アニメ
『ダイナミックまんがまつり』公式レポート

中野×杉並アニメフェス2018 in 中野<ダイナミックまんがまつり>公式レポート|永井豪作品に魅了され続けた大人たちが大熱狂!

2018年10月20日(土)<永井豪画業50周年>を記念し「中野×杉並アニメフェス2018 in 中野」にて、<ダイナミックまんがまつり>が開催されました。

イベントでは永井一巨プロデューサー、金丸裕プロデューサー、柏木豊プロデューサーのスペシャルトークが行われたほか、ロボットガールズの最新作『ロボットガールズNEO』に出演する木野日菜さん、萩原あみさん、井澤美香子さんも登場。

永井豪作品に魅了され続けた大人たちが集合し、大熱狂のひと時を過ごしました。イベントの公式レポートが到着しましたのでご紹介いたします!

<永井豪画業50周年>ダイナミックまんがまつり 公式レポート到着! 大人たちが興奮、歓喜の大熱狂!

今回のイベントは三部で構成され、第一部は今年Netflixのオリジナルコンテンツとして全世界で配信され大反響をよんだデビルマンの新作『DEVILMAN crybaby』の永井一巨プロデューサー、今年45年ぶりに映画で復活、大ヒットを記録した『劇場版マジンガーZ / INFINITY』の金丸裕プロデューサー、キューティーハニーの新作『CutieHoneyUniverse』の柏木豊プロデューサーによるスペシャルトーク。新作を制作にすることになった経緯や、はじめて自身がふれた永井作品を語りました。

今後永井作品でリメイクしたい作品として永井プロデューサーは『バイオレンスジャック』『手天童子』、金丸プロデューサー、柏木プロデューサーは『UFOロボグレンダイザー』をあげ、さらに永井プロデューサーからは完全オリジナルのロボットものを制作できればとのコメントがあり会場からは興奮と歓喜の声で包まれました。

第ニ部は過去作品を深掘りする『1970年代の東映アニメーション版作品はどれを観たいか!? プレゼン大会』。アニメーター:越智一裕氏が『マジンガーZ 第32話 恐怖の三つ首機械獣』を、『ロボットガールズZ』の脚本家:兵頭一歩氏が、『ゲッターロボ號 第 32話 Gアームライザー発動!!』を、アニメーター:柳沢テツヤ氏が『グレンダイザー 第12話 虹の橋を渡る少女』を、司会のアニメーション研究家:五十嵐浩司氏が『ゲッターロボG 第33話 夕焼け空が知っている』をあげ、それぞれスケッチブックに見所ポイントを描写し説明、それぞれ熱くプレゼンし、会場を沸かせました。

そして会場のお客様とゲスト審査員(『ロボットガールズNEO』のキャスト木野日菜さん、萩原あみさん、井澤美香子さん)による投票で選ばれたエピソード『ゲッターロボG 第33話 夕焼け空が知っている』が上映されました。


どんな鋼鉄も通す敵の“クレージービーム”によって町中の人たちが大変なことになるといったストーリー。ゲスト審査員からは笑いあり、ハラハラサスペンスあり、バトルも傑作との感想。第二部登壇者全員による生オーディオコメンタリーにも会場は大爆笑、大賑わいでした。

第三部は『マジンガーZ』をはじめとするスーパーロボットを擬人化したプロジェクト「ロボットガールズ」コーナー。来年10周年を迎えるプロジェクトの歴史が紹介され、アニマックスオンプレイステーションにて配信されたロボットガールズの最新作『ロボットガールズNEO』第1話~第3話までを上映致しました。

上映後はマジンガーZ/Zちゃん役の木野日菜さん、グレートマジンガー/グレちゃん役の荻原あみさん、グレンダイザー/グレンダ役の井澤美香子さんに司会の本多真梨子さんも加わり<永井豪画業50周年記念クイズ>に挑戦しました。

スペシャルゲストとして中野区のキャラクター<クルトン中野>も登場! サプライズとして萩原あみさんのバースディのお祝いも!!


イベントの最後は会場全員で「俺はグレートマジンガー」を大合唱、大盛り上がりとなりました。永井豪作品に魅了され続けた大人たちが大熱狂! 新旧作品の魅力を深掘りしたまんがまつりワールド全開のイベントとなりました。

ブルーレイ発売中!

初回生産限定『マジンガーZ』Blu-ray BOX VOL.1〜VOL.3

各25,000円+税
発売元:東映アニメーション・東映ビデオ
販売元:東映



『ロボットガールズZ』コンプリート Blu-ray

7,000円+税
発売元:東映アニメーション・東映ビデオ
販売元:東映

おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集