menu
映画
映画『ワンピース スタンピード(ONE PIECE STAMPEDE)』声優 山口勝平インタビュー

映画『ワンピース スタンピード(ONE PIECE STAMPEDE)』声優 山口勝平さんインタビュー|「ウソップに憧れる部分は、最後に踏みとどまれる その勇気」

2019年8月9日(金)より、劇場版『ONE PIECE STAMPEDE(ワンピース スタンピード)』が全国公開されます!

尾田栄一郎さん原作による『ONE PIECE』は、週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載中の人気コミックで、連載開始から22年目を迎える作品です。

TVアニメの放送は1999年にスタートし、今年で放送20周年。そんな20周年を記念した『ONE PIECE STAMPEDE』は、劇場版としては3年ぶり、第14作目の作品。今作も尾田栄一郎さんが監修として制作に参加し、原作キャラクターの衣装やオリジナルキャラクターのデザインを手掛けています。

映画の公開を記念して、ウソップ役の山口勝平さんにインタビュー! 作品やキャラクターの見どころはもちろん、大塚隆史監督の魅力から、ロビン役・山口由里子さんからのメッセージのお答えまで、たっぷりと語っていただきました。

アニメイトタイムズからのおすすめ

あらすじ

海賊の、海賊による、海賊のための、世界一の祭典「海賊万博」。万博の主催者ブエナ・フェスタからの招待状を手にしたルフィたち麦わらの一味。会場には世界中から海賊が群がり、万博の目玉である「海賊王(ロジャー)の遺した宝探し」で、お宝争奪戦が繰り広げられる。

しかし、海賊たち熱狂する万博の裏には、別名「最悪の戦争仕掛け人」フェスタの企みがあった。お宝争奪戦が熱を帯びる中、元ロジャー海賊団「“鬼”の跡目」と呼ばれた男ダグラス・バレットが乱入し、ルフィたちの前に立ちふさがる。

さらに、スモーカー、大将”藤虎”イッショウ、”黄猿”ボルサリーノといった海軍、王下七武海”海賊女帝”ハンコック、”世界最強の剣士”ミホーク、”元王下七武海”クロコダイル、”革命軍参謀総長”サボ、”CP-0”ロブ・ルッチまでもが其々の目的のため姿を現す。お宝争奪戦と海賊万博は、予測不能の大混乱へと陥って行く!

今作はアニメチームが意地を見せたタイトルに繋がる熱い映画

――最初に台本を読んだ感想をお聞かせください。

山口勝平さん(ウソップ役/以下、山口): これまでの20年を振り返るようなキャラクターがたくさん出てくるので、派手さを感じました。そして、多くのキャラクターたちを巻き込んで物語が展開されるので、いろいろな期待や楽しみもありました。

その期待のひとつは、大塚隆史監督です。僕と大塚監督は『ふたりはプリキュア Splash Star』からのお付き合いなんですが、その時からすごい方だと思っていたんです。だから、いつか大塚監督に『ONE PIECE』の劇場版をやってほしいという気持ちがあって、今回それが叶ったのは嬉しかったですね。

――山口さんが感じられた大塚監督の魅力はどんなところですか?

山口:見せ方です。アクションはもちろんなんですけど、パース(遠近感を表現するための絵画の技法)の取り方がTV向けじゃないんですよ。大塚監督が手がけているTVシリーズの『プリキュア』を観た時に、劇場版のパースの取り方だと感じました。例えば、人物が足を踏み出す時に、足をデフォルメして描く。極端なパースを付けて迫力を出すというのは、映画ならではの横長スクリーンでやる手法です。

大塚監督は『ONE PIECE』のTVシリーズや、『ONE PIECE Log Collection Special ONE PIECE エピソードオブ東の海~ルフィと4人の仲間の大冒険!!~』を手がけていたので、今作は満を持しての劇場版なんです。

パースの取り方について語るなんて、声優の意見じゃないですね(笑)。ただ、僕は毎週ホワイトボード(ONE PIECE.com「アニメONE PIECEの現場から」にて毎週ホワイトボードのイラスト&メッセージを担当)を描かされているので、パースも気になるところなんですよ。

――他に今作で期待していたことはありましたか?

