2017/11/8 16:15

アッガイの魅力が熱く語られる一幕も!?  『ガンダム』に対する様々な想いが明かされた『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』中村悠一さん、木村良平さんインタビュー

2017年11月18日より。新宿ピカデリーほか全国15館にて、2週間限定の劇場上映が行われる『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』(以下、『BANDIT FLOWER』)。 配信中の『機動戦士ガンダム サンダーボルト』の第5話~第8話を再構成し、多数の新作カットを加えた作品となっています。

その上映日も間近に迫る中、地球連邦軍アトラスガンダムの専任パイロット、イオ・フレミング役の中村悠一さん、ジオン公国軍サイコ・ザクのパイロット(本作ではアッガイに搭乗)、ダリル・ローレンツ役の木村良平さんら、二人の主人公を演じられるキャスト陣にインタビューさせていただく機会をいただきました。その模様をお届けしていきます。

 
オーディションでの中村さんの本命はダリルだった!?
――『BANDIT FLOWER』の上映も決定した、現在の心境を教えてください。

イオ・フレミング役・中村悠一さん(以下、中村さん):第1シーズンが非常に区切りのいい所で終わっていたので、あそこで完結という形になる可能性も高かったと思うんです。(註1)

そこから続きを作ることができたのは、見てくださった方々の反響が良かったからだろうなと。それだけ大勢の方々に支持していただけたというのは嬉しいですね。

ダリル・ローレンツ役・木村良平さん(以下、木村さん):皆さんのおかげで、もう一度劇場で上映出来るようになったというのはやはり嬉しいですね。

劇場の大きなスクリーンで見ることによって、魅力が増す部分も大きいと思うので、是非劇場で楽しんでいただきたいです。

映画 機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER
【アニメイトオンライン】映画 機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER


(註1)第1シーズンは、「サンダーボルト宙域」でのムーア同胞団(地球連邦軍)とリビング・デッド師団(ジオン公国軍)の激戦を描く物語。最終的には、イオのフルアーマー・ガンダムとダリルのサイコ・ザクが激しく争い、両機共に大破。サンダーボルト宙域での戦いは、終わりを迎える。両軍で多くの物を失い、第2シーズンへと物語が続いていく。

 
――最初に『サンダーボルト』への出演が決まった時はいかかでしたか?

木村:オーディションの時に漫画原作を読んで、まず純粋に面白かった!

あとは音楽をどのようにアニメの中に盛り込んでいくのかにも興味があったので、ダリルに決まったと聞いた時はとても嬉しかったですね。

オーディションは、ダリルとイオの両方を受けたので、どちらの役になるのか、相手が誰かも気になっていて。イオ役が中村さんだと知った時は、付き合いも長いので、嬉しかったと同時に「これは手強いぞ」とも思っていました。

▲ジオン公国軍 ダリル・ローレンツ(CV:木村良平)
▲ジオン公国軍 ダリル・ローレンツ(CV:木村良平)

中村:僕も最初はイオとダリルの両方を受けるというお話でした。僕はその前から漫画原作を読んでいて、その時にはイオとダリルはふたりとも比較的落ち着いたキャラクターという印象を受けていて。

その中でもダリルの方は年齢や経験からくる冷静さを持っていると感じたので、どちらかというとダリルの方がやりやすいかなとも思っていたんです。

ところが、いざオーディションを受けた時には「イオだけでいいです」と言われて(笑)。

▲地球連邦軍 イオ・フレミング(CV:中村悠一)
▲地球連邦軍 イオ・フレミング(CV:中村悠一)

――(笑)。それはちょっと意外なお話です。

中村:その時に松尾(衡)監督が仰っていたのが、「イオは完成させたくない」ということです。根拠のない自信と、無理にイキがっている青臭さを持っていた方がいいだろうと。

あとフルアーマー・ガンダムは今までのRX-78(註2)よりもツリ目になっていて、今回のガンダムは悪者なんだということも言われました(笑)。


(註2) イオが第1シーズンで搭乗していた「フルアーマー・ガンダム」は、RX-78の強化プランとして開発された機体。


――木村さんがダリルを演じられると聞いた時はいかかでしたか?

