menu
声優
映画『きみの声をとどけたい』初日舞台挨拶レポート!

三森さんの願う“コトダマ”とは……? “NOW ON AIR”、三森すずこさん、伊藤監督が登壇した 映画『きみの声をとどけたい』初日舞台挨拶をレポート!

2017年8月25日(金)に、TOHO シネマズ新宿にて映画『きみの声をとどけたい』の初日舞台挨拶が行われました。

舞台挨拶には、片平美那さん(行合なぎさ役)、田中有紀さん(瀧ノ口かえで役)、岩淵桃音さん(土橋雫役)、飯野美紗子さん(浜須賀夕役)、神戸光歩さん(中原あやめ役)、鈴木陽斗実さん(琵琶小路乙葉役)、三森すずこさん(矢沢紫音役)の声優陣に加え、伊藤尚往監督が登壇。映画完成の喜びや、本作の見どころ。映画制作を行った一年について語ってくれました。

『きみの声をとどけたい』は、2016年8月に行われたオーディションを勝ち抜いた新人声優ユニットの“NOW ON AIR”の6人と三森すずこさんがメインキャストを演じる、“声の力”をテーマに高校生たちの青春を描いた劇場用オリジナルアニメです。制作は『時をかける少女』『ちはやふる』のマッドハウスが担当しています。

▲左から、伊藤監督、神戸さん、鈴木さん、片平さん、三森さん、田中さん、岩淵さん、飯野さん

▲左から、伊藤監督、神戸さん、鈴木さん、片平さん、三森さん、田中さん、岩淵さん、飯野さん

アニメイトタイムズからのおすすめ
大きく6人が成長した1年間
本編上映が終わると、大きな拍手の中、出演声優陣と伊藤監督が入場。まずは、“NOW ON AIR”の6人が順番に挨拶を行いました。

まだ声優としてデビューしたばかりにも関わらず、6人は堂々とした様子で、会場に足を運んでくれた方にお礼の言葉を述べます。

続いて、彼女たちを引っ張ってきた三森さんが挨拶を行うと、最後に伊藤監督が「綺麗なお姉さんたちがいる中で、野郎1人で申し訳ないです(笑)」と、場の空気を和ませました。

挨拶を終えると、続いては全員が今の率直な気持ちを語ってくれました。

主役を務めた片平さんは、アニメ制作で一番印象的だったことを尋ねられると「やっぱり、オーディションに受かって名前を呼ばれたときです」と笑顔で答えました。

他のメンバーにも同じ質問が行われると、5人それぞれが「昨日まで現実味がなかった」「1年間の体感時間が短かった」と感想を述べ、これまで目まぐるしい日々を過ごしてきたことを明かします。1人が喋っている際には、うんうんと他のメンバーが頷くシーンもあり、全員が同じ時間を共有していたことが伝わってきました。

そんな6人を見守ってきた三森さんは「6人の成長を間近で感じることができて、私にとってもこの1年が濃い時間だったなと感じます」と語っており、逆に彼女たちからも影響を受けたそうです。

伊藤監督も「6人がどんどんうまくなっていて……ずるいっすね(笑)」と、彼女たちの成長を感じた1年間を振り返りました。

「ぺっ!」のシーンは監督お墨付きの名場面!
そして、話題はアニメ本編に移ります。好きなシーンを尋ねられると、片平さんは「なぎさちゃんの最初のシーンで、カエルさんとお話したりするシーンが好きです! 和みますね」と、独特なシーンを挙げました。片平さんは、ネイルアートをカエル仕様にするほどカエルちゃんが大好きとのこと。

他の場面のことを尋ねられると「スイカの種を、ぺっ!ってはくところが好きです!」と、これまた独特なシーンの話題に。しかし、それに対して監督は「スイカのシーンは、こだわって力を入れました」と語り、まさかの監督も納得の名シーンだったようです。

神戸さんは「やはり、自分が演じたあやめが登場する最初のシーンがお気に入りです」と述べました。眼鏡が特徴的なあやめになりきるために、収録期間はわざわざ普段使わない眼鏡をかけて過ごしていたそうです。

鈴木さんが「自分の曲を乙葉が演奏するシーンが、乙葉と一番シンクロできました」と語り、作中の乙葉の楽曲を自分で演奏したことを明かすと、客席からは「すごい……」という声が聞こえてきます。

全員の“コトダマ”を発表! 三森さんの夢とは……?
本作は“コトダマ”がテーマの1つになっているということで、声優陣と監督も自分が叶えたい願いや夢を発表することになりました。

田中さんは「“夏と言えば『キミコエ』”になって欲しいです!」と、本作が見た人の心に残り続けて欲しいという願いを述べます。本作の夏らしい魅力の1つとして、舞台となっている湘南が細かに再現されており、実際に行ってみたくなる作品になっていることを挙げました。

岩淵さんは「世界中の人に良い“ことだま”を届けたいです!」と、自分の声を世界に届けるという夢を語り、飯野さんは「長野でお仕事がしたいです!」と、本作のストーリーと同じように、お世話になった人を自分が支えたいという想いを口にしました。

中でも印象的だったのは、三森さんの“コトダマ”です。三森さんが「“NOW ON AIR”のライブに行きたいです!」と言うと、予想外の内容に6人全員が大喜び! 嬉しさのあまり少し涙を見せてしまうメンバーも居ました。三森さんにとっても“NOW ON AIR”の6人は、既に特別な存在となっているようです。

最後に全員が1言ずつ挨拶を行い、舞台挨拶は終了。

監督と声優陣の本作に対する愛情や、“NOW ON AIR”の6人と三森さんの間にある特別な気持ちなど、様々な想いが客席まで伝わってくる内容となっていました。

映画『きみの声をとどけたい』は2017年8月25日(金)からTOHO シネマズ新宿ほかで全国公開です。声優デビューを果たした“NOW ON AIR”が、1年間全力で挑み続けた本作。ぜひ劇場でご覧ください!

[取材・文/はら]

作品情報

映画『きみの声をとどけたい』
8月25日(金)TOHO シネマズ新宿ほか全国ロード―ショー

【ストーリー】
舞台は湘南・鎌倉―。女子高生たちの悩み、葛藤、そして夢。届けたい“声(想い)”-。海辺の町、日ノ坂町に暮らす行合なぎさは将来の夢が見つからず少し焦っている16才の少女。

『言葉にはタマシイが宿っているんだよ、コトダマって言ってね――』

小さいころ祖母から聞いたコトダマの話をなぎさはある出来事から信じていた。 ある日、なぎさは何年も使われていないミニFMステーションに迷い込み、出来心からDJの真似事をする。すると、偶然にも放送されたコトバは 思いもかけない人に届いていた―。

【キャスト】
片平美那/田中有紀/岩淵桃音/飯野美紗子/神戸光歩/鈴木陽斗実/三森すずこ/梶裕貴/鈴木達央/野沢雅子

【スタッフ】
監督:伊藤尚往
脚本:石川学
キャラクターデザイン:青木俊直
アニメーションキャラクターデザイン:髙野綾
音楽:松田彬人
制作:東北新社 マッドハウス
製作:「きみの声をとどけたい」製作委員会
イメージソング「この声が届きますように」(NOW ON AIR)

>>「きみの声をとどけたい」公式サイト

(C)2017「きみの声をとどけたい」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

きみの声をとどけたいの関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022冬何観る
2021秋アニメも声優で観る!
2021秋アニメインタビュー
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング