アニメ
『ダリフラ』ミク役 山下七海×ゾロメ役 田村睦心 ペア対談

激しいケンカがミク&ゾロメ ペアの見どころ!?『ダーリン・イン・ザ・フランキス』ミク役 山下七海×ゾロメ役 田村睦心 ペア対談

2018年1月13日(土)23時30分から放送がスタートするTVアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』(ダリフラ)。アニメイトタイムズでは、アニメ本編の放送に先駆けて本作に出演する声優陣を対象にしたペアインタビューをお届けします。第2回目となる今回は、山下七海さん(ミク役)×田村睦心さん(ゾロメ役)。

遠い未来、移動要塞都市プランテーションにあるパイロット居住施設"ミストルティン"の中で、戦うことだけを教えられたコドモたちが、"フランクス"と呼ばれるロボットに乗り、巨大生命体"叫竜"と戦う。そしてそのロボットを動かすには、必ず男女のペアが必要となる――

ここでは、そのペアごとに作品の魅力を語っていただきました。

■■バックナンバー
>>イチゴ役 市ノ瀬加那×ゴロー役 梅原裕一郎 ペア対談


ゾロメとミク、お互いシンクロ率の高さに感動
――今作は、TRIGGERとA-1 Picturesの共同制作なのですが、それを知ったとき、どう思いました?

ゾロメ役・田村睦心さん(以下、田村):予備知識はなかったのですが、決起集会的なところに遊びに行ったんですよ。いわゆる打ち入り的な場だったんですけど、そこにはTRIGGERさんとA-1 Picturesさんのスタッフが集まっていて。

逆に私たちはいていいのかな?みたいな感じだったんですけど(笑)、みんなノリが良い方ばかりで、最終的に「よし!やるぞ!!」くらいな感じになってたんです。錦織監督や主要スタッフの方々が登壇されてるときも、掛け声がかかるくらいだったので、とても楽しい現場だなって思いました。それを見たとき、いい作品ができそうだな、楽しみだなって思ったんですよね。

ミク役・山下七海さん(以下、山下):私はデビューしてすぐにTRIGGERさんの作品(『異能バトルは日常系のなかで』2014年作)に参加させていただいていたので、ここでまたTRIGGERさんとご縁があった!と思って、少しでも成長した姿を見せたいと思いました。そのときの感謝もあるので、また頑張ろうって思いました。

田村:でも、本当に一大プロジェクトなので、私たちも頑張って力になれたらなって思います。

――オーディションの思い出はありますか?

田村:私、テープだけでした。

山下:私もです。

田村:なのでディレクションは受けてないんですけど、絵を見たときは、なんつう悪ガキだろうと思って(笑)。ヒロに対しての煽りが結構すごいんですよね。あと見た感じで盛り上げ役っぽいと思ったので、そこは大事にしました。

――男性陣の中で、唯一の女性キャストではありますしね。

田村:錦織監督には、男性陣の中に私のゾロメが入ると、一段トーンが高いので、抜けて聞こえて少し面白い感じになるし、盛り上がって聞こえるのが良いなって言ってもらえたので、良かったなと。

山下:ミクは、ゾロメを励ますときのセリフがオーディションであったんですけど、ゾロメってどんな子なんだろうって資料を見て声を想像してやっていたんです。それで役が決まって、アフレコに来て田村さんの声を聞いたときに、「ゾロメはこれや~~!」って自分の中でハマったんです。

テープオーディションでゾロメに言ったのと同じセリフを、そのときの感情のまま出せたんですね。なんかそれにすごく感動したというか。言いながらオーディションのことをハッと思い出したんですよね。

田村:そうなんだぁ、嬉しい。でもミクもすごくピッタリで、小生意気なんだけどかわいくて憎めないんですよね。女の子としては魅力的だから、ゾロメもきっと良いなって思ってるんだろうけど、圧がすごいからたじたじ、みたいな。やり取りもしやすくて、私の中でもいいバランスでいけてる気がします。

山下:良かったです! でも私、スタジオオーディションをしていないから最初、すごく不安でした。

田村:どうやってたっけ?ってね。

山下:そうなんです! もうかなり前にやっていて、しばらく経ってから連絡をいただいたので、これで合っているのかなって不安だったんです。でも今、ピッタリと言ってもらえて良かったです。

――資料も膨大なものがあったそうですね?

田村:結構すごくて、“ミストルティン”って何だ?みたいな。あと気になったのがコックピット内の感じで、何だろう、このきわどい感じは……と思いましたね。どういう系統の作品なんだろうって。

――わりとシリアスな話が多そうですよね?

田村:そうですね。今、(アフレコでは)どシリアスですから(笑)。

山下:ちょっと前まで、みんなでワチャワチャしてたんですけどね。

田村:ね! こんなことってあるんだ~みたいな感じだよね。みんな床に転がってたからなぁ(笑)。

――では、錦織監督の印象を教えてください。

田村:すごく話しやすいです。こちらのことも結構調べてくださっていて、自分のことを知ってくださっているから、それをきっかけに話せるんですよ。しかもそこから作品の話につながっていったり。あとブースに錦織監督が来てくださるんですよね。

それでわからないところとかを教えてくれるので、すごく頼もしい。わからないことがあったら聞く、みたいな雰囲気になってまいすね。あとはスタッフさんのお弁当をご相伴に預かったりしてね。

山下:ありましたね~(笑)。でもすごく気さくな方ですよね。

田村:そのときも確か市川くんが誕生日で、みんなでおめでとうってお祝いしてて、お弁当好きなの選んだらいいじゃないって、市ノ瀬さん含め、スタッフさんと一緒にお弁当を食べたんですよね。なんか放課後とか昼休みみたいな感じで、すごく学校っぽかった。

山下:作品に関しても、いろんなことを教えてくださるんですけど、私、洋服を褒めてもらえるんですよ(笑)、それがうれしいんです!

田村:すごく見てくれてるんだよね。そういうところを気にかけてくださるから。

山下:錦織監督と作品についてお話することはあっても、服のこととかを話すことってなかなかないので、錦織監督のほうから話題を振ってくださって、すごく話しやすいです。

田村:別にスタッフさんとキャストに垣根があるわけではないんですが、分かれがちになってしまうところを、いい感じでそれを崩してくださるので、普段なら一度調べてから聞かないとダメかな?って思うところも、「監督、これ何でしたっけ?」って聞けるのがいいですね。

――これだけのスタッフが集まっているのもわかりますね。

田村:錦織監督だからっていうのはあるのかもしれないですね。あとストーリーもフレキシブルというか。一案あったら、ちょっとそれについて考えてみようか、みたいになる。ガチガチに決めているわけではなく、いい意味で余裕を持ってくれてるんです。もちろんそれでブレたらまずいんですけど、ブレない範囲で余白を持って対応してくださるのが、すごいなって思います。


ケンカするほど仲がいい! 絆が強いミクとゾロメ
――それぞれが演じるキャラクターについてお聞きしたいのですが。

田村:ゾロメはサイトにある通り表裏がないんですよね。だからそのままです。欲望に忠実なところがあるんですね。猪突猛進で周りも見えてないところもあるし。

山下:そこがまたかわいいんですよね。余裕のないところが良いところです。

――あと、ゾロメはムードメーカーなところもあると思いますが、田村さんとも共通しそうですね?

山下:ほんとに! なんかアフレコブースでゾロメがいるなって、たまに思いますもん(笑)。

田村:ご飯を食べながら、「やっべー! これうまいな~」とか言ってると、ゾロメがいるって、みんな言ってきますね(笑)。

山下:世界観的にコドモたちにそこまで感情の起伏がない中で、ゾロメは、そうやって食べたら「おいしい!」って叫んじゃうようなキャラクターだから、本当にかわいく思います。

――ミクはどうですか?

山下:ミクも表裏が本当にないんですけど、今の若い女の子そのものというか。ぶーたれたり、愚痴っぽく聞こえたりするかもしれないんですけど、自分の言いたいことは全部言っちゃうんですよね。でもゾロメのために自分がやれることも結構考えていて、ゾロメのことはすごく大事にしていると思います。

――この2人の関係はいい感じがします。

田村:絆があるんです。似た者同士で、よくケンカもしてるんだけど。あとミクはよくイチゴと揉めてるよね? イチゴがリーダーだから。

山下:それがちょっと気に障る……みたいな(笑)。その辺も現代の女の子が反映されてたりしますね。

――そういう今の子みたいな感じは苦労せず演じられています?

山下:はい。世界観的に、今の子たちとは違うところもあるんですけど、ミクは現代の女の子のような立ち位置でいようと思って。この世界観に左右されないような女の子でいれたらいいなって思います。

――監督からはディレクションもそれほどなく?

山下:結構そのまんまですね。ただ、あまりに愚痴っぽく聞こえないようにとか?

田村:私も、イヤな感じにならないようにって。そのさじ加減は難しくて、出しすぎると感じが悪くなりがちなんですよね。

山下:セリフを見るとキツめに見えるけど、言い方次第というか。

――いよいよ1話が始まりますが、このペアの見どころは?

田村:他の子たちより、ケンカは激しいです!

山下:よく言い合いしてますよね。私的にはどのペアよりも微笑ましく、かわいく見てもらえるんじゃないかなって思ってます。

田村:そうだね。ケンカしてるところすらね。

山下:シリアスというより、微笑ましい感じ。

田村:ちょっとホッとするみたいな。ココロちゃんチームとは違う癒やしだよね。でもミクとゾロメをフィーチャーしてくれている話もあるので、楽しみにしてほしいです。そこでは内面がよりわかりやすく出ているので。裏表はないけど、そんなに外に出してないところが垣間見れると思います。

――ペア以外の見どころというと?

田村:いっぱいあるなぁ。単純に戦闘シーンは、テンポもいいし、すごく激しいです! あとみんなすげー青春してる! こう言っては何ですけど、この歳で思春期の子を演じられるっていうのはうれしいんです。それが声優の醍醐味ではあるけど、こんなに感情が動かされるのは楽しい。なので、この青春群像劇を見ていただければ、楽しんでもらえると思います。

山下:思春期の女の子や男の子だけど、みんな毎日戦っていて、死と向き合っている状況なんですよ。その中で、それぞれが成長してく過程が泣けたり、微笑ましく感じるので、そこを見てほしいです。死と向き合いながら生活するコドモたちをぜひ応援してあげてほしいなって思います。

[取材・文/塚越淳一]

(C)ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

ダーリン・イン・ザ・フランキスの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集