中村:結局僕はオーディションでダリルを受けなかったので、監督が想定しているダリル像というのが最初分からなかったんです。その後で、良平がダリルをやると聞いた時には、どんなダリルにしたいのかを想像することができました。

これが会ったことのない人だったら難しかったと思いますし、付き合いの長い良平だからこそ、どういうぶつかり合いになるのか、ある程度想像することができたのはやりやすかったですね。


第1シーズンとは対照的な、イオとダリルと新たな一面が描かれる
――『サンダーボルト』という作品については、どのような印象を持たれていますか?

木村:僕は中村さんほどガンダムには詳しくないのですが、それでもしっかり内容についていけました。

人間同士や勢力同士の関係が、「ガンダム」シリーズの中でも『サンダーボルト』独自のものなので、ガンダムに詳しくない女性ファンにも見やすい作品になっていると感じましたね。

中村:これは漫画原作の太田垣(康男)先生とお話した時に感じたことですが、本作は視聴者としてガンダムを見てきた世代(註3)がクリエイター側になって、イメージしていた理想を形にしたものに近いのかなと。

これだけ長く続いているシリーズだと、作り手にも受け手にとっても「ガンダムとは」という固定概念ができてしまうこともあって。そこから『Gガンダム』(註4)のような新しい軸も生まれてくるのですが、そういう意味では本作は「受け手が考えるガンダム」というものが進化した形なのかなとも感じましたね。

【Blu-ray】機動戦士ガンダム
【アニメイトオンライン】【Blu-ray】機動戦士ガンダム


(註3) ファーストガンダムとも呼ばれる『機動戦士ガンダム』は、1979年放送。幼少・青年期にリアルタイムでファーストガンダムを体験した方々は、現在、40代から50代となっている。

【Blu-ray】機動武闘伝Gガンダム 石破天驚 Blu-ray BOX 第壱巻
【アニメイトオンライン】【Blu-ray】機動武闘伝Gガンダム 石破天驚 Blu-ray BOX 第壱巻


(註4)1994年から1995年にかけて放送されていた『機動武闘伝Gガンダム』。「ガンダムファイト」と呼ばれる格闘技を行うことでガンダム同士が戦う世界観は、多くのガンダムファンに衝撃を与えることになった。それまでのガンダムシリーズの舞台となっていた「宇宙世紀」から離れた「アナザーガンダム」の第一作として、後の『ガンダム』シリーズの可能性を大きく広げている。監督は数多くのロボットアニメを手掛けた今川泰宏氏。

 
――中村さんご自身も、さまざまな作品に出演される中でガンダムの一ファンとして固定概念に囚われたということもあったのでしょうか?

中村:ありますね。僕は自分のことを限りなく視聴者寄りの立場だと思っているので。もし自分が視聴者だったら、ここに不満をもつかもしれないなと感じることはあります。

『サンダーボルト』に関して言うなら、作り手の側が、ファーストガンダムが大好きなことを感じとることができる構成になっていますよね。もし富野(由悠季)さんが描いていたらまた違った形になったのかもしれませんが、僕達ファンがイメージする『ガンダム』としては理想形に近いのかなとも思っています。

――木村さんはガンダムの映像作品に出演されるのは『サンダーボルト』が初めてということで、他のロボットアニメとの違いのようなものは感じられましたか?

木村:『ガンダム』シリーズは、あらかじめ存在している大きな歴史の中の一箇所にスポットを当てている作品が多いのが特徴的だなと感じました。大河ドラマや神話的な作りをしているというか。

あとは個人的に、僕はゲームでガンダムの世界を学んでいたので、大きな戦いの裏側に参加できたのは嬉しかったですね。「ああ、ア・バオア・クー(註5)で戦ってたなぁ」と思い出したり(笑)。

(註5)ア・バオア・クーは、ファーストガンダムでの最終決戦場。この地で、アムロとシャアの戦いに終止符がうたれる。そして地球連邦軍とジオン公国軍の戦いは、終戦を迎える。
前作『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』は、終戦前(ア・バオア・クー戦前)。今作『BANDIT FLOWER』は、終戦後の物語。

――イオもダリルも、第1シーズンから異なる立場となっていますが、演じる際に心がけた点はありましたか?

中村:今回のイオは戦場に仲間がいて、誰かと戦いたいという意識があまりなく、行動原理も異なっているので、第1シーズンとはアプローチも違いましたね(註6)。今回は戦闘中ではない、ビアンカとの若者同士のやりとりなども描かれているので、イオに対して受ける印象も大きく変わってくるのではないかと思います。

▲イオ・フレミング(CV:中村悠一)
▲イオ・フレミング(CV:中村悠一)
▲ビアンカ・カーライル(CV:古川由利奈)
▲ビアンカ・カーライル(CV:古川由利奈)

(註6)前作『DECEMBER SKY』では自己の存在証明のために、モビルスーツ戦で破壊行為自体を楽しむようなパイロットだった。実際、前作で幼馴染のコーネリアス・カカ(CV:平川大輔)は、「(イオは)極地に身をさらして、初めて生きてるって実感するタイプの人間なんだ。あいつは、戦争って狂気の中でしか生きられない。哀れな奴なんだ……」と語っている。
また、今作では仲間との関係も一変し、ビアンカ・カーライル(CV:古川由利奈)と共に協力するシーンも描かれている。

▲コーネリアス・カカ(CV:平川大輔)
▲コーネリアス・カカ(CV:平川大輔)

木村:今回のダリルは常に何かを背負っていて、いろいろな感情を抑圧しながら動いているので、イオと逆かもしれないですね。第1シーズンでは、信頼のおける仲間たちの中、ただの腕の良い一兵士でしかなかったのが、隊長という立場と英雄という扱いを与えられて……。

その分、終盤の戦闘シーンで、ダリル本来の輝きの一端を見せることができたというのは、僕の中の救いにもなっています。

▲ダリル・ローレンツ(CV:木村良平)
▲ダリル・ローレンツ(CV:木村良平)

 
――特に気に入っているシーンはありますか?

木村:僕は断然、アッガイ達が音楽に合わせて動く、「アッガイダンス」のシーンです(笑)。音楽を活かした演出というのは、僕が『サンダーボルト』に期待していた要素でしたし、今回は特にダリルサイドの音楽シーンを多く描かれていたのも嬉しかったですね。

カーラ先生(註7)のシーンも含めて、楽しそうなイオサイドとの対比にもなっていたのも面白いなと。

▲カーラ・ミッチャム(CV:大原さやか)
▲カーラ・ミッチャム(CV:大原さやか)

(註7)カーラ先生とは、リユース・P(サイコ)・デバイスを開発した女性科学者。フルネームは、カーラ・ミッチャム(CV:大原さやか)。一年戦争末期の戦いで、精神と記憶の後退を起こす。ダリルは彼女の父親役を引き受け、回復のサポートを行っている。

中村:第1シーズンではディレクターズカット的な部分も同時に収録していたのに対して、今回の追加シーンは後から新録したのですが、それまで今回のイオには割と大人しい印象を持っていたんですね。

何しろ前回のイオは、社会的に問題がありそうな台詞ばかりだったので、僕もマイク前で心を痛ませていたのですが……。

木村:(間髪入れずに)本当に楽しそうに、生き生きと収録されてましたよね(笑)。

――(一同爆笑)。

中村:(笑)。今回はそこまでのものはなかったのですが、『BANDIT FLOWER』での追加シーンでは戦闘におけるイオの本質的な部分が垣間見えるシーンになっていて。あのあたりのシーンは、第1シーズンほどイオの勢いがなくなったと思われている方にも楽しんでいただけるようになっているかなと思います。

あと個人的には、良平も言っていたアッガイに『サンダーボルト』テイストのアレンジが加えられているのにも惹かれました。それぞれ機体により部隊の中での役割が違うので、追加されているパーツが違っているというのも面白いですし、「アッガイってこんなに汎用性高くなるんだ!」という驚きもありました(笑)。

▲アッガイ(パイロット:ダリル・ローレンツほか)
▲アッガイ(パイロット:ダリル・ローレンツほか)


ガンダムファンとして、ガンダムに乗れたことへの喜びはあるのか
――本作はプレスコ(註8)での収録が行われているとのことでしたが、普段のアフレコとは勝手が違うのでしょうか?

中村:『サンダーボルト』の場合、コンテは切ってあるので、完全なプレスコとも少し違うんですよね。ある程度の指針がありながら、間や尺の部分を役者から提案して調整できるので、プレスコの中でもやり易かったと思います。

ただ、プレスコで難しいのは、生身でのアクションシーンなどで、それがどのくらいのアクションなのかが分かりにくいことですね。ガンダムだとあまりないのですが、『サンダーボルト』でもイオが艦内を駆け出すシーンで、どのくらいの速さと息遣いなのかの確認をしたりしていました。

