menu
アニメ
『メルヘン・メドヘン』楠木ともり、大津愛理、田所あずさが白衣姿でお悩み解決!?

『メルヘン・メドヘン』楠木ともりさん、大津愛理さん、田所あずささんが白衣姿でお悩み解決!? 日本校/ロシア校チームファンミーティングレポート

2018年4月29日(日)、アニメイト横浜にて『「メルヘン・メドヘン」日本校/ロシア校チームファンミーティング』が行われました。

今回のイベントでは、楠木ともりさん(鍵村葉月 役)、大津愛理さん(マリヤ・ラスプーチン 役)、田所あずささん(日野さち 役)の日本校・ロシア校メンバーが登壇し、トークショーとサポーターズパスお渡し会が催されました。

アニメイトタイムズからのおすすめ

楠木さんは「トランプ惨敗」の原書使い!?

観客から大きな拍手に包まれて楠木さんと大津さん、田所さんが登場したところで、早速、フリートークのコーナーがスタート。

今回のイベントは楠木さんがパーソナリティを務めるWEBラジオ「メルヘン・メドヘン 楠木ともりの見習いラジオ」の最終回が配信された直後で、その最終回で大津さんからメールの投稿があったことから、ラジオでは恒例の「〇〇の原書使い」と称号を付け合おうという流れに。大津さんは明るくて、温かくて太陽のような女性という印象から「スーパーSUNガール」の原書使い、田所さんは「おっとり、さわやか代表」の原書使いに任命されました。

続いて、大津さんと田所さんの二人が楠木さんの原書名を考えることに。その日、イベント前の控え室で仲良くトランプの大富豪やババ抜きが行われていたそう。そこで、楠木さんが惨敗したことから「トランプ惨敗」の原書使いとなりました。

次に大津さんと田所さんが演じたキャラクターのマリヤ・ラスプーチンと日野さちについての話題へ。マリヤを演じた大津さんは「序盤は強そうな雰囲気で、強そうな顔立ちだけど残念な方」と語りましたが、昨年12月からこれまで9回ファンミーティングイベントに出演した楠木さん曰く「(イベントでは)ロシア校は一番人気がある。"ロシア"の3文字が出るだけで会場が湧く」とのこと。また、マリヤについて大津さんは「どこからがマリヤさんで、どこからが私かわからないくらい共感できる部分が多い」と話しました。

そして、田所さんは「初めはおしとやかで可愛らしい子かなって思っていましたし、いただいた設定に性格がネガティブと書いてあったんです。でも、いざ台本を見ると性格が真逆になってました(笑)」と、愛らしいおバカキャラ・日野さちの裏話を披露。

白衣姿の楠木さん・大津さん・田所さんが、皆さんのお悩みを解決!

続いてのコーナーは、事前にTwitterで募集したお悩みを解決する「お悩み解決!『楠木クリニック』」がスタートしました。クリニックの雰囲気を出すため、手渡された白衣を身にまとった3人に会場から歓声が上がりました。

最初は「自分だけ自動ドアが開いてくれない……」というお悩み。田所さんは物理的に「太る」、大津さんは「元気を出す」、楠木さんは高さと存在感を出すため「アフロにする」という回答で、会場は笑いに包まれました。

次のお悩みは「お渡し会で緊張してしまい、上手く会話のキャッチボールができない」というもの。この悩みに対して、田所さんは「高望みしない」ことで肩ひじを張らず、最初からダメだったと思えばいいと回答しました。二番手の大津さんはロシア校の名言"ウラー"を心の中で叫んでリセットすべし、という「心にいつもロシア校を」。最後の楠木さんは、お母さんであれば緊張しない、だから声優さんを「母だと思おう」という処方箋でした。

最後に紹介されたのは「ゲームにハマってしまい、夜眠れず朝起きるのがツラいです」というお悩み。このお悩みを田所さんは寝るも、ゲームするも「好きにして」、大津さんは起きてる時間を有効活用しようという「いっそ寝ない」、楠木さんは身体を壊す前に「寝れば」と回答しました。ちなみに大津さんが眠れないときは、ストレッチや筋トレをしていて、楠木さんは寝不足で身体を壊したことがあるため、このような回答になったそうです。

コーナーが終了したところで、トークショーパートはひと段落。続いて、ファンお待ちかねのサポーターズパスのお渡し会へ。お渡し会準備のため、一度退場した3人でしたが、再登場した大津さんの手に「見習い卒業証書」と書かれた賞状が。アニメの主演として、ラジオパーソナリティとしての活躍を称えるサプライズセレモニーが楠木さんに向けて行われ、会場が大きな拍手に包まれました。

その後はキャスト陣・観客の笑顔がこぼれるお渡し会が催され、イベントは終了。イベント後には、お三方から特別にコメントをいただきました。

楠木さん・大津さん・田所さんからのコメントをお届け!

――本日のイベントはいかがでしたか?

鍵村葉月役・楠木ともりさん(以下、楠木):田所さんもつっつ(大津さん)もこのお渡し会のイベントが初めてということと、ロシア校の人気が相まって、会場のみなさんもワクワクウキウキしていたんじゃないかなって思います。最後のイベントでしたが、新鮮味があって、私も楽しかったです。

マリヤ・ラスプーチン 役・大津愛理さん(以下、大津):お客様と話ができる距離でのイベントは初めてで、めちゃめちゃ緊張しました。そんな中、テンションの高い私に乗っかってきてくれる優しい二人と温かいお客さんがいて、本当に温かい環境でメルヘン・メドヘンをやらせていただいたんだなって実感が湧きましたね。

日野さち役・田所あずささん(以下、田所):最初はあまりお話していなかったお二人と一緒で大丈夫かな、楽屋とか気まずいかなって(笑)。でも、みなさん明るいし、トランプも一緒にやってくださって、居心地が良かったですね。最後のイベントにギリギリ参加することができて、本当に良かったです。

――今回のイベントは、お悩みを聞く「楠木クリニック」がありましたが、みなさんのお悩みは何かありますか?

楠木:運動神経がゼロで、運動が全くできないので、どうしたら運動神経ってつくのかなって。

大津:私も運動苦手。

田所:私はかなり得意です。ずっとテニスもやっていたので。でも、音作りに関して、ともりさんはすごく器用。だから本当は運動神経いいと思います。運動神経良くなきゃ、歌も上手く歌えないし。自分を信じてないだけですよ。

楠木:コーナーをやっていて思ったんですけど、ころあずさん(田所さん)の悩み相談は荒療治に見えて、アドバイスが的確だなって。

田所:いやいや、めっちゃ適当でしたよ(笑)。だから、居心地が悪いので止めてください(笑)。

――お二人からサプライズで賞状の授与がありました。ご感想をお願いします。

楠木:自分がサプライズされるっていうのが頭になくて、最初は何か間違えちゃったのかなって(笑)。普段はサプライズされるのは恥ずかしいんですけど、本当にうれしかったし、メルヘン・メドヘンに関わって良かったなって思いました。

――サプライズした側としてはいかがでしたか?

大津:実はちょっとトラブルがありました。

田所:そうなんです。賞状を入れる筒が見当たらなくて、登場が少し遅れてしまいました。でも、喜んでもらえてすごく良かったです。

――それでは最後にファンの方へ一言お願いします。

楠木:今回が最後のイベントということで、寂しい気持ちでいっぱいです。でも、毎回毎回、みなさんの"愛"をいただいて本当に幸せでした。お渡し会は一区切りですけど、ゲーム、11話・12話がありますので、まだまだ楽しんでいただけたらなと思います。

大津:是非これからもメルヘン・メドヘンを温かく見守っていただけたらと思います。そして、これからも何かツラいこと、悲しいことがあったら「ウラー!」という掛け声を使ってほしいです。ありがとうございました。

田所:私が作品に参加したのは9話からだったので、本当にあっという間でした。さちちゃんをまた演じることができるよう期待して待っています。みなさんも期待して待っていてください!

――楠木さん、大津さん、田所さん、ありがとうございました!

[取材・文/冴島友貴]

作品情報

■イントロダクション
「きみのためだけの、物語を。」

物語が叶える、少女たちの願い。
世界に散らばった物語の「原書」。
少女たちは「原書」(=メルヘン)と出逢い、選ばれ、魔法を得てやがて「原書使い」となる。
これは、そんな「原書使い」を目指す「見習い」(=メドヘン)の少女たちが、「原書」と共に自らの物語を紡いでいく夢と魔法と青春の物語――

松 智洋 & StoryWorks × カントク  が贈る、魔法少女ファンタジー開幕!

■あらすじ
原書に選ばれた「メドヘン」と呼ばれる少女たちは一流の「原書使い」になることを目指して、世界各国の魔法学園で勉強中。彼女たちの目標は、年に一度、各校の代表選手たちが互いの実力を競いあう魔法バトル大会「ヘクセンナハト」で優勝すること。優勝者には、なにか一つだけ願いが叶う魔法が与えられるという。

ある日、メンバー不足で出場停止が危ぶまれる日本校のリーダー土御門静の前に、読書と空想が好きな女子高生、鍵村葉月が現れた。あまり友達のいない、ぼっち気味な葉月は、なぜか強力な力を持つ『シンデレラ』の原書に選ばれ、魔法学園に入学することになる・・・ 

『シンデレラ』と優勝をめぐり、少女たちが一緒に特訓したり、時には温泉に入ったりなんて感じの魔法少女バトルが、いま幕を上げる!!

■スタッフ
原案&シリーズ構成:松 智洋
原案協力:StoryWorks
キャラクター原案:カントク
総監督:斎藤 久 
監督:上田 繁
キャラクターデザイン:森川侑紀
脚本:松 智洋、アサウラ、門田祐一/金月龍之介
色彩設計:斉藤麻記
美術監督:下元智子
撮影監督:村上優作
編集:廣瀬清志
音楽:rionos
音楽制作:ランティス
音響監督:森下広人
音響制作:叶音
アニメーション制作:フッズエンタテインメント 
製作:メルヘン・メドヘン製作委員会

■キャスト
鍵村葉月:楠木ともり
土御門 静:末柄里恵
ユーミリア・カザン:Lynn
リン・デイヴス:日高里菜
マリヤ・ラスプーチン:大津愛理
アガーテ・アーリア:加隈亜衣
アーサー・ペンドラゴン:上田麗奈
加澄有子:本渡 楓
学園長:岡村明美

TVアニメ『メルヘン・メドヘン』公式サイト
TVアニメ『メルヘン・メドヘン』公式Twitter(@maerchen_anime)
『メルヘン・メドヘン』小説公式ページ

おすすめタグ
あわせて読みたい

メルヘン・メドヘンの関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年 秋アニメ一覧 10月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020秋アニメ(今期10月)おすすめランキングまとめ! 結果発表!
2020秋アニメも声優で観る!
タイムズユーザーアンケート
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング