menu
アニメ
秋アニメ『俺好き』駱駝×山下大輝 対談|普通のラブコメではない斬新な作品

秋アニメ『俺を好きなのはお前だけかよ』原作・駱駝先生×ジョーロ役・山下大輝さん対談|普通のラブコメではない斬新な作品、声優陣のはっちゃけた演技にも注目

 

ジョーロを演じる山下さんに先生が思っていること。そしてジョーロを演じる難しさ

――山下さんが演じるジョーロの演技を聞き、ご覧になった感想はいかがですか?

駱駝:情緒大丈夫かなと。

山下:書いているのですが、まさか、山下さんがあそこまでやるとは……。そろそろサイコパスの域に突入しているんじゃないかと。

駱駝:そろそろサイコパスの域に突入しているんじゃないかと。

山下:それは全員に言えますよ。

駱駝:特にヤバいのは山下さんか三澤さんかな。完全におかしくなちゃったんじゃないかなと心配になることもあります(笑)。ジョーロ君の演技はいくつもの面を表現しないといけないので難しいんですよね。

1つめは明るくてさわやかなキャラでこれはそれほど難しくないかもしれないけど、2つめのダークな部分はカッコイイままだと合わないので、カッコよさとカッコ悪さのバランスをとるのは大変だろうなと思っていたら、オーディションで山下さんが上手にやられていて。これはもう山下さんしかないですねってなりましたよ。

山下:うれしい!

駱駝:たまにはちょっとまじめなことも言っておこうかなと気を遣ってみました。

山下:ビックリしました。別人が話しているんじゃないかなと思った(笑)。

駱駝:やればできる子だから(笑)。山下さんは、カッコいいところはカッコよく、カッコ悪いところはカッコ悪くとバランスをうまくとっているのはすごいと思うし、ボケるところはとことんボケてくれて、コントロールルームでは爆笑させてもらってます。「あっ、始まったな」と。

 

3人娘の演技もイメージ通り。先生が抱く中の人の印象とは?

――3人娘を演じる女性陣の演技についてはいかがですか?

駱駝:皆さん、キャラのイメージにピッタリで。違うなと思う人は一人もいなくて……あっ、3人娘以外なのですが1人いましたね(笑)あるキャラは私のイメージでは高いカッコいい声だったけど、実際は別のベクトルでのカッコよさでしっくりきて、「ああ、こういうのもありだな。っていうか、かっこよすぎる!」と納得できて。自分のイメージとは違うけどカッコよくて、この人にやってもらえてよかった!というキャラはいました。

では3人娘の話をすると、(パンジー役の)戸松(遥)さんはものすごく上手でイメージ通りのことをやってくれて。パンジーはすべてを見通しているような賢さがあるけど、中身の戸松さんがたまにとんでもない天然ボケをかましてくるんですよね。

山下:漢字の間違いと読み間違い。

駱駝:間違いに気が付きつつも貫き通そうとして、ジョーロではなく、山下さんとしてツッコんだことがありますよね。

山下:「本当に何を言ってるんだよ!」って(笑)。

駱駝:三澤さんはキャラ的に情緒不安定なところ以外だと(笑)、ストイックなイメージがありますね。徹底して、しっかりやるなと。でも収録中、頻繁に「すいません」を口にするので、「ウド鈴木さんかよ」と思うことはよくあります(笑)。

山下:確かによく言っているかも。

駱駝:白石さんは、元気で明るい子をやってくれていますが、ご本人はおとなしい方なので、「はっちゃけってるな」と。そして「まじめだな」と。


 

先生が脚本を書く時に意識しているのはテンポ感

――先生はアニメのシリーズ構成、脚本も手掛けてられていますが、大切にしている点や意識されていることはありますか?

駱駝:会話のテンポの良さをできる限り、意識しました。また原作のアニメ化の場合、縮小版にしてしまうとつまらなくなってしまうので、原作のいいとこどりをしつつ、いろいろな要素も詰め込んだり、アレンジしたりしてます。あと1、2話の頃に比べて、後半は書き慣れてきたかなと。まともになっているような、いないような(笑)。

――小説の執筆と脚本はまったく違うものかなと思うんですけど、できてしまうのがすごいですね。

駱駝:担当編集さんの力が強いですね。毎回、私が書いた脚本を提出する前にチェックしてくれて、その後に色々と指摘もしていただけて。一度、丁寧にブラッシュアップをしてから脚本会議に出すという体制を最後までしていただけて、非常に感謝です。

――映像はもうご覧になられたんですか?

駱駝:まだなんです。収録がかなり先行している状況で、声優さんの演技に絵を合わせようということもあって。

プロデューサー:尺も余裕を持って録っているし、セリフに合わせて絵や演出を直すところもあったりするので。

――キービジュアルの3人の娘のかわいさ、クオリティを見ると期待感が止まりません!

山下:どう動くのか、楽しみですね。特に顔芸のところは(笑)。きっとみんな、表情豊かに描いてくださるんじゃないかなと思います。


 

お二人のお気に入りキャラは……

――ちなみに先生の個人的なお気に入りキャラを教えていただけますか?

駱駝:スタッフの皆さんならピンとくると思いますが、たんぽぽです。

山下:ちょこちょこ出てきて、奇声を発してますよね。

駱駝:作品を盛り上げていくうえでも貴重で。原作の4巻で初めて登場した時、たんぽぽが出てくると絶対おもしろいシーンが書けるんです。この子がいてくれたおかげで助かったなと感謝するくらい、裏表がない、一番素直で純白な……ヤバいヤツです。まあ、まともなキャラがいるのかと言われればいないんですけど(笑)。

山下:確かに(笑)。

プロデューサー:(笑) 一応、たんぽぽ以外も挙げてもらえますか?

駱駝:じゃあネタ枠は置いておくとして、僕のお気に入りはジョーロです。

山下:本当ですか?

駱駝: ジョーロ君がいてこそ成り立つ話ですからね。その分、山下さんの負担がモリモリと大きくなってしまったわけですが。キャラクターとして、あそこまで女の子に気を遣わないで、何でも素直に言ってくれるのは描いてても清々しいです。まぁ、あそこまでの目にあったら言うよねという事前準備はあるわけですけど。

山下:さすがに言うよなというところは確かにありますね。

 

1話のAパートとBパートからジョーロに大きなギャップが!?

――ジョーロはお話が進んでいくと見え方が違ってきますよね。

山下:1話からまったく変わりますからね。AパートとBパートで。

プロデューサー:Bパートのジョーロは僕らが想定したものと違うものをやられて。

駱駝:あれはすごかったですね。コントロールルームでも大爆笑&大喝采でした。

山下:ジョーロはいろいろな表情を見せてくれるので、僕も毎回、新しいジョーロに出会えている気がします。友情に対して純粋に、まっすぐに向き合っている子で……。

駱駝:そこだけね(笑)。

山下:恋愛に関してはクズみたいなところがあるけど、友情を育む部分はちゃんとできているなと思っているので、僕もしっかり相手に届くように、会話として成り立つようにしないとダメだなと。そうじゃない部分でははっちゃけないといけなくて、リアクションやツッコミとか。

駱駝:恋愛面はいくら失敗しても懲りないし、反省もしないという。

山下:毎回変わるから演じていても楽しいし、チャレンジをさせてくれるキャラで。そんな彼がいることで、周りのキャラたちが思い切りお芝居してくれたらいいなと思っています。まず僕が思い切りやらないと。

 

各キャラの言動に納得させる文脈と良くも悪くも悪い部分も見せること

――この作品のおもしろさの1つは、各キャラの内面や言動の理由が明らかになるところで、サスペンスではないけど、ビックリさせられることが多くて。

山下:序盤は驚かされることが多いですね。

駱駝:私自身はビックリさせるというより、納得させるイメージが強いですね。視聴者の方がどんでん返しを感じるとしたら、今までラブコメを見てきて、「こういうキャラってこうだよね」という固定観念があるからだと思います。良くも悪くも汚いも綺麗な部分をしっかり見せるというスタイルですから。

山下:すごいですね。それが好きなところでもあります。

――あと「俺は、すべてのラブコメを過去にする」というキャッチもインパクトが大きいですね。

山下:パワーワードですよね。

駱駝:私が考えたんじゃないですけどね。見た時、「なんてモノを書きやがったんだ」と。

山下:アレを考えた方はそう感じたんでしょうね。

駱駝:ですが、最終的なGOサインを出したのは私でもあるので、責任を取って、過去にできるくらいの勢いで盛り上げられる作品にできたらと思って、みんなで作っています。

山下:キャッチに負けない、パワーのある作品になったと思います。

 

まずは1話のAパート終わりまで見てください。声優陣のはっちゃけた演技にも注目を!

――ではオンエアを楽しみにされている皆さんへメッセージをお願いします。

山下:とにかく今までに触れたことがない斬新な作品で、普通のラブコメではありません。3人娘のかわいいキービジュアルからはまったく想像できないことばかりで(笑)。でも僕はめちゃめちゃ大好きです。

駱駝:ありがとうございます。

山下:リアルな気持ちってこうだよなと共感、納得できるし、演じていても気持ちの流れが作りやすく、全力でツッコませてくれる台本なので、僕も思い切り挑めるし、キャスト陣みんなの全力が聞けると思います。

実際、他のキャストの方々も今まであまりしたことがないお芝居をされているんじゃないかなと。最後の最後まで展開が読めないので、キャストとしてだけではなく、いちファンとしても毎回、台本をいただくのが楽しみなんです。駱駝先生自ら、僕らにどんな世界を見せてくれるのか、皆さんと一緒にワクワクしながらオンエアを待ちたいなと思っています。

駱駝:アニメでこの作品に初めて触れる方にお願いしたいのは、まずは1話のAパートの最後まで見てください。1話全部なんて、ぜいたくなことは言いません。

山下:Bパートからが本番な気もしますけど(笑)。

駱駝:そうなんです。だからAパートのラストにしっかりとそのメッセージを込めていますし、まずはAパートを、次に1話全部見て、「おもしろそうだな」と思ったら続けて見ていただければ。

そして山下さんがおっしゃられていたように、声優の皆さんが結構、壊れた演技をされています。今のところ、まともなのは1人かな?(笑) 他の人達ははっちゃけていて。アフレコの時に「何でもいいからおもしろいことをやって!」と雑な指示を出すこともあるくらいで。それに皆さん、頑張って応えてくださっているので、声優さんの今までにない演技にもご期待ください。

また既に原作を読んでくださっている方は展開がわかっていると思いますが、その代わりに、原作ファン向けの本筋とあまり関係のない細かすぎるアニメオリジナル要素も加わっているので、そこも楽しんでいただけたらうれしいです。

 

TVアニメ『俺を好きなのはお前だけかよ』作品情報

放送情報

TOKYO MX :10月2日(水)より 毎週水曜24:30~
とちぎテレビ :10月2日(水)より 毎週水曜24:30~
群馬テレビ :10月2日(水)より 毎週水曜24:30~
BS11 :10月2日(水)より 毎週水曜24:30~
テレビ愛知 :10月2日(水)より 毎週水曜26:05~
読売テレビ :10月7日(月)より 毎週月曜26:29~

※放送・配信日時は編成の都合等により変更となる場合がございます。予めご了承ください。

STAFF

原作:駱駝(電撃文庫刊)
原作イラスト:ブリキ
監督:秋田谷典昭
副監督:守田芸成
シリーズ構成・全話脚本:駱駝
キャラクターデザイン:滝本祥子
美術監督:諸熊倫子
背景スタジオ:スタジオ天神
色彩設定:岡亮子
撮影監督:廣岡岳
撮影スタジオ:Nexus
3D監督:齋藤威志
3DCGスタジオ:ワイヤード
編集:坪根健太郎
編集スタジオ:REAL-T
音響監督:郷文裕貴
音響効果:中野勝博
録音調整:八巻大樹
音楽:藤澤慶昌
音楽制作:Aniplex
アニメーションプロデュース:BARNUM STUDIO
アニメーション制作:CONNECT
製作:「俺好き」製作委員会

CAST

如月雨露(ジョーロ):山下大輝
三色院董子(パンジー):戸松 遥
日向 葵(ひまわり):白石晴香
秋野 桜(コスモス):三澤紗千香
大賀太陽(サンちゃん):内田雄馬
羽立桧菜(あすなろ):三上枝織
洋木茅春(ツバキ):東山奈央
カリスマ群A子:斉藤朱夏

関連商品

【主題歌】TV 俺を好きなのはお前だけかよ OP「パパパ」/斉藤朱夏 期間生産限定盤

【主題歌】TV 俺を好きなのはお前だけかよ OP「パパパ」/斉藤朱夏 初回生産限定盤

【主題歌】TV 俺を好きなのはお前だけかよ OP「パパパ」/斉藤朱夏 通常盤

 
公式サイト
公式Twitter

(C)2018 駱駝/KADOKAWA/「俺好き」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年 冬アニメ一覧 1月放送開始
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2020年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021冬アニメおすすめランキングまとめ! 結果発表!
2021冬アニメも声優で観る!
2021冬アニメ最速放送日
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング