前を向いて進んでいこう、という気持ちも含まれていて。せっかく自分には書けないような歌詞を頂いたので、今まで見せなかった新たな一面というか、強さとはまた少し違うものが歌で表現できたら良いな、と思って歌いました。


――年末には大きなデート(単独ライブ)も控えていますが、その意気込みも踏まえて、ファンの方にメッセージをお願いします。

LiSA:「oath sign」は私と制作者の方の愛情が込められた、みなさんへのラブレターです。この曲をライブで歌っていくごとに、曲の景色も変わっていくし、ファンのみなさんの想いがどんどん乗っかっていくと思います。私自身、「oath sign」という楽曲と一緒に成長して行きたいですし、皆さんに愛される曲になっていったら嬉しいです!そしてライブは私の居場所だと思っているので、それを作ってくれるみんながいつも笑っていてくれるような場所になると良いな、と思って、年末のライブのタイトルを『LiVE is Smile Always~peace sign~』にしました。~peace sign~は「oath sign」とかけているんですけど、2011年の最後にみんなで「ピースっ!!!」って言って、今年を終えたいなと思ってます。みんなで最高の時間を過ごしましょう!よろしくおねがいします!!


LiSA公式サイト
Fate/Zero-アニメ公式サイト

(C)Nitroplus/TYPE-MOON・ufotable・FZPC
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年春アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング