menu
声優
「Rejet Fes.2014」1日目夜の部レポート

ときめきは皆無!? 笑いばかりが巻き起こった! 「Rejet Fes.2014 DISCOVERY」1日目夜の部レポート

 2014年10月11日(土)・12日(日)、女性向けゲームコンテンツメーカー「Rejet」主催のイベント「Rejet Fes.2014 DISCOVERY」が行われた。

 会場は、パシフィコ横浜国立大ホール。両日とも昼夜2回開催という、「Rejet」史上最大規模となったこのイベント。プログラムも、トークやゲーム、朗読劇、ライブに加え、本イベント限定のアニメ上映まで行われ、盛りだくさんとなった。本稿では、1日目夜の部の様子をお届けする。

<10月11日(土)夜の部 出演者>
■『剣が君』
小野友樹さん(九十九丸役)
逢坂良太さん(鈴懸役)
置鮎龍太郎さん(縁役)

■『SACRIFICE(サクリファイス)』
小野友樹さん(芹河ユキ役)
江口拓也さん(芹河ノエル役)
羽多野渉さん(由科ケイト役)

■『新撰組比翼録 勿忘草』
高橋直純さん(斎藤 一役)
森川智之さん(山崎 烝役)

■『DIABOLIK LOVERS』
緑川 光さん(逆巻アヤト役)
鳥海浩輔さん(逆巻シュウ役)
森川智之さん(月浪カルラ役)
岸尾だいすけさん(無神アズサ役)

■『ドットカレシ』
高橋直純さん(スライム役)
三浦祥朗さん(むらびと役)
松風雅也さん(そうりょ役)

■『LIP ON MY PRINCE』
鳥海浩輔さん(柳瀬ハル役)
岸尾だいすけさん(成瀬巴役)

■出演アーティスト
Zwei
marina
lasah

●大喜利したりモノマネしたり体を張ったり……爪痕だらけのフェス1日目!

 開演時間になると、クマD(CV:杉田智和さん)による呼び込みで、この日の出演者がひとりずつ登場! 場内は大きな歓声に包まれた。大きく手を振って現れた江口さん、投げキッスをキメた森川さんなど、キャストは思い思いに声援に応える。

 また、ひとりひとりのあいさつでは、「みなさん、リジェジェー!」(小野さん)、「みどリジェットかわひかるです」(緑川さん)、「リジェット株式会社、代表“とり”締役の鳥海浩輔です」と、メーカー名に絡めたあいさつをしてみせるキャストがいたりと、観客を大いに沸かせ、テンションはすでに最高潮といった雰囲気だ。こうしてオープニングトークは終了。司会進行を任された松風さんと三浦さんの合図で、観客も交え「スタートー!!」とコールすると……銀テープ舞うなか、まずは朗読劇がはじまる。

 『SACRIFICE』、『ドットカレシ』、『LIP ON MY PRINCE』、『剣が君』、『新撰組比翼録 勿忘草』の順に披露された朗読劇。とくに『SACRIFICE』では、コミカルなストーリー展開が、ケイト役・羽多野さんの奔放な演技に拍車をかけた! “中の人”のCDを宣伝したり、歌ったりと自由に振る舞ったケイト。まだこのときは、本作第一弾CDすら発売前の段階で「(作品の)お披露目がこれだとヤバいと思うんだけどな」とユキが心配したが……「やったもん勝ちなんだよ」と一蹴。見事に爪痕を残していた。

 朗読劇が終わると、次はゲームコーナー「ビフォー!アフター!ディスカバリー!」へ。キャスト陣は3チームに分かれ、各チーム1人ずつ出題者を選出。出題者が、制限時間内で服装や髪型などをどう変えたのか、チームメイトが見つけ出すというゲームだ。

 チームは“キャラの身長別”で分けられ、それぞれ「オーバー(180cmオーバーの意/森川さん、鳥海さん、置鮎さん、江口さん)」、「まん中(170cm台の意/緑川さん、岸尾さん、羽多野さん)」、「以下(それ以下の意/高橋さん、小野さん、逢坂さん)」に決定。出題者は江口さん、羽多野さん、小野さんが選ばれた。

 ただ、回答は挙手制で何度でも答えられるルールだったために、序盤から大喜利合戦の様相へ。“数分前との見た目の変化を当てる”と言われたにも関わらず、「オーバー」チームは、「身長が5cm伸びた」「ちょっとバカになった」「声が聞こえづらい」ボケ倒し。「以下」チームも、「腕毛が濃くなった」「靴下もすね毛」など毛に執着する回答で、「毛から離れてください!」と注意を受ける場面も。

 また一方の出題者側も、頬を赤く塗った羽多野さん、片方だけニプレスを付けた小野さんと、各々体を張って対抗。もはや、どんなゲームだったのかわからなくなるほどの事態となり、全チーム0ポイント&同点優勝という結果に。ともあれ、観客はこういった展開こそ待ち望んでいた……のかもしれない!

 イベント後半戦は、「Rejet Fes.2014」限定上映のアニメーション『ZEPHYR(ゼファー)』からスタート。メインキャラを、鈴木達央さん、神谷浩史さん、小野大輔さん、梶 裕貴さんの4人が演じている点や、Rejetとサテライトのコラボ作品であることも注目を集めた作品だ。

 目玉はラストのライブシーン。3Dモデリングで表現された4人の姿を見るなり、観客は緑(本作のイメージカラー)のサイリウムを振って応戦。まるで、アリーナでのライブを観ているような臨場感を味わっていた。

 上映が終わると、お次は『DIABOLIK LOVERS』の朗読劇。アヤト、シュウ、アズサの3人に振り回されるカルラの様子が、ギャグテイスト満載で披露された。アズサ役・岸尾さんの自由な振る舞いも加わり、幾度と無く沸く場内。さらに劇の終盤では、“アズサによる月浪シンのモノマネ”まで飛び出し、大歓声を巻き起こしていた。

 ここからは、ライブパート。Zwei『Toxxin'』(『LIP ON MY PRINCE』より)、marina『比翼の鳥』(『新撰組比翼録 勿忘草』より)、lasah『永遠に、ひとつ』(『剣が君』より)の順に披露され、観客は各作品の世界にどっぷり浸った。また、『DIABOLIK LOVERS』からは緑川さんが『幻日理論-Parhelion Logic-』を、『SACRIFICE(サクリファイス)』からは小野さんと江口さんのユニット・ゆーたくIIが『パラダイムシフト』を披露。歌唱自体がサプライズだった緑川さんとゆーたくII。キャラクターを意識した衣装で登場したことも合わさり、場内はより一層の熱気に包まれた。

 そして、大盛り上がりのままイベントはエンディング。羽多野さんが、ゲームコーナーのとき以上のメイクで登場したりと、大団円を迎えた。

 ちなみに、本公演の様子はDVDとして発売されることが決まっているそう。詳しく観たい方は、ぜひ手に入れて欲しい。また、「アニメイトTV」には2日目(夜の部)のレポート記事も公開されているので、本稿とあわせてご覧あれ!

>>Rejet Fes.2014 DISCOVERY 公式サイト

おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|女性声優
アニメイトオンラインショップ|男性声優
アニメイトオンラインショップ|アイドル作品
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年秋アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019夏アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
2019夏アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー