アニメ
TVアニメ『スロウスタート』橋本裕之監督インタビュー【連載】

【連載】TVアニメ『スロウスタート』橋本裕之監督インタビュー! 制作現場の裏話を公開!

2018年1月よりTOKYO MXほかにて放送中のTVアニメ『スロウスタート』(原作:篤見唯子/「まんがタイムきらら」にて連載中)。アニメイトタイムズでは公式サイトと連動して、メインキャストのみなさんやスタッフの方々を対象にした連載企画「animate Times Presents スロウスタート リレーインタビュー」のロング版を掲載しています。その第6回目に登場いただくのは、橋本裕之監督です。企画の立ち上げから学生時代のエピソードまで、幅広くお話を伺いました。

■■■連載バックナンバー
【連載1】一之瀬花名 役・近藤玲奈さん
【連載2】十倉栄依子 役・嶺内ともみさん
【連載3】千石冠役・長縄まりあさん
【連載4】百地たまて役・伊藤彩沙さん
【連載5】原作者・篤見唯子先生


スタッフの愛情が生み出したクオリティ
――まずは企画がスタートした経緯について教えてください。

橋本裕之監督(以下、橋本):アニプレックスのプロデューサーから、「橋本さんが気に入った原作をアニメ化したい」と声をかけてもらったことがきっかけです。それでまずは、マンガやライトノベルを大量に送ってもらって読むところからはじめました。そのなかで『スロウスタート』がすごく面白かったんですよ。

――どういったところに魅力を感じられたのでしょうか?

橋本:絵が抜群に可愛いのと同時に、少し暗い部分を持ち合わせているところに惹かれました。主人公が中学浪人をしていたなんて設定は、普通の「日常系」作品ではないですよね。基本は明るい世界観でありつつも、キャラクターの意外な面が少しずつ見えるようになっている。そんなさまざまな要素が入り交じった感覚に魅了されて、この原作をアニメ化したいと企画がスタートしました。

――「まんがタイムきらら」に連載中の作品ですが、原作者の篤見先生とはどのようなご相談をされたのでしょう?

橋本:まだ連載中の作品ですが、アニメは1クールという時間のなかでまとめる必要があるため、今後の原作の流れについて伺いました。またキャラクターのプロフィールもいただいたのですが、一人一人に非常に細かい設定があったんですよ。あまりに細かすぎて、作品に反映できるのか心配になるほどに(笑)。

――詳細な設定があることで、作品づくりにおいて違ってくる点はあるのでしょうか?

橋本:たとえば犬が嫌いなキャラクターは普通、犬の話はしませんよね。なのでそういう情報を知れば知るほど、細部の描写をうまく積み重ねることができるようになって、会話がどんどん自然になっていく。映像化する僕たちにとっては、与えられた情報が多ければ多いほどやりやすくなるんです。

――アニメ化にあたって、メインスタッフはどのように決まっていったのでしょう?

橋本:シリーズ構成は僕から、以前ご一緒したことがある井上(美緒)さんにお願いしました。キャラクターデザインの安野(将人)さんは、A-1 Picturesの制作プロデューサーからの紹介ですね。

安野さんは打診してすぐ、まだ参加するかも決まっていない段階でデザインのラフを描いてきてくれたんですよ。すごいやる気だなと思いましたし、そのうえきちんと原作のポイントを押さえた絵になっていて、そのまま決定稿にしてもいいくらいの仕上がりでした。

――アニメではキャラクターの動きが非常に魅力的に描かれていますが、それは安野さんの熱意も大きく関わっているのでしょうか。

橋本:そこは本当に大きいですね。安野さんをはじめアニメーターがみなさん、愛情を持って作品に接してくれているんです。作画スタッフはみな「このキャラはこういう風に動かしたい」という明確なビジョンを持っています。その熱意は、できるだけ画面に反映させたい。第1話のアバンは安野さんが原画も手がけていますが、ものすごく魅力的に動かしてくれました。

――橋本監督ご自身は、どのようなコンセプトを持ってアニメ化に臨まれましたか?

橋本:できるだけ全話を観てもらえるような作品にすることを意識しました。やはり作画がいくら頑張っても、観てもらえないと報われないですからね。だから監督には、第1話、第2話、第3話と続けて観たいと思える作品をつくる責任があると思っています。

――視聴を継続してもらうためには、どのようなことが大事になるのでしょうか?

橋本:まず「中学浪人」という部分のマイナスのイメージをできるかぎり与えないように心懸けました。第1話で花名が中学浪人をしていたことがわかるシーンも、原作より少し優しいタッチで描いています。

アニメとマンガの大きな違いに、声と音楽があります。それらが入ることで、受け手に与えるダメージもマンガよりも大きくなる。なので花名が中学浪人しているということは、彼女が明るい表情になるCパートのときにナレーションで伝えて、ショックを和らげるようにしました。

――背景美術も温かみが前面に出ていると感じます。

橋本:こちらも重い感じを出さないようにするため、可愛いカラーリングを目指しましたね。学校はパステルカラーを取り入れていて壁もピンク色なので、高校ではなく幼稚園に見えてしまうぐらいのイメージです。もし茶色の廊下に花名がポツンと立っている姿を描いてしまうと、どこか悲しく見えてしまう。そんなマイナスの要素をなくすように努めました。


栄依子はアニメ監督向き?
――キャスティングはどのような方針で決められたのでしょうか?

橋本:メインキャストの4人は若手でいこうと決めていました。自分にとって「きらら」作品は、メインキャストの絆がどれだけ深いかが大切だと思っていて。アニメだけでなくリアルでのシンクロも大事にしていて、若手の声優さんならイベントでも全員がそろいやすい。ファンの方のなかにはキャストの掛け合いを楽しみにしている方もいらっしゃいます。アニメだけでは得られない何かを、キャストたちを通じて体験してもらえればうれしいですね。

――アフレコ現場はいかがでした?

橋本:自分はキャストの側からキャラクターを少しだけ壊してほしいと思っていて。「この子ってこんな声を出すことがあるんだ」と意外に思える芝居が出てくれば、キャラの新たな一面が生まれます。

マンガからアニメになることで、声優さんによってキャラクターに息が吹き込まれる。そして彼女たちの声に篤見先生が影響されて、キャラの可能性がさらに広がっていく。そういう風に良い意味で循環していけば、『スロウスタート』という作品自体がより楽しくなるだろうと思って臨んでいます。

――ということはアドリブも多いのでしょうか?

橋本:はい、チャンスがあれば入れたいなと思っていますし、キャストさんもアドリブを狙っているところがありますね(笑)。結局のところ、アフレコは音響監督の(明田川)仁さんが大笑いすれば勝ちですから(笑)、アドリブが面白くて、世界観にきちんと合っていれば、そのまま採用することも多いです。作画と同じように、みなさんの熱意を大切にしていますね。

――シリーズは間もなく後半戦です。これからの見所はどこでしょうか?

橋本:後半はどんどんぶっ飛んできますよ。ブレーキが壊れているんじゃないかなと心配になるぐらいです(笑)。なかでもの栄依子と榎並のエピソードは要注目ですね。この2人の関係性は篤見先生の隠すことができない何かが溢れ出ていますから(笑)。

また水着回もあります。原作では水着を買うだけで海にもプールにも行かないという『スロウスタート』らしい展開だったのですが、アニメでは泳ぎに行くことにしました。マンガで描かれていないところを補完したり、アニメで作品を知った人に「原作はこんな感じなんだ」と思ってもらったりと、相互に繋がっている感じを出したかったんです。

――次に、当連載での恒例の質問なのですが、橋本監督はどのような高校生活を過ごされましたか?

橋本:男子校でしたし、特に何もない日々でしたね(笑)。ただ当時からすでに、アニメーターになりたいとは思っていました。ちょうど高校生のときに『魔女の宅急便』が公開されて、面白くて3日で6回も観たんですよ。そこからすぐにバイトをしてLDプレーヤーを買って、LDが発売されてからはさらに何度も見返しました。

――『魔女の宅急便』のどこに惹かれたのでしょうか?

橋本:自分は京都出身なのですが、当時から早く東京に出たいと思っていたんですよ。その自分の心境と、キキが一人で街へ出て修行をするというストーリーがシンクロしたんでしょうね。『スロウスタート』も、『魔女宅』と似ている部分があると思うんです。どちらも全体的には明るい話ですが、現実の辛いところも少し描かれている。その試練を乗り換えたからこそ、ヒロインの強さが生まれるところに共通点を感じます。

――続いてリレー質問のコーナーです。前回の篤見先生からは「監督がもし女の子だったら、4人の内で誰が一番近いと思いますか?」という質問が(笑)。

橋本:栄依子ですね。僕はドSでドMなんですよ(笑)。栄依子も、クラスメイトに対しては、少し誘っているようなところがあってSっぽいですが、榎並の前では、急にMっぽくなる。だから栄依子を描いているときは、まるで自分のことのように「わかるわー」と思いながら楽しくやっています。

そもそもアニメ監督という仕事は、他人を困らせながら自分も困っていくという、ドSでドMっぽいところがあるんですよ。もし栄依子が監督になったらスケジュールを上手く回せると思います(笑)。

――(笑)。では次回のシリーズ構成の井上さんへの質問をお願いします。

橋本:「もし自分が男だったら、誰の彼氏になってみたいですか?」で(笑)。メインの4人ではなくて、榎並たちも含めた7人から……何だったらクラスメイト全員入れてしまってもいいです(笑)。シリーズ構成としてキャラを知り尽くした井上さんだったら、答えられるはずですよ……とSっぽさを発揮してみました(笑)。

――最後に読者へのメッセージをお願いします。

橋本:『スロウスタート』はたくさんの見所がある作品ですが、自分はまずは原作ファンに楽しんでもらいたいと考えています。ファンのみなさんから、「こういうアニメになって良かったな」と喜んでもらいたんです。そうならないと、アニメも盛り上がらないと思いますし、「だから『スロウスタート』は前から面白いって言ってたじゃん!」とほかの人に自慢してほしい(笑)。そう言ってもらえるような作品にすることが、自分の目標ですね。

(C)篤見唯子・芳文社/スロウスタート製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集