山口:オールスターを登場させ、海賊万博というステージで海賊王ゴール・D・ロジャー(CV:津嘉山正種さん)の宝をかけて、みんなで戦うという設定を聞いた時に、うまいこと考えたなと思いました(笑)。それは今までの『ONE PIECE』の総ざらいにもなるし、海賊王ゴール・D・ロジャーというキーワードを出すことによって、今までの海賊たちが一堂に会するという理由づけもできますし、その設定にも期待しました。

それから、今作にはキャラクターだけではなくて、ノックアップストリーム(突き上げる海流)とか、懐かしいものも出てくるので、その辺りも楽しいですね。以前の空島編の時は、ノックアップストリームを乗り切るために、ゴーイングメリー号のフライングモデル(ニワトリデザイン)を使ったんですけど、今作はサウザンドサニー号のフライングモデル(ペンギンデザイン)になっているんです。

プラモデルも出ていて、めっちゃかわいいですよ! この間チェックしてきたんですけど(ONE PIECE.com「山口勝平Presents! ウソップの、これはホントだ!」に掲載)、サニー号にもなるし、付け替えればフライングモデルにもなるので楽しい! フライングモデルは飛べない鳥シリーズなんです。僕は「ヤンバルクイナでも、よかったんじゃないか」と言ったんですけど、それはマニアックすぎるという話になりました(笑)。

『ONE PIECE』の世界に放り出されたら、多くの人がウソップと同じ立場

――今作はウソップが大活躍ですね。

山口:今作はウソップが重要なポジションにいると思う方が多いかもしれませんけど、よく考えてみたら、いつものポジションです(笑)。それがとても『ONE PIECE』らしいですね。

とはいえ、ウソップの魅力が満載です。最初の麦わらの一味登場シーンではムードメーカーなところもあり、中盤ではギャグ担当あり、終盤ではシリアスな部分もやらせてもらえました。しかも、ルフィ(CV:田中真弓さん)のやる気スイッチを押すというおいしい役どころでしたね(笑)。

――他のキャストさんも「今作はウソップに泣かされた」「ウソップがおいしい役どころ」と仰る方が多いです。

山口:僕は麦わらの一味のシーンの中では、映画の冒頭に出てくる平和なシーン、何でもない時間を船の上で過ごしている描写というのがすごく好きなんです。

でも、今作でいえば、ウソップの一連の行動というのは、傷ついたルフィを叱咤激励するわけではなく、「こいつは海賊王になる男だ」という信念を持って、ついていくという部分なのかなと思います。

ウソップは作品を通して見ても、ポイントごとにおいしいところをもらえるキャラクターです。『ONE PIECE』はルフィが海賊王に向かって成長していくストーリーなんですけど、ウソップもルフィと同じくらい成長していかなくてはいけないキャラクターだと思っています。

麦わらの一味の中で、ルフィに一番近いところにいるのも、実はウソップじゃないかなと思うところもあるんです。東の海からの付き合いというのもありますし、インペルダウン編の時もルフィが苦しんでいる時に、自分が近くにいてあげられないと嘆くところもありました。

これは僕の憶測なんですけど、ルフィとシャンクス(CV:池田秀一さん)の間で、麦わら帽子を返すという約束をしているので、いつか返しにいくでしょう。その船(シャンクス率いる赤髪海賊団の船)には、ウソップの親父が乗っているんですよ。ウソップにとっても、お父さんを超えることにもなりかねないので、僕自身はしっかり成長させてあげなくてはいけないキャラクターだと思っています。

――ウソップはところどころで成長を感じさせる場面がありますね。

山口:『ONE PIECE』の中で、読者や視聴者が自分を投影するキャラクターなのは、実はウソップなんじゃないかなと思うんです。今、『ONE PIECE』の世界に放り出されたら、たぶん多くの人がウソップの立場なんですよ。

周りはすごい奴ばかりで敵わないし。強い奴が次から次へと出てきたら、自ずとウソップになると思うんです。自分よりも明らかに強い奴がいたら、逃げたくもなるし、戦いたくもない。でも、そこでしっかり踏みとどまれるウソップはすごいなと思います。

だから、ルフィやゾロ(CV:中井和哉さん)やサンジ(CV:平田広明さん)のような強い奴とか、かっこいい奴とか、そういうタイプに憧れる。その憧れは、どこかで自分もあんなふうになりたいという感情なのかなと思います。ウソップは成長していける幅が広く、実際にもとても成長していますけど、根幹は変わっていないと感じています。

――ちなみに、長年ウソップを演じられている山口さんですが、麦わらの一味のキャラクターの中でご自身に一番近いキャラクターというのはどなたですか?

山口:絶対にウソップですよ。彼は臆病なところもあるし、痛いのは嫌ですから、自分に近いところもありますね。ウソップに憧れる部分は、最後に踏みとどまれる、その勇気です。勇気という部分に関しては、『ONE PIECE』の中でウソップが1番だと思いますね。ウソップには無様なかっこよさがありますよね。内面のかっこよさというと、ちょっと言いすぎかもしれないですけど(笑)。

他のキャラクターは自分たちが強いという確証も持った上で、敵に挑んでいけるけど、ウソップはそれがないですからね。アーロン編での「今ここで全力で戦わなかったおれにあいつらと同じ船に乗る資格なんてあるはずねェ!!! あいつらと本気で笑いあっていいはずねェ!!!!」というセリフのままなんでしょうね。でもそれは、ものすごく勇気のいることだと思います。

(C)尾田栄一郎/2019「ワンピース」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019秋アニメ おすすめランキングまとめ!
2019秋アニメ 最速放送日
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー