声優
「i☆Ris 5th Anniversary Live ~Go~」最終公演の模様をレポ

全力を尽くしたライブ中に5年間の成長を見た 「i☆Ris 5th Anniversary Live ~Go~」最終公演の模様をレポート!

アイドルと声優のハイブリッドユニットi☆Ris(山北早紀さん、若井友希さん、茜屋日海夏さん、芹澤 優さん、久保田未夢さん、澁谷梓希さん)の結成5周年を記念したライブ「i☆Ris 5th Anniversary Live ~Go~」が11月6日・7日、府中の森芸術劇場 どりーむホールにて行われました。

結成5周年当日となった7日の公演では、今までに発売されたシングル曲を全て行うものとなり、ユニットの5年間を楽曲で振り返るセットリストとなりました。本稿では、最終公演となった2日目の模様をレポートしていきます!

 
ハードなセットリストでいつも以上の熱狂に包まれたライブに
ライブのスタートを飾ったのはデビュー曲の「Color」。イントロから地鳴りのような歓声が響く中、澁谷さんの「5周年!」という掛け声で6人がステージに登場。今回のライブ衣装は、ふわふわとしたスカートと、メンバーカラーのラインが目を引くもので、澁谷さんがデザインされたものだそう。曲中に何度も観客を煽るような場面もあり、頭から今日のライブへの気合を観客たちに伝えます。

お次は芹澤さんの「みんな盛り上がって行くよ!」という呼びかけで始まった「§Rainbow」。この曲のお決まりとなっている息の合った「せーりーざーわ ゆーちゃん!」コールをはじめ、様々な所で入るコールで会場も勢い付いていきます。6人もファンたちと築き上げてきた絆を確認するかの様に、曲の所々で観客を煽りながら盛り上げていきます。

ライブでは終盤に歌われることが多かった2曲に続いて、山北さんの「ノンストップで行きますよ!」という呼びかけで始まったのは「Make it!」。ライブ開始から鉄板曲とも言える3曲が立て続けに披露され、観客たちもいつもとは違う気合を感じとったのか、爆発的な盛り上がりを見せます。2番の澁谷さんと若井さんのパートでは、澁谷さんが若井さんを抱きしめたのも、大きな盛り上がりを見せました。

怒涛の3曲を終えて、このライブ初のMCに突入。今回のライブが行われたのがデビュー記念日当日ということで、5年前の“初心の頃を思い出しながら”というテーマで自己紹介を行う流れに。初々しさを思い出して自己紹介をした山北さんを皮切りに、他のメンバーたちも初々しさを表現した自己紹介をして、会場から笑いが起こりました。

自己紹介を終えると、MCでは「本当に今日セトリがヤバイんですよ」とやや興奮気味にメンバーたちは熱弁し、期待感を煽る場面もありました。

その言葉通り、この勢いを途切れさせまいと披露されたのは「ドリームパレード」。運動量も多いこの曲で勢いづけると、間髪入れずに「徒太陽」へ。展開が目まぐるしく変わるこの曲では、2段のステージを広く使い、ミュージカルのワンシーンの様な壮大なスケールで楽曲を表現。この曲の大きな見所となっている間奏のアクロバットなパフォーマンスも、進化を感じるキレのある動きで会場を沸かせました。

次の曲もシングル曲の「ブライトファンタジー」。テンションの高い曲がここまで続くと、“セットリストがヤバイ”とメンバーたちが言っていたのも頷けます。こちらが心配になるくらいのハードなメドレーに、次第にメンバーたちのパフォーマンスからも必死さが伝わってきます。しかし、それに呼応する様に観客たちの声援にも熱が入り、会場は渦巻く様な熱気に包まれました。

「ブライトファンタジー」の空を見上げるような最後の決めポーズで、歓声が巻き起こったその瞬間、若井さん以外のメンバーたちがしゃがみ、歌が始まる痺れる演出で始まったのは「Re:Call」。歌い出しのカッコ良さもさることながら、これまでの笑顔いっぱいの表情から凛とした表情へと変えたクールなパフォーマンスは、6人の表現力の進化も感じたステージとなりました。また、ハードな曲の連続だったからか、6人が全力で歌う姿が楽曲の持つ熱さをより体現している様にも見えました。

MCに入ると「熱い」と言いながら汗をふくメンバーたち。ステージにも汗が散っていたというメンバーの言葉からも、今回のセットリストのハードさが伺えます。

続いて、CDを出してから約1年半温めていたという「trust」を披露。しっとりと聞かせるスローテンポなイントロから、情熱的なパートへと繋がるこの曲を感情豊かに歌い上げるメンバーたち。この曲のリハーサルの際に「うるっとくる瞬間があった」と、MCで明かしていた芹澤さん。

サビの「目の前に広がってゆく輝きをひとつ残さず受け止めて 迷いや後悔だって目を逸らさずにどんな道のりも超えて行けると思えた」という歌詞など、6人が歩んだ5年間とリンクした部分もあったのではないでしょうか。

そして、バラード曲「イチズ」へ。6人は伸びやかなハーモニーを奏でると、しっとりと楽曲をファンたちに聞かせます。間奏の芹澤さん、茜屋さん、若井さんのソロパートでは、ゾクゾクする様な声量ある歌声を響かせて、i☆Risの個々の歌唱力の高さも改めて感じるステージとなりました。

バラードパートを終えると、「Shining Star」で再びエンジンをかけ直します。間奏のダンスには歴代プリパラ主題歌の振り付けも織り交ぜられており、i☆Risの人気を上のステージへと押し上げた『プリパラ』とi☆Risとの軌跡を思い起こさせます。最後は肩を組んで決めポーズ……したかと思いきや、始まったのは「Daily Berry!!」。

アイドルらしさが詰まったポップなこの曲を、ダンスと歌で目一杯に表現していきます。曲の最後には観客と共に手を振り、会場をひとつにまとめます。

このブロックを締めたのは「Ready Smile!!」。ライブも後半を折り返したにも関わらず、虹色にライティングされたステージをバックに、疲れを感じさせないハツラツとしたダンスと歌声を届ける6人には驚かされます。

MCに入ると、ライブの中で4曲続けて歌うこと自体、今まで少なかったことを説明。「なのに今日は2回もあった」と芹澤さんが声を大にして言っていた様に、多くのステージに立ってきたメンバーたちとしても珍しくハードなライブとなっていた様です。

そんな中でも、今回のライブのリハーサルの際に「力が出ない」とステージに白米を置いて、曲の合間に食べていたというエピソードを暴露された若井さん。「こんな神聖なステージに白米を置くなんて」と澁谷さんからツッコまれると、それに対して「白米は神聖な食べ物でしょ?」と若井さんは返し、会場は爆笑でした。そんな、ライブでは観客を魅了し、MCではしっかりと笑いが取れるポテンシャルの高さにも、5年選手の腕前を感じました。

ライブのラストスパートは3rdアルバムの表題曲「WONDERFUL PALETTE」「ミラクル☆パラダイス」を皮切りにスタート。「ミラクル☆パラダイス」の2番では、澁谷さんが「i☆Ris5周年、ありがとうございます!」とアドリブで感謝を伝えると、芹澤さんも「レッツゴー!」という掛け声をジャンプしながらキュートに披露。

そして、このライブの中で特に印象深かったのが15曲目の「Realize!」。歌詞のひとつひとつを力強く歌い上げる様は、怒涛のセットリストでライブを駆け抜けた6人のランナーズハイ的な気合、気迫のようなものが伝わってきた様な気がしました。その気迫が伝わったからなのか、「i☆Risがそこまで頑張るなら、俺たちも負けてられない!」と、観客の掛け声もより一層力強さが増し、圧倒されるようなパワフルな一体感に包まれます。

コール多めな「Goin’on」でその勢いを保ったまま、最後の曲となったのは結成1周年を記念して作られた「幻想曲WONDERLAND」。この曲が披露されてから4年が経った今、イントロの手拍子は当たり前の様に入り、ライブの定番曲として愛される曲へと成長したと思うと感慨深いものを感じます。そして、最後の久保田さんのセリフパートでは「どうだ! 5年で成長したi☆Ris、凄いだろ!」と、誇らしげな表情を浮かべながら一言。ライブスタートから約1時間半で駆け抜けたこの17曲を目の当たりにして、「凄い」と思わなかった方はいないはずです。

 
若井さんが制作した「パズル」に込められた思い
アンコールを受けて登場したi☆Risは、上着をライブTシャツに着替えて登場。アンコールの鳴り止まない会場に「Fanfare」を届けます。その後のMCではグッズ紹介、5周年を祝うケーキが登場し、デビュー当時にしていたという懐かしのポーズで写真撮影も行われました。

ここで新たな発表として、15枚目となるニューシングルが2018年冬に発売され、その楽曲が『アイドルタイムプリパラ』の第4クールオープニングテーマとして起用されること、そしてi☆Risとして4度目となる全国ツアーの開催が明かされました。ツアーのタイトルは「i☆Ris 4th Live Tour 2018~WONDERFUL PALETTE~」。11月1日に発売された3rdアルバムを引っさげたツアーとなりそうです。

また、新シリーズである『アイドルタイムプリパラ』となってからはi☆Risは主題歌を歌っていなかったということで、ファンも大きな歓声で喜びを露わにしました。

そんな嬉しい発表もありつつ、アンコール2曲目として披露されたのが、アルバム「WONDERFUL PALETTE」に収録され、若井さん作詞作曲を担当した「パズル」。このタイトルは、武道館公演のパンフレットに収録されたインタビューの中で「i☆Risを一言で例えると?」という問いに対して、若井さんが“パズル”と答えたことから付けたと明かした若井さん。

