menu
アニメ
夏アニメ『恋と嘘』花澤香菜×牧野由依 ヒロイン対談

夏アニメ『恋と嘘』花澤香菜×牧野由依 ヒロイン対談――結婚相手が通知される世界に声優陣が懐いた印象とは

 累計1000万ダウンロード超の大人気マンガアプリ「マンガボックス」で、不動の人気No.1 コミック『恋と嘘』(恋嘘)のTVアニメが好評放送中!

 16歳になると、政府から結婚相手が通知される世界での恋。もしかしたらこういう世界もあるのかもしれないと思えるほど、リアルな高校生の日常が描写されていて、思わずのめり込んでしまう作品となっています。

 今回は、TVアニメ放送開始を記念し、インタビュー特集を実施! 第1回は、高崎美咲 役・花澤香菜さんと真田莉々奈 役・牧野由依さんに登場していただきました。


アニメイトタイムズからのおすすめ
あえてオーラを消して挑むアフレコ
――今回の役はオーディションで?

真田莉々奈 役・牧野由依さん(以下、牧野):私たちはテープオーディションでした。逢坂(良太)くんはスタジオでもやったみたいですけど。テープって懸けだなぁって、いつも思うんです。やっぱりディレクションをいただくわけではないので。

高崎美咲 役・花澤香菜さん(以下、花澤):うちは事務所の圧力がすごかったですね(笑)。「これはちょっと、香菜ちゃん受かってほしいなぁ」みたいな。そう言われましても、選ばれるかどうか分かりませんけれどって思いましたけど。

――なぜ圧力が?

花澤:原作ファンの事務所スタッフさんがたくさんいたんですよ。私も実際に原作を読んでみて、これはハマるよなぁと思った一人なんですけど(笑)。

――読むと止まらなくなりますよね?

花澤:ですよね! 止まらないから、出ている巻まで読んじゃいますよね(笑)。


――アフレコはどんな感じなのですか?

牧野:あの……誰ひとりとしてオーラを出さないんですよ(笑)。

花澤:そうそう! “オーラを出さない”が結構テーマになっていて。

牧野:毎回いろんな方がいらっしゃるたびに、オーラを出さずに終わっていきます。

花澤:キャラの濃い人たちを呼んでおいて、「あなたのオーラを消してください」って(笑)。

牧野:唯一出していいのが真田ユルゲン悦郎役の黒田(崇矢)さん(笑)。

花澤:黒田さんしか出しちゃダメっていうルールがありますよね。

――オーラを消すって、どういうことですか?

牧野:学園モノで、何か能力を持っているような雰囲気とか、地球守りそう!とか?

花澤:どうしてもカッコよくなっちゃったり、かわいくなってしまう人たちばかりなんですよ。だから、本当に一般市民でっていうのをすごく植え付けられて。それがなんか面白いです。

――なるほど、確かにみんな、雰囲気が出ちゃいそうですよね(笑)。では、原作を読んだ印象は?

牧野:すごく簡単な言葉で言ってしまうと、とっても面白い作品。さっき香菜ちゃんもおっしゃっていましたけど、夢中で読んじゃう感じなんです。みんながきれいでかわいいではなく、人のイヤな部分がちょっと見え隠れする感じというか。そこがすごく人間っぽくていいなって思っていて、この作品をやりたいという気持ちはすごくありましたね。

花澤:私はもう美咲ちゃん視点で最初から読んでいたので、この子はどんな嘘をついているんだろうって、妄想が膨らみすぎて、自分で設定を考えていました。たとえば仁坂くんとの関係とか、彼女の裏で何が起こっているのかとか。でも誰に恋しているのかとかはわかるじゃないですか。だからそれ以外のことの答えがすごく知りたくて。

――伏線が多いんですよね。

花澤:ありまくりですよね!

――しかもなかなか回収されないので、結構ヤキモキしてしまうという。

花澤:そうなんですよ! うまいですよね(笑)。政府通知が絡んでくるので、そことの関係性とか、彼女の家族のこととか、全然言ってくれないから想像するしかないんですけど、その想像がまた楽しくて。だからネジくん(根島由佳吏)は相当ドキドキしますよね? あんな風にされたら。だからこそ莉々奈ちゃんの正直さが際立つし、彼女と一緒にいると安心するんだろうなって思いました。


恋嘘ならではの世界観へ対する二人の想い

――世界観はいかがでした? 超・少子化対策基本法、通称ゆかり法で、16歳で結婚相手が決まるという。

花澤:不思議と馴染んじゃっています。

牧野:うん、そういうものなんだなって。

花澤:便利ですよね。科学の力で相性まで分かって。確かに離婚率も減るし、「あなたたちぴったりだよ」って言われたら、そのまま愛し合えるかもしれないじゃないですか。想像できるから、かけ離れた感じはしないなぁと思いつつ、現実にあったら、イヤだなと(笑)。

牧野:お見合いの話をちょうど聞いたことがあって。恋愛結婚だと結婚するときが気持ちのピークで、その後いろいろ違う部分、イヤな部分が見えてくるけど、お見合いだと結婚してからお互いのことを知っていくから良いみたいな話だったんです。そうやってお互いを知っていく中で、遺伝子レベルで相性がいいとされる2人なら、その相違に悩むこともあまりないんじゃないかなって。それだと離婚率も少なくなるよなぁって思ったり。

――イヤではあるけど、理にかなっているんじゃないかと、ちょっと思ってしまうんですよね。

花澤:でも、政府通知が来る前に恋愛しちゃっているからこそ、切なさみたいなのが生まれるじゃないですか。だから、やっぱりイヤだなぁ。

牧野:なんか、恋愛って何だろう?って考えちゃいますね。

――牧野さんもイヤですか?

牧野:16歳って年齢的なところですね。学生時代を振り返ると、恋愛らしい恋愛をしてきたのかと言われると、そんな…って思うので、その時期に相手が決まっていたとしたら、それはそれで受け入れられるのかもしれないと思うんですけど、せっかく人として生まれたからには恋愛の楽しみも味わいたいよなって思うと、設定を25歳くらいとかにしたい(笑)。そうすると今度は恋愛を知ってしまっているから、政府通知が来たときの残酷さがあるから……。切ない~。

――恋愛とは何なのか、みたいなことは結構考えさせられました。

花澤:恋って何だろうって、セリフでもあったりしますからね。やっぱり恋愛の切なさとうれしさと、いろんなものが詰まっています。

牧野:かたや莉々奈は、好きって何?というところからスタートなので、これから学んでいくというか、いろんなことを感じることにはなるんですけど。


それぞれが演じるキャラクターの魅力

――花澤さんの演じる美咲の魅力って何だと思いますか?

花澤:こういう女の子になりたいっていう、女子の憧れが詰まっている女の子だなと思います。なんか女の子らし過ぎないんですよ。サラッとしているし、お友達としゃべるときも、あまり自分のことをたくさんしゃべらない。でもちゃんと思いやりはあるから、友達の話は聞いている。あまり自分から前に出ようともしない。

そういう性格もそうなんですけど、やっぱり容姿ですよね! かわいいですよね~(笑)。あのボディライン! 最高じゃないですか? それで結構大胆なこともしちゃうじゃないですか。それと自分の気持ちを押し殺しているところとか。芯の強い部分、頑固なところが見た目とのギャップもあって、またいいなぁって。ただ、男子からしたらちょっと怖いかもしれないと思いますね。

▲高崎美咲(CV:花澤香菜)

▲高崎美咲(CV:花澤香菜)

――職場恋愛していても、周りに気づかれない人、みたいな感じですよね。

花澤:あぁ、もう絶対に気づかれませんね(笑)。

――牧野さんから見て、美咲はどうですか?

牧野:男の子がすごく憧れる存在でもあると思うんですけど、原作を読ませていただいた時、どんどん切ない気持ちになってきてしまったんですよ。あと美咲と仁坂くんの関係も、気になって仕方なくて(笑)。この二人の会話があまりにも気になりすぎて、あの、仁坂くんって何ですか?

花澤:仁坂くん、謎ですよね!

牧野:だから早く知りたいんです! でも美咲自身もすごくミステリアスな子だなって思いました。

――実際、声が入った美咲は?

牧野:いや、もうかわいい!

花澤:ふふふふ(笑)。

牧野:心の底から溢れ出る“かわいい”ですよね! 儚げな感じもありつつ。でも私、香菜ちゃんがスッと冷たくなる瞬間のお芝居が大好きで、私も言われた~い!って思います。

花澤:ど、どういうことですか! ちょっとM入っていますよ(笑)?

牧野:冷たくされたい! なんかその冷たさが嫌味にならないところも美咲の魅力なんでしょうね?

―― 一方、莉々奈の魅力はどこでしょう?

牧野:本当に真っ直ぐなんですよね。この年齢になるまで純粋でいられたのはどうしてなんだろうって、逆に思いました。両親がすごくいい感じの、おそらく家も裕福で、心も裕福なんだろうなと思って。ただ、最初は負けん気が強い女の子なのかなと思ったんですけど、そうではなくて、純粋に育ち、頭の回転も早い子なんだろうなって。

それゆえに変な方向への知識が広がっているみたいなところはあるんですけど。何か、彼女こそ本当にゆかり婚で素敵な結婚をしてほしいなと、心から願ってしまう存在ですね。悪い男には引っかからないでほしい!

▲真田莉々奈(CV:牧野由依)

▲真田莉々奈(CV:牧野由依)

花澤:頭が良すぎるからクラスで浮いてしまうっていうのはすごく分かるというか。正論しか言わないんですよね。だから周りの子たちが触れられたくない部分まで彼女は真っ直ぐ見据えて、しっかりと伝える。牧野さんが言った豊かさをしっかり持った素敵な女の子だなって思いました。何かすごい、アドラーの心理学とか読んでそうって思いましたけど(笑)。

牧野:あははは(笑)。

――嫌われることとか人と違うことを、あまり恐れていなさそうですよね。

花澤:だから自分がもし演じてと言われたら、すごく難しいだろうなって思います。美咲ちゃんはとっても共感できるんですけど。でも、牧野さんのお芝居を聞いて、確かに莉々奈ちゃんって、思ったことをポーンと、押し付けるではなく伝えられる人だよなって。それがおしゃべりからも感じられて、すごく納得!って思いました。

――個人的には“~~だわ”っていう口調も好きですけど。

花澤:かわいいです!

牧野:いかにナチュラルに使っていくかっていう。これ、やらせていただけてよかったなって思ったのが、私、クラシックのピアノをずっとやってきてて、言葉遣いをすごく厳しく言われていたんです。そうよねとか、~~だわとか、ごきげんようとか言っている時期があったんですよ。だから、言っていて良かったと思いました(笑)。

花澤:リアル莉々奈だ!

――人生、何が役に立つかわからないですね(笑)。

牧野:今までの自分、グッジョブ!って感じです。


二人の眼に映る根島由佳吏という少年の存在

――ネジこと、根島由佳吏くんの魅力は?

牧野:心くすぐられるものがすごく詰まっている存在だと思います。とても活発でオラオラしているわけでもなく、優しい温かい心の持ち主で、一歩引いていろんなことを考えているんだけど、何か伝えたいことを一生懸命伝える熱量みたいなものはすごくあるなって。それが伝わっているかどうかは別にして、その一生懸命さに毎回くすぐられています。

――古墳について語っていたり。

牧野:そう(笑)。一生懸命伝えたいんだろうなって。何で聞いてくれないの?っていうのとかではなく、話せることがとにかくうれしいみたいな部分が、すごく素敵ですよね。

――好意的に思えるキャラクター?

牧野:はい。でも不思議なもので、原作を読んでいる時は、それでいいのか、ネジ?って思うことはたくさんあったんです。でも、現場で逢坂さんが演じられているのを聞いて、その伝えようとする熱量をひしひし感じたんですよね。そこがすごく良かった。大人の女性は大好きだと思いますね、彼みたいな子は。

――花澤さんは?

花澤:そうですね。美咲ちゃんが莉々奈ちゃんにネジの良さを伝えるときに、つむじのことを言ったりするんですよ。そういう、分かる人には分かる良さみたいなのがある男の子なのかなって思いました。古墳もそうですけど、大好きなものを追いかけているキラキラした感じ、溢れ出る優しさ、あとは不器用な感じが、女心をくすぐるような男の子なのかなって感じました。ただ、やっぱりはっきりして!とは思いますけどね(笑)。

――では最後に、ファンにメッセージをお願いします。

牧野:すごく個人的な話ですけど、学生時代に、私自身はあまり味わうことができなかった恋をするっていう気持ち。あの年齢でしか味わうことができない、心が締め付けられる感じ? 会えるだけでウキウキうれしくなってしまうみたいな感情は、この作品に、すごく詰まっていると感じています。

大人になって、好きって何だろうって考えると、哲学的というか、奥が深い物になっていくなぁって思うので、見ていただく皆さんにも、あらためて恋愛って何だろうなと考えていただけたら、面白いんじゃないかなと思っています。

花澤:やっぱりひとりでムフムフしながら見てほしいです。誰かと一緒に見てしまうと、たぶんニヤケを抑えるのに必死になるくらい、1話はたくさんドキドキの瞬間があるので。

牧野:1話はヤバい。

花澤:ヤバいですよね!

牧野:黒田さんと私はずっとニヤニヤしてた。

花澤:恋愛模様だったり、美咲ちゃんの大胆な行動だったりを見ると、ニヤニヤしてしまうし、あとはセリフですね。原作を読んでいて、このかわいらしい、いじらしいセリフをどういうふうに言おうかって、すごい楽しみだったので、原作ファンの方も楽しみにしていてほしいなと思っています。あとは絵も、すごくかわいいし、先ほども言った、みんながどんな嘘を抱えているのかとかも想像しながら見ていただけたら面白いと思います。

[インタビュー・文/塚越淳一]

 
TVアニメ作品情報
■TVアニメ『恋と嘘』
2017年7月3日(月)より放送開始!

【放送情報】
TOKYO MX:毎週月曜24:00~24:30
tvk:毎週月曜25:00~25:30
サンテレビ:毎週月曜24:00~24:30
KBS京都:毎週月曜24:00~24:30
BS11:毎週月曜24:00~24:30
AT-X 毎週金曜22:00~22:30
※放送時間は変更になる可能性がございます

【スタッフ】
原作:ムサヲ(講談社週刊少年マガジン編集部・DeNA「マンガボックス」連載)
監督:宅野誠起
助監督:臼井文明
シリーズ構成:高橋ナツコ
キャラクターデザイン・総作画監督:伊藤依織子
美術設定:泉 寛 イノセユキエ
美術監督:齋藤幸洋
色彩設計:小野寺笑子
撮影監督:田村仁
編集:吉武将人
音響監督:鶴岡陽太
音響効果:森川永子
音楽:横山 克 信澤宣明
アニメーション制作:ライデンフィルム
オープニングテーマ:「かなしいうれしい」/フレデリック(A-Sketch)
エンディングテーマ:「Can’t you say」/Roys(ユニバーサルJ)

【キャスト】
高崎美咲:花澤香菜
真田莉々奈:牧野由依
根島由佳吏:逢坂良太
仁坂悠介:立花慎之介
矢嶋基:谷山紀章
一条花月:黒沢ともよ
ナレーション:喜多村英梨

竹田大樹:安達勇人
加藤絢乃:高槻かなこ
相生怜奈:前田玲奈
柴田渉:川原慶久
伊勢崎健太:浜添伸也
根島雄二:檜山修之
根島智里:木村亜希子
根島きずな:本渡楓
真田ユルゲン悦郎:黒田崇矢
真田楓:皆口裕子

【ストーリー】
ある日、僕達は「恋」を通知される。
「嘘」は許されない。「恋」はもっと許されない。
満16歳になると政府から結婚相手が通知される超・少子化対策基本法、通称ゆかり法。相手探しの面倒もなく、国家から相性の良さが保証された「幸せ」を皆が受け入れていた。そんな世界で、主人公・根島由佳吏15歳はクラスの高嶺の花・高崎美咲に想いを寄せていた。16歳の誕生日を迎える夜に決意を固め、ついに長年の想いを伝える根島由佳吏だったが、その直後、彼のもとに政府通知が届く──。科学の赤い糸で結ばれた相手とは・・・。「好きになるべき人」「好きになってはいけない人」を政府に一方的に決められてしまう世界。それは希望なのか、絶望なのかー
少年少女たちのひたむきで純粋な想いが交錯する、未熟で儚い禁断の恋物語。

>>TVアニメ公式サイト
>>TVアニメ公式Twitter(@anime_koiuso)

(C)2017「恋と嘘」製作委員会 (C)ムサヲ/講談社
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020夏アニメ(来期7月)、何観るアンケート(結果発表)
夏アニメ声優で観る
2020春アニメインタビュー
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング