menu
声優
宮野真守さん、花澤香菜さんらが登壇! 『GODZILLA 怪獣惑星』公開記念舞台挨拶をレポート!

アニメでゴジラを作る意義とは!? 宮野真守さん、花澤香菜さんらが登壇した『GODZILLA 怪獣惑星』公開記念舞台挨拶をレポート!

「シン・ゴジラからアニゴジへ」2016 年に公開した『シン・ゴジラ』が大ヒットを記録。そして、2017年アニメーション界最高峰のスタッフがおくるアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』が2017年11月17日(金)に全国公開しました!

この度の公開を記念し11月18日(土)にTOHOシネマズ新宿にて『GODZILLA 怪獣惑星』の公開記念舞台挨拶が行われました! この舞台挨拶にハルオ役の宮野真守さん、ユウコ役の花澤香菜さん、静野孔文監督、瀬下寛之監督、さらに虚淵玄さん(ストーリー原案・脚本)が登壇しました!

作品に込めた思い、ゴジラ初のアニメーション映画という挑戦にどう向き合ってきたのか、いよいよ公開を迎えた今だから話すことができる制作秘話など余すとこなく語っていただきました! 本稿ではこちらの模様をお届けいたします!

アニメイトタイムズからのおすすめ
アニメでもゴジラが作られるに至った意外な製作秘話
お客さんの盛大な拍手に迎えられて宮野真守さん、花澤香菜さん、静野孔文監督、瀬下寛之監督、虚淵玄さんが登壇。まずは宮野さん、花澤さんがちょうど1年前に本作のオーディションを受けた時の印象を語りました。

宮野さんは最初に企画を聞いたときに「アニメでゴジラをやるのか!」と興奮したといいます。花澤さんも宮野さんと同じ思いだったらしく、アニメでゴジラ、しかも宇宙規模で描くということを楽しみにしていたそうです。

ちなみに今回の『GODZILLA(ゴジラ) -怪獣惑星-』は3部作ということですが、宮野さんと花澤さんは音声の収録を全て終えており、特に宮野さんは「人類の運命を知ってますよ!」と興奮気味に叫んでいました。

声優陣のオーディションは1年前だったのですが、製作はなんと3年も前から行っていたということで、一大ムーブメントを巻き起こした映画『シン・ゴジラ』の公開よりも前だったというから驚きです。

それについて瀬下監督は「アニメでゴジラなんて絶対無理だろう……」とゴジラを好きすぎるゆえに思っていたそうなのですが、本日横にいる静野監督と一緒にやりつつ、ご自身は陰に隠れていいのなら作れるかも! と思ったのだとか。 

そんな瀬下監督の言葉を裏付けるように、本作の最終決定や判断を静野監督が行っていたというお話が明かされました。瀬下監督や虚淵さんは生粋の"ゴジラオタク"であり、あえてニュートラルな立場にいる静野監督が決断を下すことによって瀬下監督や虚淵さんが超えられない"ゴジラの常識"を超えてくれるんじゃないかという思いがあったといいます。

今回脚本を担当した虚淵さんもゴジラをアニメでやると聞いたときには「ゴジラは特撮でしょ!」と思っていたため最初は話を断ろうと思っていたそうですが、「特撮の方は庵野秀明さんが作っています!」と、その当時は極秘事項だったことを言われ、「あ、ならやります!」と快諾したそうです。

虚淵さんは元々『シン・ゴジラ』はとんでもないヒット作になると確信していたらしく、「『シン・ゴジラ』が公開されたら世の中はゴジラ一色になっているだろう。ならアニメのゴジラもどさくさに紛れて行けるでしょう!」という気持ちがあったといいます。

それゆえ、「多分『シン・ゴジラ』はこんな話になるかな?」という虚淵さんなりの予想を立てて、「そっちでやらないようなゴジラネタを拾ってアニメ作品にしよう!」ということでできたのが今回の『GODZILLA(ゴジラ) -怪獣惑星-』だったのです。

"あるお方"から激励のメッセージが……!
登壇者達が語りつくせないゴジラ愛を語っていたところなんと、2014年に公開された『GODZILLA ゴジラ』、2016年に公開された『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー 』の監督ギャレス・エドワーズ氏から激励のメッセージが届きました!

MCの方がメッセージを読みあげている最中、嬉しさのあまり抱き合う瀬下監督と宮野さんが印象的でした。最後に登壇者が会場のお客さんに向けてメッセージを伝えて本日のイベントは終了しました。

虚淵玄さん:今日という日を心待ちにしてようやく迎えることが出来ました。しかし、いざ迎えてみると次回作を5月までにどうにかしなきゃ! という思いでヒヤヒヤしています(笑)もう来年はゴジラのことで頭がいっぱいになって過ごすんだろうなと思うとソワソワしてしょうがないです。次回もよろしくお願いします!

瀬下寛之監督:今日はたくさんの方に来ていただきましてありがとうございます。虚淵さんのストーリー超面白くて! 静野さんの演出、スピード感物凄くて! 宮野さん、花澤さんの演技本当に素晴らしいので! 僕も作品を見て楽しませてもらっています。ここから先は私も皆さんと一緒に2章公開まではお客さんみたいに楽しませて欲しいなって思います。

静野孔文監督:本日は見に来ていただいてありがとうございます。第2章、3章も同時に作っているんですけれども、続きが知りたい人は瀬下さんを探してお酒を飲ませれば全部聞けると思います(笑)帰りに探してみてください、ありがとうございました。

花澤香菜さん:本日はどうもありがとうございました。第1章は絶望の淵から始まって、これからどんどん頑張るしかない! そして、宮野さん演じるハルオ先輩が全然諦めようとしないんですよね。先輩の心と共に皆さんに見ていただけたらなと思っています。

宮野真守さん:本当に感無量です! 自分がゴジラに携わることができるということ自体が嬉しかったですし、それがアニメで、そして新しい一歩を踏み出す企画ということで。なんて素敵なメンバーで作品を作っているんだという喜びをかみ締めながら収録をさせていただきました。私が演じるハルオからは人としてすごく大事なものをいただいた気がします。これから先2章、3章でも彼の生き様をぜひご覧になっていただきたいと思います! 本日はどうもありがとうございました!

[取材・文・写真/古瀬敏之]

『GODZILLA(ゴジラ) -怪獣惑星-』の作品情報

■作品あらすじ

二十世紀最後の夏。その日人類は、地球という惑星の支配者が自分達だけではないと知った―――。 巨大生物「怪獣」の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在「ゴジラ」。半世紀にわたる怪獣との戦争の末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を計画。そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船・アラトラム号で11.9光年の彼方にある「くじら座タウ星e」を目指し旅立った。しかし、20年かけてたどり着いたタウ星eの地球との環境条件差は、予測値を遥かに上回り、人類が生存可能な環境と呼べるものではなかった。 移民船に乗る一人の青年・ハルオ。4歳の時に目の前でゴジラに両親を殺され、20年の間、地球に戻りゴジラを倒すことだけを考え続けていた。移民の可能性を閉ざされ、生存環境も劣悪となった船内でハルオを中心とした「地球帰還派」は主流となり、危険な長距離亜空間航行を決断し地球を目指す。 だが、帰還した地球は、既に二万年の歳月が経過し、地上はゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた。果たして人類は地球を取り戻せるのか。そして、ハルオの運命は―――。

■公開されている『GODZILLA(ゴジラ) -怪獣惑星-』の年表

[1]【1999年】カマキラス出現
アメリカ合衆国・ニューヨーク〜ボストン
確認された最初の巨大生物「怪獣」が出現

[2]【2002年】ドゴラ出現
イギリス・ロンドン〜マンチェスター
対怪獣戦争の開始

[3]【2005年】ラドン・アンギラス出現
中華人民共和国・天津〜北京
生物化学兵器による怪獣迎撃作戦実行
二次被害発生

[4]【2017年】ダガーラ出現
オーストラリア連邦・シドニー〜ニューカッスル
南半球に怪獣初出現

[5]【2022年】オルガ出現
トルコ・イズミル〜アンカラ
対怪獣戦争開始から20年経過
戦争の長期化へ

[6]【2030年】
アメリカ合衆国・西海岸エリア
従来の「怪獣」とは比較不可能な
個体「ゴジラ」が初出現

[7]【2034年】
フランス共和国・パリ
「ゴジラ」により西ヨーロッパが壊滅
EC連合軍による総攻撃の失敗
ヨーロッパ全滅からの撤退

[8]【2039年】
「オペレーション・エターナルライト」実行

[9]【2042年】「ゴジラ」の活動活性化(出現回数:8回)
アメリカ合衆国東海岸全滅・アフリカ大陸北部
ユーラシア大陸の50%を消失

[10]【2045年】
「オペレーション・グレートウォール」実行

[11]【2046年】
「ゴジラ」インド防衛線突破

[12]【2046年3月】「ゴジラ」日本・浜松に上陸
対ゴジラ最終決戦敗北

[13]【2048年】
「地球外惑星への移民計画」実行予定

■上映開始日:2017年11月17日

■上映時間:89分

■キャスト
ハルオ・サカキ:宮野真守
メトフィエス:櫻井孝宏
ユウコ・タニ:花澤香菜
マーティン・ラッザリ:杉田智和
アダム・ビンデバルト:梶裕貴
ムルエル・ガルグ:諏訪部順一
リーランド:小野大輔
ベルベ:三宅健太
モーリ:堀内賢雄
ドルド:中井和哉
エンダルフ:山路和弘

■スタッフ
監督:静野孔文・瀬下寛之
ストーリー原案・脚本:虚淵玄(ニトロプラス)
シリーズ構成:虚淵玄(ニトロプラス)・村井さだゆき
キャラクターデザイン原案:コザキユースケ
副監督:森田宏幸
演出:吉平“Tady”直弘
プロダクションデザイン:田中直哉・Ferdinando Patulli
CGキャラクターデザイン:森山佑樹
造形監督:片塰満則
美術監督:渋谷幸弘
色彩設計:野地弘納
音響監督:本山 哲
製作:東宝
制作:ポリゴン・ピクチュアズ
配給:東宝映像事業部

■主題歌:XAI「WHITE OUT」

>>映画公式サイト
>>映画公式twitter(@GODZILLA_ANIME)

(C)2017 TOHO CO.,LTD.
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020冬アニメ、何観るアンケート(結果発表)
冬アニメ声優で観る
2020年冬アニメ声優インタビュー特集
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
平成アニメランキング