menu
音楽
『OLDCODEX Tour “GROWTH TO BE ONE”』ファイナル公演をレポート

まったり正月モードにサヨウナラ!テンションがぶち上がった『OLDCODEX Tour “GROWTH TO BE ONE”』ファイナル公演をレポート!

Ta_2(Vo)とYORKE.(Painter)からなる「OLDCODEX」。“アートロック”という唯一無二のパフォーマンスで熱いステージを作っている彼らのツアー『OLDCODEX Tour “GROWTH TO BE ONE”』が2019年1月5日、東京・豊洲PITでファイナルを迎えた。

これまでも伝説的なライブの数々を見せつけてくれたOLDCODEXは、年始早々脳天が着火してしまうのではと思わせる熱いライブを披露。

本稿では、ツアーファイナルの模様をレポートでお届けしたい。

アニメイトタイムズからのおすすめ

開演直後からフルスロットル!

18時ピッタリ、観客の大きな手拍子と共にメンバーがステージに登場し、「another point」でライブがスタート。ステージに置かれた2枚の大きなキャンバスにYORKE.が刷毛を使って色を重ね始める。

Ta_2の「騒げ! 遊べ! 行くぞ!」の掛け声で、「fool K」へ。とにかく会場の熱狂ぶりに圧倒された。Ta_2が「ジャンプ!」と声をかければ会場が揺れるほど観客も暴れまわる。この一体感がたまらない。

「さあ、東京帰ってきたぞ! 正月一発目、一発目なのにファイナルだぞ!」、「お前らの腹ん中に溜まったもの、全部俺たちに見せてくれよ!」とTa_2が熱い言葉をステージから投げかけると、呼応するように会場のボルテージもさらにぶち上がる。こうなると、もう止まらない。

「One Side」では優しさと激しさが入り混じったTa_2の歌声が響き、YORKE.は刷毛を持ってキャンバスに絵を描きながら、時折ステージドリンクに持ち替え、客席に水を撒いたりと観客を煽る。観客もそれに応えるかのようにヘドバンで陶酔。

下腹に響く重いサウンドも相まって、“これぞOLDCODEXのライブ”という空気が広がっていく。

続いて、「騒いでくれ!」「ジャンプ!飛べ!」の言葉で「Eyes in chase」「Ignite」「painter」が。

次々とTa_2のシャウトも響き渡り、YORKE.も踊りながらアートを生み出し続けていく。

OLDCODEXのステージは、とにかく見どころがたくさんある。それゆえファンが何度も足を運びたくなる気持ちもとても理解できる。ふと観客に目を向けると、手を上げていない人は1人もいないほどの盛り上がりだ。

「俺らが楽しみ方、教えてやるよ」

MCでは、相変わらずの熱いトークが。

「OCDのライブ初めて見に来たよって人もいて、分かんねぇ曲もあるかもしんねぇけど、でもそんなの関係ねぇよ。俺たちが、どんな風にノッたら楽しいかって、どんな風に声出したら、手挙げたら、ジャンプしたら楽しいかって、全部教えてやるから!」

「心の底から死ぬほど楽しい時間を、今日一日みなさんと一緒に作っていきたいなと思ってるんで。準備はよろしいですか?」

とTa_2。

割れんばかりの歓声が上がり、スタートしたのは「Bang」。「みんなで飛ぶぞ!」とシャウトしたり、サビでは手を左右に振ったり、MC通りに観客をOLDCODEXの世界へいざなう。

Ta_2もYORKE.もその様子を微笑みながら見つめ、笑顔で答える。比較的POP色が強い「Tag On The Strain」でも、とにかくパフォーマンスが力強い! 曲を知らなくても引き込まれてしまうことだろう。

そして曲中に出来上がったアートは、東京タワー。少しでも気を抜くと、一瞬にしてステージが変わっていくのだから、本当に目が離せない。

Ta_2の「次はお前ら歌ってくれるかな?」の掛け声では、「Night flight」へ。もちろん観客も一緒に歌詞を紡いでいき、より一体感が高まっていった。

これぞ、“OLDCODEXワールド”! ロックとアートの融合空間

そして、彼らが披露する「アートロック」についても言及されていく。「アートってのをみんなにもガッツリ感じてほしいし、じっくり見ないと分からないこともあると思う。だから、ここから先は懐かしい楽曲と共に、アートロックのアートの部分を見せてやるよ」と、Ta_2。

始まったのは、「sad day in the sunlight」。ステージの中央には真っ白なキャンバスが登場し、YORKE.がそのキャンバスに太陽と七色の虹を描いていく。

そして照明が七色に変わると、「rainbow」へ。続く「hidemind」では、YORKE.がキャンバスを破き、ビルのような影を表現。真ん中には歌詞の<世界は見つめていた>を表すかのような、大きな目が作り出された。

「美しい背骨」でYORKE.が大胆にキャンバスを破くと、垂れ下がったキャンバス地が椎骨に早変わり。背骨のアートが現れた。

その背骨アートに見惚れていると、「Clean out」で背骨の上に色を重ねていく。そして出来上がったのは、大きな翼だ。

曲の終わりには翼の前にYORKE.が立ち、天使のような姿を披露。アートロックの世界を存分に表現してくれた。

観客も一緒に作る、OLDCODEXのライブ

ここで、SCHON(Gt)、中村泰造(Ba)、Ryo Yamagata(Dr)とバンドメンバーの紹介、YORKE.、Ta_2の紹介をはさみ、ライブは後半戦へ。

「Shelter」から始まり、ノンストップで「Backed out」へ。Ta_2は「頭振ろうぜ、東京!」と盛り上げ、会場が一体となり激しくヘドバン。

さらにクラップでボルテージが高まったところで「Dried up Youthful Fame」。コール・アンド・レスポンスも決まり、より一層会場はヒートアップしていく。

曲は続き、ライブではおなじみの曲「kick out」へ。この日も観客9人をステージに引き上げ、盛り上がりは最高潮。歌う人、踊る人、それぞれが思い思いのパフォーマンスをし、メンバーと一緒にステージを作り上げ、ファンとOLDCODEXの絆を見せつけた。

一体感が高まったところで、Ta_2が「俺めっちゃこのタイトルを気に入ってんだ」と、日本語で “その先へ”という意味のタイトルを持つ、TVアニメ『Free!-Dive to the Future-』オープニングテーマ「Heading to Over」について語った。

「ここに来てくれてる奴ら、俺達のことを知ってくれてる奴ら、誰一人置いてくつもりねぇし、誰一人取り残すようなことはしない。みんなでさ、見たことない景色見ようぜ」と話し、スピード感あふれるロックチューンが会場のボルテージを押し上げ続けた。

さらに勢いを緩めることなく、続いて「The Experience」。メンバー、観客関係なく、会場が揺れるほど飛び跳ねている風景は圧巻であった。

そしてラスト「Growth Arrow」で会場全体が完全に燃え尽きる程の最高潮まで達した。「ありがとう、東京!」とTa_2が言い残し、ステージを後にした。

男気あふれるアンコールで大盛り上がり!

しかし、ツアーファイナル。まだまだライブは終わらない。アンコールを受けてメンバーが姿を現すと、「アンコールって、みなさんからもらえるご褒美だと思ってるんで、何やるか全く決めてない。何やろうか?」とTa_2。この男気がたまらない。

バンドメンバーへ無茶振りしつつも、歌詞を思い出しながら披露したのは「スクリプト」、「Rage on」、「smiling」。これまではここで終わるところだが、ツアーファイナルということで、さらに「WALK」も披露された。とにかく盛り上がりが凄まじく、「まだ終わってほしくない」という観客の気持ちがひしひし伝わってくるほどだ。

ステージからの去り際、「お互い全部出しきったね」と言わんばかりの表情で、Ta_2もYORKE.も観客に向けて拍手をしていたのが印象的だった。

OLDCODEXのライブはファンにとっては、音楽を楽しむだけではなく、日常で溜め込んだ感情を開放する「場」として存在しているのかもしれない。

[取材・文/高橋梓]

セットリスト

1.another point
2.fool K
3.One Side
4.Eyes in chase
5.Ignite
6.painter
7.Bang
8.Tag On The Strain
9.Night flight
10.sad day in the sunlight
11.rainbow
12.hidemind
13.美しい背骨
14.Clean out
15.Shelter
16.Backed out
17.Dried up Youthful Fame
18.kick out
19.Heading to Over
20.The Experience
21.Growth Arrow

EN1.スクリプト
EN2.Rage on
EN3.smiling
EN4.WALK

OLDCODEXリリース情報

 
OLDCODEX公式サイト
OLDCODEX公式Twitter

おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|女性声優
アニメイトオンラインショップ|男性声優
アニメイトオンラインショップ|アイドル作品
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年秋アニメ一覧 10月放送開始
2019年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019春アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
2019夏アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優アワード