menu
アニメ
【夏アニメ特集】『ギヴン』佐藤真冬役・矢野奨吾インタビュー

【夏アニメ特集】『ギヴン』佐藤真冬役・矢野奨吾さんインタビュー|BLを知らない人にぜひ見てもらいたい“青春群青劇”ーー真冬にしか出せないものを大事に表現したい

音楽と恋は切っても切り離せないと思う。

単純に放り投げられた言葉はキャッチしなければいけないが、音楽を通した言葉は心に流れ込み、いつの間にか一番大事なところに寄り添ってくれる。

あの曲を歌うあの人が好き。あの曲を聞けばあの人のことを思い出す。あの人が好きなあの曲が好き。

ふと、そんなことを感じさせてくれたのが、2019年7月よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送開始となるTVアニメ『ギヴン』だ。

ノイタミナ初のBLコミックを原作とする作品、そしてバンドもの作品ということで、注目度が高い作品でもある。

今回は、そんな『ギヴン』の主人公・佐藤真冬役で初主演となる声優・矢野奨吾さんにインタビューを実施した。

「真冬のことを考え続けた」と語る矢野さん。彼の目に映った『ギヴン』の世界とは。

アニメイトタイムズからのおすすめ

夏アニメインタビュー特集

●『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』浪川大輔&上田麗奈インタビューはこちら

●『戦姫絶唱シンフォギアXV』立花響役・悠木碧インタビューはこちら

他作品のインタビューも続々追加予定!

『ギヴン』は青春群像劇。真冬にしか出せないものを大事に表現したい

――アニメ化発表のティザーPVで真冬の息を吸い込む音を聞いた瞬間、本当に鳥肌が立ちました。

矢野奨吾さん(以下、矢野):わぁ~嬉しいです! ありがとうございます!

――今回、ノイタミナ初のBLコミック原作の作品となりますが、出演が決まったときのお気持ちはいかがでしたか?

矢野:ノイタミナ枠で放送されていたアニメは僕も昔から大好きで、クオリティが高い作品ばかりだと思います。

その中でも初めてのBLコミック作品という新たな挑戦の中に携わらせていただいたことを嬉しく思いますし、初めて主役をやらせていただく大きな喜びもあります。

ただ、“ノイタミナで大人気作の初主演”と考えすぎてしまうのは萎縮してしまってよくないので(笑)。

そこはあまり気にしないようにして、自分のできることを精一杯にやろうと思っています。

――原作を読まれて、どのような感想を持ちましたか?

矢野:最初に読ませていただいて、“青春群像劇”だと思いました。BL作品にあまり触れたことがなかったのですが、BLを知らない僕が読んでもとても面白くて魅力的で。

誰かを好きになったり、好きになってもらいたかったり、そんな葛藤がキャラクターたちやバンドを通して見えてくるんですが、それはどこにでもある日常だなと感じました。

『ギヴン』はその日常がすごく綺麗に、とても繊細に描写されている作品です。キャラクターがとても生き生きとしていて、まるで、その場所にいるかのように感じます。

BL作品というよりも、一生懸命みんなが葛藤して頑張っている“青春群青劇”という印象が強かったです。

――そんなキャラクターたちの中でも、矢野さんが演じる“佐藤真冬”は物語の軸になる存在です。どのような印象を受けましたか?

矢野:よく寝る子だなと(笑)。

――(笑)。

矢野:真冬が抱えている過去がとても複雑なので、原作を読んでその過去を知ってしまった以上、「難しい役なのかな」「どのように接していけばいいのかな?」と思っていました。

なので、まずは“自分とリンクするところを探そう”と。例えば、大切な人やものですね。それから真冬が作中で抱く感情です。

繋がりを失ったときは、誰にも言えないですし、自分が何をしたいのかも分からなくなる。

頭では理解したつもりだけど体がついていかないという瞬間は僕もよくありますし、みなさんも経験したことがあると思います。

そういうことを考えていくと、真冬は1人の男子高校生なんだなと感じたので、すんなり役に入ることができました。

――なるほど。真冬は特別な存在ではなく、普通の男子高校生だと。

矢野:はい。真冬は小さい頃に辛い経験をしたこともあり、他の人よりも内向的で口数が少ないキャラクターです。

でも、ギターの音を聞いて「ギターを弾きたい!」と強く思ったり、友達とバスケットをして「楽しい」と笑顔を見せたりするところもあって。

過去は複雑だけど、他の高校生と何も変わらない1人の男子高校生だな、と思いました。

――公式サイトにも掲載されている矢野さんのコメントでは「真冬にしか歌えない歌を、大切に表現したいです」とおっしゃっていましたね。“真冬にしか歌えない歌”とは、矢野さんにとってどういうものなのでしょうか?

矢野:真冬はプロの歌手でもなければ、今まで歌を歌ってきた人間でもないので。

自分の魅力や才能にまだ気づいていない状態なので、技術があるような歌い方ではなく、自分の感情や想いがそのまま真っ直ぐ歌に乗っているところが彼の歌の魅力だと思っています。

自分が生きてきた辛い過去を周囲に伝えたいのか、そうじゃないのか、それも分からない。

心が整理できないまま、日常生活を生きていかなければならない現状に彼なりに苦しんで、自分が今どうしたいのか分かっていない中で、上ノ山立夏(CV:内田雄馬)のギターを聞いて「自分も音楽がやりたい!」と思うようになって。

――実際に辛い経験をし、もがき続けた真冬だからこそ歌える歌なんですね。

矢野:技術とかではなく、その想いを真っ直ぐ歌に乗せて伝えることが真冬にしか出せないものだと思ってるので、そこは大事に表現したいと思っています。

おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019秋アニメ おすすめランキングまとめ!
2019秋アニメ 最速放送日
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー