アニメ
『ゲゲゲの鬼太郎』第16話先行カット&あらすじ到着!

『ゲゲゲの鬼太郎』第16話先行場面カット&あらすじ到着! 海座頭役に青森伸さん出演&鬼太郎列車がリニューアル!

1968年にモノクロで放送開始したアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』。放送開始50周年のアニバーサリーイヤーである2018年4月より、新シリーズ(第6期)が放送中です。このたび、7月15日放送の第16話「潮の怪!海座頭」より、先行場面カットが到着しました。

また、今回登場する妖怪として、海座頭役を青森伸さんが担当! さらに、7月14日よりJR境線にて、鬼太郎列車リニューアル登場! 車内アナウンスに6期キャラクター音声に切り替わるので要チェックです。

第16話「潮の怪!海座頭」

あらすじ

まな(声:藤井ゆきよ)は叔父、叔母が住む境港を訪れていた。祭が開催されないと知り残念がるまなを元気づけるために、叔父の庄司(声:魚建)はまなに活きのいい魚を獲ろうと漁へ出るが、そのまま戻ってはこなかった。

町の漁師たちと船で捜索に出たまなは、沖で船幽霊たちに襲われる。なんとその船幽霊たちは行方不明となっていた庄司たちだった。船は沈みまなだけが浜辺に打ち上げられ生き延びた。

助けに来た鬼太郎(声:沢城みゆき)は船で霧のたち込める海へと向かう。そこで船幽霊たちとともに封印されていたはずの妖怪・海座頭(声:青森伸)と遭遇する!

スタッフ

演出:岩井隆央
絵コンテ:小川孝治
脚本:野村祐一
作画監督:浅沼昭弘
美術:今野慎一







第16話登場妖怪!海座頭役に青森伸さん出演!

海座頭(声:青森伸)

琵琶法師の姿をした海の妖怪。琵琶を奏でることで海水を操り攻撃する。財宝に目が無く、財宝を積んだまま沈んだ船を引き上げる手下として、人々を襲い船幽霊にかえてしまった。

7/14よりJR境線にて鬼太郎列車がリニューアル!

鳥取県米子駅から境港駅を結ぶJR境線において、7月14日より目玉おやじ車両・ねずみ男車両がリニューアルして登場! そしてなんと車内アナウンスがアニメ「ゲゲゲの鬼太郎(第6期)」キャラクターの音声に切り替わります! ゲゲゲの鬼太郎(声:沢城みゆき)、目玉おやじ(声:野沢雅子)、ねこ娘(声:庄司宇芽香)の車内アナウンスを聞きに、ぜひ境港まで遊びに来てください!

JR境線

▲左より鬼太郎役・沢城みゆきさん、目玉おやじ役・野沢雅子さん、ねこ娘役・庄司宇芽香さん

▲左より鬼太郎役・沢城みゆきさん、目玉おやじ役・野沢雅子さん、ねこ娘役・庄司宇芽香さん


▲リニューアルする目玉おやじ車両・ねずみ男車両

▲リニューアルする目玉おやじ車両・ねずみ男車両

TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』作品情報

毎週日曜午前9時~9時30分(一部地域を除く)

<STORY>
21世紀も20年近くが経ち人々が妖怪の存在を忘れた現代。科学では解明が出来ない現象が頻発、流言飛語が飛び交い大人たちは右往左往するばかり。そんな状況をなんとかしようと妖怪ポストに手紙を書いた13歳の少女・まなの前にカランコロンと下駄の音を響かせてゲゲゲの鬼太郎がやってきた…。

<声優>
沢城みゆき:鬼太郎
野沢雅子:目玉おやじ
古川登志夫:ねずみ男
庄司宇芽香:ねこ娘
藤井ゆきよ:犬山まな
田中真弓:砂かけばばあ
島田 敏:子泣きじじい
島田 敏:ぬりかべ
山口勝平:一反もめん

<STAFF>
・原作:水木しげる
・プロデューサー:
狩野雄太(フジテレビ編成部)
佐川直子(読売広告社)
永富大地(東映アニメーション)
・シリーズディレクター:小川孝治
・シリーズ構成:大野木寛
・キャラクターデザイン・総作画監督:清水空翔
・音楽:高梨康治、刃-yaiba-
・制作:フジテレビ・読売広告社・東映アニメーション

TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』公式サイト
TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』公式Twitter(@kitaroanime50th)

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集