menu
声優
浪川大輔&吉野裕行「Uncle Bomb」4thイベント“4チャンネル”【夜の部】をレポート

浪川大輔さんと吉野裕行さんと新たな“次元”へ!|「Uncle Bomb」4thイベント“4チャンネル”【夜の部】をレポート!

声優の浪川大輔さんと吉野裕行さんによるユニット「Uncle Bomb」4回目のイベント「Uncle Bomb 4th EVENT “4チャンネル”」が、2018年12月16日(日)に中野サンプラザホールで開催されました。

今までのイベントでさまざまなテレビ番組をモチーフにしてきた「Uncle Bomb」のおふたり。今回の“4チャンネル”では、果たしてどのような番組が生まれるのでしょうか。

本稿では、映画と音楽、そして“次元”をテーマにした4チャンネル【夜の部】の模様をお届けします♩

アニメイトタイムズからのおすすめ

浪川さんが日本語吹き替えを務めた某有名SF映画のパロディ!

イベント開始のブザーが会場に鳴り響くと、いきなり某有名SF映画の誰もが耳にしたことのあるような音楽に合わせ、オープニング映像が流れ始めます。

オープニングの話によると、今回“4チャンネル”の開催にあたり、イベントの内容について延々と議論を重ねる中、最高議長が事態の収拾を図るため、会場に“ふたりのおじさん”を密かに派遣したとのこと。

映像が終わると、ステージにフードを被った“ナミキン”(浪川さん)と“マスター・ヨシダ”(吉野さん)が登場。

マスター・ヨシダによると、フォースを集めるためには、ペンライトの扱い方をマスターしなければならないのだとか。“パダ=ワン”こと観客たちも一緒にペンライトをまわし、フォースをためていきます。

その様子を見たナミキンは「すごい光景ですね」と半笑い(笑) マスター・ヨシダによるペンライトの説明が昼の部とは違い適当になっていたらしく、「マスター、だいぶ省略していませんか?」と指摘するナミキン。

すると、「いつからお前はワシに指示するようになった?」とマスター・ヨシダが一括し、観客のパダ=ワンたちも笑いが止まりません。

そのままマスター・ヨシダの説明が続き、ひと通りペンライトを使いこなすことができたナミキンとパダ=ワンたち。次に、カウントでペンライトの振りを確認していきますが、そこで、まさかのナミキンが間違えてしまいます。

思わず苦笑いをするナミキンに、パダ=ワンこと観客から「Foooo〜!!!」と煽られ、師匠のマスター・ヨシダからはまだまだ修行が足りないと一喝されてしまいました。

最後に、「考えるな感じなさい」というマスター・ヨシダのアドバイスが送られ、「SODEに捌けるにはまだ早い」が流れ始めます。

ペンライトを使って観客と一緒にノリノリに歌い踊るふたり。途中で、ナミキンのフォースが乱れる瞬間もありましたが(笑)、それも全員で笑い楽しんでいました♩

最後には「フォースと共にあれ」という名ゼリフがナミキンから発せられ、会場のテンションが急上昇します!

自由奔放な吉野さんに振り回される浪川さん

お次は、イベント恒例の「クイズ アンクルボム」! この幕間映像を毎回楽しみにしている方は多いはず。今回は映画にちなんだクイズということで、浪川さんに「吉野裕行のお気に入り映画BEST10のうち、第4位は何でしょう?」という問題が出されます。

悩む浪川さんに、派手な髪型を振り回している吉野さんから「BEST10の中に、あなたが(声で)出演している映画が入っています」というヒントが出されました。

そのヒントもあり、浪川さんは『香港国際警察』(ジャッキー・チェン主演)と回答。

自信満々の浪川さんですが残念ながら不正解。吉野さんがお気に入り映画第4位に選んだのは、『霊幻道士(れいげんどうし)』でした。

惜しくも第4位の作品を当てることができませんでしたが、どちらも浪川さんが出演していたということで正解に。よって、吉野さんが罰ゲームを受けることになりました!

今回も浪川さんが罰ゲームを受けると思っていたところが、予想外の結果に観客たちは騒然。どよめきが収まらないまま、ステージには不穏な雰囲気に包まれ、フードを被った浪川さんと大きな黒いボックスが登場します。

黒いボックスに入ることが多い浪川さんは、罰ゲームを進行する側に慣れていないのでどこか緊張している様子。中に入っている人の様子を見るためボックスの小窓を開くと、緊張感漂う雰囲気とは違い、無邪気に手遊びを披露する吉野さん。その様子に会場は大爆笑です。

その後も、吉野さんが「空きありー!」といきなり手を伸ばし浪川さんの体を掴んで引き寄せたり、説明しているのに自ら小窓を閉めたりと、マイペースな吉野さんに浪川さんは翻弄されっぱなし(笑)

「小窓1つでこんなにボケる?(笑)」と浪川さんも驚くしかありません。浪川さんによると、ある条件をクリアしなければ、吉野さんが入っているボックスが爆発するとのこと。今回、吉野さんに課せられた条件は、「お客さんを盛り上げ、歓声で200デシベルを超える」ことです。(飛行機のエンジン音が120デシベル程度)

コール&レスポンスで観客を盛り上げようとする吉野さんは、ハロプロが大好きということで、おなじみの“中野サンプラザの歌”を全員で歌い上げますが、200デシベルには到底届きません。

「よっちん」「ワッショイ!」というお馴染みのコール&レスポンスでも届かず、ミッションクリアならず。吉野さんがそのままボックスの中にいて爆破されるのかと思いきや、突然、ボックスが開き、浪川さんが入れ替わりで閉じ込められてしまうという展開に。

思いもよらない展開に、浪川さんの表情は戸惑いと不安だらけ。「やっぱり人生は何が起きるのか分かりません。でも、本当にみなさんのおかげで楽しい時間を……」と最後の言葉を伝えている最中に、小窓を閉め「爆破したいと思います」と話を進める吉野さんの自由っぷり(笑)

最後には「アンクル〜Bomb!!!」という掛け声で浪川さんが入っていたボックスが爆発! 「浪川さん、あなたのことは忘れません。バラエティーの神よ」と言葉を残し、吉野さんもステージから去って行きました。

作家さんも唸るほど練り上げて作り出されるのがUncle bombのチャンネルシリーズ

幕間映像の「エンジョイクッキング」の後は、中央から吉野さんと浪川さんが登場し、ここからトークコーナーへと進みます。

2018年12月12日に発売されたミニアルバム「dimension」が“次元”の意味を持っていることもあり、今回のイベントは映画や音楽などをモチーフに、“いろんな次元へ行く”という構成を目指したと話す吉野さん。

「それよりもいいですか?」と何か言いたげな浪川さんは、先ほどの自由奔放な吉野さんの行動を指摘します。途中から全アドリブになっていたと話し、舞台の袖で“なんでボックスから出てきたの!?”とツッコんだのだそう。

すると、吉野さんは「だって開いちゃったんだもん」と答えたそうで、ステージで「五歳児か!?」と再びツッコミを入れていました。

また、オープニングの映像やグッズ制作など、今回はすべてギリギリで仕上げてきたとのこと。打ち合わせを進める中、浪川さんは、スタッフのレスポンスの速さに驚かされたそうです。同時に、吉野さんに対しては、「(自分の)性格を読む」のがすごいと一言。

こういう時はこんな考え、何も言わない時はこんな風に思っているなど、浪川さんの性格をよく理解してくれているそうで、吉野さん曰く、自分がアイデアを提案したときに、浪川さんが“それいいですね!”と笑っている時はダメなときなのだとか。

スタッフ含め、練りに練ってみんなで作り上げたイベントだと、自信を持ってみなさんにお届けできることが嬉しくて、思いきり笑って楽しんでほしいと言葉にするおふたりでした。

天才子役・浪川大輔、サンタクロース・吉野裕行に腹筋崩壊

再び幕間映像が流れると、今度は天才子役に扮した浪川さんと女性マネージャー姿の吉野さんが映し出されます。

天才子役の浪川さんは、カレーのCMに挑むため、特別に準備されたカレーで練習することに。なんと、そのカレーの上には、あの臭いで有名な“くさや”がトッピングされていました!

マネージャーの吉野さんから成功したら新作ゲームを買ってあげると言われ、気合いが入った浪川さんは、くさやを手で直接つかみカレーを頬張った「僕は天才子役」。

その後は、バラエティコーナー。カメラをかつぎ映画監督に扮する浪川さんと、サンタクロースの姿になった吉野さんが登場します。

ステージ上で、吉野サンタがさまざまな障害物(平均台・足つぼマットなど)を乗り越え、プレゼントを子供達に届けるという映画をこの場で撮影するのだそうです。

吉野さんが準備している間に、本物のカメラを持った浪川さんが客席に降りるというサプライズもあり、一気に客席のテンションも急上昇します。

いよいよ吉野さんの準備が整い、「よーい、アクション!」の合図で撮影がスタート! 自分よりも大きいプレゼントを持って平均台を見事にクリアし、足つぼマットこと荊の道を進んでいきます。

そこで、浪川監督から「ジャンプしてみよう!」等と指示を受けながらも、笑い苦しむ表情で乗り越えました。

茨の道を乗り越えた後は、プレゼントを袋に詰め、最後の坂道を駆け上るシーンへ。何度も坂道を駆け上りますが、なかなか到達できません。客席の応援もあり、ついに4回目で登り切ることができました。

「いい画、撮れました?」と息を切らせながら、浪川監督に尋ねる吉野さん。しかし、興奮したせいか、きちんと撮影されていなかったというオチで笑いに包まれながらバラエティコーナーが終了となりました。

Uncle Bombのライブコーナーは楽しさしかない!

ここからイベントも後半戦に突入! ライブコーナーでは、外国人風のメガネをかけた浪川さんと白Tシャツ姿の吉野さんが登場すると、「IBUNKAコミュニケーション」を披露。黒の上着というお揃いの衣装に着替え、「中野サンプラザー!」と客席を煽り、「フライングハイ」を歌い上げていきます。

「空想地図」では、2人のハーモニーが響き渡ります。

ピアノの音色が特徴的な「Bye Bye Bye」で冬のロマンチックなムードに包まれる場内。2人が紡ぐハモリに魅了されたかと思えば、「手のひら」でステージが赤に染まり、カッコイイ大人の男を魅せていきます。

4thミニアルバムから一気に5曲が披露されたところでMCへ。「Uncle Bomb」の曲が増えてきたので、チャンネルシリーズも続けながらライブもやりたいと声をそろえる2人。

イベントの最後は「一粒の星」をダンサーや観客たちと一緒に楽しく歌い上げ、Uncle Bombの4thイベント“4チャンネル”が終演となりました。

2019年4月27日(土)と28日(日)には、吉野さんと浪川さんも出演する「Kiramune Music Festival 〜10th Anniversary〜」が埼玉・メットライフドームで開催されるので、まだまだお楽しみはたくさん! 詳細は、Kiramuneのホームページを随時チェックしてくださいね♩

[取材・文/福室美綺]

◆Kiramune公式サイト
◆Kiramune公式Twitter

おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|女性声優
アニメイトオンラインショップ|男性声優
アニメイトオンラインショップ|アイドル作品
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年秋アニメ一覧 10月放送開始
2019年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019春アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
2019夏アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優アワード