menu
アニメ
TVアニメ『群れなせ!シートン学園』座談会!石谷春貴×木野日菜×宮本侑芽 【連載 Vol.01】

【連載】TVアニメ『群れなせ!シートン学園』座談会!石谷春貴×木野日菜×宮本侑芽|どんな気分の時にも気軽に楽しめる作品!はちゃめちゃなOP曲にも注目

私立シートン学園に入学した人間の♂・ジンとオオカミの少女・ランカほか、様々な動物たちとの交流をコミカルに描いた人気コミック『群れなせ!シートン学園』(山下文吾原作、漫画アプリ「サイコミ」にて連載中)が、2020年1月よりTVアニメ放送開始!

アニメの放送スタートを記念して、アニメイトタイムズではキャストやスタッフによる連続座談会企画をお届けしていきます。第1回にご登場いただくのは間様 人(読み:マザマ ジン)役の石谷春貴さん、大狼 ランカ(読み:オオカミ ランカ)役の木野日菜さん、牝野 瞳(読み:ヒノ ヒトミ)役の宮本侑芽さんです。放送直前の今、本作の魅力や見どころなど語っていただきました!

アニメイトタイムズからのおすすめ

動物への知識と愛にあふれた作品。女子は擬人化、男子はリアルな動物なのはなぜ?

――まず原作をご覧になった時の感想は?

間様 人役 石谷春貴さん(以下、石谷):まずオスの動物は普通に動物の姿なんだなと。メスの動物ははみんな擬人化した女の子になっていてかわいいのに(笑)。でもみんな二足歩行なのもおもしろい設定ですね。

あと、読んでいてテンポがいいなと思いました。懐かしさもありながらテンションも高くて、どう演じようかなと考えたのですが、周りのキャストさんの演じ方によっても変わってくるので、あまり固めないほうがいいかもと思いました。

料理部にジン君以外、男子がいないんですけど、男子の友達も欲しくないのかなとも思ったり、そもそも学園自体、人間はジン君と牝野さんの2人しかいないので、もし他の人間が入ってきたらどうなるのかな?とか、学園以外の世界はどうできているのかな?と気になったりして。そして意外に動物の知識がためになるのでお子さんにも見てほしいんですけど、ジン君みたいにはなっちゃダメだよと言いたいです(笑)。

大狼 ランカ役 木野日菜さん(以下、木野):ページを開いた瞬間から動物たちがたくさん飛び出してきて、動物園みたいだなと思ったら意外にもストーリーは学園もので(笑)。人間っぽい動物もいれば、リアルな動物もいて、まるでパレードみたいだし、みんな自由に生活しているのがおもしろいなと思いました。

あと恐竜が出てくるのも衝撃的でした!主に先生たちなんですけど、なかでも寺野先生(ティラノサウルス)のセリフには「絶滅したいのかね?」とまさに弱肉強食の世界が表れていたりして。全体的には、かわいくてコミカルな作品だなと思いました。

牝野 瞳役 宮本侑芽さん(以下、宮本):おもしろいのはもちろんだけど、それだけではなく、「きっと原作の山下先生は動物がすごく好きなんだろうな」と感じるほど、キャラ1人ひとり……じゃなくて1匹1匹への想いが伝わってきて。だからキャラがイキイキしているんだろうなと思いました。

アニメ化した時、どんな映像になるんだろうととっても楽しみで!このコミカルな動物感とリアルな動物感が合わさった時にどうなるのかワクワクでいっぱいになりました。

――あの動物作品として有名な『シートン動物記』からタイトルの「シートン」を取ったのかなと思いますが、それに恥じないこだわりや知識量ですよね。

石谷:すごく細かくて。

木野:私も毎回、勉強になります。

――でもちょっとエッチな場面もあるから、お子さんに勧めにくいところもありますよね(笑)。

宮本:アフレコ時も割とオープンに演じているので、放送でどれだけピー音(自主規制音)があるのか気になります(笑)。

 

原作連載中の「サイコミ』について熱く語る石谷さん

――ちなみに原作は「サイコミ」(無料マンガ配信サービス)で連載されていますが、読んでいる作品はありますか?

石谷:作者さんのTwitterから試し読みの情報が流れてきて読み始めた作品が結構あります。お気に入りの作品は『今どきの若いモンは』で、お仕事コメディで上司の人が良いことを言ってくれるお話です。「最近の若いモンは頑張りすぎだ」みたいな。

木野:おもしろそうですね。

石谷:あと『剣に焦ぐ』かな。不良少年が更生する王道ストーリーでおもしろいなと……あっ! 『TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには』も。

――たくさん読んでいらっしゃるんですね!

