menu
みんなの声

『この音とまれ!(第2クール)』の感想&見どころ、レビュー募集(ネタバレあり)



『この音とまれ!』のあらすじと感想コメントのまとめになります。あらすじは、随時更新し、最新話までを掲載していきます。

また、みなさんのからの感想、口コミを紹介しています。作品の評価やネタバレも含まれます。

『この音とまれ!』を視聴された方は、感想やレビュー、考察を待ちしております。

感想&レビューコメントを投稿する


『この音とまれ!(第2クール)』目次

第14話「一歩前へ」のあらすじ
第15話「きづき」のあらすじ
第16話「二人の時間」のあらすじ
第17話「再会」のあらすじ
第18話「それぞれの決意」のあらすじ
第19話「対峙」のあらすじ
第20話「もう一度」のあらすじ
第21話「味と役割」のあらすじ
第22話「決戦の朝」のあらすじ
第23話「王者の覚悟」のあらすじ
第24話「正解のその先」のあらすじ
第25話「天泣」のあらすじ


この音とまれ!(第2クール) 各話あらすじ・スタッフ紹介

第14話 「一歩前へ」

序盤こそ崩れながらも、邦楽祭で心揺さぶる演奏をした時瀬高校箏曲部。愛は救護室からの帰り、姫坂女学院のかずさに呼びとめられる。さとわに憧れ、追い続けてきたかずさは、今のさとわの音について思いの丈をぶつけてくる。さとわも密かにそれを聞いてしまうが、愛は――。さらに全ての学校の演奏が終わり各校の部員たちが揃う中、澪という不思議な生徒が愛に声をかけてきて。緊張が高まる中、ついに結果発表!!

この音とまれ!(第2クール)第14話一歩前へ
脚本:久尾歩 絵コンテ:吉川博明 演出:水野竜馬 総作画監督:小林利充 作画監督:南伸一郎
その他の『この音とまれ!(第2クール)』第14話 場面カットはこちら

第15話 「きづき」

邦楽祭の結果を受け、全国への思いを新たにした箏曲部。滝浪は皆に場数を踏ませるべく、学祭で演奏をするように言う。そのためにも夏休みの課題をきちんとやれ、と釘を刺された愛たちは勉強会をすることに。愛と3バカの成績に不安を感じる武蔵。だが、本人たちは『秘密兵器』があるとなぜか余裕で……。新学期になると各クラスでも学祭の準備が始まって、どこかお祭りムード。そんな中、さとわと愛、妃呂と武蔵、それぞれに思わぬハプニングが!?

この音とまれ!(第2クール)第15話きづき
脚本:久尾歩 絵コンテ:吉川博明 演出:水野竜馬、加藤顕 総作画監督:山中純子 作画監督:伊藤美奈
その他の『この音とまれ!(第2クール)』第15話 場面カットはこちら

第16話 「二人の時間」

学祭に向けて練習する部員たち。しかし、事故で思いがけずキスをしてしまった愛とさとわはお互い気まずくギクシャク。武蔵への気持ちを意識した妃呂も集中できない。迎えた学祭当日、時瀬箏曲部の元部長、真白が武蔵に会いにやってくる。親しげな二人の様子を見てショックを受ける妃呂。一方、愛たち一年生のメンバーは、全国予選のための曲を探している滝浪から偶然、ある事実を聞かされる――。

この音とまれ!(第2クール)第16話二人の時間
脚本:久尾歩 絵コンテ:坂本龍典 演出:奥野浩行 総作画監督:小林利充 作画監督:梶浦紳一郎、奥野浩行
その他の『この音とまれ!(第2クール)』第16話 場面カットはこちら

第17話 「再会」

武蔵と妃呂、二人には次が全国大会へ行ける最後のチャンス――。予選の重さを痛感し、練習に気合いが入る愛たち。そんな皆を集め、滝浪が予選で弾く候補として挙げたのは驚くべき曲だった。澪たち珀音高校を越えるためだというが、受け入れられず一人で思い悩むさとわ。そこへ愛がやって来て……。予選に向けて一丸となって動き出した時瀬箏曲部だが、さらなる問題が。さとわは仲間のため、思い切った行動に出る。

この音とまれ!(第2クール)第17話再会
脚本:久尾 歩 絵コンテ:大庭秀昭 演出:大庭秀昭 総作画監督:山中純子 作画監督:小川浩司
その他の『この音とまれ!(第2クール)』第17話 場面カットはこちら

第18話 「それぞれの決意」

十七絃も揃い、やる気も充分、まさに順風満帆の時瀬箏曲部。ところが、さとわの実家である『鳳月会』から外部指導者がやって来て、さとわも部員たちも騒然となる。たった一音にもダメ出しをする、そのあまりに厳しい指導に、妃呂やコータは反発。部をめちゃくちゃにする気ではないかと疑い、不満をつのらせる。しかし愛は、なぜか大人しく従っていて……。理不尽に思えた指導に対して、箏曲部の皆が選んだ答えとは――?

この音とまれ!(第2クール)第18話それぞれの決意
脚本:久尾 歩 絵コンテ:水野竜馬 演出:水野竜馬 総作画監督:小林利充 作画監督:南 伸一郎
その他の『この音とまれ!(第2クール)』第18話 場面カットはこちら

第19話 「対峙」

時瀬箏曲部にやってきた厳し過ぎる指導者、堂島晶。さとわと対峙した晶は、『椿会』の家に生まれた自分の過去を省みる。優しい両親とお箏の天才である兄、大好きな家族に囲まれて育った晶。自分と兄の違いに気付きつつも、ずっと努力を重ねてきた。しかし運命は予期せぬ方向へ進んでいく……晶とさとわ、交錯する二人の過去――。一方、さとわと部員たちは全員で、過去のコンクールで優勝した晶の演奏を聴くことに。

この音とまれ!(第2クール)第19話対峙
脚本:久尾歩 絵コンテ:吉川博明 演出:加藤顕 総作画監督:山中純子 作画監督:伊藤美奈
その他の『この音とまれ!(第2クール)』第19話 場面カットはこちら

第20話 「もう一度」

心の闇から抜けだせず、箏曲部の指導を辞めると滝浪に告げた晶。そんな晶だが、部員たちの変化とその理由に衝撃を受ける。さらに愛たちの足を引っ張っていると焦るサネを見て、天才ではない自分の姿を重ねてしまいどうするべきか迷う晶。しかし、サネと愛たちは……。滝浪は合奏が上手くいかない皆のため、晶とさとわに手本を見せて欲しいと提案する。悲しい因縁で結ばれた晶とさとわ、二人が初めて音を響かせ合う――。

この音とまれ!(第2クール)第20話もう一度
脚本:久尾歩 絵コンテ:吉川博明 演出:奥野浩行 総作画監督:小林利充 作画監督:梶浦紳一郎、小林利充
その他の『この音とまれ!(第2クール)』第20話 場面カットはこちら

第21話 「味と役割」

晶の指導のもと、少しずつ手応えを感じ始めている部員たち。だが愛は滝浪に言われた『自分の音の意味と役割』が見つからず、焦りをつのらせ無茶をして練習にのめり込む。それに気付いて止めようとする武蔵と、お互いを思うが故にぶつかる愛。しかしそのおかげで愛は、祖父のある言葉を思い出し――。一方、『鳳月会』では堂島が、不穏な動きを見せていた。さとわ不在の鳳月会で一体何が……!?

この音とまれ!(第2クール)第21話味と役割
脚本:久尾歩 絵コンテ:吉川博明 演出:水野竜馬 総作画監督:山中純子 作画監督:小川浩司
その他の『この音とまれ!(第2クール)』第21話 場面カットはこちら

第22話 「決戦の朝」

大会当日の朝。愛、武蔵、姫坂のかずさや珀音の澪も、それぞれ家族や仲間と過ごし、譲れない想いを抱いて会場へと向かう。待ち合わせ場所に集った時瀬箏曲部の皆に、さとわはある物を渡す。受け取った愛は思わず胸が一杯に。会場に到着し、顔を合わせるライバルたち。誰しも本気だが、この中で全国へ行けるのはたった一校のみ……。積み重ねた音の数だけ負けられない理由がある。いざ、神奈川県予選大会、開幕!!

この音とまれ!(第2クール)第22話決戦の朝
総作画監督:山中純子 作画監督:小川浩司 脚本:久尾 歩 絵コンテ:大庭秀昭 演出:大庭秀昭 総作画監督:小林利充 作画監督:南 伸一郎/小林利充
その他の『この音とまれ!(第2クール)』第22話 場面カットはこちら

第23話 「王者の覚悟」

10年連続全国大会出場の記録をもつ超名門、姫坂女学院箏曲部。負けるはずがない、勝って当たり前、なのになぜ邦楽祭では負けたのか……かずさたち部員は話し合いの末、全国予選のメンバーをオーディションで決めることに。「私たちは全員で一つ!」――その言葉の真の意味、背負った想いを曲に乗せ、神奈川不動の絶対王者、姫坂の演奏!! 同時に時瀬箏曲部と、邦楽祭を制した珀音高校の出番も着々と近づいて――。

この音とまれ!(第2クール)第23話王者の覚悟
脚本:久尾 歩 絵コンテ:坂本龍典 演出:小林孝志 総作画監督:山中純子 作画監督:伊藤美奈、小川浩司
その他の『この音とまれ!(第2クール)』第23話 場面カットはこちら

第24話 「正解のその先」

邦楽祭では明陵と並ぶ最優秀賞に選ばれた澪たち珀音高校。その曲を生み出したのは珀音の顧問、山本であった。ひょんなことから箏曲の世界にのめり込んだ山本と、類まれな才能を持ちながら自分の音はつまらないと嫌い絶望すら感じている澪。二人の出会いと交わした約束。声と心を一つにして順番を待つ時瀬箏曲部の前で、ついに珀音高校の演奏が始まる。澪が奏でる、正解を越えた音とは――。

この音とまれ!(第2クール)第24話正解のその先
脚本:久尾 歩 絵コンテ:大庭秀昭 演出:大庭秀昭 総作画監督:小林利充 作画監督:南 伸一郎、月面
その他の『この音とまれ!(第2クール)』第24話 場面カットはこちら

第25話 「天泣」

珀音高校の、正解を越えた演奏に会場が湧く中、ついに時瀬高校の順番がやってくる。その素晴らしい独奏に聴いている誰もが目を見張る。しかしあまりに別格の演奏に、余計な音を入れて欲しくないとさえ思う者もいて。果たして愛たちは、さとわの隣に並ぶような演奏が出来るのか。一音、一音、積み重ねてきた想いを乗せて……『天泣』よ、心に届け――。

この音とまれ!(第2クール)第25話天泣
脚本:久尾 歩 絵コンテ:水野竜馬 演出:水野竜馬 総作画監督:山中純子 作画監督:伊藤美奈、山中純子
その他の『この音とまれ!(第2クール)』第25話 場面カットはこちら


コメント投稿時のお願い

コメント投稿時は、下記のようにコメント前に、話数を入れていただければと思います。

【投稿例】
●『ーー作品名入るーー』 ○話
コメント


みなさんのメッセージは、随時公開させていただきます。

コメントを投稿する

コメント一覧

公開中 7件 ※承認中のコメントは表示されません。

20代・女性

原作が大好きだから 絵もきれいだし声も音楽も良いから(2019秋アニメ 放送前のアンケートより)

10代・女性

琴という自分にとってあまり馴染みのないものがテーマでしたが、琴の綺麗な音色やキャラ達の思いが混ざりあってとてもおもしろい作品だと思ったからです。 なので、二期への期待はとても高いです!(2019秋アニメ 放送前のアンケートより)

20代・女性

文化系部活の青春を清々しく描いていて、尚且つ琴の曲がかっこいいため。 1クールが良かったので、そのまま観たいと思っています。(2019秋アニメ 放送前のアンケートより)

10代・女性

もともと原作を読み、惹かれていたので1期からみさせていただいたので、2期への期待も込めて選ばさせていただきました。(2019秋アニメ 放送前のアンケートより)

10代・女性

マンガとは違いアニメだと琴の音色が聴ける所とか、愛(ちか)と鳳月さん、武蔵と来栖さんの青春感がめっちゃ好きです。(2019秋アニメ 放送前のアンケートより)

30代・女性

大人になったら忘れてしまうような青春と友情お互いを思いやる気持ちを素直に出す事の大切さを思い出させる物語。(2019秋アニメ 放送前のアンケートより)

50代・女性

第1クールが面白かったから。琴の音と友情にかんどうしました。(2019秋アニメ 放送前のアンケートより)

    1    

コメントを投稿する(ログインする)

ログインすると、これらの操作が行えます。

  • コメントの投稿
  • 投稿したコメントの削除
  • 投稿したコメントが承認中かどうかの確認

以下のアカウントからログインください。

みんなの声TOPへ戻る

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020春アニメ(来期4月)、何観るアンケート 結果発表
春アニメ声優で観る
2020春アニメ最速放送&放送日順まとめ
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング