映画
映画『コードギアス 復活のルルーシュ』8つの見どころポイント

映画『コードギアス 復活のルルーシュ』声優・キャラ・名言など注目してほしい8つの見どころポイント

本日、2月9日(土)より、ついに劇場公開となった完全新作映画『コードギアス 復活のルルーシュ』。

ファンにとっては待ちに待った劇場総集編3部作の続編が公開されたということで、SNSを中心に、すでに大盛り上がりを見せています。

そこで、本稿では公開されたばかりの『コードギアス 復活のルルーシュ』で注目してほしい8つの見どころポイントを、TVシリーズからの大ファンである筆者がご紹介します。

まだご覧になっていない方はもちろん、すでに劇場で楽しんだ方も、もう1度改めてチェックしてほしい見どころが盛りだくさんです!

※ネタバレが含んでいますのでご注意ください。
 

★あわせて読みたい!関連記事
映画『コードギアス 復活のルルーシュ』谷口悟朗監督インタビュー前編
 

その1:C.Cの目的とは!? 本作のキーワードとなる“ギアス”の力

映画の舞台は、新しく登場する国「ジルクスタン王国」。ナナリーとゼロが、ジルクスタン王国の国境が絡む難民キャンプで行方不明になってしまうところから物語が始まります。

偶然にも、ある目的でジルクスタン王国を訪れていたC.C.。今までその目的を果たすために各国を巡ってきたようですが、果たしてC.C.の“目的”とは何なのか、「Cの世界」や“ギアス”の力につながっているようで……。

“ギアス”の力は、シリーズを通して新作映画でも大きなキーワードとなっている部分ですので、C.C.の行動やセリフにも注目してご覧ください。

また、コロコロと表情が変わったり、感情を表に出したり、今までのC.C.では考えられなかった表情にもぜひ注目していただきたいポイントです! 最後のシーンではある人物に見せるC.C.の顔アップが映ります。このシーンは絶対見逃さないように……!

その2:“ゼロ・レクイエム”後を描いたストーリーとキャラクターたち

劇場総集編第3作目「皇道」の続編が描かれる『コードギアス 復活のルルーシュ』。おそらく、多くのファンが“ゼロ・レクイエム”後の様子が見られる!と期待しているはずです。

新作映画は序盤から、『コードギアス』シリーズおなじみのキャラクターたちが映ります。誰がどこで何をしているのか、“ゼロ・レクイエム”後の様子が垣間見れるのは、ファンにとってはたまりません。


▲黒の騎士団の元エースパイロット・カレン
 
また、劇場版の続編、TVシリーズとは別物という形なので、“シャーリー”が存在しているのもポイントの1つ。(シャーリーは結構重要な立ち位置に……!)

そして、序盤から「あっ!」と言ってしまいそうなシーンが盛りだくさんなので、気合いを入れてからご覧になることをおすすめします。油断は禁物です!!

囚われたナナリーとゼロを、かつては敵対し恨み合っていた者同士が協力して助け合うシーンなど、“ゼロ・レクイエム”後だからこそのストーリー、そしてキャラクターたちの成長した姿は、本作の見どころの1つです。


▲ランスロットの設計者であり、皇帝ルルーシュの協力者だったロイド

その3:ジルクスタン王国とは? 新キャラにも注目

今回の新作映画で登場するジルクスタン王国は、最大の軍事力を持つ戦士の国。そんな国で生きる新キャラクターたちにも、本作の注目ポイントとなっています。

ジルクスタン王国の聖神官であるシャムナ(CV:戸田恵子)。「予言の力」と呼ばれるものを持っており、ナナリーを利用して長年の計画を実行しようとします。

そして、シャムナの弟でジルクスタン王国の国王であるシャリオ(CV:村瀬歩)。大好きな姉さんと国を守るための“強さ”に異常なこだわりを見せます。

ほかにも、ギアスユーザーのクジャパット(CV:津田健次郎)、大監獄にいるビトゥル(CV:高木渉)、ジルクスタン王国のフォーグナー(CV:大塚明夫)、フォーグナーの息子でシャムナの親衛隊隊長であるジェスタール(CV:島﨑信長)が登場。

勢揃いした豪華キャストはもちろん、新しく登場するキャラクターたちがどのように絡んでいくのか注目してご覧ください。

その4:それぞれの正義が絡み合う人間ドラマ

誰が正しく間違っているという概念は『コードギアス』の中にはない。

そう思わせられるような、それぞれの正義が絡み合う人間ドラマに惹き込まれるのも新作映画の見どころの1つです。

新しく登場するジルクスタン王国のキャラクターたちも自分の正義を持って行動し、それぞれが生きてきた環境・国の中で役割を全うしようとします。

“正義”という自分の「芯」を持ちながらも、さまざまな人間の想いが重なり合う緻密なストーリーに、どんどん引き込まれていくでしょう。

その5:これまでの戦いを思い起こす頭脳戦・心理戦バトル

ナリタ攻防戦やブラックリベリオンなど、『コードギアス』そのものを思い起すような頭脳戦・心理戦バトルも注目してほしいポイントの1つ!

うまくいっていたかと思えばどんでん返しが起きるなど、ジェットコースターに乗っているかのようなドキドキ感が楽しめます。

一体どんな結末が待っているのか、誰にも予想できない展開にハラハラすることも。ピンチな状態だからこそ、新しい発想で立ち向かっていく、そんな『コードギアス』ならではのシーンが盛りだくさんです。

大きなものに対し、小さな集団や個人が立ち向かおうと奮闘する。現代社会とつながるシーンもあり、心を大きく揺さぶられます。

また、スザクが乗るランスロットsiNとカレンの紅蓮特式との共闘や、新しく登場するシャリオの搭乗機“ナギト・シュ・メイン”など、ナイトメアフレーム同士の戦いも迫力満点でとにかくカッコイイシーンです!


▲ランスロットsiN

 


▲紅蓮特式

 

▲ナギト・シュ・メイン

その6:映画をさらに盛り上げる“音楽”

主題歌、劇中歌、劇伴と、『コードギアス 復活のルルーシュ』をさらに盛り上げる“音楽”にも注目です!

序盤で流れるオープニング主題歌・家入レオさんの「この世界で」は、C.C.の映像と合わせて家入さんの力強い歌声が響き渡り、鳥肌が立つこと間違いなし。歌詞とC.C.の想いがリンクしているかのように感じられるはずです。

 
そして、映画が終わり余韻に浸っているときに流れるのが、UNIONEの「リバイブ」。リバイブ(revive)には、生き返る・蘇る・希望という意味が込められています。

 
ぜひ、鑑賞後に主題歌をもう1度ゆっくり聞いて、歌詞にも注目してください。そこには、キャラクターたちの“想い”、そして『コードギアス』へ対する愛情がたっぷりと詰まっています。

また、挿入歌を担当する、コードギアスファンおなじみのALI PROJECT「美しき獣たちの為の」や、劇中の効果音・劇伴にもぜひ耳を済ませて鑑賞すると、さらに楽しめます♩


▲ALI PROJECT

 

その7:新たな名言が生まれる! キャラクターが放つ“セリフ”

見どころポイントは本当にたくさんありますが、特に、個人的に注目してほしいのはキャラクターたちが発する“セリフ”です。

「撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ」(ルルーシュ)
「間違ってるとか正しいとか、誰が決められるっていうのよ」(カレン)
「本当に失いたくないものは、遠ざけておくものだ」(C.C.)

など、『コードギアス』の名言をあげるとキリがありません。公開中の新作映画にも、ついメモしたくなるようなたくさんの名言が出てきます。

映像だけでなく、キャラクターたちが発する1つ1つのセリフにも耳をそばだててください。

その8:ルルーシュがどのような形で登場するのか!?

本作の1番の見どころといえるのが、ルルーシュの登場です! すでに公式サイトにて「ルルーシュが出る」と発表されていましたが、どのように登場するのかは映画でしか分かりません。

回想として登場するのか、それとも実際に“復活”するのか……。ならば、どのようにルルーシュが復活するのか、気になることだらけです。

タイトルの『復活のルルーシュ』に込められた真実は、ぜひ劇場に足を運んでお確かめください!

ぜひ何度も見てほしい『コードギアス 復活のルルーシュ』

8つの見どころポイントをご紹介しましたが、いかがでしたか? 今回ご紹介しきれなかった見どころも、まだまだたくさんあります。

初見では、次々とさまざまな感情が湧き出てくるので、気持ちが追いつかなくなってしまうでしょう。だからこそ、ぜひ2回目、3回目と何度も見ていただきたい……!

回数を重ねるたびに、キャラクターのセリフや表情から想いを感じることができます。何度見ても新しい発見や気づきが出てくる『コードギアス 復活のルルーシュ』の“深み”をぜひご堪能ください。

『コードギアス 復活のルルーシュ』作品情報

2019年2月9日(土)公開(全国約120館予定)

あらすじ

光和2年。世界は再編成された超合集国を中心にまとまり、平和な日々を謳歌していた。

しかし、平和は突如として終わりを告げる。仮面の男・ゼロとして、ナナリーの難民キャンプ慰問に同行したスザクが謎のナイトメアフレームに敗れ、2人は連れ去られてしまった。

シュナイゼルの密命を受け、戦士の国・ジルクスタン王国に潜入したカレン、ロイド、咲世子はそこで、謎のギアスユーザーに襲われる。そして、その場には襲撃者に“元嚮主様”と呼ばれる、C.C.が居た。

かつて神聖ブリタニア帝国の大軍すらも打ち破った無敵の王国を舞台に、人々が描く願いは、希望か絶望か。

果たして、ギアスのことを知るジルクスタン王宮の面々と、C.C.の思惑とは——。

スタッフ

監督:谷口悟朗
脚本:大河内一楼
キャラクターデザイン原案:CLAMP
キャラクターデザイン:木村貴宏
ナイトメアフレームデザイン原案:安田朗
ナイトメアフレームデザイン:中田栄治
メカニカルデザイン・コンセプトデザイン:寺岡賢司
メインアニメーター:木村貴宏、千羽由利子、中田栄治、中谷誠一
美術監督:菱沼由典
色彩設計:柴田亜紀子
撮影監督:千葉洋之
編集:森田清次
音響監督:井澤基、浦上靖之
音楽:中川幸太郎
配給:ショウゲート
製作:サンライズ、コードギアス製作委員会

キャスト

C.C:ゆかな
スザク:櫻井孝宏
ナナリー:名塚佳織
カレン:小清水亜美
ロイド:白鳥 哲
咲世子:新井里美
シャムナ:戸田恵子
シャリオ:村瀬 歩
フォーグナー:大塚明夫
シェスタール:島﨑信長
ビトゥル:高木 渉
クジャパット:津田健次郎

公式サイト
公式Twitter

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集