木村:その点、ガンダムではパンチやキックの際に声を入れたりしないので、自然体で演じることができたのも救いになっていましたね。

あくまでコンテなので、収録の際にも漫画原作は手放せなかったのですが、今回は監督や音響監督など、スタッフ面々が信頼のおける方々だったので、とてもありがたかったです。

(註8)プレスコアリングの略称。台詞や音楽・歌を先に収録し、それに合わせて絵を作っていく手法を指す。日本のアニメ制作で一般的な、絵に合わせて後から音声を当てる方式は「アフレコ」(アフターレコーディング)と言われている。

――第2シーズンからは、多数の新キャストの方々も参加されています。

中村:明らかに違うのは、とにかく人数が増えたことですね。

第1シーズンでは、3、4人だけで録ることが多かったので。今回、ダリル達の部隊のメンバーとの掛け合いはないのですが、連邦もジオンも全員一緒に収録していたので、「こんなに人がいたんだ」という発見もありました(笑)。

――それぞれの掛け合いの中で印象的なものはありましたか?

木村:僕はビアンカ役の(古川)由利奈ちゃんが、頑張って中村さんに食らいついていってるのを見ているのが楽しかったです。

中村:僕にとってもビアンカとの掛け合いは一番多いこともあって印象深いですね。
仲良くなる前と後、戦闘シーンなどいろいろなパターンを録りましたし、出来上がった映像を見るのも楽しみでした。

▲ビアンカ・カーライル(CV:古川由利奈)
▲ビアンカ・カーライル(CV:古川由利奈)

――その他で印象に残った台詞はありましたか?

中村:一見すると気を抜いているようにも見える、出撃前にイオとビアンカが軽口を叩きあう会話ですね。それぞれの経験の豊富さから来る、二人の心の余裕を感じとることもできる良い場面だなと。

木村:ダリルがカーラを基地の医療機関に送り届けたあと、若い兵士の言葉をさえぎる所が印象に残っています。心の中にはいろいろな感情が渦巻いているんだけど、それを表に出すことができない……そんな今回のダリルを象徴したシーンだと感じました。

――中村さんはガンダムファンとしても知られていますが、フルアーマー・ガンダムに乗ることができたことに喜びを感じる部分はありましたか?

中村:これに関しては、舞台挨拶の時に答えたら監督にガッカリされていたのですが……実はまったくないんです(笑)。

これは他の作品に関してもそうなのですが、僕の中では、「好きな作品」と「その作品の中でキャラクターとして生きたいか」は、必ずしもイコールではないんですね。

もちろん、『サンダーボルト』に出演してフルアーマー・ガンダムに乗れたこと自体は嬉しいんですけど、それより演じる役や作品が面白いかという部分が大事なんです。

――やはりそこは、ファンと役者として別の意識があると。

中村:「ザクに乗れたから満足した!」みたいな方はあまりおられないと思いますし、他の役者さんもおそらく同じなんじゃないかなと。

あと以前イベントで同じ質問をされた時、「もし乗れるなら、一番乗りたいのはν(ニュー)ガンダム」(註9)だと答えたら、アムロ・レイ役の古谷徹さんの前で「いけっ! フィン・ファンネル!」を言わされた記憶があります(笑)。

【Blu-ray】劇場版 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
【アニメイトオンライン】【Blu-ray】劇場版 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア


(註9)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の主人公機。アムロ・レイが搭乗した最後のモビルスーツであり、ガンダムファンからの人気も非常に高い。武器である「フィン・ファンネル」の名前を叫ぶのは、ゲーム『スーパーロボット大戦』シリーズで定着した。


複雑な恋模様の裏側に隠された、二人の感情に注目
――ガンダムファンの間では、よく「連邦」と「ジオン」のどちらを支持するかで派閥が分かれています。おふたりは連邦軍とジオン軍のどちらに感情移入していますか?



木村:『サンダーボルト』では、軍が何を考えているのかあまり描かれないので難しいのですが……あくまで一兵士の視点から見るのなら、ジオンの方が意思統一感がありそうですよね。その分、命の賭け甲斐というのもあるのかなと思いました。

中村:連邦軍が単純な正義の味方として描かれていないという深みが、『ガンダム』の作品としての魅力ですし、演出によって扱いも大きく変わっているので、一概にどちらかとは言えないですね。

ただ、あくまで本作における描き方としてはジオン側の方が悲痛な面は多いので、ジオンの方に肩入れしたくなる想いはあります。勝利した連邦側が正義だと思えるシーンも少ないですから。

▲左より、ゴッグ(パイロット:フィリップ・カウフマン)、ガンキャノン・アクア(パイロット:ビアンカ・カーライル)
▲左より、ゴッグ(パイロット:フィリップ・カウフマン)、ガンキャノン・アクア(パイロット:ビアンカ・カーライル)

――『BANDIT FLOWER』では、イオの新たな乗機となるアトラスガンダムが非常にヒロイックに描かれているのも印象的でした。

中村:確かにアトラスガンダムは登場シーンもカッコイイですし、活躍もしているのですが、後半はあまり出てこないんですよね(笑)。だから意外と太田垣先生の中で、ガンダムというモビルスーツ自体の立ち位置はそこまで特別なものではないのかもしれないと思っていて。

もちろんオリジナルのガンダムということで、演出的にはすごく気合も入っていて格好いいのですが、本作は戦争の中における人間ドラマが主軸になっています。ガンダムというのはあくまで戦争を構成する1つのアイコンに過ぎないのかもしれないなと、個人的には感じましたね。

▲アトラスガンダム(パイロット:イオ・フレミング)
▲アトラスガンダム(パイロット:イオ・フレミング)

――本作ではイオとダリルを中心に、複雑な恋愛模様も展開されますが、それについて思うところはありますか?

木村:まず、カーラ先生に対する感情は恋なのかどうか。

ダリルとしては自分の若さを出せる数少ない相手で、どこかしら依存している部分はあったと思うのですが、それが果たして恋愛だったのか。

そんな母親に近かった女性が、突然娘のような存在になってしまう。それを少なくとも、表面上だけでも受け止められているダリルはすごいですよね。

中村:ビアンカに対しての気持ちはどれほどのものかは分からないですし、まだ出会って間もないですからね。

イオは意外とリアリストな面もあるので、完全に割り切っていたのかもしれませんし、実はどこかでクローディア(註10)のことが引っかかっていたのかもしれない。今回、クローディアに対しては、本当にいろいろな感情が含まれているので、恋愛どうこうの問題ではなくなっている気がします。

木村:そういう意味では、二人がどういうことを考えているのか、裏側の感情を想像しながら見てもらうのも面白いかもしれないですね。

▲南洋同盟 クローディア・ペール(CV:行成とあ)
▲南洋同盟 クローディア・ペール(CV:行成とあ)
▲南洋同盟 グフとド・ダイ
▲南洋同盟 グフとド・ダイ

(註10)前作『DECEMBER SKY』で、サンダーボルト宙域奪還作戦の指揮をとる若き女性将校クローディア・ペール(CV:行成とあ)。イオとは幼馴染であり恋仲だったが、指揮官という重圧に耐えきれず薬物に手を出してしまう。
今作では、第三勢力である南洋同盟の国境守備隊隊長として、イオたちの前に立ちふさがる。


ふたりから、みなさんへのメッセージ
――最後に、ファンの方々に向けてメッセージをお願いします。

木村:第2シーズンもが制作されましたが、まだまだ終われない感じになってしまいました。

まずは本作についての感想、そして次作に向けての応援を引き続きお願いできればと思います。

中村:まさしくその通りで、ここで終わったらいろいろと怒られそうな作りをよく承知したなと思います(笑)。

非常に切りどころが難しいシナリオに突入していたにも関わらず、こうして続編を作ることができたのは、後押ししてくださったファンの方々の声が、しっかりと制作サイドに届いたからこそだろうなと感謝しています。

特に手書きでメカを動かしていくのは本当に大変だという話も聞きますし、そうしたアニメーターの方々をねぎらうためにも、今後も引き続き熱い声援を届けていただければ嬉しいです。

――ありがとうございました。

二人のキャスト陣が『サンダーボルト』に込める、熱い想いの一端を伺い知ることができた今回のインタビュー。

新作カットを加えた戦闘シーンの数々は劇場の大スクリーンと音響によりさらにパワーアップしており、一度配信で見たという方でも一見の価値がある凄まじいクオリティとなっています。

ガンダムファンなら感動すること間違いなしの熱いバトルと、骨太な人間ドラマが描かれる『機動戦士ガンダム サンダーボルトBANDIT FLOWER』を、この機会に是非とも劇場でお楽しみください。

[取材・文/米澤崇史 写真/相澤宏諒]


『機動戦士ガンダム サンダーボルトBANDIT FLOWER』作品情報

<ストーリー>
イオとの死闘を制したダリルは、ジオン残党軍の一員として地球にいた。彼は奪われたサイコ・ザクの情報を得るための諜報任務に就いていたのだ。一方、新たな仲間と共に「サンダーボルト作戦」に参加したイオの前に、南洋同盟国境守備隊隊長を名乗るペール中佐が立ち塞がる。海中で、氷原で、密林で繰り広げられる、ジオン、連邦、南洋同盟、三つ巴のモビルスーツ戦。戦争はまだ、終わってはいなかった――。

<スタッフ>
原作:矢立肇・富野由悠季(「機動戦士ガンダム」より)
漫画原作・デザイン:太田垣康男、スタジオ・トア
監督・脚本:松尾 衡
アニメーションキャラクターデザイン:高谷浩利
モビルスーツ原案:大河原邦男
アニメーションメカニカルデザイン:仲 盛文、中谷誠一、カトキハジメ
美術監督:中村豪希
色彩設計:すずきたかこ
CGディレクター:藤江智洋
モニターデザイン:青木 隆
撮影監督:脇顯太朗
編集:今井大介
音楽:菊地成孔
音響監督:木村絵理子
音響効果:西村睦弘
制作:サンライズ

<キャスト>
イオ・フレミング:中村悠一
ダリル・ローレンツ:木村良平
ビアンカ・カーライル:古川由利奈
ビリー・ヒッカム:逢坂良太
ビンセント・パイク:杉田智和
クローディア・ペール:行成とあ
カーラ・ミッチャム:大原さやか ほか




上映情報
「機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER」 「機動戦士ガンダム トワイライトアクシズ 赤き残影」同時上映

全国15館にて劇場上映【2週間限定】11月18日(土)~12月1日(金)

[東京]新宿ピカデリー/シネマサンシャイン池袋/TOHOシネマズ上野<今秋OPEN> 
[神奈川]横浜ブルク13
[千葉]MOVIX柏の葉 
[埼玉]MOVIXさいたま 
[栃木]MOVIX宇都宮
[宮城]MOVIX仙台
[北海道]札幌シネマフロンティア 
[大阪]大阪ステーションシティシネマ/なんばパークスシネマ 
[京都]MOVIX京都 
[愛知]ミッドランドスクエアシネマ/MOVIX三好 
[福岡]T・ジョイ博多 



>>公式サイト
>>公式Twitter(@gundam_tb)



(C)創通・サンライズ

関連コンテンツ

『BANDIT FLOWER』のタイトルに込められた秘密とは!? 中村悠一さん、木村良平さんら登壇の『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』初日舞台挨拶レポート
『BANDIT FLOWER』のタイトルに込められた秘密とは!? 中村悠一さん、木村良平さんら登壇の『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』初日舞台挨拶レポート2017/11/18 15:15
『BANDIT FLOWER』のタイトルに込められた秘密とは!? 中村悠一さん、木村良平さんら登壇の『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』初日舞台挨拶レポート
『機動士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』が、TOKYO MXにてテレビ放送&極上爆音上映決定!
『機動士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』が、TOKYO MXにてテレビ放送&極上爆音上映決定!2017/10/13 15:10
『機動士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』が、TOKYO MXにてテレビ放送&極上爆音上映決定!
『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』に新作カットを加えた特別編が、『機動戦士ガンダム サンダーボルト』と同時上映決定
『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』に新作カットを加えた特別編が、『機動戦士ガンダム サンダーボルト』と同時上映決定2017/09/26 21:50
『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』に新作カットを加えた特別編が、『機動戦士ガンダム サンダーボルト』と同時上映決定
『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』キービジュアル&第二弾特報映像解禁! Blu-ray特典のビジュアルも公開
『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』キービジュアル&第二弾特報映像解禁! Blu-ray特典のビジュアルも公開2017/08/31 17:00
『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』キービジュアル&第二弾特報映像解禁! Blu-ray特典のビジュアルも公開
『機動戦士ガンダム サンダーボルト 』サンライズフェスティバルトークショーのレポートが到着! 続編『BANDIT FLOWER』インターナショナル版トレーラーも公開!
『機動戦士ガンダム サンダーボルト 』サンライズフェスティバルトークショーのレポートが到着! 続編『BANDIT FLOWER』インターナショナル版トレーラーも公開!2017/08/16 21:00
『機動戦士ガンダム サンダーボルト 』サンライズフェスティバルトークショーのレポートが到着! 続編『BANDIT FLOWER』インターナショナル版トレーラーも公開!

