アニメ
『異世界魔王』和氣あず未が語る10話「魔王復活」での渾身の演技

『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』和氣あず未さんが語る10話「魔王復活」での渾身の演技

好評放送中のTVアニメ『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』。アニメイトタイムズでは、この作品の魅力を伝えるべく、スタッフ&キャストのインタビュー連載記事を毎週放送後に掲載しています。11話の放送後となる今回はレム・ガレウを演じる和氣あず未さんが登場! インタビューしたのは11話の収録のアフレコ前ということで11話までの話をたっぷり話してもらいました。

 
話が進むにつれてレムを演じることが楽しく
――ここまでレムを演じてきて、最初の段階からどう変わっていったと思いますか?

和氣あず未さん(以下、和氣):最初は本当に絵の通りで、淡々としていて、特に自分の意見を言えるような子ではないんだろうなと思っていたんです。

でも話数を重ねるうちに、心の中はとても熱い子なんだとか、正義感は強いし、仲間思いだし、シェラが躓いたときにもレムが「私はあなたの味方ですよ」と言ったり、仲間意識が本当に強い子なんだろうなって思いました。だんだん感情が表に出るようになってきて、演じるのが楽しくなりました。

――最初は感情がそんなに出てなかったですもんね。

和氣:そうなんです。シェラに対していやみを言ったり、ムキになって言い合いをしている部分はあったんですけど、だんだんそれもなくなってきたというか……。イジるにはイジるんですけど、ムキになるというよりは楽しそうに馬鹿にしている感じだったので、女の子らしい女の子になってきた感じがしました。

――レムを語る上ではシェラの存在がなくてはならないですけど、徐々に打ち解けていく感じを出すために、どういうことを考えました?

和氣:ディアヴロには1話でいろいろされて(笑)、自分の秘密を打ち明けることができたんですけど、シェラにまで迷惑をかけたくなくて、シェラにはずっと言えてなかったんです。でも6話でシェラが将来の夢を語ってくれたときに、レムも最初は呆れつつも、「自分の問題が解決したら一緒にカフェをやってもいいかもしれませんね」って言う。そこでもう一歩、シェラとの仲良し度が上がったと感じたので、シェラと話すときはリラックスして話すように心がけていました。

――シェラを演じる芹澤優さんとも、仲が良さそうですよね?

和氣:本当にアフレコが進むに連れて、芹澤さんともすごく話すようになったんです! 私、最初の頃って、他の現場でもあまり人と話さないタイプなんです。隅っこにいるのが好きなので。でも芹澤さんとは気が合う感じがして、一度話したらすぐに仲良くなれたんです。

だからシェラとレムのように徐々にというより、バッと仲良くなれた気が勝手にしています。その私と芹澤さんの仲良しな関係も演技に乗せることができているんじゃないかなぁと思います。

――なかなかそこまでいい関係になることはないんですか?

和氣:やっぱりアフレコって短いので、それだけではできないことかもしれません。今回はそのあとに動画番組の収録を一緒にしていたおかげでもあるのかなと思います。OP曲のMV撮影もありましたし(笑)。

――戦っていましたね。

和氣:芹澤さんはMVの撮影も撮りなれていて、モニターで映像を見ながらすごいなぁって思いました。本当にアイドルだなぁって。もうばっちりなんですよ! リップシンクのところとか、自分は口パクしてるなってわかっちゃうレベルなのに、セリコ(芹澤さんのこと)は本当に歌ってる感じがして、勉強になりました。



 
レムがシェラに秘密を打ち明けるシーンに対する想い
――i☆Risでもソロでもかなり撮ってますからね。でもこの作品は、水中さんも含めた3人の関係性が大事になりますよね。アフレコでの感じはどうでした?

和氣:確か初対面のときは写真(スチール)撮影だったんですよ。そのときはさすがに距離があって、挨拶をして、控室でも「今日は何をするんですかね~?」くらいのぎこちない会話をして、たぶんこのまま12話までいくのかな~とか思ったんですけど、芹澤さんって人との壁がないのかな?

1話からいろんな人に話しかけにいくんですよ。もともと仲がいいのかな?と思っていたら、「今日が始めましてだよ」って言うから、すごいなと。それこそ大先輩の大塚明夫さんにも「大塚さ~ん」っていけるところが、もう本当にコミュ力すごい!って尊敬しました。

水中さんは、1話で初めて演技を見たので、うわ~面白い!って思いました。水中さんのおかげで、私もこの世界に入ることができました。本人は真面目な方なんでしょうけど、1話の収録終わりに打ち上げの飲みがあったんです。

毎回あるみたいで、私は動画番組の収録があったから1話しか参加できなかったんですけど、そのときにスタッフさんにすごくイジられてたりして、かわいがられてたんです。だからお酒が入ると意外とハジける方なんだな、アフレコでは見ない感じだなと思いました。

――アフレコでそれを出してほしいですよね。

和氣:私はすごく仲良くしたいんですけど、距離は感じますねぇ(※すでに10話収録時点)。もっと来てほしいんですけど……。でも自分でも人付き合いが苦手と言っていたし、私もそうなので、そこが合わないのかな~。合わない(笑)? 何て言えばいいんだろう。もっと来てくれたら私も行けるのになぁって思います。

――この水中さんへのイジりはお約束になってきましたね(笑)。これまででお気に入りのシーンをいくつか挙げていただければと思います。

和氣:やっぱりシェラに秘密を打ち明けるシーンかなぁ。ここでちゃんとシェラに自分のことを打ち明けることができたんです。たぶんそれってすごく勇気がいるし、怖いことだと思うんですけど、シェラなら絶対に受け入れてくれるだろうと信じられていたんだろうなって。

――9話のところですね。芹澤さんともなにかお話して?

和氣:そうか、でも9話なんですね。そんなにかかったんだ。セリコとはもうグイグイいっている関係で、そこの信頼関係はあったので、ここのシーンどうするとかは話したりしましたね。

 
勉強になったアフレコ現場
――レム以外だとどうですか?

和氣:エミールが好きなんですよ。本当に好きなんです! 「全ての女性の味方だ!」というセリフがすごく好きで。ホント意味はわからないんですけど、その意味わからなさが好きです。

見た目すっごい爽やかだし、いつもキラキラしてるんですけど、めちゃめちゃ熱いヤツじゃん!と思ったし、3話でも「レムちゃんとシェラちゃんに首輪をつけて引き回す貴様を許せんのだ!」って呼んでもないのに助けに来てくれたし(笑)、本当に女の子の味方すぎて、守ってほしいなって思っちゃいます。

あとエミールがぼろぼろになる4話でも、レムがやめてくださいと言っても、絶対守るよって言ってくれたし、なんていい男なんだと。見た目だけではなく、心の中から男過ぎて、本当に紳士だなって思いました。

――見返りを求めない優しさがいいですよね。

和氣:そうですよね。から回っちゃうところもあるんですけど、そういうところも含めて素敵なキャラなので、エミールが登場するところは見入っちゃいます。置鮎龍太郎さんとは初めてだったんですけど、本当にエミールのままでした(笑)。いい声ですし。でも今回は本当にすごいキャストの方々がいたので、見ていて勉強になりました。

――どういうところが勉強になりましたか?

和氣:シェラのお兄ちゃんのキイラを演じた石田彰さんなんですけど、まだ石田さんの声を聞いてないときに台本を読んで、やばいキャラなんだなぁと思いながら、何となく自分の中でイメージはしていたんです。

でも実際に石田さんのキイラを聞いたときに、もっと飛び抜けてやばいヤツ!だと思ったんです。本当に鳥肌が立つくらい、いい意味で気持ち悪くて、ゾッとしたので、こういう演技の崩し方もあるんだなって思いました。自分だったらもっときれいな汚さに言っちゃうんだろうなってところを、石田さんは本当に気持ち悪い感じのキイラを出していたので、それはすごく勉強になりました。

――それを活かした和氣さんの演技も見たいところですが、せっかくなのでシェラとディアヴロの良いシーンを挙げていただけますか?

和氣:芹澤さんの声がめっちゃ好きなので、1話からシェラがかわいくて仕方なかったんです。キイラに対して突っかかるセリフも、それまでのかわいいシェラを見てきたので、そんなに人に対して言うことを言うシェラもいるんだと思って、そこも良かったです。特にキイラの首がチョンってなったときに叫んでいるところが、本当に切られたときの叫びだ!と思ったので、聞いてほしいですね。

ディアヴロは1話で、クレブスクルムの魂を封じられていることを打ち明けたときに、守ってくれるとは言ってくれたけど、レムの肩に手を回そうとしてできなかったり。どこまでうぶな奴なんだ!って思いました。

そのあとも魔王化が進んで行ったり、男前なシーンはあるんですけど、どうしても肌色的なシーンとか、女性と2人きりになると、うぶなディアヴロというか坂本拓真くんが出てきて、その演技の切り換えも、水中さんは本当にうまいんですよ。結構難しいと思うんです。ひとつのアニメで2キャラ演じているようなものなので。でも、聞いていても今はどっちだなってわかるのはすごいなって。

――すごく練習しているんでしょうけどね。

和氣:真面目だから。

――練習し過ぎも良くないよと、置鮎さんに諭されていたときもあったみたいですよ。

和氣:でも主人公だからきっとプレッシャーもあって、自分が迷惑をかけられないと思っているんだと思うんです。だから一生懸命で真面目な人なんですよね。

 
怒涛の後半戦、気になる物語の結末は……
――ちなみに10話「魔王復活」のアフレコは大変だったんじゃないですか?

和氣:私、ここをずっと楽しみにしてたんですよ! レムのところは衝撃的だったんですけど、そこではなくてクルムちゃん! まずイラストの時点でかわいいことは確定されていたんですけど、そのキャストが種﨑敦美さんだと聞いて、やばい!これは完璧だと思ったんです。

私、種﨑さんの事務所の先輩になんですけど、個人的にも種﨑さんのことがずっと好きなので、10話は種﨑さんのことしか考えてなかったです。いやぁ、本当に可愛すぎました。

――自分もけっこう大変なシーンがあるのに……(笑)。

和氣:確かにアフレコは大変で、喘ぎとか苦しみの演技ってすごく疲れるし、息も切れて汗もだくだくになるんですけど、それ以上に私にはそのあとの楽しみが待っていたので、そこは頑張りました。そこから種﨑さんのクルムちゃんですよ! 可愛すぎて、本当にそのままの幼女がそこにいる感じで、やんちゃだし無邪気だし、たぶんレム以外だったら一番好きになっちゃうキャラクターかもと思いました。

レムがずっと悩んでいた原因がこの子か!みたいな感じですよね。だからレムもすごく複雑な心境だったと思うんですけど、クルムちゃんがすごくあっけらかんとしてるから、11話でレムはクルムちゃんを守ろうと思ったんじゃないかなと思うんですよね。

――この2人の絆が、クライマックスにつながっていきますからね。

和氣:そうなんです!

――11話ではアリシアさんも、本性がわかってきましたね。

和氣:良い人だと思っていたのに~。あのレムが信じたくらい良い人だったのになぁ。11話ではっきりとわかってしまいましたね…。ここはレムにとっては大変なシーンがあるので、今日の収録はどうなるんだろう、怖い……(笑)。

サドラー役は浪川さんなんですけど、笑顔で刺してきますからね……。ここまでわりと平和に来てたのに急にこういう展開になって、やっぱりディアヴロの力ってすごかったんだなと。ずっと何だかんだでディアヴロに助けられていたんだなって思いました。

――ここからはどんどんシリアスになっていきますからね。

和氣:わりと肌色も多い作品なんですけど、それだけではなくてストーリーが本当にちゃんとしているんですよね。私の親もリアルタイムで見ていて、最初はどういう気持ちで見るんだろうと思ってたんですけど、アニメが面白いと言ってくれていて、親の世代でも楽しんでもらえているんだと思いました。

――では最後、最終話の見どころを。

和氣:本当にどうなっちゃうんですかね? 最終回どうなっちゃうんだろう? レムとクルムちゃんがどうなるのかも気になるし、あとはアリシアさんがなぜこうなったのかですよね。そのあたりはスッキリすると思います。

私もまだ台本をいただいていないので、どうなっているかはわからないんですけど、私自身もすごく楽しみにしてます! というか、ここまでアフレコもかなり順調に進んできたので、何か終わってしまうのが寂しいなっていう感じなんです。なのでまたイベントなどでお話ができたらいいなって思います。

[取材・文/塚越淳一]

(C)むらさきゆきや・講談社/異世界魔王製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集