menu
映画
『ヒロアカ』劇場最新作:爆豪勝己役 岡本信彦インタビュー

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』爆豪勝己役 岡本信彦さんインタビュー|清々しい心地良さや達成感を感じていただけるはず――

『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)での連載に加え、TVアニメシリーズ第4期も好調な『僕のヒーローアカデミア』。その劇場版最新作『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』が現在全国公開中!

次世代ヒーロー育成プロジェクトとして1年A組全員が離島でヒーロー活動に励むことに。しかし平和だった島に謎の敵<ヴィラン>が襲来。プロヒーローもいない中、デクたち1年A組はどう立ち向かっていくのか?

劇場版公開を記念して、アニメイトタイムズでは出演キャストへの連続インタビュー企画をお送りしています。第3弾にご登場いただくのは爆豪勝己を演じる岡本信彦さんです!


 
▼第1弾&第2弾のインタビューはこちら!
『ヒロアカ』劇場版最新作:轟 焦凍役 梶 裕貴インタビュー
『ヒロアカ』劇場版最新作:飯田天哉役 石川界人インタビュー
 
アニメイトタイムズからのおすすめ

前作の劇場版から1年という早さと今までの戦いを圧倒するバトルに驚き!

――今回、2回目となる劇場版制作が決まった時の感想は?

爆豪勝己役 岡本信彦さん(以下、岡本):発表がサプライズだったのでビックリしましたし、早いなと思いました。TVシリーズをやりながら劇場版を1年間に1本作ることが可能なのだろうかと怖かったです。監督やアニメーターさんが大変だなと心配だったけど、無事に完成したことが驚きです。

――劇場版1作目も大作で素晴らしかったので、あれを超えるものができるのかなとも。

岡本:僕も思いました。キービジュアルを見た時、立っていたのがデクと勝ちゃんだったので、この2人がメインになるお話になるのはわかっていたので、今作がヒットしなかったら「前作はヒットしたのに」と言われるのは嫌だなとも思いました(笑)。

――先生が「最終決戦でやりたかったネタの一つ」とコメントしていましたが、それを知ったのはいつ頃ですか?

岡本:スタッフさんからは最終回をモチーフにしたものになると聞いていて、その翌週の『週刊少年ジャンプ』の誌面で先生がコメントしているのを読んで知りました。今作を観ていただければ「やりたかったネタの1つ」というコメントに納得できると思います。

 

3年半の間で感じた爆豪の成長とは?

――シリーズ史上最高のものになると予感された方も多いと思います。

岡本:前作が師弟関係を中心にオールマイトとデクの輝きを描いたとしたら、今作はデクと勝ちゃんの幼なじみの輝きを描いていて。

1年A組メンバーも全員が共闘しているところも見どころですが、共にヒーローの卵であり、オールマイトに憧れた二人が傷だらけになり、ボロボロになりながら戦う姿は感慨深いものを感じていただけると思います。

僕と山下大輝君も必死で収録したので、悔いがない収録をできたかな、今できる全力をぶつけられてよかったなと思っています。

――TVアニメシリーズが始まって約3年半経過しましたが、爆豪を演じてきて最初の頃と比べて成長や変化を感じたところはありますか?

岡本:ずっと自分が勝つことだけを考えていたけど、デクとの共闘を経て、「勝って助ける」ことがヒーローなんだと認識できるようになったかなと。戦い方も1人よがりではなくなったかなと思います。

那歩島で奮闘する1年A組は素晴らしいけど、先生たちには言いたいひと言!?

――今作では1年A組全員が離島の那歩島で協力してヒーロー活動する姿も見られます。

岡本:島民のために全員で戦う姿は清々しいんですけど、僕が思うのは先生もちゃんと見張っておけよと(笑)。カメラを設置するとか、個性を使って監視してなきゃダメじゃんって。

前のUSJの時も敵<ヴィラン>の潜入を許した経緯もあったので、A組の生徒だけで頑張るといいながらちゃんと見守ってほしかった。

でも先生やプロヒーローが来られなかったのは他に大きな事件があったのかなと思うことで納得することにしました(笑)。

でも、みんな一丸となってヒーローとして頑張っている姿はいいなと思ったし、それぞれの個性を活かしながら戦い方も見てておもしろい……『ピタゴラスイッチ』じゃないですけど(笑)、相乗効果で戦っていく姿は気持ちよかったです。

敵も魅力的なキャラが多いので、感情移入しやすい設定なので、今回の敵<ヴィラン>は好きという方も多いのではないでしょうか。正義と悪併せて個性豊かなキャラがたくさん出てくるところが『ヒロアカ』ならではなのかなと。

 

ナインは戦いながらも複雑な心境に。井上芳雄さんの声もマッチ

――劇場版オリジナルキャラのナインについてはどう思われましたか?

岡本:オール・フォー・ワンと似た、個性を集めて、使うことができるんですけど、能力の1つひとつもすごくて。僕にとって一番大きいのはナインがあまり悪者に見えないことです。

島民の人たちに危険を及ぼしていること自体は悪いけど、生きていくため、細胞活性化の能力を得るためにはそうするしかなかったと理解できるし、殺しはしないと言っているから大義名分がハッキリしているからこそ、複雑な気持ちもあります。

――ナインやスライスなどの過去や背景を見ると確かに同情したくなる部分もあります。

岡本:前作の敵<ヴィラン>は私利私欲のために行動する純粋に悪い敵<ヴィラン>でしたが、今回はパーソナルのために動いていることが多いので、敵<ヴィラン>という感じがしなくて。

大輝君がよく言ってますけど、オール・フォー・ワンやドクターに仕向けられた被害者の1人なのかなと思います。

井上芳雄さんの演技も素晴らしくて、PVの印象からも妖しくて。敵<ヴィラン>は悪い雰囲気を出してくる印象があるんですけど、ナインは曲々しさもあるけど、儚ささえ感じさせて。井上さんの声もハスキーさが若干ある感じでとてもマッチしていると思います。

――ナインと共に行動するスライスを演じるのは今田美桜さんですね。

岡本:ご本人の持つイメージとは違うキャラだったので、お芝居もキャラクター寄りにしてくださったのかなと思います。普段演じている役柄とも違うので難しいところもあったと思いますが、やりきってくださって素晴らしいなと思いました。

真幌・活真姉弟の物語も主軸。子供たちには活真に自分を重ねて観てほしい

――もう一組の新キャラ、真幌と活真の姉弟についてはどう思いましたか?

岡本:真幌役の黒沢ともよさんと活真役の寺崎裕香さんとは一緒に収録したので、キャラを一緒に作り上げてきたという印象もあるし、存在感も大きくて、活真は昔のデクと重なるところもあって。

そんな二人にデクと勝ちゃんがどう接するのかも見どころですが、活真に自分を重ねる子供たちも多いんじゃないかなと思います。同じように「デク兄ちゃん」と思いながら観ていただけたらうれしいです。

――デクや爆豪の成長譚でもあり、この姉弟の成長譚でもありますね。

岡本:本筋的には姉弟の物語が主軸だと思っています。

――完成した劇場版の映像をご覧になった感想は?

岡本:すごく良かったです! 特に最終決戦で流れる林ゆうきさんの音楽は、ゴスペルチックに歌い上げるのももの悲しくて。また絵もめちゃめちゃ動いていていて、色合いも派手でビックリしました。TVシリーズをやりながら、これほどのものを作れるボンズさんの底力を感じました。

――最終決戦の戦いのスケール感の大きさにただ画面に釘付けにされました。

岡本:ナインが叫び始めたところからすごいことになって。

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会
(C)堀越耕平/集英社
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年 秋アニメ一覧 10月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020秋アニメ(今期10月)おすすめランキングまとめ! 結果発表!
2020秋アニメも声優で観る!
タイムズユーザーアンケート
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング