アニメ
『ハッピーシュガーライフ』メインビジュアル第2弾・第1話場面カット公開

『ハッピーシュガーライフ』メインビジュアル第2弾、第1話場面カット&あらすじ公開!花澤香菜さん、久野美咲さんの公式インタビューも到着

2018年7月13日(金)より放送される、純愛サイコホラーアニメ『ハッピーシュガーライフ』のメインビジュアル第2弾と、第1話「砂糖少女は愛を食む」の場面カット・あらすじが公開!

さらに、メインキャストである花澤香菜さん(松坂さとう役)、久野美咲さん(神戸しお役)のオフィシャルインタビューも到着したので、あわせてお届けします。

▲メインビジュアル第2弾

▲メインビジュアル第2弾

第1話「砂糖少女は愛を食む」場面カット&あらすじ

すっかり男遊びをやめ、「好きな人と二人暮らしを始めた」と言うさとうに驚くしょうこ。実はその相手とは、しおという名の謎の少女だった。しおとの生活のためにバイトを増やすさとう。しかし新しいバイト先で事件が起きる。






キャストインタビュー

――『ハッピーシュガーライフ』への参加が決まった時の感想を聞かせてください。

花澤香菜さん(松坂さとう役):私はTVアニメ化の話をお聞きする前から原作コミックのCMをやらせてもらっていて、そこでさとうちゃん役を演じていました。その時から、かわいい絵が怖さに拍車をかけている独特の世界観に引き込まれていたので、「また、さとうちゃんを演(や)れる!」とすごく嬉しかったです。

原作を読んでいた身としては、「どういうふうに言おうか」と悩むようなセリフがいっぱいあったので、そういう意味ではちょっとドキドキしました。

久野美咲さん(神戸しお役):こんなドキドキする素敵な作品に、憧れの先輩である花澤さんと共演できると伺ったときは、本当に嬉しかったです。

原作を読ませていただいて、さとちゃんとしおちゃんの関係性は愛で溢れているなぁと思ったので、そういう間柄の役を演じられるのも、すごく楽しみでした。

――ご自身が演じるキャラクターとお互いが演じるキャラクターについて、どんな印象を持ちましたか?

花澤:さとうちゃんに関しては、しおちゃんとのシーンはすごく共感できるんですが、それ以外は共感しにくいですね。当たり前ですけど(笑)。私には、過激な行動に出る彼女のような思考回路がまったくないので……。

一方のしおちゃんは、とにかくかわいい。さとうちゃんが無条件に愛してしまうのも、よくわかります。原作を読んでいてもそう感じますし、美咲ちゃんの声を聞けばなおさら。

しかも、私は普段から美咲ちゃんと仲良しなので、劇中のしおちゃんの発言に対するさとうちゃんの返し方が、「美咲ちゃんが私にこう言ってきたら、こう返すだろうな」って感覚と完全にシンクロしてるんです。だから、しおちゃん役が美咲ちゃんで本当に良かったですね。

久野:ありがとうございます!! しおちゃんの第一印象はすごく純粋で、子どもらしい無邪気さを感じました。ですが原作を読み進めると、過去の経験からたくさんのものを抱えてるけど、それを表に出さない、しっかりした子なんだとわかりました。

最初の印象と変わったのは、さとちゃんも同じで。さとちゃんは初めはちょっと怖いなって思いましたが、物語が進むにつれて、しおちゃんに対するまっすぐな想いがすごくピュアに見えてきて。ちょっとドキッとしちゃう行動も、さとちゃんなりの愛情表現方法なのかもしれないと考えたら、その途端にすごく魅力的なキャラクターに思えました。

――ご自身のキャラクターを演じるにあたり、心がけていることはありますか?

花澤:おばさんの存在に囚われていた環境がさとうちゃんの過激な思考回路を生み出して、それを唯一忘れさせてくれるのがしおちゃんで。しかも一方的にさとうちゃんが愛しているだけじゃなくて、しおちゃんもさとうちゃんを愛してくれている。

そこでさとうちゃんが「満たされてる」という様子が、すごく人間的なんですよ。普段は怖いし、無表情だったりするのに。私はさとうちゃんの本当の姿はこの満たされている状態だと思うので、その部分を大事に演じています。

久野:しおちゃんはさとちゃんのことを心から信頼しています。過去につらい経験をした分、さとちゃんと一緒にいる時の安心感がとても大きいんですよね。

だからさとちゃんのことが大好きで心の底から信頼してる気持ちを、いちばん大切に演じています。一方でしおちゃんが苦い記憶を思い出しちゃうシーンは、さとちゃんとの会話の時とは全く違う空気になるように心がけてます。

――本作のコピーは「彼女の愛は甘くて痛い。」ですが、とびきり「甘い」と感じたシーン、またはお気に入りのシーン・セリフなどはありますか?

花澤:いっぱいありますが、さとうちゃんがしおちゃんと一緒にお風呂に入ってるシーンで、さとうちゃんの胸がしおちゃんに、えっと……。

久野:「さとちゃんのおむね、私の頭でつぶしちゃってかわいそーなんだもん」

花澤:そうそう。しおちゃんが「胸は元に戻るから平気だよ」って。これはニヤけますよね(笑)。

久野:どこにニヤけるんですか? ニヤけポイントはどこです(笑)?

花澤:いろいろだよっ!(笑)そのしおちゃんの発想と、戻るくらい胸があるさとうちゃん、いいなあ……とか、いろいろね(笑)。

――花澤さん、今もニヤけてますもんね。

花澤:ちょっと顔赤くなってきました(笑)。でもお風呂のシーンは本当に幸せです。

久野:実は、花澤さんとお風呂のシーンを演じるのが2回目なんですよ。今回、第1話でお風呂シーンがあったので、アフレコの前日に前回のお風呂共演シーンを観直して予行練習してから、花澤さんとのお風呂シーンに臨みました。

花澤:どういう予習の仕方ですか(笑)。でも愛ですね。別の作品でお風呂シーンがあったことを覚えててくれてるなんて!

――最後に、視聴者の方にメッセージをお願いします。

花澤:あえて前情報をあまり入れないで観始めるのも、めちゃくちゃおもしろいと思います。私は原作を読んでいて、どうなるかわかっているにもかかわらず、台本を読みながらドキドキしました。これは作品の持つ力です。

とにかく第1話を観ていただければ、続きを観ずにはいられなくなると思います。また、原作好きの方にも是非楽しみにしていて頂きたいです。原作のかわいらしいキャラクターたちがそのまま動いていますよ。

ファンシーなシーンはファンシーに、怖いシーンはゾクッとする絵が出てくるので、アニメはアニメでちゃんと楽しめますので観逃さないでくださいね。

久野:『ハッピーシュガーライフ』で起きていることは、私たちの日常生活とはかけ離れたことかもしれないけど、登場人物たちの気持ちにはちゃんと寄り添うことのできる作品だと思います。

スタッフ、キャスト一同、作品に心を寄り添わせて一生懸命頑張っています。ぜひ皆さんも心を動かしながら、この作品でしか味わえない色んな味を噛みしめていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします!!

作品情報

TVアニメ『ハッピーシュガーライフ』
2018年7月13日(金)より、MBS・TBS・BS-TBS“アニメイズム”枠にて放送開始

<イントロダクション>
-彼女の愛は、甘くて痛い。-
人を愛したことがなかった女子高生・松坂さとうと、誰かからの愛も感じたことがなかった少女・しお。ふたりの甘くて幸せな生活に、愛に病んだ人々の苦い悪意が忍び寄る。これは不自由な心の持ち主たちが綴る、ピュアでサイコな「愛についての物語」

<スタッフ>
原作:鍵空とみやき(掲載 月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス刊)
総監督:草川啓造
監督:長山延好
シリーズ構成:待田堂子
キャラクターデザイン:安田祥子
美術監督:谷地清隆
色彩設計:松原陽子
撮影監督:伊藤康行
編集:岡祐司
音響監督:立石弥生
音楽:亀山耕一郎
OPテーマ:「ワンルームシュガーライフ」ナナヲアカリ
(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)
EDテーマ:「SWEET HURT」ReoNa
(SACRA MUSIC)
アニメーション制作:Ezo’la
製作:ハッピーシュガーライフ製作委員会

<キャスト>
松坂さとう:花澤香菜
神戸しお:久野美咲
神戸あさひ:花守ゆみり
三星太陽:花江夏樹
飛騨しょうこ:洲崎綾
北埋川大地:梅原裕一郎
さとうの叔母:井上喜久子

<原作情報>
原作コミックス最新8巻
公式ファンブック「恋色ライフログ」
6月22日発売決定!

TVアニメ『ハッピーシュガーライフ』公式サイト
TVアニメ『ハッピーシュガーライフ』公式Twitter(@happysugarlifeA) 

(C)鍵空とみやき/SQUARE ENIX・ハッピーシュガーライフ製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

ハッピーシュガーライフの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集