menu
映画
3DCGアニメ映画『ドラクエ』出演声優の追加配役情報が解禁

フル3DCGアニメーション映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』ボイスキャストの追加配役情報が解禁&コメントが到着!

1986年に第1作が発売されて以来、現在シリーズ累計の出荷・ダウンロード販売本数が7800万本を突破している日本を代表する国民的RPG「ドラゴンクエスト」。

現在までに、80を超えるシリーズ作品が発表されている中で、“親子三代にわたって魔王を倒す”“結婚相手を選ぶ”等、大河ドラマのような人生を体感できる作品として、発売から25年以上経った今でも特に愛され続けているのが「ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁」(1992年発売)。

そのストーリーを原案にVFXの第一人者である山崎貴氏(『ALWAYS 三丁目の夕日シリーズ』『永遠の0』『STAND BY ME ドラえもん』監督・脚本など)が総監督・脚本を手がける、ドラゴンクエストシリーズ初のフル3DCGアニメーション映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』がこの夏スクリーンに登場!

先日、ボイスキャスト(主人公・リュカに佐藤健さん、2人のヒロイン・ビアンカに有村架純さん、フローラに波瑠、王子・ヘンリーに坂口健太郎さん、リュカの父・パパスに山田孝之さん)も発表され、この夏一番の超大作として既に大きな話題となっております。

そしてこの度、出演だけが発表されていたボイスキャストの役名が解禁!

パパスに仕え、リュカと共に旅に出るサンチョに“ドラゴンクエスト大好き芸人”ケンドーコバヤシさんが、魔物の元から逃げ出したリュカとヘンリーを助ける謎の老人プサンに安田顕さんが、フローラの父であり、サラボナの大富豪のルドマンに松尾スズキさんが、リュカと共に数々の冒険に挑んでいくスラりんに山寺宏一さんが、リュカの母で魔物に囚われているマーサに賀来千香子さんが決定しました。

5人から届いた、『ドラゴンクエスト』に出演するにあたっての熱いコメントにも注目です! リュカを取り巻くキャラクター達がどのように表現されているのか、ご期待ください。

まだ発表となっていないボイスキャストも近日発表予定! 続報をお楽しみに!!

アニメイトタイムズからのおすすめ

キャラクタープロフィール&ボイスキャスト陣からのコメント

サンチョ/ケンドーコバヤシさん

パパスに忠誠を誓い、共に世界を旅している。

リュカのことを“坊ちゃん”と呼び、成長を見守っている

【ケンドーコバヤシさんからのコメント】
お話を頂いた時、果たして僕の役はフローラなのか、ビアンカなのかと思い、背中に汗が流れた思い出があります。

よくよく考えれば、フローラとビアンカ、どっちを選ぶかで同級生が喧嘩をしていたのが良き思い出です。

そんな中、ここで再び選択するのかと心臓がバクバク言う中、「サンチョです」と言われ、思わず「良かった」とつぶやいてしまいました。

私生活では人の言うことを聞かない僕ですが、サンチョを演じている間は、主人の為ならなんでもする所存です。

映画をお楽しみください。

プサン/安田顕さん

リュカとヘンリーが魔物の元から脱出する手引きする。

魔物が力をつけてきていることを危惧

【安田顕さんからのコメント】
ドラクエ I は、小学生の頃でした。

兄がファミコンのコントローラーを握る背中越しに、ブラウン管に広がる世界に夢中になりました。

最近、ドラクエXIにプレステで夢中になる娘の背中越しに、モニターに広がる世界を見つめながら、共有できる喜びを得ました。

時代を超えた伝説に参加できることに心より御礼申し上げます。重要なポジションを任せていただきました。

心より感謝申し上げます。

映画館で観る日が楽しみで仕方ありません。

ルドマン/松尾スズキさん

サラボナの大富豪で、フローラの父。

町を脅かす魔物ブオーンに手を焼いており、ブオーンを討伐できたものをフローラの婿とし、跡継ぎに迎えるという条件を出す。

【松尾スズキさんからのコメント】
若い頃、会社を辞めてプータローを決め込んでいた頃、3畳の部屋でずっぷりファミコンのドラクエにはまっておりました。

ファミコンから伸びたニクロム線をテレビのアンテナに巻きつける作業も今では懐かしい思い出です。

復活の呪文を書き間違えて、当時の彼女と血で血を洗う喧嘩をしたのも、また懐かしい。まさか、その頃は、それが映画化されて、自分がその出演者になるとは思いもしませんでした。

