menu
映画
『映画 賭ケグルイ』高杉真宙×森川葵インタビュー

『映画 賭ケグルイ』高杉真宙×森川葵インタビュー|三人が揃うことで生まれるリズムとプラスのみが働く現場

河本ほむら・尚村透原作による人気漫画『賭ケグルイ』。本作は、上流階級の子女が多数集い、ギャンブルの強さだけで生徒の階級が決まる、私立百花王学園を舞台に繰り広げられる学園ギャンブルストーリー。

2019年3月末からドラマ『賭ケグルイ season2』がMBS/TBS ドラマイズム枠にて放送。さらに、5月3日(金・祝)には『映画 賭ケグルイ』が全国公開となります。

アニメイトタイムズでは、これまで実写版『賭ケグルイ』でメインキャストを演じてこられた高杉真宙さん(鈴井涼太役)と、森川葵さん(早乙女芽亜里役)にインタビューを実施。オリジナルストーリーが展開される映画の見どころや、撮影秘話を語って頂きました。

三人が揃うことで生まれる『賭ケグルイ』のリズム

ーー『映画 賭ケグルイ』は、原作者の河本ほむら先生がシナリオの原案・監修を担当されたオリジナルストーリーになっているんですよね。

高杉真宙:オリジナルストーリーが展開されるということで、それに伴なって新しく登場するキャラクターも、原作キャラに負けないくらい濃い人たちばかりなんです。そのハチャメチャ感に乗っかって、ドラマからより一層盛り上がる仕上がりになっていると思います。

僕の演じる鈴井も、映画で初のデビュー戦を迎えて。これまでずっと夢子のゲームを斜め後ろから観戦しながら“叫ぶ”というのが僕の仕事だったので、今回ステージに堂々と上がれて嬉しかったです。

映画の前にドラマの豆生田楓(中川大志)戦を撮影していたんですけど、その時も「ポチはステージに上がっちゃダメだよ」と言われていたので(笑)。

森川葵:ドラマの方は1〜2話ごとに1ゲームくらいのペースだったんですけど、今回1本の映画の中に3ゲームがギュッと詰め込まれていて、次から次へと展開していくゲームを楽しめそうなシナリオだなと。

私が演じる芽亜里は、ドラマの中では単独行動しているパターンが多かったんですけど、映画では誰かと出会って、その人と行動していくというシーンが多くて。今回は色んなキャラクターと関わっていくんだなと思いました。

ーードラマのseason1から少し時間が空いての撮影だったかと思いますが、役の感覚はすぐに戻りましたか?

高杉:もう一度同じ役を演じられるという機会が初めてだったので、時間が空いていたこともあって少し不安だったんですけど、例えば、森川さんの演じる芽亜里さんと台詞で会話した時に「これだ!」と思い出す感覚があって。

それはseason1があったから気づいた感覚だったんですけど、一人のキャラクターとして確立しているからこそなんだろうなと思いました。

森川:その言葉をそのまま返したいです。私も芽亜里をどんな感じで演じていたのかわからなくなっていて。でも、美波ちゃんと真宙くんが居て、会ったときに「この感じだ!」というのを思い出したんです。

高杉:家で一人でやっていてもチグハグになってしまうんですよね。

森川:三人が揃うことで『賭ケグルイ』のリズムが生まれる感じはありますね。

ーー浜辺美波さん演じる夢子も、映画でまた新たな一面が垣間見えた気がします。お二人からご覧になって、浜辺さんの印象の変化はありましたか?

森川:以前の撮影の時から可愛くて綺麗だったんですけど、そこにさらに“大人の色気”が加わって、“少女”から“女性”になってきているなと思いました。

高杉:それは僕も思いました。season1の舞台挨拶の時から「大人っぽくなったな」と感じていたんですけど、今回の撮影ではそれが確信に変わったというか。

夢子を演じている時の浜辺さんは、普段からの印象からガラッと変わるんですよね。ある種の“夢子らしさ”をそんなところにも感じますね。

森川:あのスイッチの切り替えはすごいですよね。完成した映画をスクリーンで観ていて、ザワザワと鳥肌が立ちました。

夢子って、何を考えているのかわからない間の後に「う〜ん、そうですね〜。」という緩い空気にあえて持っていこうとする側面もあるじゃないですか。

鳥肌が立つような集中力のある感じとは真逆に、その緩く抜く感じにも磨きがかかっていましたね。

プラスのみが働いているような現場

ーー映画の撮影で特に印象に残っているシーンはありますか?

高杉:今回、ワイヤーアクションがありましたね。

森川:いや〜、本当に大変だった…。

高杉:芽亜里さんのワイヤーアクションが見ていて一番笑いました。

森川:笑わないでよー!頑張ったんだから(笑)。「ワイヤーアクションがあるから」と前もって言われていたのですが、どんなことをするかは、当日現場に行っての確認でした。見本を見せてもらったまではよかったんですけど、すごく高くまで飛んでいて。

まさか『賭ケグルイ』の撮影にワイヤーが出てくるとは思っていなかったので。

高杉:『賭ケグルイ』らしくないシーンでしたね(笑)。

ーー森川さんの演じる芽亜里と、矢本悠馬さんの演じる木渡のコミカルな掛け合いも面白かったです(笑)。

森川:矢本さんとは色んなところで一緒にお芝居をしていることもあって、息が合うというか、心の声で会話するという感覚で。

「おっ!そうきたか!それならこっちはこうするか!」というのが直ぐに返ってくるので、やっていてすごく楽しいんですよ。時々監督のイメージと違うことをして怒られることもあるんですけど(笑)。

高杉:僕は芽亜里・木渡ペアのシーンを純粋に映画として見ていたんですけど、楽しくてしかたなくて。

『賭ケグルイ』は自分が出ていないシーンでも、みんながどんな動きをしているのかがすごく気になって、それを見るのもすごく楽しいんですよね。

森川:私はみんながすごく真面目に話している中で、夢子の後ろで鈴井がヴィレッジに同調して「WOOWO!」って叫んでいるのを見てすごく笑っちゃいました(笑)。

高杉:嬉しいです(笑)。あのヴィレッジのシーンは『レ・ミゼラブル』の様にしたいと言われたんですよ。

森川:言われてみれば確かに!

ーーヴィレッジのシーンは舞台劇のような演出で特に迫力がありましたね。これまでドラマ・映画と撮影してこられて、『賭ケグルイ』の現場をどのように捉えられていますか?

高杉:season1・2、そして映画と撮影してきて思うのは、監督を筆頭に、関わるスタッフ全員が「面白いものを作ろう!」という想いを持っていて、そんな雰囲気の中で演技ができることがすごく幸せなことだなと。

現場で監督が毎朝メイク部屋に来て、煽ってくるんですよ(笑)。

森川:煽ってきますね。「今日調子どうよ?」みたいな(笑)。

高杉:そういう煽りがあるからこそ、それぞれが色を出して負けないようにしたいと、僕らキャスト陣の士気が高まるところもあって。何のマイナス要素もなく、プラスのみが働いているような現場なんです。

森川:本当にその通りで、こんなにもお芝居を舞台のように前に向かって披露できる現場って少ないと思うんですよ。

どちらかといえば「ナチュラルな芝居ほど良い」という現場が多い中で、『賭ケグルイ』では“その真逆くらいの方がすごく面白くなる”ということをみんながわかっていて。

今回から参加してきたメンバーもseason1を見てきてくれて、その雰囲気を理解しているからどんどん仕掛けてくるんですよ。それをやればやるほど良い方向に行って。

みんなが刺激し合って高いところを目指しているなと感じました。

ーー素敵な現場だったんですね。最後に映画を楽しみにされているファンの皆さんへメッセージをお願いします。

高杉:今回は映画オリジナルストーリーとなっていて、『賭ケグルイ』らしい部分はもちろん、今までとは違うなと感じる部分もたくさん詰め込まれています。

原作やアニメが好きな方も、まだ作品を見たことがないという方も楽しめる内容になっているので、ぜひ劇場へ足をお運びください!

森川:一人一人のキャストの見せ場がそれぞれにあるので、ファンの方は観に来て頂けたら必ず満足できる作品になっています。

キャスト・スタッフ全員『賭ケグルイ』が好きで、原作を大事にしながら撮影しているので、作品ファンの方にも、漫画で見ていたような迫力を味わって頂けると思います。ぜひ観に来てください!

インタビュー・文・撮影:吉野庫之介

【関連記事】
『賭ケグルイ』浜辺美波×早見沙織インタビュー|実写・アニメのW夢子役が語る役者としての喜び

ドラマ『賭ケグルイ season2』松村沙友理(乃木坂46)インタビュー|アイドル・夢見弖ユメミの二面性と真っ直ぐさ

ドラマ『賭ケグルイ season2』豆生田楓役:中川大志インタビュー|カロリーが高いシーンの連続で感じた“気持ちのいい疲労感”

ドラマ・映画『賭ケグルイ』皇伊月役:松田るかインタビュー|アニメ版の声優・若井友希をリスペクトした役づくり

TVドラマ「賭ケグルイ season2」

MBS:2019年3月31日(日)より、毎週日曜24:50~ 
TBS:2019年4月2日(火)より、毎週火曜25:28~

原作:河本ほむら・尚村透(掲載 月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス刊)
総合演出:英勉
監督:茂木克人、長野晋也
脚本:高野水登、英勉
出演:浜辺美波、高杉真宙、松村沙友理(乃木坂46)、池田エライザ、中川大志、森川葵

ドラマ『賭ケグルイ』オフィシャルサイト

(C)2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・ ドラマ「賭ケグルイ2」製作委員会 ・MBS

「映画 賭ケグルイ」

2019年5月3日(金・祝)全国ロードショー

原作:河本ほむら・尚村透(掲載 月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス刊)
シナリオ原案・監修:河本ほむら
ゲーム監修:オインクゲームズ
監督:英勉
脚本:高野水登、英勉
出演:浜辺美波、高杉真宙、宮沢氷魚、福原遥、伊藤万理華、松田るか、岡本夏美、柳美稀、松村沙友理(乃木坂46)、小野寺晃良、池田エライザ、矢本悠馬、森川葵
配給:ギャガ

『映画 賭ケグルイ』オフィシャルサイト
ドラマ&映画『賭ケグルイ』公式Twitter(@kakegurui_jp)

(C)2019 河本ほむら・尚村 透/SQUARE ENIX・ 「映画 賭ケグルイ」製作委員会
(C)Homura Kawamoto・Toru Naomura/SQUARE ENIX

おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|女性声優
アニメイトオンラインショップ|男性声優
アニメイトオンラインショップ|アイドル作品
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年冬アニメ一覧 1月放送開始
2018年秋アニメ一覧 10月放送開始
2019春アニメ 声優一覧
続編決定まとめ
第十三回 声優アワード(2018年度)
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
2019冬アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
男性声優/女性声優一覧