アニメ
『ゲゲゲの鬼太郎』第13話先行カット&あらすじ到着

『ゲゲゲの鬼太郎』第13話先行カット&あらすじ到着! 輪入道役として江川央生さんが出演決定!

1968年にモノクロで放送開始したアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』。放送開始50周年のアニバーサリーイヤーである2018年4月より、新シリーズ(第6期)が放送中です。

このたび、6月24日放送の第13話「欲望の金剛石!輪入道の罠」より、先行場面カットが到着しました。

さらに、13話からデータ放送新コーナー「ゲゲゲの予報」がスタート! 今日が何の日かということや、天気予報も教えてくれます。

また、「イースト×エンザイム ダイエット」と「ゲゲゲの鬼太郎」のコラボTVCMが放送され、渋谷駅には特大ビジュアルが出現! こちらの情報もあわせてお届けします!

第13話「欲望の金剛石!輪入道の罠」

<あらすじ>
ねずみ男(声:古川登志夫)が経営する激安ダイヤモンドの店が大繁盛。それを怪しむ鬼太郎(声:沢城みゆき)にねずみ男は反発し、鬼太郎に絶交宣言をしてしまう。実はねずみ男は裏で輪入道(声:江川央生)と手を組んでいた。

ねずみ男は人間たちを輪入道の下へ連れて行き、輪入道は人間たちの魂を食らう。魂を食われた人間たちはダイヤモンドとなってしまうのだった。そのダイヤモンドを売りさばき、今や大金持ちとなったねずみ男は豪遊三昧。ある時、商売を奪われたダイヤモンドシンジケートの人間がねずみ男の前に現れ、ねずみ男を連れ去ってしまう……!

<スタッフ>
演出:竹下健一
脚本:野村祐一
作画監督:清山滋崇
美術:今野慎一






第13話登場妖怪! 輪入道を演じるのは江川央生さん!

輪入道(声:江川央生)
車輪の中央に顔があり、炎をまとった妖怪。口から出した炭素光線で、相手をダイヤモンドに変えることができる。宝石に目がくらんだ人々をダイヤモンドに変え、その魂を食らっている。

6月24日放送第13話よりデータ放送新コーナー「ゲゲゲの予報」スタート

今日は何の日なのかキャラクターが教えてくれるコーナーに加えて、目玉おやじの天気予報も! データ放送もチェック!

※実際の画面とは異なります。

「イースト×エンザイム ダイエット」と『ゲゲゲの鬼太郎』のコラボTVCM放送! 渋谷駅には特大ビジュアル出現

6月24日(日)9:00~9:30放映『ゲゲゲの鬼太郎』番組内にて、毎日のスッキリ・クリアな健康美をサポートする「イースト×エンザイム ダイエット」と『ゲゲゲの鬼太郎』コラボ新TVCMを放映!

CMでは、鬼太郎とねこ娘が登場。庄司宇芽香さんが声優を務めるねこ娘がダイエットにありがちな失敗を指摘しながらキレイの秘密として健康的な美しさを目指す「イースト×エンザイム ダイエット」を紹介します。

展開中の電車広告に加え、6月18日(月)から6月24日(日)まで特大コラボ広告を地下鉄渋谷駅構内の各路線から田園都市線・JR線への連絡通路にて設置! ぜひチェックしてください!




作品情報

TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』
毎週日曜午前9時~9時30分(一部地域を除く)

<STORY>
21世紀も20年近くが経ち人々が妖怪の存在を忘れた現代。科学では解明が出来ない現象が頻発、流言飛語が飛び交い大人たちは右往左往するばかり。そんな状況をなんとかしようと妖怪ポストに手紙を書いた13歳の少女・まなの前にカランコロンと下駄の音を響かせてゲゲゲの鬼太郎がやってきた…。

<声優>
沢城みゆき:鬼太郎
野沢雅子:目玉おやじ
古川登志夫:ねずみ男
庄司宇芽香:ねこ娘
藤井ゆきよ:犬山まな
田中真弓:砂かけばばあ
島田 敏:子泣きじじい
島田 敏:ぬりかべ
山口勝平:一反もめん

<STAFF>
・原作:水木しげる
・プロデューサー:
狩野雄太(フジテレビ編成部)
佐川直子(読売広告社)
永富大地(東映アニメーション)
・シリーズディレクター:小川孝治
・シリーズ構成:大野木寛
・キャラクターデザイン・総作画監督:清水空翔
・音楽:高梨康治、刃-yaiba-
・制作:フジテレビ・読売広告社・東映アニメーション

TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』公式サイト
TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』公式Twitter(@kitaroanime50th)

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集