アニメ
『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』ステージレポ【AJ2017】

斉藤壮馬さん、藤田茜さん、宮本侑芽さんら登壇の『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』ステージで公開されたPVに女性陣が総ツッコミ!?【アニメジャパン2017】

 2017年3月25日(土)、26日(日)から東京ビックサイトにて開催されている「AnimeJapan 2017」(AJ2017)。3月25日(土)には、KADOKAWAブースにて、TVアニメ『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』スペシャルステージが行われました。

 原作はKADOKAWAファンタジア文庫から発売されているライトノベルで、魔術嫌いの魔術講師が織りなすひねくれヒロイック・ファンタジーとなっています。待望のTVアニメ化は、2017年4月にTOKYO MXほか放送開始予定。

 今回のステージでは、構成作家である浅野ゆうじさんの司会進行をもとに、グレン=レーダス役の斉藤壮馬さん、システィーナ=フィーベル役の藤田茜さん、ルミア=ティンジェル役の宮本侑芽さんが登壇し、TVアニメの放送を直前に迎えた”ロクでなし”なトークショーが展開されました。


 2016年10月に開催された「ファンタジア文庫大感謝祭2016」にて、キャスト情報が発表されてから早数ヵ月。3名は当時の発表会イベントにも登壇していましたが、すでにキャスト陣が発表されているため、今回は堂々とステージに臨んでいる様子でした。ここで、先日発表されたばかりの第3弾PVが公開。



 第1弾、第2弾をご覧になった方は、微妙な違和感を覚えるのではないでしょうか。じつは本作の主人公であるグレン=レーダスは、タイトルの通り”ロクでなし魔術講師”として、授業はいい加減でやる気ゼロが特徴なのですが、なんと第3弾PVでは、まるでヒーローアニメの熱血主人公のように格好よく描かれているのです。このPVに対して、斉藤さんは同調する一方で、藤田さんと宮本さんはすかさずツッコミ!


 そして話題はアフレコ現場の雰囲気について。1話のときは探り探りの様子とのことで、宮本さんはマイクの前に立てないほどに緊張していたと、当時のことを振り返っていました。収録を重ねることに関係性も深まり、今では和やかな収録現場になっているようです。


 続くキャラクターの印象についてのキャスト陣のコメントでは、先ほどと同じく斉藤さんが主人公のグレンを”格好いいキャラクター”として紹介し、それを女性陣が突っ込むなどお馴染みの流れで会場の笑いを誘いました。また、藤田さん、宮本さんが演じるキャラクターについては、ふたりの良さがキャラクターに投影されているといった話題にも。


 ここでステージでは、アニメのキャッチフレーズでもある「お前らに、本当の魔術ってもんを教えてやるよ」という部分にちなんだ、ちょっとしたチャレンジコーナーに移りました。このコーナーでは、グレン役の斉藤さんが最近あった2つのエピソードを披露するのですが、ひとつは完全な嘘。どちらが本当のエピソードなのかを、生徒役でもある藤田さんと宮本さんが予想してもらうというコーナーです。

 そのエピソードと答えについては、後日掲載するステージの詳細レポートにて! ぜひ、こちらもお楽しみにください。

>>公式サイト
>>公式Twitter

(C)2017 羊太郎・三嶋くろね/株式会社KADOKAWA/ロクでなし製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

ロクでなし魔術講師と禁忌教典の関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集