石谷:作品ごとにいろいろなタイプのキャラがいるし、恋愛コメディから王道作品、シュールなものまでいろいろな種類が読めるのがいいですね。

――ところでお二人が読んでいる作品は?

宮本:私は『群れなせ!シートン学園』です!

木野:私も!

宮本:今、石谷さんから教わった作品も読んでみたいと思います。「サイコミ」さんはラインナップを見るとバラエティー豊かですよね。

木野:作品の更新も曜日ごとに違いますよね。ちなみに『群れなせ!シートン学園』は水曜日更新です!

――シートン学園の宣伝隊長は津田健次郎さんが担当されているので、石谷さんは「サイコミ」の宣伝隊長になるというのは?

石谷:僕でよければご検討ください(笑)。
 

ジンは動物たちに罵倒を浴びせるので心が痛い……。瞳とランカへの態度の違いにクレームも!?

――ご自身が演じるキャラの印象や演じる時に心がけていることは? まずジンについてお願いします。

石谷:ジン君は動物が嫌いなので動物たちに罵倒を浴びせるシーンが多くて、アフレコで心を痛めながら演じています(笑)。画がかわいいし、コミカルに動いて、表情も変わるからどんな言い方をすればいいのかなと悩んだりもします。僕自身は人を罵倒することがないので、彼の罵倒スイッチはどこにあるんだろうと思いながらやっています。

ジン君って普段はぶっきらぼうで、作中でよく本を読んでいるので、自分の内に入っていくタイプなのかなと。他の動物たちがいることで外に感情を出せているところは、僕も周りの人に助けられているので少し似ているなと思います。

あと、演じる時はボケに対してしっかり返していこうと心がけています。いつも周りに巻き込まれているキャラクターなので、身を任せながらもジンとしての意志をしっかり持っていこうというのは気を付けています。彼は曲げない子ですが、今後段々と丸くなっていくのかなと。でもやっぱり、動物に対するトラウマは相当強いんだろうなとも思います(笑)。

宮本:実は優しいですよね。

石谷:決してガンコなわけではなく、人の良いところも認めたり、想いをすくいあげたり、人間らしいところもあるし、怒るということは感情も豊かな証明でもあると思うので。そのギャップを感じてもらえたらうれしいです。牝野さんに対しての態度とか(笑)。目がずっとハートマークになったりして、1人だけ対応が違いますね。

木野:全然違う~!!

 

子犬みたいだけど狼の誇りを持って仲間を守ろうとするランカに感動。収録中の木野さんの姿も動物的!?

――次はオオカミの少女・ランカについてご紹介お願いします。

木野:ランカは初めて見た時、あまりに小さくて、狼といわれるまで子犬かなと(笑)。でも狼としての誇りを持っていて、自分や仲間を襲ってくる相手に対して、頑張って震えながらも立ち向かう姿が素敵だなと思います。

あと表情がコロコロ変わって、うれしい時は笑顔いっぱいでしっぽを振って、悲しい時は声を出して大泣きしたりするのもかわいいなって。

ランカはいつも一生懸命、全力で生きているように感じるので、私も精一杯指先まで全身から声を発するイメージで演じています。

石谷:すごく伝わってくる。

宮本:日菜ちゃんはアフレコ中、髪を後ろでひとつ結びしていることが多いんですけど、後ろから見たポニーテールがしっぽに見えるくらい(笑)。

木野:動いてます?

石谷:ランカがペロペロするシーンは特に。

宮本:ブンブン動くのが何度見てもかわいいなと。そんなところもめちゃめちゃ動物っぽいかも。

 

瞳はおしとやかだけど実は天然。他のキャラがうらやましく思うことも!?

――最後はジンと同じく人間の瞳についてお願いします。

宮本:オーディションの時はおしとやかで、冷静に周りが見えている、かわいい子だなと思っていました。だからこの作品の中ではジン君と同じツッコミ担当かなと思っていましたが、収録を重ねるにつれて、「この子も天然なのかな…?」と。ちょっとボケていたり、周りにのっかってしまうところがあって、石谷さんには申し訳ない気持ちです(笑)。瞳ちゃんが自由な子なので私も自由に演じています。

おしとやかなキャラクターなので、しゃべり方も割とゆっくりめに作っていますが、作品のテンポ感も皆さんの掛け合いも速いので、そこについていくのに必死です。作品のテンポ感を損なわないように、できる限り、皆さんのテンポにのっかっていきたいなと思って一生懸命頑張っています。

木野:そんなに悩まれていたなんてビックリしました。いつも素敵な瞳ちゃんを聞かせていただいているので全然感じなかったです。

石谷:瞳のようにベースになってくれたり、普通の人がいるから他の人たちも思い切りできるんだよ。

宮本:私も遊びたい気持ちがあるんですけど……。

石谷:うずうずしちゃう時があるよね。

宮本:OP曲を料理部で歌っているのですが、皆さん、すごく楽しそうなんです。最初はジン君で、その次がユカリ(CV:久野美咲)、それを聞いて瞳役の私が歌った後がランカ、ミユビ(CV:小原好美)、最後がクルミ(CV:徳井美空)の順番で収録だったんですけど、あまりに楽しそうで、私もはしゃいで歌ったら「瞳は落ち着いて歌ってください」というディレクションを何回か受けました(笑)。

――確かに他のキャラはみんな突き抜けているけど、瞳は……。

宮本:そうなんです。あとお色気担当みたいなところもあるのかな(笑)。
 

TVアニメ化で注目なのは動物の鳴き声。ランカの感情がこもった鳴き声にも注目!

――アニメーションならではの演出や魅力だなと感じることは?

石谷:動物の鳴き声ですね。キャストの皆さんが演じる動物を真似て出す声というのは僕たち声優だからこそだと思うし、各動物の習性などを説明するナレーションも入るんですけど、声や動きがつくことでよりわかりやすくなるのかなと。アニメーションになったことで各キャラの動物らしさやイキイキとした感じがすごく出ているんじゃないかなと思います。

木野:あと、原作にはないアドリブも多くて、こんなに濃くなっちゃった!みたいな(笑)。先輩方がすごくて。クマとか……。

宮本:キリンとかロバとか。

木野:ちょっとだけ出てくる動物でも濃さが倍増しています。ぜひ皆さんにも注目していただけたら嬉しいです。

宮本:人間の脳が動物に入るとこんなにおもしろくなるのかと実感します。私、ランカの鳴き声が好きで。

木野:えっ!? うれしいです!

宮本:私はあまり動物役を演じたことがないんですけど、鳴き声が一辺倒になってしまいがちな印象があって。でもランカの鳴き声はシーンによってせつなくなったり、楽しそうになったり。

石谷:遠吠えとかよかったよね。

宮本:めちゃめちゃ心を揺さぶられました。でもちゃんと動物らしくて。1話の時から「日菜ちゃん、すごいな」って思ってました。アニメになって130%増しくらいにランカが魅力的になったと思います。

木野:ありがとうございます!

 

収録現場ではお菓子でエネルギー補給。先輩たちの率先した突き抜けた演技に負けないように

――皆さん、演じられる前に動物の予習をしてこられるのでしょうか?

宮本:事前に資料が配られているそうです。映像とか鳴き声とか。

石谷:あと現場で調べることもありますね。

――アフレコ現場の雰囲気はいかがですか?

石谷:毎回、おいしいお菓子を用意してくださるので、作品の雰囲気も相まってアットホームな現場になるんですよね。一番印象に残っているのが大きなどら焼きで。

木野:すごかった!

宮本:人の顔よりも大きくて。

石谷:それをケーキみたいに切って、配るんですけど、3切れくらい余って。

宮本:「食べましたか?」と確認してまわって。

石谷:最後はきれいになくなりました。
きっと、エネルギーの消費が激しい現場だから甘いものが欲しくなるんですよね。

木野:ジン君はずっと叫んでいるから。

石谷:あとセリフが被るシーンが多くて、みんなでお互いに「ここ入っていい?」とアイコンタクトの応酬です。テストで初めて生まれるものも多いですね。先輩方がいい意味で暴れてくださるので、僕たちも「ここくらいまでやって大丈夫なんだ」と確信を持てて。アフレコの序盤は先輩方が指標を作ってくださったところもあるし、僕らメインキャストも負けないようにと気合いが入って、相乗効果で良くなっているイメージがあります。

――先輩たちが率先してやり切っていると、より気合いが入りますよね。

石谷:だってクマの笑い方で「ベアッハッハ」って言わないですよ(笑)。

宮本:「クマックマックマッ」とか。おもしろかった!

石谷:ぜひオンエアを楽しみにしてほしいです。


(C) 山下文吾・Cygames/アニメ「群れなせ!シートン学園」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年 秋アニメ一覧 10月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020秋アニメ(今期10月)おすすめランキングまとめ! 結果発表!
2020秋アニメも声優で観る!
タイムズユーザーアンケート
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング