音楽
i☆Ris 17thシングル『Endless Notes』インタビュー

i☆Ris:17thシングル『Endless Notes』は私たちにとってチャンスの1曲/リリース記念インタビュー

2019年2月13日(水)に声優とアイドルのハイブリッドユニット『i☆Ris』が17thシングル『Endless Notes』をリリースする。

同曲は、メンバーの久保田未夢さんがシェイン役で出演しているTVアニメ『グリムノーツ The Animation』(2019年1月より放送中)のEDテーマとして起用されており、16thシングルの『Changing point』から連続の深夜アニメのタイアップの楽曲となっている。

いわゆる元気でポップなイメージの『i☆Ris』とは異なるストリングスの響きが印象的なミディアムバラード。1月10日にMVが先行公開されると、 “大人”な雰囲気に注目が集まった。

デビューから7年目を迎える彼女たちの新しい魅力が詰まった『Endless Notes』について聞いた。


 

新体制が生む新しい『i☆Ris』の魅力

――『Endless Notes』は『i☆Ris』がこれまでシングルとしてリリースしてきた曲とは一風変わった大人な雰囲気に仕上がっていました。はじめて楽曲を聴いた時の感想をお聞かせ下さい。

山北早紀さん(以下、山北):『i☆Ris』と言えば元気でポップだったり、カッコいいロックみたいな楽曲が多かったですよね。なので、初めて聴いた時は素直に「新しいな」って思いました。これまでもアルバムの中には色々なバラード曲もありましたけど、表題曲になるのはかなり珍しいのでビックリでしました。

アルバムやライブを知らない方にとっては私たちの新たな一面を知ってもらう楽曲になるので、『Endless Notes』を通じて、興味を持ってくださると嬉しいです。

まさに、2019年これから新しいスタートを切る私たちにピッタリな楽曲になったと思いました。

若井友希さん(以下、若井):今回のシングルから『i☆Ris』を担当する音楽チームの体制が変わったんですよ。新体制での一曲目だったので、どんな曲が来るのかすごく楽しみにしていたんです。

実際に聴いてみると、『Endless Notes』はいい意味で今までとは変わった新鮮味がありました。『i☆Ris』も変化の時期を迎えていて、ここからまた違ったイメージを持って成長していけるかなって期待が持てる一曲だなと思いました。

澁谷梓希さん(以下、澁谷):正直、私は苦手意識のあるような楽曲ではありました。あんまりゆったりとした曲は得意じゃないというか。繊細な歌い方をしないといけないな、と少し緊張しました(笑)。

ただ、気付けば私も25歳になっていて、年齢と共に自然とそれが表現できるようなっていたことをレコーディングの時に知ることができました。

私、一番は全てハモリのみでソロパートがないんですけど、『i☆Ris』として活動してきたことで、メンバーに寄り添うハモりの表現ができていると実感しています。2番のソロパートもハモリも大人の自分を出せたかなと思いますね。

茜屋日海夏さん(以下、茜屋):私はバラードが得意なので、実は元気で明るい曲に少し苦手意識があったんです。

でも、素敵な楽曲をたくさん歌わせていただく中で、自分が気持ちよく歌えるところを徐々に見つけていくことができて、自分の表現力を積み重ねてきた今、『Endless Notes』で、いよいよ自分の得意な雰囲気の曲が来たな!と思いました。

これまでの活動を通じた経験がなくこの曲を歌っていたら、また違ったアプローチになっていたと思うんですけど、今のタイミングで、得意なジャンルを歌うからこそ表現できることがあると思っていて。色々な経験を積んできた今の私たちの歌を、これまでのファンの方や新しくファンになっていただく方に届けられるのは嬉しいですね。

芹澤 優さん(以下、芹澤):『i☆Ris』は『プリパラ』シリーズのタイアップを担当させて頂いている期間も長かったですし、深夜アニメのタイアップも去年がはじめてだったので、今回は新たな『i☆Ris』を知ってもらうチャンスだなって思いました。

『i☆Ris』に対しての印象って、「明るくて元気な声優アイドル」というイメージが強いのかなって思っていて、まだまだそんなもんじゃないよ!っていうのを、『Endless Notes』を通じて、知ってもらえたらと思っています。

『Endless Notes』って、今まで私たちが出してきた雰囲気とは全然違う楽曲に仕上がってますよね?7年目をむかえる『i☆Ris』の年齢相応な雰囲気やメロディ。これまで『i☆Ris』に苦手意識があった方でもこの曲をキッカケに「こんな魅力もあるなら応援してみようかな?」って思ってくださったら嬉しいです。

新しい『i☆Ris』を魅せて、それを好きになってもらうチャンスの1曲になっていると実感しています!

久保田未夢さん(以下、久保田):私は原作である『グリムノーツ』のゲームに当初から出演させていただいていて、TVアニメ化が決まって『i☆Ris』がEDテーマを担当すると知った時に「どんな楽曲が来るんだろう?」ってワクワクしました。

これまでの私たちがシングルで発表していた曲って、可愛かったり、カッコいい!ものが中心でしたが、今回のような、ゆったりなテンポの曲がシングルの表題曲になることってほとんどなかったので、ビックリしました。

でも、すごく作品に寄り添っている雰囲気の楽曲に仕上がったので、元々ゲームの『グリムノーツ』をプレイしていた方にも納得していただける楽曲になったと思っています。

私自身としてはこういったゆっくりなテンポの楽曲は苦手なので(笑)。自分が歌うとなると「大丈夫かしら?」という不安は少しありました。でも、作品ファンという目線で見ると「あぁ素敵だなぁ」って思います!


 

新しい表情の声

――ありがとうございます。では、『Endless Notes』のレコーディングでこだわった点、苦労した点などをお聞かせ下さい。

山北:苦労したという意味だと、これまでの楽曲の方が大変でしたね。『i☆Ris』は「可愛い」、「カッコいい」などパワーを使う曲が多いので。

私、お家に一人でいると割とシーンと静かにしているタイプなので、いつも自分を奮い立たせてレコーディングに臨んでいたというか。

でも、今回の『Endless Notes』は変に気負わずに、等身大の私のままで歌えたなって。凄く今の私たちにマッチした雰囲気になっていると思うんです。

レコーディングだけじゃなくて、MV撮影の話なのですが、落ちサビの「たとえどんなに険しくても」というフレーズで私の顔が歌詞の通りの表情になっているので、注目してもらいたいです(笑)。

ただ、YouTubeで公開されているショートバージョンでは見ることができないので、CDが発売になった時にぜひDVD付きをゲットして欲しいな!

若井:同じく、『Endless Notes』はありのままの私たちで歌える曲だなって思いました。これまではアイドルっぽく歌っていたんですけど、この曲なら「ザ・若井友希」が出せるかなと。

ひとつひとつのフレーズでどうやったら個性を出せるかな?と考えながらレコーディングしました。

澁谷:私は、他のメンバーがこういう風に歌うだろうな、ということが自分の中にインプットされてたので、ハモリパートの収録はスムーズでしたね。

ただ、今回はみんないつもと表情の違う歌い方をしていたので、自分ももっと声に表情を付けなくちゃいけないなと思って、いつもより濃い目に変化を入れています。ソロパートに関しては“繊細”に頑張りました(笑)。

茜屋:『Endless Notes』は歌声のバックで流れている楽器の音が落ち着いていて静かな雰囲気ですよね。とても私たち歌声が目立つので、曲に寄り添いつつもちょうどいいボリューム感で自分の声の質を出すために色々と工夫してみました。

芹澤:『i☆Ris』の楽曲制作チームが変わったというお話がありましたけど、変化してから1曲目が『Endless Notes』だったんですよね。なので、新しいスタッフの方にレコーディングを通じて「芹澤さん歌えるね!」って思ってもらいたかったんですよ。謎アピールなんですけど(笑)。

「ここはどうやって歌おうかな?」って色々考えた上で収録に臨んだんですけど、最終的に選ばれたのは、一番力を抜いて歌ったテイクだったんですよね。やっぱり自然が一番ですね。

久保田:『Endless Notes』はユニゾンで歌うパートがほぼなくて、それぞれのソロがメインなので、少し不安がありましたね。

ただ、今回、一番最後を私一人で歌わせていただいているんですが、これまでなかなか最後のサビを歌う機会がなかったので「終わりよければ全てよし」の逆にならないようにしなきゃなって、緊張しました(笑)。

このインタビューを受けている時点では、まだライブで披露したことはないんですけど、失敗しないように頑張りたいです!

 

6姉妹の雰囲気とバックハグ

――2019年1月10日にYouTubeでMVが公開されました。『Endless Notes』の世界観に引き込まれるような雰囲気に仕上がっている印象を受けたのですが、MV収録の裏話についてもお聞かせ下さい。

若井:ソロカットは時間もバラバラで撮影したので、皆がどんな感じだったのかを完成してから知ったんですよ。

そしたら、私だけなんかバルーン持ってて(笑)。みんな大人っぽい雰囲気なのに、ちょっと私だけ違うな〜って。

芹澤:いやいや!とてもしっくり来てましたよ?

若井:風船がしっくり来る(笑)。

芹澤:こういう大人っぽい表情の私たちって『i☆Ris』をそんなに知らない方からしたら初めて見ると思うんですよ。

でも、ライブではバラードもたくさん歌ってきたので、意外とメンバーから出ている表情には熟練されたものがあると思います!

――芹澤さんから見て、特に誰の表情がよかったですか?

芹澤:そうだなぁ。誰がよかっただろう…??

――一応、芹澤さん以外でお願いします(笑)。

芹澤:私以外ですね(笑)。分かりました...!うーん、やっぱりやまさんかな!

山北:今、無理して絞り出した(ニッコリ)??

芹澤:いやいやいや(汗)。さっき言ってた「険しくても」のところ私も好きだよ。フルバージョンじゃないと見れないところですけど、絶対見てほしいです!

――ありがとうございます。茜屋さんはいかがですか?

茜屋:ライブで大人っぽい曲も増えてきたので、完成したMVを見てもみんなの大人っぽい表情に驚くことはなかったですね。それぞれが出せるいい表情が出てると思います。

――山北さんの「険しくて」も見どころの一つだと思いますが、特にここを注目して欲しいというカットをお聞かせ下さい。

茜屋:ダンスがいいんだよねぇ。

若井:いいよね。2番でそれぞれがバックハグをするカットがあるんだけど、あそこは見て欲しいかなぁ。

久保田:「刻まれた傷跡強く抱きしめて」のところね。ここでペアになってハグをしてて。

山北:ここのゆうきちゃんに注目して欲しいよね。

若井:私がギュってするのがずっちゃんなんだよね。一番小さい子が一番大きい子をギュッとしてる身長差が魅力です。

澁谷:他のみんなは身長のバランスいい感じなんだけどね。ゆうきちゃんは「子どもか!」みたいになってる(笑)。でも、表情は大人なんだよね。このギャップがすごく可愛い。

芹澤:あとは、2番がはじまった時に皆がベッドの上で本を読みながらカメラを見て歌っているシーンがあるんですよ。ここは6姉妹感が出ていて好きですね。

澁谷:6姉妹!

芹澤:雰囲気出てるよね!

澁谷:うん。あの並びちょっと年功序列な感じあったけどね(笑)。

 

6人が描く明るい未来

――今回、CDのジャケット写真が発表になった際に、CDデビュー7年目を迎えた『i☆Ris』のメンバー6人の成長と絆の強さと、「これから先も明るい未来をファンと一緒に綴っていこう」という意志の強さを感じさせる仕上がりと記載があったんです。これからメンバー6人が目指す明るい未来についてお聞かせ下さい。

山北:『i☆Ris』としては売れる!ですね(笑)。もっとたくさんの人に知ってもらって、紅白歌合戦に出てアリーナやドームクラスでライブができるくらいになりたいです! 個人としてはアイドルという仕事が本当に天職だと思っているので、ずっと続けていきたいです♪

若井:『i☆Ris』は自由なグループなので、みんなが色々やりたいことを頑張っているんですよ。そういったそれぞれの夢が叶っているのが明るい未来だなって思います。

そうした個人の夢が叶って、『i☆Ris』というユニットに統一感が生まれていたら理想的
で、今よりもっと大きい『i☆Ris』を目指したいです。

澁谷:『i☆Ris』はメンバーが誰一人変わることなく、6人で7年目を迎えることができました。

これからも、6人が変わらずに一緒の目標に向かって走り続けることが一番大切なのかなって。大きい目標とかではなく、この6人で活動していける事自体に意味があると思っているので、この場所を大事にしていきたいです。

私、個人としては海外でDJをやってみたり、『i☆Ris』の音楽を世界中に届けて、海外でもファンを増やしていきたいですね。

茜屋:大きな会場でライブができるようになるのが夢ですね!

個人としては、自分が得意で好きなものがお芝居なんです。将来的に、お芝居ができる役者になっていきたいので、色々な場所でお仕事ができるように頑張っていきたいです。

芹澤:『i☆Ris』としては「一緒にお仕事したい」と思っていただけるようなユニットでありたいです。デビューから7年が経ちましたけど、まだまだ長く活動を続けていきたいと思っているので「流行り廃りじゃなくて『i☆Ris』と一緒に仕事がしたい」と思ってもらえるような『i☆Ris』になっていきたいですね。

個人としては、ソロデビューもしているので声優としての芹澤 優も声優アイドルとしての芹澤 優も成長して、「Animelo Summer Live」や「ANIMAX MUSIX」に出演したいです!

――2019年4月には2nd写真集も発売になります。

芹澤:写真集売りたい!!(笑) 4月26日発売なので平成最後の写真集なんですよ。これが近い目標です!

――バッチリと書いておきますね。では、久保田さんお願いします。

久保田:『i☆Ris』が誰かの目標になれるユニットになれたらカッコいいなって思います。長く活動をやっているだけでは、誰かの目標になれるわけじゃないですよね。キラキラしたものだったり、カッコよさだったり尊敬できるところがあるから、誰かの目標になれる。

そういった存在になれれば、メンバーが言っている大きな会場でもライブができるようになれるんじゃないかなって。まずは、ひたすら走り続けていきたいです。

私個人としては、ずっとファンと楽しいことができていれば大丈夫です(笑)。アイドルってお仕事も楽しいですし、お芝居をするのも楽しいんですけど最終的に見てくれる人がいないと続けていけないなって思うので。。

私を応援してくださる方たちが「よかったよ!」って言ってくれていることが自分の中で喜びだったり楽しさ、嬉しさにつながっているので、ファンの方々とのいい関係をずっと続けていきたいです。

――ありがとうございます。では、カップリング曲の『イノセントイノベーション』についてもお聞かせ下さい。

山北:私はデモを聴いた時にすごく胸がときめく曲だなって思いました。今までのカップリング曲でも男性がキュンキュンする曲はあったんですよ。例えば、『Secret Pure Love』とか『Special Kiss』とか。

でも、『イノセントイノベーション』はもっともっとリアルな恋をしている女の子の心情を歌っている曲だなって。「あーでもない、こーでもない」って一つのことについてずっと考えている感じが「可愛い!」って思いましたね。

若井:『i☆Ris』って幅広いなって思うんですよ。『Endless Notes』で浸ってたら、いきなりポップなイントロが響くからギャップがあるなぁって(笑)。

澁谷:今までの『i☆Ris』が好き!っていう皆さんに満足していただける曲かなと思います(笑)。リード曲が大人っぽいから路線変わったのかな?と思われちゃうかもしれないけど、しっかりと『i☆Ris』っぽい『イノセントイノベーション』があるから「うん、うん、これこれ!」って思ってもらえるんじゃないかな。

 

これまで以上に楽しいツアーになる

――『i☆Ris 5th Live Tour 2019 ~FEVER~』が2019年4月からスタートします。意気込みをお聞かせ下さい。

若井:すごく楽しみです!今回は、ゼロの状態から打ち合わせに関わっていて、私たちのやりたいことが実現できるライブになる気がしています。

私たちがやりたいことはファンのみんなも好きなことだと思っているので(笑)。みんなも楽しいライブになると思います!

山北:ゆうきちゃんが言ってくれた通りなんですけど、私として不安なのは体力ですね。ツアーは1日2公演あるので、身体を鍛える時期が来たなと。そういったプレッシャーもありますが、打ち勝ちます!

――これまで以上に『i☆Ris』のメンバーのカラーが出たライブになりそうですね。

芹澤:これまでも、ずっちゃんが衣装に携わったり、ゆうきちゃんが作った曲を歌ったり、わたしたちのやりたいことをしてきたことはあるんです。けど今回は、初期の打ち合わせからメンバー全員が参加しているので、このライブを通じて何を魅せたいという共通認識がしっかりと持てるし、グッズもタイトルもライブの雰囲気も統一できるんじゃないかなって思ってるんです。

色んなイメージがあるのもいいんですけど、今回は一つの「これだぜ!」みたいな感じができそうで。

若井:一つの作品みたいな感じになりそうだよね。

芹澤:会場に来たファンの方には「おっ!?」って思ってもらいたいよね!

 

ライブの『i☆Ris』は最高に可愛い。無限大の魅力がある

――ありがとうございます。それでは最後に『Endless Notes』を楽しみにしているファンの方へメッセージをお願いします。

久保田:『魔法少女サイト』に続いて『グリムノーツ The Animation』の主題歌を担当することで、これまで『i☆Ris』のことを名前だけ知っていたけど、曲は聴いたことがなかったという方にとっていい出会いのキッカケになると思っています。

4月からはライブで全国に行く機会もありますので、ぜひ会いに、足を運んでいただければ嬉しいです。

芹澤:ぜひライブに来てほしいですね!私たちも自信がありますし、絶対他では見れないものをやっているので、ライブに足を運んでみて欲しいです。生の『i☆Ris』が一番可愛いですよ♪(笑)

茜屋: 今まで応援してくれた方もこれから知っていただく方にも、「Endless Notes」はきっと喜んでもらえる一曲になりました。ツアーでは全国の皆さんにも会いに行きますので、ぜひ会いに来てくださいね。これからもよろしくお願いします!

澁谷:『i☆Ris』は声優もアイドルも両方頑張ると言って6年間走ってきました。

7年目のレールを走ってきた今でも思うのは、やっぱりライブに来てはじめて分かる『i☆Ris』の魅力があるということですね。うん。やっぱり『i☆Ris』の魅力は無限大です。

普段はCDで圧縮された音を聴いていると思うんですけど、ライブだと一公演、一公演全然違う感情で歌っていますし、生の声が会場全体に響くので更に『i☆Ris』にハマってしまうんじゃないかな?

今年はツアータイトル通り、“i☆Ris FEVER”を巻き起こしますので、ライブ会場に来て私たちにお熱になって欲しいですね。

若井: 「7年継続しないとこのパフォーマンスはできない」って思っていただけるようなステージを魅せていきたいです。2019年はたくさんライブの機会があるので、遊びに来てくださいね。

山北:(若井さんを見て)素敵ですね。もう締まっちゃったんですけど...。私、2019年の目標が社交的になるなんですよ。

なので、普段はお家でYouTubeで公開している『i☆Ris』のMVを見たり、アニメで少しだけ曲を聴いたことがある人、チョットだけ『i☆Ris』に興味がある人も今回のツアーに足を運んでいただいて、「外に出るのがいいな、『i☆Ris』っていいな」と思っていただけると嬉しいです。

――ありがとうございました!

[取材・文/川野優希]
 

リリース情報

i☆Ris17thシングル「Endless Notes」 

発売日:2019年2月13日(水)

【初回生産限定:グリムノーツ The Animation盤】 CD 1,300円+税


アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
[CD]
M1. Endless Notes
M2. イノセントイノベーション
M3. Endless Notes -TV ver.-
M4. Endless Notes (Instrumental)
M5. イノセントイノベーション (Instrumental)
※「グリムノーツ The Animation」描き下ろしジャケット

【CD+DVD】1,800円+税


アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
[CD]
M1. Endless Notes
M2. イノセントイノベーション
M3. Endless Notes (Instrumental)
M4. イノセントイノベーション (Instrumental)
[DVD]
・Endless Notes -Music Video-
・Endless Notes -Off Shot Movie-

【CD】1,200円+税


アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
[CD]
M1. Endless Notes
M2. イノセントイノベーション
M3. Endless Notes (Instrumental)
M4. イノセントイノベーション (Instrumental)

 

「i☆Ris 6th Anniversary Live ~Lock on♡ 無理なんて言わせないっ!~」DVD・Blu-ray

■初回生産限定盤 DVD2枚組+LIVE CD 8,500円+税

■通常盤 DVD2枚組 6,50円+税

■初回生産限定盤 Blu-ray Disc+ LIVE CD 10,000円+税

■通常盤 Blu-ray Disc 8,000円+税

<DVD&Blu-ray収録内容>
01 Special Kiss
02 Ready Smile!!
03 i☆Doloid
04 ミラクル☆パラダイス
05 幻想曲WONDERLAND
06 Vampire Lady
07 Believe in (山北早紀, 澁谷梓希)
08 Love Magic (芹澤優, 久保田未夢)
09 流星 (茜屋日海夏, 若井友希)
10 鏡のLabyrinth
11 Raspberry night
12 Memorial
13 Color
14 §Rainbow
15 ドリームパレード
16 Happy New World☆
▼EN.
17 Make it!
18 アメコイ
19 Goin’on
・i☆Ris 6th Anniversary Live ~Lock on♡ 無理なんて言わせないっ!~ -Off Shot Movie-

<CD収録内容>
・「i☆Ris 6th Anniversary Live ~Lock on♡ 無理なんて言わせないっ!~」ライブ音源(当日のセットリストからセレクトされた楽曲が収録)

 

ライブ情報

■公演名
i☆Ris 5th Live Tour 2019 ~FEVER~

■日 程/会 場 (開場/開演)
・4月13日(土) 埼玉県 /三郷市文化会館
 14:00/ 14:30  18:00/ 18:30

・4月21日(日) 福岡県 / Zepp Fukuoka
 14:00 / 14:30  18:00 / 18:30

・5月4日(土) 宮城県 /日立システムズホール仙台 シアターホール
 14:30 / 15:00  18:30 / 19:00

・5月6日(月・祝) 大阪府 / Zepp Namba
 14:00 / 15:00  18:00 / 19:00

・5月11日(土) 愛知県 /日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
 14:15 / 15:00  18:15 / 19:00

・5月19日(日) 北海道 / Zepp Sapporo
 14:00 / 14:30  18:00 / 18:30

・5月25日(土) 神奈川県 /関内ホール 大ホール
 14:15 / 15:00  18:15 / 19:00

・6月1日(土) 東京都 /中野サンプラザ
 14:00 / 15:00  18:00 / 19:00

全8会場16公演 (全会場 昼/夜2回公演)

■チケット
〈全席指定〉6,800円(税込)
小学生以上有料。未就学児童は入場不可。
※Zepp公演: ドリンク代別途500円あり
※枚数制限:4枚

i☆Ris公式サイト
i☆Ris公式Twitter(@irisofficial

(C)SQUARE ENIX/グリムノーツ The Animation製作委員会・TBS
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集