「全員がピースみたいにバラバラだけど、ひとつでも欠けていたらi☆Risじゃなくて、全部が重なっているからi☆Risというグループが成り立ってる」という思いで答えたそうですが、この楽曲にはパズルのピースとしてメンバーたちがより輝いて欲しいという若井さんの思いも込められた曲だという事が説明されます。そんなi☆Risへの思いを歌ったこの曲を、5周年記念ライブという晴れ舞台で歌い、思いが溢れたのか、歌唱中の若井さんは涙を見せた場面もありました。

ここで、メンバーがこれまでの5年間を振り返りつつ、集まったファンたちに感謝のメッセージを送りました。「次回のシングルの衣装もデザインしたい」(澁谷)、「来年はツアーもあるので、体力を付けたい」(久保田)と今後の展望を話した澁谷さんと久保田さん。「愛しきれて無い自分を更に好きになれるようになりたい」と話した若井さんと茜屋さん。「私はここにいるみんなのことが大好きなんです!」と、自分の言葉でファンへの愛を伝えた芹澤さん。そしてリーダーとして笑い話も交えつつ、「末永く応援して頂けると嬉しいです。みんな大好き!」とリーダーらしいコメントを締めくくりました。

そして、5周年ライブの最後の曲は「Happy New World☆」。イントロから観客も余力を残すまいと全力で声援を送り、i☆Risも疲れを感じさせない完璧なパフォーマンスを見せます。間奏では澁谷さんが「i☆Ris、もっともっともっと上に行きます!」と高らかに宣言。i☆Ris6年目へ最高のスタートを切り、5周年記念ライブは大成功のうちに幕を閉じました。

「i☆Ris 5th Anniversary Live ~Go~」セットリスト
M1. Color
M2. §Rainbow
M3. Make it!
M4. ドリームパレード
M5. 徒太陽
M6. ブライトファンタジー
M7. Re:Call
M8. trust
M9. イチズ
M10. Shining Star
M11. Daily Berry!!
M12. Ready Smile!!
M13. WONDERFUL PALETTE ★新曲!
M14. ミラクル☆パラダイス
M15. Realize!
M16. Goin'on
M17. 幻想曲WONDERLAND
En1. Fanfare
En2. パズル ★新曲!
En3. Happy New World☆

解禁情報

(1)2018年冬15thシングル発売決定!!
テレビアニメ「アイドルタイムプリパラ」第4クール オープニングテーマ曲をi☆Risが担当することが決定しました!

(2)2018年春ツアー『i☆Ris 4th Live Tour 2018~WONDERFUL PALETTE~』開催決定!!
i☆Ris結成から4回目になる全国ライブツアーがついに決定しました。さらにオフィシャルファンクラブでのチケット先行抽選予約受付の実施が決定!!

■ツアータイトル:『 i☆Ris 4th Live Tour 2018~WONDERFUL PALETTE~』
【開催日時・会場】
日程:2018年04月19日(木)
開場/開演:18:15/19:00
会場:かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール(東京都)

日程:2018年04月30日(月・祝)
開場/開演:14:00/15:00
会場:NHK大阪ホール(大阪府)

日程:2018年04月30日(月・祝)
開場/開演:18:00/19:00
会場:NHK大阪ホール(大阪府)

日程:2018年05月06日(日)
開場/開演:18:30/19:00
会場:仙台市民会館 小ホール(宮城県)

日程:2018年05月12日(土)
開場/開演:14:15/15:00
会場:和光市民文化センター サンアゼリア 大ホール(埼玉県)

日程:2018年05月12日(土)
開場/開演:18:15/19:00
会場:和光市民文化センター サンアゼリア 大ホール(埼玉県)

日程:2018年05月19日(土)
開場/開演:13:30/14:00
会場:都久志会館(福岡県)

日程:2018年05月26日(土)
開場/開演:18:30/19:00
会場:Zepp Sapporo(北海道)

日程:2018年06月10日(日)
開場/開演:14:00/15:00
会場:中野サンプラザ(東京都)

日程:2018年06月10日(日)
開場/開演:18:00/19:00
会場:中野サンプラザ(東京都)

日程:2018年06月16日(土)
開場/開演:14:00/15:00
会場:日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール(愛知県)

日程:2018年06月16日(土)
開場/開演:18:00/19:00
会場:日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール(愛知県)

■チケット代金
○全席指定 6,800円(税込)
※枚数制限:各公演につき1人4枚まで。※小学生以上有料。未就学児童は入場不可。
※ピクチャーチケットではございません。

■i☆Risオフィシャルファンクラブ「虹会」チケット先行申込期間のご案内
2017年11月7日(火)21:30~2017年11月16日(木)23:59
★お申込・イベントに関する詳細はi☆Ris公式HP(http://iris.dive2ent.com/)まで

i☆Ris公式サイト
i☆Ris公式Twitter

おすすめタグ
あわせて読みたい

i☆Risの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集