menu
声優
声優/アーティスト・水樹奈々が故郷・愛媛県東予への愛を語る

声優・水樹奈々さん、愛媛県の東予東部圏域振興イベント「えひめさんさん物語」の応援隊長に任命!幼少期の写真とともに故郷・新居浜市への愛を大いに語る

声優、歌手としての活躍に加え、伊予観光大使、新居浜ふるさと観光大使も務める水樹奈々さん。2019年4月15日には、愛媛県の東予東部圏域振興イベント「えひめさんさん物語」の制作発表会に登壇しました。

制作発表会では新居浜市、西条市、四国中央市を舞台に、各地域の魅力を発信していくイベントの数々が明らかに。

そして、スペシャルゲストとして登場した水樹さんは、地元・新居浜市で過ごした日々を当時の写真とともに振り返り、内に秘めた“愛媛愛”を熱弁! 応援隊長にも任命され、今後のイベントへの意気込みを露わにしました。

また、発表会後には水樹さんへの囲み取材も実施。東予地区にスポットが当たった喜びや、イベントの見どころを語りました。

アニメイトタイムズからのおすすめ

東予東部地域の魅力を全6話のプログラムで発信!中村時広愛媛県知事が背景明かす

愛媛県の東予東部地域の新居浜市、西条市、四国中央市を舞台とした初の広域振興イベント「えひめさんさん物語」。

本取り組みでは2019年4月20日~11月24日の約7ヶ月間、工場の魅力をアーティストが演出する「ものづくり物語」、水を主役としたアートプロジェクト「水の物語」、西日本最高峰の石鎚山脈を舞台に“スカイランニング”などが楽しめる「山の物語」といった、全6話構成のプログラムによって愛媛県東予東部地域の魅力を発信する催しです。

最終的には地域の交流人口の拡大と観光復興のほか、定住・移住の促進による産業を支える人材の確保を目指します。

そんな中、中村時広愛媛県知事や澤田裕ニ総合プロデューサー。さらに、各プログラムに参加する専門家によって、取り組みの概要が紹介される制作発表会が実施。

最初に登壇した中村知事は、新居浜市、西条市、四国中央市の盛んな産業をアピール。そして近年は、産業振興だけではなく観光にも力を入れたいという各市長からの意見を受け、今回の取り組みに至ったと語りました。

▲中村時広愛媛県知事

▲中村時広愛媛県知事

なお、「えひめさんさん物語」というタイトルは、産業の“さん”、山脈の“さん”、3つの都市の“さん”の、各特徴から本名称に決定したとのこと。

澤田総合プロデューサーは「えひめさんさん物語」について、産業を支えるため、既存の施設をブランディングするためのイベントだと説明し、各分野のアーティスト・アスリートを招いて取材陣にアピールしました。

▲澤田裕ニ総合プロデューサー

▲澤田裕ニ総合プロデューサー

応援隊長・水樹奈々さんが「原点に立ち帰れる場所」を振り返る!

地域の特色を活かしたイベントの数々が解説された後には、スペシャルゲストとして新居浜市出身の水樹さんが登場。

水樹さんはこれまでに伊予観光大使、新居浜ふるさと観光大使といったPR活動に加え、ご自身の楽曲「禁断のレジスタンス」のプロモーションビデオでは、自身の地元にある「別子銅山」を撮影地にしているなど、活動を通して地元愛が窺えます。

この度の「えひめさんさん物語」は地元にまつわる取り組みということもあり、当日はいつも以上に気合い充分な水樹さん。新居浜市の魅力を問われると、工業地帯や銅山の跡地といった幻想的な場所で、歴史の歩みが学べる場所だとコメントしました。

また、水樹さんが新居浜市で過ごした幼少期の話に移ると、7歳の頃に一宮神社で撮影されたという写真がスクリーンに。懐かしい写真に照れながらも当時の思い出を語る水樹さん。

当時はどんな子供だったのか問われると、「内気でシャイな女の子」だったという意外な過去を明らかに。

一方で、当時から歌が大好きだったこともあり「マイクを握ると人が変わる」とも言われていたそう。後にご自身が主役のライブ会場となる「新居浜市市民文化センター」で歌う幼少期の写真も公開されると、当時を懐かしむ様子を見せました。

改めて愛媛県はどんな存在か問われると「原点に立ち帰れる場所」という水樹さん。

活動を重ねる中で悩むこともあるようですが、地元に帰ると「歌が大好きで、みんなの笑顔が見たくて頑張っていた頃の気持ちがよみがえって、また新たな着想に繋がったり、もっともっと鍛錬しなくてはなと、自分を見つめ直す機会になります」と熱い想いを露わにします。

また、中村知事と共に挑戦した「ご当地クイズ」では、不安な様子を見せながらも全問正解! 水樹さんは「ホッとしました(笑)」と語りつつも、誇らしげな表情を覗かせました。

溢れんばかりの“愛媛愛”を存分に語った水樹さん。今後は新居浜市をはじめ、西条市、四国中央市の魅力を発信するため「えひめさんさん物語」の応援隊長に就任。取り組みについて「東予地域がついに! ついにスポットを当てていただける時が来たかと、この日を待ちに待ってました!」と感嘆の言葉を漏らしました。

そして「全国の皆様に、イベントに参戦していただけるようにアピールをしっかりしていきたいと思います」と意気込みます。

最後に、GWという絶好の機会を利用して、ぜひとも足を運んでほしいと語り、「愛媛には美味しいものや自然、そして沢山のアクティビティもありますが、東予地域にも熱いものが沢山あります。ですので、ぜひぜひ来ていただきたいという気持ちでいっぱいです。私も期間中に足を運びたいと思っていますので、みなさんよろしくお願いします!」と締めくくりました。

終了後、水樹さんへ囲み取材を実施!

ーー 「えひめさんさん物語」の応援隊長に任命されましたが、改めて今のお気持ちをお聞かせください。

水樹奈々さん(以下、水樹):とても嬉しかったです! 昨年は南予(愛媛県の西南部に位置する4市5町からなる地域の総称)が盛り上がっていて、いつか東予の番が来るといいなとずっと思っていました。なので、「ついに来た!!」という気持ちで一杯です。

ーー工場が主役の「ものづくり物語」、石鎚山脈を舞台にした「山の物語」など、工場や山脈を一緒にPRするのは珍しい取り組みですね。

水樹:ライトな形で観光を楽しもうという方にどうやったら魅力が伝わるのか。(観光課の皆さんが)考えた結果、色々なアーティストさんとのコラボに着目して、今回の形になったのではないかと思います。

ーー東予地区の食べ物で、水樹さんのお好きな物を教えてください。

水樹:「えびちくわ」です! じゃこ天の海老バージョンなんですが、とっても美味しいんです! あと、大人になってから好きになったものは「ふぐ酒」ですね!

ーー第5話「あかがね物語」は、ご自身の楽曲「禁断のレジスタンス」のMV撮影地となった別子銅山の東平が舞台ですね。

水樹:そうなんです。東平は“東洋のマチュピチュ”と呼ばれるほど、幻想的で素敵な場所なんですよ! 「あかがね物語」では石丸幹二さん(アーティスト)の野外ライブが行われるとのことで、私も見に行ってみたいです!

ーーご自身の地元を沢山の方々が訪れる機会となっていると思います。改めてメッセージをお願いします。

水樹:今回、東予地区にスポットが当たった「えひめさんさん物語」は、工場を体験していただいたり、実際に自分の足を使って山登りしてもらったり、音楽を楽しんだり、五感をフル活用して楽しめるイベントが盛り沢山です。

日々の疲れを癒やし、童心に帰り、ぜひ愛媛東予地区に遊びに来てください!

[取材・文/MoA 撮影/鳥谷部宏平]

「えひめさんさん物語」公式サイト
「えひめさんさん物語」公式Twitter

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020秋アニメ(来期7月)おすすめランキングまとめ! 中間発表!
2020秋アニメも声優で観る!
2020秋アニメ・今期最速放送
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング