menu
アニメ
「ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D.」をレポート!

ミルキィホームズラストランにメンバーの目にも涙……武道館が笑顔と感動に包まれた「ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D.」をレポート!

「ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D.」が2019年1月28日(月)に日本武道館で開催。このライブはその名の通り、ミルキィホームズとしての活動のファイナルステージ。

「ついにこの日が来てしまったか……」。ミルキアン(ミルキィホームズのファンの総称)の多くがそう思ったはずです。

しかし、久しぶりにミルキィホームズファミリーが大集結をするという知らせは、ファンにとっても嬉しい情報。彼女たちの最後の大舞台を見るために、多くのミルキアンが武道館に詰めかけました。

10年間というミルキィホームズの活動に終止符を打つという記念すべきイベントは、出演者にとっても、ミルキアンにとっても忘れられない、素晴らしいイベントとなりました!

そんな感動的なスペシャルライブの模様をお届けします。

●出演
<ミルキィホームズ>
三森すずこさん
徳井青空さん
佐々木未来さん
橘田いずみさん

<フェザーズ>
愛美さん
伊藤彩沙さん

森嶋秀太さん(小林オペラ役)
明坂聡美さん(アルセーヌ/アンリエット・ミステール役)
南條愛乃さん(明智小衣役)

アニメイトタイムズからのおすすめ

いよいよ始まったファイナルライブ!

まずはミルキィホームズの4人がモニターに映し出され、ファンの皆さんにメッセージを送ります。しかし、溢れる思いからもうすでに泣きそうな三森さん。そんな三森さんを温かく見守るミルキアンのみなさん。

最後を最高に楽しむため、気持ちを切り替え、ライブがスタートします。「正解はひとつ!じゃない!!」「ナゾ!ナゾ?Happiness!!」「びよんど THE ミルキィウェイ」と元気いっぱいの曲で会場に笑顔を届けていました。

この3曲はアニメの映像をバックに歌われ、懐かしさと同時に当時の思い出が蘇ります。また、「びよんど THE ミルキィウェイ」では「前向いて踏み出そう『それぞれの未来へ』」の歌詞が大きくモニターに映し出され、この日でユニット活動に終止符を打つ彼女たちそのものを表現する演出にファンから大きな歓声があがりました。

最後のステージを悲しむのではなく、それぞれの次のステージへの期待や応援に変えていく一体感。取材しているこちらの胸も思わず熱くさせるほどでした。

MCでは2012年5月20日に行われた『ミルキィホームズ ライブ in 武道館』以来の武道館ライブということもありお客さんと「お帰り!」「ただいま!」とまるで家族のような掛け合いを見せます。

いつもは舞台裏で「go,go!! ぱわふる」の掛け声とともに行う円陣を、今回が最後のライブということでこの場でやることに! 佐々木さんが「大きい声出します」と前振りをし「ファイナル行くぜー!」と力強い掛け声の後、会場全員で「go,go!! ぱわふる」を大きく叫びました。

その後は「ミルキィ A GO GO」「ミルキィ100ワールド」「恋の調査報告書」「総天然色フルパワー」を熱唱!

バックのモニターにはそれぞれの曲のPVも同時に映し出され、ハマり役すぎる家族、運動会での体操着姿、特撮なミルキィホームズなどの映像が懐かしさとともに感動を煽ります。

ソロに込められた想い「武道館ライブ楽しいね!」

ここからはソロ曲。徳井さんが「SU☆PA☆PA☆スター」を熱唱! これまで虹色に彩られていたサイリュームから一転、会場は一面黄色で彩られます。

曲の終盤で「武道館のみんなー! 僕にパワーを頂戴!」と叫び「すぐに飛んでいくよ」の歌詞とともに空を飛ぶ徳井さん! 会場からはどよめきが起こりました!

続いて佐々木さんが「ヒロイン探偵物語」、三森さんが「偉人先人 Oh, Hero!!」、橘田さんが「禁断サンクチュアリ」を絶唱! それぞれのソロ曲が歌い終わると再び4人で「ミルキィホームズがやって来る、イエィ!イエィ!イエィ!」「Reflection」「オーバードライブ!」「勝利ノキズナ」をメドレー形式で歌います。

ここでMC。ミルキィの4人が「武道館ライブ楽しいね!」とライブを振り返り、徳井さんが「みんなー! 武道館楽しんでいますかー! みんなのおかげで飛べました!」とソロ曲で飛翔したことの感想を述べました。

ミルキィホームズファミリーが大集合!

その後「ぐろーりーぐろーいん☆DAYS」を4人で歌い、お次の「ピンチにパンチ」ではフェザーズの愛美さん、伊藤さんの2人が加わり6人で熱唱! 続いてフェザーズの2人で「セイシュンビギナー!」を歌うと会場は紫と白のサイリュームで彩られます。

続いて小林オペラ役の森嶋さんが登場し「ANSWER」を、アルセーヌ/アンリエット・ミステール役の明坂さんが登場し「Brilliant Wish ~華麗なる欲望~」をそれぞれ歌いあげます。


明坂さんは上半身が黒、下半身が白のドレス姿で登場し、歌の途中で白のスカートを脱ぎ捨てて全身黒のドレス姿へと変貌!アンリエット生徒会長からアルセーヌへ瞬時に変わる演出に、思わず会場からも大歓声が!


「さあミルキィホームズ、私の輝きを超えられるかしら?」というアルセーヌの言葉を受けてミルキィの4人は移動式のお立ち台に乗ってアリーナ席に登場!

「こちらミルキィホームズ!」「みるみるUPっぷ↑↑」「カラフル with you」「いつだってサポーター!」をメドレー形式で歌い上げます。

そして最後のゲスト明智小衣役の南條さんが登場し「ココロノエデン」を熱唱! 会場はオレンジ色一色に彩られます!

ミルキィホームズファミリーが語る10年越しの本音

ここからはMCパート、ミルキィの4人だけでなくフェザーズの2人、森嶋さん、明坂さん、南條さんも揃っての登場! 登壇者のほとんどが「全員揃うなんて超久々じゃん!」と大興奮! ここからは記念すべき日に駆けつけてくれたゲスト達から感想が語られました。

●南條さん
「思い出といえば、まだアニメが始まる前のイベントで三森さんが「ココロちゃん! って言ってきて」私がキャラクターに合わせて「おい、やめろ!」って言い返したら(アニメでは三森さん演じるシャロに対して“ツン”の要素が強いため)不仲説を立てられて、それから10年近く経つわけで……(笑)。

この10年の間に本当にシャロと小衣ちゃんのようにつかず離れずというか、ずっと共演させてもらっているなという気がしています。現場で会うと本当に頼もしいなと思っています」

それを聞いた三森さんが南條さんに向かって手でハートマークを作ります! 2人のラブラブっぷりに会場も大興奮!

●南條さん
「他のメンバーも別の現場で会っても、ここで一緒に大きな馬鹿をやってきたから分かり合えたなという気がして、親しく感じています。これからもこの関係性が続いていくと思っていますので、皆さんも変わらず愛し続けてください。今日は本当にありがとうございました! 」

●明坂さん
「10年前に私もアルセーヌという役を演じることになったんですけど、まさか10年も続いてこんなに綺麗な景色を見ることができるなんて思っていませんでした。

アニメのOP前に「トイズ、それは~」みたいなナレーションが入って“奇跡のつぼみ”“清浄の花”なんていいますけど、ここにいる花たちが本当に美しくて、今日は一生の思い出です! ずっとその花を持ち続けてくれていれば、美しいものが大好きなアルセーヌ様が夜奪いに来るかもしれません! 本日はどうもありがとうございました!」

●森嶋さん
「ミルキィの皆さんとはデビュー当初から本当にずーっと一緒にやらせていただきました。なので、すごく家族のような心境で今日のファイナルまで見守っていました。でもこれで終わりというわけではなく、きっと彼女たちとの絆というものは続いていくと思いますので、これからもみんなをよろしくお願いします! ありがとうございました!」

●伊藤さん
「私達フェザーズは途中からミルキィホームズファミリーに仲間入りさせていただいて、私にとってはデビュー作でした。

ミルキィさんの温かさ、歌はハッピーになる、そんなところが大好きです! 10年間本当にお疲れさまでした! 私は本当のお姉さんのように思っています、これからもずっとお姉さんでいてください! そしてミルキアンの皆さん! 6年越しになりましたがアリス役に選んでくれて本当にありがとうございました!」

●愛美さん
「ミルキィが終わるのは嫌だなという率直な気持ちと、前回の武道館の時に、花束を渡すためだけに来た私が舞台裏での円陣に加わっていいんだろうか?と思ってしまって(遠慮して)参加できなかったんです。今度こそは!と思ったら今日は裏で「go,go!! ぱわふる」やっていなくて……」(冒頭のMCの際に、開場のみんなでやったため)

と、あまりに不憫な愛美さんのつぶやきから笑いに包まれる会場。ここは愛美さんのためにミルキィホームズファミリー全員で円陣をやることに! 約6年越しの「go,go!! ぱわふる」に大満足の愛美さんでした。

最後は森嶋さんがミルキィホームズの先生である小林オペラとして4人を鼓舞します。

森嶋さん「これは重要なファクターだ! シャーロック!」

三森さん「はい!」

森嶋さん「ネロ!」

徳井さん「はい!」

森嶋さん「エルキュール!」

佐々木さん「はい!」

森嶋さん「コーデリア!」

橘田さん「はい!」

森嶋さん「後は任せた!」

ミルキィホームズ「はーい!」

おそらくこれが先生と生徒の最後の掛け合い。そして再び4人のライブへとバトンは手渡されました。

「プロローグは明日色」「ミルキィtea time」「Day by Day ~キミと一緒に」を歌い終わると再びMCに「いやー、あっという間だね。そろそろクライマックスですよー」という4人の言葉に会場からは「ええー」という落胆の声。

そんな落胆を吹き飛ばすかのようにお客さんとの楽しい掛け合いを行い「毎日くらいまっくす☆」「バイバイエール!」を歌います。

「バイバイエール!」の歌詞がまさしく今日の4人のことを言っているかのようでほろりとします。

アンコール曲として「ミルキィアタック」を歌うとMCに。「『ミルキィアタック」の歌詞の『ありがとう ありがとう 出会ってくれてありがとう」の部分がやばかった』、「リハーサルの時からやばかった」と思い思いの感想を口にする4人。

涙なしでは語れない4人の手紙

本日はメンバーへの気持ちをお手紙にしたとのこと。みなさん、涙を浮かべながら読み上げます。トップバッターは佐々木さん。
(一部抜粋)

●佐々木さん
「今日はお集まりいただきありがとうございます。

ミルキィの3人と出会って、ミルキアンのみんなと出会って、たくさんの思い出ができました。エリーになっていない人生、ミルキィホームズになっていない人生なんて考えられません。

10年も一緒にいるともちろん、楽しいことばかりではありませんでした。時には衝突することだってありました。でもこの4人だからこそこんなに長い間やってこれたのだと思います。

元気がなくなったときはいつでも思い出してください。みんな1人1人の心の中にミルキィホームズは存在し続けます。

ミルキィホームズは永遠に不滅です! 今日まで支えてくれた家族、友達、スタッフの皆さん、そしてミルキアンのみんな、みもりん、徳さん、いず、本当にありがとうごいました!」

拍手に包まれながら、抱き合う4人。

●徳井さん
「大好きなみんなへ、ずっと夢だった声優への道に連れて行ってくれたのはミルキィホームズでした。初めてネロと出会った時のキラキラした気持ちは、今も鮮明に覚えています。

でもそんなとき、3人のミルキィが応援してくれる、たくさんのミルキアンのみんながいました。本当の家族のように一緒に過ごす時間が増えて、何も言わなくても通じ合える特別な存在です。

形は変わっても大好きな気持ちは、これからも変わりません……。私たちはもちろん、ネロ達4人のこともずっとずっとみんなのファミリーです。最高の人生を本当にありがとうございました! これからもよろしくお願いします!」

最後の最後で泣き出してしまう徳井さん。そして再び抱き合う4人

●三森さん
「ミルキアンのみんな、約10年という長い間、私たちのことを好きでいてくれてありがとう!

いろいろな挑戦をミルキアンのみんながいつも笑顔で見守っててくれるから勇気をもって新しい世界に踏み出すことができました。本当にありがとう!

そして、きっちゃん、そら、みころん、いつも仲良くしてくれてありがとう。出会った頃はこんなに長い付き合いになるとは思わなかったね。趣味も方向性もバラバラだけど、食の好みだけはバッチリ!
ミルキィホームズでなくなっても一緒に焼肉行って1人1皿牛タン頼んで、あれやこれやしゃべり倒したいと思います!

最後に、ミルキィホームズをしっかり最後まで見送ろうと頑張ってくれたスタッフの皆さん、本当にありがとう! なんとなく終わっていくなんてこともあり得る世界で、ちゃんとファイナルまでの道筋と、今日このステージを与えてくれてありがとう。

明日からは三森すずこの第2章の始まりです! ミルキィホームズをやるために声優になった三森すずこではなく、表現者として、声をお芝居をもっともっと探求していきたい三森すずこです!

だから! 明日からまた! GO!GO!ぱわふる! PS.シャロ! これからも一緒に歩いていこうね!」

さらに抱き合う4人。そしてトリは橘田さん、ステージ中央へと歩を進めますが「ちゃんと便せんにすればよかった……」となぜかの巻物状の手紙を取り出すと会場は笑いに包まれます!

●橘田さん
「ミルキアンのみんなへ、いつも沢山のお手紙を貰っているのに、みんなに書く手紙はこれが初めてなんて申し訳ない気持ちになっています。この10年本当にたくさんのことを経験して、結成当初と比べると、自分で言うのもどうかと思うけどすごく成長できたと思います。

ミルキィホームズと出会って、飾ることのない、背伸びしない、本当の自分をやっと見つけることができました。

今はゴールを迎えてみんなも寂しさでいっぱいだと思うけど、ミルキアンのみんなの愛が支えになって走り続けられた10年のゴール「おめでとう!」って言われたいです。ユニットはゴールを迎えるけれどミルキィホームズはずっとずっと生き続ける。

さらに10年たっても、私が老人ホームに入っても棺の中でも、私はミルキィの歌を歌い続けていきたいです。どんなにボケても忘れたくない! しばらくは青色を見るだけで涙が出てきちゃいそうだけど、でも私は一生ミルキィホームズの青!

そして、みんなも一生ミルキアンでいて欲しいです! ミルキィホームズに出会ってくれて、好きになってくれて本当にありがとう! この10年、そして今日という日がみんなにとって人生に残る最高の思い出になるように。

そして明日からの輝かしい未来へ! 行ってらっしゃい! ありがとう!」

最後もやっぱり抱き合う4人。すると「聞こえなくてもありがとう」の曲に乗せてスクリーンに懐かしい彼女たちの姿が映し出されます。10年分の映像を見て一喜一憂する彼女たち。映像が終わると「何これー!」と絶叫し、再びファンやスタッフに感謝を述べます。

ヨコハマいちの名探偵、ミルキィホームズよ永遠に!

ファンやスタッフさんへの感謝を伝えるためにミルキィホームズの原点でもある「雨上がりのミライ」を歌いあげます。スクリーンには曲のPVが映し出されるのですが、PVに合わせて今、ファイナルライブを迎える彼女たちと10年前の彼女たちの顔を同時に映す演出がなされていました。

同じ曲なので当然同じ振り付けになるのですが、やけに初々しい10年前の彼女たちと、成長して自信に満ち溢れた今の彼女たち。 “奇跡のつぼみ”と10年たって成長した“清浄の花”がそこにはありました。

続いての「そして、群青にとけていく」ではバックのスクリーンに歌詞が表示され、ステージは満天の星空で彩られます。

歌が終わると三森さん、徳井さん、佐々木さん、橘田さんが1人ずつ探偵服の帽子をステージに置き、ステージ中央でお互いを抱き合いお辞儀をして退場。「ありがとう!」というお客さんの声援と盛大な拍手が沸き起こりました。

そしてスポットライトに映し出される彼女たちの探偵帽。ここで、お客さんの「ミルキィ! ミルキィ!」という歓声を受け「うわーん!」と泣きながら4人が再び登場! 帽子を手に取り再び被ると「正解はひとつ!じゃない!!」を熱唱!

曲が終わるとステージの端から端まで走り寄り「ありがとうございました」と感謝の言葉!

最後はマイクをオフにして決めゼリフ!

「私たち、ヨコハマいちの名探偵、ミルキィホームズでした!」

と、最後は満面の笑顔で締めくくります。ミルキィホームズとミルキアンが全力で駆け抜けた10年間の集大成がここに幕を閉じました。

しかし、彼女たちの冒険はまだまだ始まったばかりです。

「かつてミルキィホームズだった」という思い出は、彼女たちの大きな力になるはず。

それは、ファンのミルキアンも一緒です。

「かつてミルキィホームズという伝説のユニットがいた」

そう語られる日もそう遠くないでしょう。

彼女たちを応援し続けてきたからこそ見える景色を、新たなスタートをきった彼女たちと一緒に見つめ続けていきましょう。

ミルキィホームズよ、永遠に!

[取材・文/古瀬敏之]

ミルキィホームズ ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D.

2018年1月28日(月)
日本武道館

●出演
<ミルキィホームズ>
三森すずこさん
徳井青空さん
佐々木未来さん
橘田いずみさん

<フェザーズ>
愛美さん
伊藤彩沙さん

森嶋秀太さん(小林オペラ役)
明坂聡美さん(アルセーヌ/アンリエット・ミステール役)
南條愛乃さん(明智小衣役)

探偵オペラミルキィホームズ 公式ポータルサイト
ミルキィホームズ ユニット公式サイト
三森すずこ公式Twitter(@mimori_suzuko)
徳井青空公式Twitter(@tokui_sorangley)
佐々木未来公式Twitter(@mikoiwate_351)
橘田いずみ公式Twitter(@izugyoza)

おすすめタグ
あわせて読みたい

探偵オペラ ミルキィホームズの関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|女性声優
アニメイトオンラインショップ|男性声優
アニメイトオンラインショップ|アイドル作品
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年秋アニメ一覧 10月放送開始
2019年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019春アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
2019夏アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優アワード