注目の商品

【ムック】機動戦士ガンダム サンダーボルト RECORDE of THUNDERBOLT(2)aos2017/12/08 発売【ムック】機動戦士ガンダム サンダーボルト RECORDE of THUNDERBOLT(2)¥3,132【ムック】機動戦士ガンダム サンダーボルト RECORDE of THUNDERBOLT(2)
【サウンドトラック】オリジナル・サウンドトラック 機動戦士ガンダム サンダーボルト 2/菊地成孔aos2017/11/15 発売【サウンドトラック】オリジナル・サウンドトラック 機動戦士ガンダム サンダーボルト 2/菊地成孔¥3,099【サウンドトラック】オリジナル・サウンドトラック 機動戦士ガンダム サンダーボルト 2/菊地成孔
【Blu-ray】映画 機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWERaos2017/12/08 発売【Blu-ray】映画 機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER¥7,560【Blu-ray】映画 機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER

記事ランキングRANKING

  • デイリー
  • ウィークリー
1 サザエ(CV:和久井優)とマスオ(CV:島﨑信長)の結婚秘話が現代によみがえる――カップヌードルCMシリーズ最新作「HUNGRY DAYS サザエさん篇」オンエア開始!
サザエ(CV:和久井優)とマスオ(CV:島﨑信長)の結婚秘話が現代によみがえる――カップヌードルCMシリーズ最新作「HUNGRY DAYS サザエさん篇」オンエア開始! サザエ(CV:和久井優)とマスオ(CV:島﨑信長)の結婚秘話が現代によみがえる――カップヌードルCMシリーズ最新作「HUNGRY DAYS サザエさん篇」オンエア開始!
2 水瀬いのりさん、ガールズバンドとの演奏や整備士姿を披露! 5thシングル「Ready Steady Go!」MVが公開に
水瀬いのりさん、ガールズバンドとの演奏や整備士姿を披露! 5thシングル「Ready Steady Go!」MVが公開に 水瀬いのりさん、ガールズバンドとの演奏や整備士姿を披露! 5thシングル「Ready Steady Go!」MVが公開に
3 今度は実写で賭け狂いましょう? 漫画『賭ケグルイ』が2018年1月に実写ドラマとして放送決定!
今度は実写で賭け狂いましょう? 漫画『賭ケグルイ』が2018年1月に実写ドラマとして放送決定! 今度は実写で賭け狂いましょう? 漫画『賭ケグルイ』が2018年1月に実写ドラマとして放送決定!
4
TVアニメ『魔法少女サイト』2018年春放送決定! 衝撃のティザービジュアル&制作スタッフ情報が解禁 TVアニメ『魔法少女サイト』2018年春放送決定! 衝撃のティザービジュアル&制作スタッフ情報が解禁
5
『A3!』のプロモ映像“秋組編”が、渋谷と戎橋の大型ビジョンで放映決定! 沢城千春さんと武内駿輔さんの録りおろしボイスも披露 『A3!』のプロモ映像“秋組編”が、渋谷と戎橋の大型ビジョンで放映決定! 沢城千春さんと武内駿輔さんの録りおろしボイスも披露
6
山田涼介×朴璐美、2人のエドが語るハガレンへの愛と絆――実写映画『鋼の錬金術師』エド&エド対談 山田涼介×朴璐美、2人のエドが語るハガレンへの愛と絆――実写映画『鋼の錬金術師』エド&エド対談
7
ミュージカル・リズムステージ『夢色キャスト』舞台公演決定! 2月7日から11日まで、AiiA 2.5 Theater Tokyoにて ミュージカル・リズムステージ『夢色キャスト』舞台公演決定! 2月7日から11日まで、AiiA 2.5 Theater Tokyoにて
8
『TSUKIPRO THE ANIMATION(プロアニ)』第8話の場面カットが到着! 涼太はZIXに対抗意識を燃やす一方で昂輝は争いたくないと思っていて…… 『TSUKIPRO THE ANIMATION(プロアニ)』第8話の場面カットが到着! 涼太はZIXに対抗意識を燃やす一方で昂輝は争いたくないと思っていて……
9
WEB漫画『ますますマンガで分かる!Fate/Grand Order』第17話更新! 男主人公が、他のマスターにケンカを売った理由とは……!? WEB漫画『ますますマンガで分かる!Fate/Grand Order』第17話更新! 男主人公が、他のマスターにケンカを売った理由とは……!?
