アニメ
映画『かみさまみならい ヒミツのここたま』の正式タイトルが判明

映画『かみさまみならい ヒミツのここたま』の正式タイトルが判明! 同時上映は、10年振りにスクリーンに登場の『たまごっち』!?

 現在テレビ東京系にて絶賛放映中の人気アニメ『かみさまみならい ヒミツのここたま』が初の映画化決定! 2017年GWに全国公開と発表されている本作ですが、このたび正式タイトルが、『映画かみさまみならい ヒミツのここたま 奇跡をおこせ♪テップルとドキドキここたま界』と判明しました!

 本作は、「モノにはみんな魂がある」というおばあちゃんの教えを守り、モノを大切している主人公・こころが、大切にしているいろえんぴつから生まれたモノのかみさま(=ここたま)・ラキたまとの出会いをきっかけに、ここたまたちとのヒミツの生活が繰り広げられるドキドキ☆ハートウォーミングストーリー! 今回は映画に合わせて、オリジナルの“ここたま”も登場することが明らかになりました。

 また、今年で20周年を迎える「たまごっち」の劇場アニメ同時上映も決定! こちらは約10年ぶりにスクリーンに登場となります。

初の映画化! 舞台はここたま界!!
ある日、一人前になったここたましか行くことができない“ここたま界”へ招待されることになったこころ達。見習いのここたまたちにとっての憧れの世界“ここたま界”に大興奮のラキたまたちだが、実は特別に招待されたのには理由があって…!?

映画オリジナルのここたま登場! その名は「テップル」!
●なまえ:テップル

なにから生まれたかみさまかは…??
明るくて元気。ダンスがとても上手。
魔法:ステップ運
いっしょにいると たのしくダンスが踊れるかも!?

短編「映画たまごっち」の同時上映も決定!
★20周年を記念し、たまごっちが約10年ぶりにスクリーンに登場! ごっち大王から大切なものを運ぶように頼まれたまめっちたち。突然荷物を狙われて大騒ぎ! 懐かしい要素も盛り込んだ、お子様だけでなく親子で楽しめる作品です。

●たまごっちとは?
1996年11月23日に発売した携帯型育成ゲーム「たまごっち」は、今年で20周年を迎えます。1996年の発売から約2年半で、全世界にて累計約4,000万個を販売して大ヒット商品となり、社会現象を巻き起こしました。2004年には、「かえってきた!たまごっちプラス」として復活。「たまごっちプラスシリーズ」以降、全世界で累計約4,100万個以上を販売し、1996年からこれまでに累計8,100万個以上を販売しています(2016年3月末現在)。

「映画かみさまみならい ヒミツのここたま」新田典生監督 コメント
映画化決定の知らせをもらったのは(2016年の)春ごろでした。それ以前からちらほらと映画化するかも…というお話を耳にしていたので驚きよりも「ついに来たか…」という気持ちが強かったです。映画の舞台として「ここたま界」が初登場するわけですが、ここたま界ってどんなところ?というのはラキたまたちでなくてもみなさん興味をひかれるところだとは思うので、たませんにん曰く「めーっちゃ良いところ」を見せられたらと思います。後は、一人前ここたまが何をしているのかとか、新ここたまとか、こころとラキたまが協力して・・・とか、いろいろと楽しんでもらえたら幸いです。

作品情報
●TVアニメ「かみさまみならい ヒミツのここたま」
放送日時:
 テレビ東京系 毎週木曜夕方5:55~(地域により放送日は異なります)
 BSジャパン0毎週月曜夕方5:29~
※放送開始当初より4~6歳女児から圧倒的な支持を獲得!(4~6歳最高視聴率35.9%)

●映画作品概要
『映画かみさまみならい ヒミツのここたま 奇跡をおこせ♪テップルとドキドキここたま界』
2017年GW全国ロードショー
配給:東宝映像事業部

声の出演:
 四葉こころ/本渡楓
 ラキたま/潘めぐみ ほか
原案:BANDAI
監督:新田典生
脚本:土屋理敬
アニメーション制作:OLM

<同時上映>
・短編『映画たまごっち ヒミツのおとどけ大作戦!』
声の出演:まめっち/釘宮理恵 ほか
原案:BANDAI・WiZ
監督:志村錠児
脚本:山口宏
アニメーション制作:OLM

>>映画 かみさまみならい ヒミツのここたま 公式サイト
>>ネットで発見!!たまごっち 公式サイト

(C)2017映画ここたま製作委員会
(C)2017BANDAI (C)BANDAI,WiZ
おすすめタグ
あわせて読みたい

ヒミツのここたまの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集