声優
『イケメンシリーズ5周年感謝祭』三浦祥朗さん、森嶋秀太さんら声優陣をも圧倒!

『イケメンシリーズ5周年感謝祭』三浦祥朗さん、森嶋秀太さんら声優陣をも圧倒した“イケシリ愛”あふれるイベントをレポート

2018年3月14日(水)、東京・新宿文化センターにて『イケメンシリーズ5周年感謝祭』が開催。ゲーム『イケメン戦国』をはじめ、『イケメンシリーズ』(通称、イケシリ)で人気キャラクターを務める声優・赤羽根健治さん、堀江一眞さん、三浦祥朗さん、間島淳司さん、森嶋秀太さんが登壇し、トークや朗読劇を披露しました。

さらに、『イケメン戦国』主題歌などを歌う藤田麻衣子さんによるスペシャルライブや、舞台『イケメン戦国 THE STAGE』の出演キャスト・小笠原健さん、橘龍丸さん、橋本全一さん、横山真史さん、星元裕月さん、早乙女じょうじさんも駆け付け、5周年という節目を盛大に彩ったイベントの模様をご紹介します!

キャストも興味津々! ファンの心浮き立つ思い出のシーン
今回、“イケシリ”キャラクターによる「イケメンシリーズ総選挙2018」の結果発表も行われた本イベントの会場ロビーには、各作品内で人気の高いキャラクターの等身大パネルが飾られ、開演前から集まったファンはテンション高め!


ステージでは、クラッシックにアレンジされた“イケシリ”の楽曲たちが、バイオリンなどの生演奏で奏でられ、記念すべき“感謝祭”に華を添えます。そんな中、『イケメン戦国』猿飛佐助役の赤羽根さんから、イベント時の注意事項に関するアナウンスが。内容の合間に入る「ドロン」や「ズバ、ズバッ」という擬音語など、忍者の佐助らしいセリフにクスっと笑ってしまいます。

会場の照明が暗転すると、ステージのスクリーンにはキャラクターたちとの思い出のシーンが、これまでの作品ごとに紹介されていきます。『イケメン幕末』や『イケメン革命』など各作品の人気キャラクターやトキメキシーンが映し出される度、会場からは黄色い声が。イベントへの期待も高まる中、5周年企画のナビゲート役でもあり、MCを務めるイケメン研究所所長とバーニー・サオトメ役の小南光司さんの呼び込みで、堀江さん、森嶋さん、間島さん、赤羽根さん、三浦さんが登場。

本イベントは公式ニコニコチャンネル『イケメンチャンネル』でも配信され、国内だけでなく海外へ同時通訳での配信もされていると聞いた堀江さんらキャスト一同は驚きの表情に。三浦さんと赤羽根さんの「イケメン戦国は好きですかー?」というコール&レスポンスに続き、堀江さんと森嶋さんは会場と配信用カメラに向かって「イケメンヴァンパイアは好きですかー?」と問い掛け、配信で見ているファンへの心遣いも忘れません! 「おれ1人なんだけど……」と少し淋しそうな表情を見せた間島さんも、「イケメン王宮は好きですかー?」というコールに返ってきた「大好きー!」の声に、うれしそうにしていました。

最初のコーナーでは、「5周年! 心浮き立たされた大賞!!」と題して、心浮き立った思い出を募集した中から反響の多かったシーンを部門別に紹介。スクリーンにVTRが流れると、三浦さんや赤羽根さんはイスに座らず、イスを支えにしゃがみこんでスクリーンを見上げる愛らしい後ろ姿に、つい笑顔になってしまいます。

まず、『イケメン革命』シリウス本編での別れのシーン、『新章イケメン大奥』春日局本編での別れのシーン、『イケメン王宮』ルイ本編での出会いのシーン、『イケメン幕末 運命の恋』齊藤編での再会のシーンが、『出会い・別れ・再会』部門に。笑い声がこぼれるシーンがあったものの、どのシーンも胸キュン必至のイラストとセリフに歓声が響き渡りました。

感想を聞かれた赤羽根さんは「みきぷりんが……」と、セリフ表示枠のヒロイン名が“みきぷりん”になっていることを指摘。すると、他のキャストも気になっていたらしく、「(内容が)入ってこなかった」「唇を奪ったらプリン味になるんじゃ……?」など、疑問が次々に飛び出していました。

▲上杉謙信役・三浦祥朗さん

▲上杉謙信役・三浦祥朗さん

次の『彼の秘密』部門では、『イケメンヴァンパイア』アーサーの吸血シーンなどがピックアップされる中、『イケメン戦国』上杉謙信の意外な一面が明らかになるシーンもエントリー。「謙信のセリフを生で聞きたい!」というリクエストに応えて立ち上がった三浦さんは、ステージセンターでカッコよく謙信のセリフを決めたものの、聞き惚れていたファンの思いもよらない反応に戸惑う場面も。

一方、赤羽根さんや森嶋さんが演じるキャラクターの物語本編はまだ配信がないため、『所長的! ゲストキャラ思い出シーン』として、赤羽根さん演じる猿飛佐助、森嶋さん演じるセバスチャン、堀江さん演じる『イケメン幕末 運命の恋』慶喜編のケイキ、間島さん演じるジル=クリストフのシーンを所長がセレクト。

各キャラのセリフも生ボイスで披露することになり、まず赤羽根さんが立ち上がると、シーンの紹介文を読み上げはじめ、「そっちじゃないよ!」と突っ込みを受けます。おちゃめな一面を見せつつ、ステージセンターに立った赤羽根さんから届けられた佐助のストレートなセリフに、会場からは歓声が。「佐助で『キャー』って言われたの初めて」と興奮気味の赤羽根さんに対して、先ほどのファンの反応を引きずっていた三浦さんは、悔しそうにステージを去る素振りを見せ、他のキャストが慌てて引き留めていました。

また、身振り付きでセリフを再現し、ファンの歓声に飛び上がって喜ぶ森嶋さんや、セリフを読む前にヒロイン名“みきぷりん”まで読むかどうかを議論したために、なかなか甘いセリフでは見られないファンの反応に困惑する堀江さん。大人の色気あふれるセリフに返ってきた、とろけるようなファンの歓声を聞いて思わず「なんてな」とごまかす間島さんなど、キャスト陣のいろいろな表情も垣間見えてきます。

▲猿飛佐助役・赤羽根健治さん

▲猿飛佐助役・赤羽根健治さん

▲セバスチャン役・森嶋秀太さん

▲セバスチャン役・森嶋秀太さん

その後、『プロポーズ』部門として、『イケメン夜曲』ユアン本編での挙式シーン、『スイートルームの眠り姫』誠二続編でのプロポーズシーンを紹介。どのシーンも、心浮き立つ思い出のシーンとなっていました。

ライブ、朗読劇、総選挙、新作情報解禁……スペシャルな時間に歓声が止まらない!!

ここで、キャストは一旦退場し、藤田さんによるスペシャルライブへ。『イケメン幕末』4周年記念曲「オクリモノ」や、『イケメン戦国 THE STAGE』舞台キャストとコラボしてPSVita版主題歌「きっと感じてた」を熱唱。藤田さんの澄んだ歌声からは、力強さや切なさも感じられ、手拍子するファンを“イケシリ”の世界へと誘っていました。

歌い終えた藤田さんは、きらびやかな衣装を身にまといながらも、ハイキックや華麗な刀さばきを繰り広げる舞台キャストの迫力ある殺陣に、「すぐ近くで人が斬られるのは、人生初で(笑)。すごい迫力で、本当にカッコイイと思いました」と満面の笑み。

舞台で織田信長役を演じる小笠原さんは、共演できた喜びや「きっと感じてた」が2018年4月5日スタートの『イケメン戦国 THE STAGE ~織田信長編~』の主題歌になること、舞台への意気込みなどを語りました。短い時間の中でも、舞台キャスト同士のやりとりから絆が感じられ、一層『イケメン戦国』の世界を盛り立てます。

さらに、藤田さんは『イケメン戦国』主題歌「あなたに恋して」のピアノ弾き語りも。緊張のためか初めから弾きなおすハプニングもあったものの、本当にスペシャルなライブとなりました。

そして、堀江さんら声優陣によるスペシャル朗読劇では、異世界からサンジェルマン伯爵の館に集められた猿飛佐助、上杉謙信、徳川慶喜、ジル=クリストフが元の世界に戻るため、感謝祭に集まったファンを喜ばせるというストーリーに。

それぞれの決めゼリフやホワイトデーにちなんだ愛の言葉で、ファンの心をわしづかみにしていました。佐助とセバスチャンを演じる赤羽根さんと森嶋さんが、ニコニコチャンネル『イケメンチャンネル』でのキャラクター性を見せたり、目配せして「イッケメーン!」とセリフを合わせたり。

スクリーンにはゲームイラストを使った演出もあり、会場を笑いの渦に巻き込む場面だけでなく、間島さんや三浦さんの問い掛ける相手をのぞき込むような仕草や、1人2役を演じる堀江さんの演技など世界観に引き込まれる場面も。作品を飛び越えたキャラクターたちの共演に、大きな拍手が送られました。

▲徳川慶喜、サンジェルマン伯爵役・堀江一眞さん

▲徳川慶喜、サンジェルマン伯爵役・堀江一眞さん

▲ジル=クリストフ役・間島淳司さん

▲ジル=クリストフ役・間島淳司さん

イケメン研究所が中心となって考案した『イケメン体操』で体を動かした後は、スペシャルなプレゼントが当たる抽選会が開催。この他にも、『イケメン戦国』のビジュアルファンブック発売やサイバードショップ開催決定などの新情報も公開されました。

いよいよ「イケメンシリーズ総選挙2018」の結果発表へ!

「イケメンシリーズ総選挙2018」の本選に残ったキャラクターのうち、55位から16位までを駆け足で紹介していくと、テンポの速さと驚きで心が付いていかず、会場は騒然とした雰囲気に。

期待と不安が入り交じる15位から6位までの発表では、喜びの声に反して、悲痛な声も聞こえてきました。隣に座る友人と抱き合ってはしゃぐ方やタオルで顔を覆ってしまう方など反応もそれぞれ。その様子に、ステージから見ていたキャスト陣は「(みんなが)死んじゃうんじゃないかと……」「泣いちゃう人もいて、伝わってくるものがある」と心を打たれたようで、表情も引き締まっていきます。

会場に集まった全員が息を飲んで見守る中、5位からは紹介シーンと合わせて1キャラクターずつカウントダウン。キャラクターの名前が呼ばれスクリーンに映し出される度、一喜一憂するファンの声が会場を包み込みました。

第1位は『イケメン戦国』織田信長となり、昨年優勝した『イケメン戦国』上杉謙信は第3位に。第4位までは『イケメン戦国』のキャラクターが占め、第5位には初参加となる『イケメンヴァンパイア』のアーサーがランクインするという結果から、『イケメン戦国』シリーズの人気の高さだけでなく、どのシリーズもファンから愛されていることが伝わってきました。

ランクインしたキャラクターボイスでの感謝の言葉もあり、最後はキャストが1人ずつあいさつ。

堀江さんは「皆さんの思いが熱くて、ステージまで圧倒されました」とコメントし、初参加の間島さんは「まず得票数に驚き、皆さんの熱気にビックリして。改めて、すごい仕事についてしまったな、いい加減なことはできないな、と強く感じました」とイベントを振り返りました。

「今回、順位はついていますが……皆さんの推しキャラは、皆さんの中ではトップ1、オンリー1だと心に留めていただき、イベントは他のシリーズ、キャラクターを知るチャンスだと思って楽しんでいただきたいと思います。『イケメンシリーズ』が盛り上がることで、『イケメン戦国』も今よりもっと違う展開もできると思うので、皆さんのお力を貸していただいて、僕たちも楽しんでいきたいです」と、三浦さんが締めくくりました。

拍手とともに“イケシリ”を包む大きな愛を感じながら、イベントが終了したかと思われましたが、新たな映像がスクリーンに。新作『イケメンライブ』のPVが流れ、驚きと喜びのうちに幕を閉じました。


公式サイト

おすすめタグ
あわせて読みたい

イケメン戦国◆時をかける恋の関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集