10
TVアニメ『TSUKIPRO THE ANIMATION』にも登場! ツキプロ「ALIVE」シリーズからライバルユニットZIXがCDリリース TVアニメ『TSUKIPRO THE ANIMATION』にも登場! ツキプロ「ALIVE」シリーズからライバルユニットZIXがCDリリース
1 サザエ(CV:和久井優)とマスオ(CV:島﨑信長)の結婚秘話が現代によみがえる――カップヌードルCMシリーズ最新作「HUNGRY DAYS サザエさん篇」オンエア開始!
サザエ(CV:和久井優)とマスオ(CV:島﨑信長)の結婚秘話が現代によみがえる――カップヌードルCMシリーズ最新作「HUNGRY DAYS サザエさん篇」オンエア開始! サザエ(CV:和久井優)とマスオ(CV:島﨑信長)の結婚秘話が現代によみがえる――カップヌードルCMシリーズ最新作「HUNGRY DAYS サザエさん篇」オンエア開始!
2 【訃報】『ドラゴンボール』ブルマ役や『アンパンマン』ドキンちゃん役で有名な声優・鶴ひろみさんが急性大動脈解離により死去
【訃報】『ドラゴンボール』ブルマ役や『アンパンマン』ドキンちゃん役で有名な声優・鶴ひろみさんが急性大動脈解離により死去 【訃報】『ドラゴンボール』ブルマ役や『アンパンマン』ドキンちゃん役で有名な声優・鶴ひろみさんが急性大動脈解離により死去
3 TVアニメ『銀魂』銀ノ魂篇、2018年1月より放送開始! 新OPテーマは「DISH//」の新曲「勝手にMY SOUL」に決定
TVアニメ『銀魂』銀ノ魂篇、2018年1月より放送開始! 新OPテーマは「DISH//」の新曲「勝手にMY SOUL」に決定 TVアニメ『銀魂』銀ノ魂篇、2018年1月より放送開始! 新OPテーマは「DISH//」の新曲「勝手にMY SOUL」に決定
4
神谷浩史さん、井上和彦さん、堀江一眞さんがアニメ化10周年への想いを語る! 「『夏目友人帳 陸』公開録音イベント~秋の語らい~」レポート 神谷浩史さん、井上和彦さん、堀江一眞さんがアニメ化10周年への想いを語る! 「『夏目友人帳 陸』公開録音イベント~秋の語らい~」レポート
5
『キラキラ☆プリキュアアラモード』第40話よりあらすじ・先行場面カット公開! 眠りから覚めたリオが登場しホイップたちと協力する 『キラキラ☆プリキュアアラモード』第40話よりあらすじ・先行場面カット公開! 眠りから覚めたリオが登場しホイップたちと協力する
6
『オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-』×『エヴァンゲリオン』コラボ限定URユニット「カヲル」の描き起こしイラストが初公開! 『オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-』×『エヴァンゲリオン』コラボ限定URユニット「カヲル」の描き起こしイラストが初公開!
7
TVアニメ『アイドルタイムプリパラ』第34話より先行場面カット到着! ゆい達がみんなの夢を取り戻すために奮闘 TVアニメ『アイドルタイムプリパラ』第34話より先行場面カット到着! ゆい達がみんなの夢を取り戻すために奮闘
8
『とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)』OPアニメ公開!井口裕香さん&佐藤利奈さんが歌う主題歌にのせて、上条当麻と一方通行が激突 『とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)』OPアニメ公開!井口裕香さん&佐藤利奈さんが歌う主題歌にのせて、上条当麻と一方通行が激突
9
WEB漫画『ますますマンガで分かる!Fate/Grand Order』第16話更新! 攻略を放置している主人公、実は意外な真意が!? WEB漫画『ますますマンガで分かる!Fate/Grand Order』第16話更新! 攻略を放置している主人公、実は意外な真意が!?
10
アニメ『デビルズライン』松岡禎丞さん・石川由依さん・櫻井孝宏さん・神谷浩史さんら出演声優7名が解禁! OCDのタイトルも判明 アニメ『デビルズライン』松岡禎丞さん・石川由依さん・櫻井孝宏さん・神谷浩史さんら出演声優7名が解禁! OCDのタイトルも判明
Twitter
Facebook
animate Times Channel
アニメイトタイムズ ラジオ
アニメイトタイムズ チケット