アニメ
秋アニメ『色づく世界の明日から』石原夏織×本渡楓インタビュー

秋アニメ『色づく世界の明日から』石原夏織×本渡楓インタビュー

MBS、TBS、BS-TBS「アニメイズム」枠、AT-Xにて10月から放送開始となるTVアニメ『色づく世界の明日から』。

本作は『凪のあすから』の篠原俊哉監督とキャラクター原案にフライを迎えたオリジナル作品で、色覚を失くした少女「月白瞳美(CV:石原夏織)」と、瞳美を導く少年「葵唯翔(CV:千葉翔也)」とのガール・ミーツ・ボーイの物語です。

アニメイトタイムズでは『色づく世界の明日から』の放送開始を記念し、主人公の月白瞳美役を演じる石原夏織さんと、瞳美と同じ17歳の祖母、月白琥珀役を演じる本渡楓さんにインタビューを実施。それぞれが演じるキャラクターの印象や作品の見どころなどについて語っていただきました。

『色づく世界の明日から』のあらすじ

物語の始まりは数十年後。日常の中に小さな魔法が残るちょっと不思議な世界。主人公の月白瞳美は17歳。魔法使い一族の末裔。幼い頃に色覚を失い、感情の乏しい子になった。

そんな瞳美の将来を憂えた⼤魔法使いの祖母・月白琥珀は魔法で瞳美を2018年へ送り出す。突然、⾒知らぬ場所に現れとまどう瞳美の視界に鮮烈な⾊彩が⾶び込んでくる……。

瞳美と琥珀の印象

ーー『色づく世界の明日から』は「ガール・ミーツ・ボーイ」の青春群像劇となっていますね。台本を読まれた際、お二人はどんな感想を持たれましたか?

石原夏織:「ガール・ミーツ・ボーイ」に限った話では無いのですが、目線や表情などの“言葉以外の部分”の動きが繊細で、「こういうふうに思っているんだ。」というキャラクターの切ない想いがリアルに伝わってくるんです。

台本を読んだ段階では「ガール・ミーツ・ボーイ」を強く意識してはいなかったんですけど、映像を見て「これはきっとすごい物語が変わっていく瞬間なんだろうな。」というのを感じて。切なくもあり、ワクワクもしました。

本渡楓:私は自分がメインでやらせていただく作品で、同世代の男性キャラクターが登場する「ガール・ミーツ・ボーイ」のような恋愛要素のある物語の経験がなかったので、ずっと憧れていたんです。

実際に私が演じている琥珀がそういった面でどんなふうに立ち回っていくのかは、皆さんお楽しみにというところなんですけれども、いざ憧れの恋愛モノとなると、台本を読んでいても、役を演じていても、キャストの皆さんの演技を見ていても、「もう一言、言いなよ…!」「なんで今言わなかったの!?」ともどかしく思いながら、ずっと一人で盛り上がっていて(笑)。

視聴者の皆さんも同じ気持ちで見守ってくれるだろうかと気をつけていて、声の面でも繊細に作っていけたらと思います。

ーー石原さんが演じられている主人公の瞳美はどんな印象のキャラクターですか?

石原:瞳美は髪の毛が白くてすごく綺麗な女の子で、最初に設定画を見たとき「繊細で触れたら壊れてしまうのではないか」という儚さを感じました。実際に演じてみて、自分が想像する以上の儚さがあって。

内向的で、自分自身をそんなに出せるタイプではなかったので、そこが演じていて難しいなと思いつつも、これから色んなことを吸収して成長していくんじゃないかというのはすごく感じられる子だと思います。

ーー篠原監督や山田音響監督とは役作りに関してどんなお話をされましたか?

石原:瞳美は表に感情を出して強く喋るということがなかったこともあり、最初は細く細く作っていったのですが、それだけでは瞳美の良さが出ないということだったので、細さはあるけれども、声の出し方としては芯があるようにと。

あとはモノローグ(相手なしに言うセリフ)の部分と、普段喋るみんなとの会話の差をつけるように心がけています。

自分の思いはちゃんとある子なので、モノローグ部分はしっかり出すように。一方で、人との会話は得意ではないので、普段の会話では声が細くなってしまうという両面を出せるような役作りをしました。

ーー本渡さんが演じられている琥珀は、過去に送り出された瞳美が出会う17歳の祖母という設定のキャラクターなんですよね。彼女にはどんな印象を持たれましたか?

本渡:琥珀は思慮深くて賢い子で、嘘をつけない天真爛漫な女の子なんですけど、周りのことを見渡した上で自分がどう動けばいいかも理解できる器用さを持っています。

きっと好きなことしか得意じゃなかったり、ひとつのことに集中してできなかったり、年相応の可愛らしい面も持っている子だと思うんですけど、人間関係や人間観察の面ではすごく賢くて、それでいてわざとらしさもなくて。これからの立ち回りがすごく楽しみな子だなと思います。

ーー瞳美と比較すると、琥珀は対照的なイメージのキャラクターですよね。役作りはどのように進められましたか?

本渡:真逆と言ってもいいくらいに違いますね。琥珀は途中の話数から登場するんですけど、監督からは「彼女自身がすごくハツラツと楽しく盛り上がっているところは、思い切りテンションを上げていいですよ」と。そういう振り幅についてお話していただきました。

石原:でも自由にやらせてもらっているよね。

本渡:役者が投げたものを受け取って、反映させてくださっているのかなと思います。

ーーとてもいい雰囲気の現場なんですね。他のキャストの皆さんとはどんなお話をされているんですか?

石原:キャストの世代がみんな近いんですよ。学校に通っていたときの話とかをすると、結構共通の話題があったりして。本当に学校にいるような気分になります。

本渡:それでいて、お母さん役の大原さんはその会話を「へえ〜」って聞いていて。本当にお母さんみたい!と思いました(笑)。

幻想的な魔法とリアルな人間模様

ーー本作は長崎が舞台になっているんですよね。P.A.WORKSさんの手がけるリアルな映像美も見どころの一つだと思いますが、お気に入りのシーンはありますか?

石原:PVの中にもあるのですが、花火を見ているシーンが印象深いです。辺りを一望できるあの風景がすごく好きなので、一度リアルなものを見に行けたらいいなと思っています。

本渡:この作品では「星砂」という魔法使いではない人でも、ちょっとした魔法が使えるようになるアイテムが売られていて、探し物を見つけたり、笑顔になるとか色んな用途があるんですけど、その中でも星砂を振るうシーンの色彩や演出を映像としてどう表現していくのかがすごく気になっています。

PVの段階でもとても綺麗だったので、実際に魔法を振るったときの演出にすごく期待しています。

ーーキャラクターは孫と祖母という関係性ですが、お二人は普段どんなお話をしていますか?

本渡:“石原さん”は先輩なんですけど…。

石原:やだ!こんなときばっかり!(笑)

本渡:私がデビューして間もない頃から何作品か二人で仲の良い役や同じチームの役でお世話になっていて。そしてこの作品で共演できると聞いたときはすごく嬉しかったです。

石原:私も楓ちゃんから「一緒だよ!」と教えてもらったときに嬉しくて。今回のような特別な関係値の役を演じることができて、嬉しいと思うのと同時に、心強いなと感じました。

本渡:友人としてだけではない関係だけに難しいだろうなとは思っていたんですけど、普段からの信頼関係があったので私もすごくやりやすくて。自然とキャラクター同士の関係性にも表れていると思います。

ーーストーリーにちなんで、お二人が魔法で好きな時代に行けるとしたらやってみたいことはありますか?

本渡:私は恐竜がいる時代に行って生で見てみたり、こっそり登ったり、一緒に卵を温めたりしてみたいです。もしくはお侍さんがいる時代で普段から着物を着るような生活をしてみたり。

石原:私は親が子どもの頃の時代に行ってみたいです。それで親と友達になって、どういう人だったのかを知ってみたいです。親として人となりは知っているけど、どうやって育ってきたのかはすごく気になります。

本渡:それ素敵!

ーー他にも自由に魔法が使えるとしたらどんなことがしたいですか?

本渡:今までずっと魔法が使えたら「空を飛びたい」と思っていたんですけど、改めて考えると、一瞬でお風呂に入ったことになるような魔法がほしいです。

石原:いいね!時短魔法だ(笑)。

本渡:私、お風呂というものが苦手でして…。パチンと指を鳴らすと乾燥まですべて終わっている状態になったらいいのになと思っています(笑)。

石原:私は年々忘れ物が多くなっているので、物を探せる魔法がほしいです。それと「忘れてるよ!」と教えてくれる魔法も(笑)。

財布を忘れてタクシーに乗ってしまったり、1000円しかなくてギリギリ50円足りなかったり。1週間で3回連続で忘れ物してしまって(笑)。

本渡:大変だ…。何か忘れ物に気づいたら言うね(笑)。

ーー最後に放送を楽しみにしている方々へ見どころも含め、メッセージをお願いします。

石原:まだ放送直前なので、皆さんわからないことがたくさんあると思うんですけど、絵も音もすごく素敵ですし、人間模様がリアルで、皆さん引き込まれる作品だと思います。

ぜひ視覚を働かせて見てもらえたらとても楽しめると思いますので、ぜひ放送と今後の展開を楽しみにお待ちいただけたら嬉しいです!私たちも頑張っていきますので、応援よろしくお願いします!

本渡:琥珀役の本渡楓です。皆さん今日もお仕事お疲れ様です。この作品を通して懐かしい昔の恋愛、学校生活のこと、親との関係性などを思い出して、少しでも癒しになれればと思いながらお仕事をさせていただいています。

自信を持って言えるくらいのスタッフさんやキャストの皆さんが揃っているので、放送されるのがすごく楽しみな気持ちでいっぱいです。ぜひリアルタイム視聴を。できなくても正座で見てください。

石原:正座で?(笑)

本渡:はい、正座で。これからよろしくお願いします!

ーー素敵なお話をありがとうございました!

インタビュー・文:吉野庫之介 撮影:塚越淳一

おすすめタグ
あわせて読みたい

色づく世界の明日からの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集