胸熱というやつです。しかし、難しかった。キャラを演じる気恥ずかしさを瞬時に体から追い払うのに力が必要でしたが、楽しかったです。

スラりん/山寺宏一さん

初めてリュカの仲間となるモンスター。

何時も一緒に行動をしているので息もピッタリ。

【山寺宏一さんからのコメント】
山崎総監督と八木監督のコンビとは『friends もののけ島のナキ』以来となるのですが、僕はあの作品が大好きだったのでまたご一緒できることをとても嬉しく思っています。

「ドラゴンクエスト」は「ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔」というゲームの中で魔王ジェイムという役を担当させていただいて以来の参加となりますが、世界中で支持されている作品の初のフル3Dアニメーション映画化に参加することが出来てとても光栄に感じています。

映像を観てそのクオリティに驚きました、そして、スラりんもシンプルなフォルムなのにとても表情が豊かなので色々な声で演じました。

ゲームをずっとやっていらっしゃった方達には夢のような世界がスクリーンで繰り広げられると思いますし、世界中が驚く作品になっていると思います。

映画の完成が楽しみで仕方ないです。

マーサ/賀来千香子さん

リュカの母であり、パパスの妻。

魔物にさらわれ、現在は消息不明。

【賀来千香子コメント】
ドラゴンクエストは、長い間、幅広い支持を得て、沢山のファンを魅了し続けている特別な作品ですよね。

この壮大なストーリーに私も参加させていただける事を本当に光栄に思っています。

マーサは"正しい人"という印象です。

慈愛に満ち溢れ、ゆるぎない強さを秘め、不思議な能力を持った選ばれた存在。

そういう雰囲気が出せたら…、と思いました。

山崎総監督をはじめ、素晴らしいスタッフに見守られ、素敵なキャストの皆様と収録をしているうちに、私自身、何かほとばしるような、不思議な感覚にとらわれました。

おかげ様で私にとっても、"特別な作品"になりました。

作品情報

原作・監修:堀井雄二
音楽:すぎやまこういち
総監督・脚本:山崎貴
監督:八木竜一 花房真
キャスト:佐藤健 有村架純 波瑠 坂口健太郎 山田孝之
ケンドーコバヤシ 安田顕 古田新太 松尾スズキ
山寺宏一 井浦新 賀来千香子 吉田鋼太郎
製作:2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会
配給:東宝

公式HP
公式Twitterアカウント(@DQ_MOVIE)

イントロダクション

1986年に第1作が発売されて以来、現在シリーズ累計の出荷・ダウンロード販売本数が7800万本を突破している日本を代表する国民的RPG「ドラゴンクエスト」。

現在までに80を超えるシリーズ作品が発表されている中で、“親子三代にわたって魔王を倒す”“結婚相手を選ぶ”など、大河ドラマのような人生を体感できる作品として、発売から25年以上経った今でも特に愛され続けているのが「ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁」(1992年発売)。

そのストーリーを原案にVFXの第一人者である山崎貴(『ALWAYS 三丁目の夕日シリーズ』『永遠の0』『STAND BY ME ドラえもん』監督・脚本など)が総監督・脚本を手がける、ドラゴンクエストシリーズ初のフル3DCGアニメーション映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』がこの夏スクリーンに登場! 監督には八木竜一(『friends もののけ島のナキ』『STAND BY MEドラえもん』監督)と、花房真(『STAND BY MEドラえもん』アートディレクター)。

そして本作の原作・監修を務めるのは、ドラゴンクエストの生みの親であるゲームデザイナー・堀井雄二! 音楽は、ゲーム音楽の領域を超えて愛される名曲の数々を紡ぎ出し、ドラゴンクエストを支えてきたすぎやまこういち! まさに夢のスタッフがパーティを組んで、伝説的名作に新たな生命を吹き込み、あの感動をスクリーンに鮮やかによみがえらせます!

公開日

2019年8月2日(金)全国東宝系にてロードショー

「ドラゴンクエスト」シリーズとは

「ドラゴンクエスト」シリーズは、プレイヤー自身が主人公となり、世界を脅かす魔王を倒すために壮大な冒険物語を紐解いていくという、日本を代表するロールプレイングゲーム(RPG)です。

「ドラゴンクエスト」シリーズは、1986年に発売されたファミリーコンピュータ用ソフト『ドラゴンクエスト』から、2017年に発売された『ドラゴンクエストXI』まで、一貫した王道のRPGの世界観を守っていく一方で、3Dマップの採用、ワイヤレス通信を使った「すれちがい機能」の搭載、オンライン対応、クラウドプレイの対応など、それぞれのタイトルで時代に即した技術を用いた新しい遊びの創造に挑戦をしているタイトルでもあります。

また、I~XIの他にも、モンスターの育成・対戦要素に特化した「ドラゴンクエストモンスターズ」シリーズ、リアルな表現でキャラクター達を自在に操るアクションRPGである「ドラゴンクエストヒーローズ」シリーズなど、80を超えるタイトルが発売され、全世界でシリーズ累計7800万本以上の出荷・ダウンロード販売を達成しています。

原作・監修 堀井雄二(ほりいゆうじ) プロフィール

1954年兵庫県生まれ。ゲームデザイナー。
早稲田大学第一文学部を卒業後、雑誌、新聞などのフリーライターを経て、1982年、エニックス(現スクウェア・エニックス)主催の「ゲームプログラミングコンテスト」入賞をきっかけにゲームデザイナーへの道を歩みはじめる。1986年、シリーズ第1作目となる『ドラゴンクエスト』を発表。その3作目となる『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』は、さまざまな社会現象を引き起こすほどの大ヒットとなり、以後、つねにゲーム業界の第一線で活躍している。なお「ドラゴンクエスト」シリーズは、これまで全世界で累計7800万本以上売り上げている。

主な作品:「ドラゴンクエスト」シリーズ、「ポートピア連続殺人事件」、「いただきストリート」シリーズなど。

音楽 すぎやまこういち プロフィール

1931年、東京都生まれ。作曲家。
大学卒業後、文化放送を経て1958年、開局1年前にフジテレビ入社。ディレクターとして「ザ・ヒットパレード」などの番組を手がける傍ら作曲家としての活動も始めた。
「亜麻色の髪の乙女」「花の首飾り」「恋のフーガ」「学生街の喫茶店」など多くのヒット曲、CM、アニメ、映画音楽、器楽曲、東京・中山競馬場の発走のファンファーレ、マーチなど幅広いジャンルの音楽を手がけている。現在は、「ドラゴンクエスト」シリーズの音楽をすべて担当している。

総監督・脚本 山崎貴(やまざきたかし)プロフィール

1964年6月12日生まれ、長野県出身。
2000年『ジュブナイル』で映画監督デビュー。CGによる高度なビジュアルを駆使した映像表現・VFXの第一人者。
2005年には『ALWAYS 三丁目の夕日』が第29回日本アカデミー賞において計12部門で最優秀賞を受賞し、後にシリーズ化されるなど大ヒットを記録。
その後も『SPACE BATTLESHIPヤマト』(10)、『STAND BY ME ドラえもん』(14/八木竜一と共同監督)など、多くの大作・話題作を手掛け、中でも『永遠の0』(113)は、2014年年間邦画興行収入No.1のメガヒットとなった。
今や日本を代表する映画監督の1人として、大きな注目を集めている。
公開待機作に『アルキメデスの大戦』(7/26公開)がある。

(C)2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会
(C)1992 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
おすすめタグ
あわせて読みたい

ドラゴンクエストの関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|女性声優
アニメイトオンラインショップ|男性声優
アニメイトオンラインショップ|アイドル作品
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年冬アニメ一覧 1月放送開始
2018年秋アニメ一覧 10月放送開始
2019春アニメ 声優一覧
続編決定まとめ
第十三回 声優アワード(2018年度)
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
2019冬アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
男性声優/女性声優一覧