menu
アニメ
「プリパラ&キラッとプリ☆チャン Winter Live 2019」レポート

「プリパラ&キラッとプリ☆チャン Winter Live 2019」レポート|だいあの「フレンドパスワード」は彼女たちからの“gift”だった――

2019年12月15日(日)、「プリパラ&キラッとプリ☆チャン Winter Live 2019」が幕張メッセで開催された。

TVアニメ『プリパラ』と『キラッとプリ☆チャン』に登場するアイドルたちがコラボレーションする豪華絢爛のイベント。今回、アニメイトタイムズでは夜公演の模様をレポートする。

トップバッターとして姿を現したのは『キラッとプリ☆チャン』でOPテーマを担当している「Run Girls, Run!」だ。

《出演者》
林 鼓子(桃山みらい役)/厚木那奈美(青葉りんか役)/芹澤 優(南みれぃ役・赤城あんな役)/若井友希(レオナ・ウェスト役・緑川さら役)/森嶋優花(紫藤める役)/茜屋日海夏(真中らぁら役・金森まりあ役)/山北早紀(東堂シオン役) /澁谷梓希(ドロシー・ウェスト役)/牧野由依(黒須あろま役)/渡部優衣(白玉みかん役)/真田アサミ(ガァルル役)/斎賀みつき(紫京院ひびき役)/佐藤あずさ(緑風ふわり役・ファララ・ア・ラーム役)/山本希望(北条コスモ役)/田中美海(真中のん役)/大森日雅(月川ちり役)/山下七海(太陽ペッパー役)/伊達朱里紗(夢川ゆい役)/大地 葉(虹色にの役)/山田唯菜(幸多みちる役)/朝日奈丸佳(華園しゅうか役)/黒沢ともよ(ガァララ・ス・リープ役)/Run Girls, Run!

※記事中の写真は昼公演のものとなります。
 

アニメイトタイムズからのおすすめ

キラリスト・ジュエリスト

オープニングナンバーは「Run Girls, Run!」の「キラリスト・ジュエリスト」。

この日のライブは日曜日に開催されている。今朝10時に『キラッと☆プリチャン』が放送されてから約540分後。今度はライブでこの楽曲が聴くことができるというのは、なんと贅沢なことなのだろうか。

「キラリスト・ジュエリスト」の歌い出しは林鼓子さんこと、桃山みらいの歌声からスタートする。幕張メッセイベントホールに林さんの伸びやかな声がよく映える。大型スクリーンに映し出されるアニメのOP映像も相まって、これからはじまるウインターライブへの期待が大きく膨らんでいくようだ。

「皆さんこれからも盛り上がっていきますか!? 最後まで私たちと盛り上がっていきましょう!」と林さんが力強い言葉を発すると名曲「ダイヤモンドスマイル」へ流れ込む。

この日の「Run Girls, Run!」の3人からはコンディションのよさがステージからヒシヒシと伝わってくる。

前述した通り、林さんの歌声は言わずもがな、広いステージでも所作の美しさが目立つ厚木さんとモニターに映し出された表情が120点に可愛い森嶋さん。

ステージで伸び伸びとパフォーマンスする姿には『キラッと☆プリチャン』を牽引する“座長”としての力強さすら感じるほどだ。

昼公演で既に発表されていたが、『キラッと☆プリチャン』のシーズン3が決定した。そんな喜びを噛み締めるかのように笑顔でキレのあるパフォーマンスを魅せた3人が印象的なステージだった。

 

冬から一気に夏へ

「Run Girls, Run!」のステージが終わり、OPムービーが流れる。ここからが、ウインターライブの本編がスタートした。

最初に登場したプリパラ アイドルは「ドレッシングふらわー」。寒さが目立ちはじめたこの時期に「トンでもSUMMER ADVENTURE」を披露し、会場を更に熱くしていく。

続く「MY☆DREAM」が後方ステージで「ハートフル♡ドリーム」を歌い上げると、会場が再び暗転した。ステージ中央左にスポットライトが当たると、そこには「NonSugar」の3人が。僕が座っていたプレス席の近くから登場したものだから、周辺のファンがとびっきりの笑顔を浮かべているのを見て、こちらも思わず笑顔になってしまった。

 

ひびきさま!!!

元気いっぱいの「NonSugar」が「スパイシー♪ホット*ケーキ!!!」。続いて南みれいが「TRIal HEART ~恋の違反チケット~」を披露すると、だいあが登場しプリチャンアイドルのコーナーへとつながっていく。

ちなみにこの日の南みれい(芹澤 優さん)は神々しいまでに気合が入っていたように見えた。その理由について思い当たった点は後述したいと思う。

後方ステージに桃山みらいが登場すると「TOKIMEKI ハート・ジュエル♪」がスタート。林さんからバトンを受け取ったのは同じ「ミラクル☆キラッツ」の青葉りんかこと厚木那奈美さん。「夢色エナジー」を披露する。

優しくて品がありつつ、芯の強さを感じさせる青葉りんかの歌声。幕張メッセがブルー一色に染まる。ぐるっと一周見渡してみる。とてもキレイだ。

女児向けアニメに出演することが夢だった彼女は今、どんな想いで青葉りんかと一緒に歌を歌っているのだろうか。そんな物思いにふけっていると、桃山みらいの元気な声が鳴り響く。

「ミラクル☆キラッツ」のナンバー「SUPER CUTIE SUPER GIRL」桃山みらいと青葉りんかの2人で歌い上げる。

「レッゴー!シャイニング!ミラクルキラッツ!」

まだまだ、ライブはノンストップで続いていく。今度は桃山みらいがソロで「じゃんけんキラッと !プリ☆チャン」を歌い上げた。

そして、この曲が始まった。

「ひびきさまーーーー!」

「純・アモーレ・愛」のイントロが鳴り響いた瞬間、僕の斜め後ろから大きな声援が聞こえてきた。

僕が紫京院ひびき様のステージを見るのは2度目だが、前回と同じくいやそれ以上に圧倒されてしまう。

気品と艶。比類ない歌声が会場に鳴り響く。思わずひびき様を見つめていたら、神曲が終わっていた。

緑風ふわりの「コノウタトマレイヒ」で健康的な気分になったと思いきや、宇宙アイドル・北条コスモがステージ後方から現れ「君100%人生」を披露する。

「皆さん!コズミック久しぶり!北条コスモです!なんと今日はもう一曲聴いてもらいます!北条コスモの新曲です!皆さんに聞いてもらいます!」

新曲「Burn! Cosmic Liberty」はロックテイストいや、コズミックテイストな疾走感のあるナンバーだ。要所要所での転調も印象的で、もう一度聴きたいと感じさせる名曲に仕上がっていた。

 

ヒロインズドラマ

ここからは再びプリチャンアイドルのコーナーへ。「Meltic StAr」いや、赤城あんなと緑川さら2人で二重奏の響きが印象的な「Play Sound☆」をクールに歌い上げる。紫藤めるが居なかったあの頃。今とは少し違ったアプローチも逆に新鮮で見ていて心を惹きつけられてしまう。

そして、金森まりあが登場。ゴンドラで会場を移動しながら「シアワ星かわいい賛歌」を歌い上げる。しまった。既に何度「かわいい」と言ったかカウントできていない。

続いて紫藤めるが「スペース!スパイス!スペクタクル!」、緑川さらが「My Secreat heArtbeats」を披露する。

そして、赤城あんなが再登場し、新曲「ヒロインズドラマ」をライブ初披露した。

努力に裏打ちされた確かな実力で、情熱的な楽曲をよりドラスティックな形で表現してい赤城あんな。その姿に魅了されてしまったファンも多いはずだ。


 

半歩踏み出す勇気

ライブ後半に突入すると、「Gaarmageddon」、「NonSugar」、「MY☆DREAM」、「DressingPafe」、華園しゅうか、ファララ・ア・ラーム、ガァララ・ス・リープが次々とパフォーマンスを行い、会場を盛り上げる。






そして、今回のライブでは序盤からナビゲーターとして登場していた“だいあ”の出番がやってきた。

TVアニメ『キラッとプリ☆チャン』77話の名シーンがスクリーンに映し出されると、思わずPCを叩く手を止めてステージに見入ってしまう。

虹ノ咲だいあと“だいあ”が手を、心を取り合い一歩、いや半歩ずつ踏み出す勇気を見せるエピソード。このシーンはリアルタイムで見ていたのでしっかりと覚えている。

そして「フレンドパスワード」がはじまった。

作詞家・宮嶋淳子さんが紡いだ言葉、作曲家・曽木琢磨さんのメロディとアレンジ。虹ノ咲だいあと“だいあ”、そして、佐々木李子さんの歌声が重なった時間は目と耳と心を釘付けにした。

そうだった。あの日、朝食のトーストを食べながら見ていた77話のこのシーンを見ていた時も「マジか……」となった。心にそっと優しく触れてくるような繊細で優しい佐々木李子さんの歌声はモニター越しでも一視聴者だった僕の心を掴んだ。

この日はそんな極上の「フレンドパスワード」を生歌唱で体感することができたのだから、こんなに嬉しいことはない。

佐々木李子さんはだいあ役を掴んだ「gift」を歌唱した動画を77話が放送された直後にツイートした。

この日の「フレンドパスワード」は佐々木李子さんから多くの人々への「gift」だったように思う。

 

赤城あんな。あなたがナンバーワンだ

今回のウインターライブでトリを務めるのは「Meltic StAr」だ。まずは、「COMETIC SILHOUETTE」で会場を大きく盛り上げると、ライブ初披露となる楽曲「La La Meltic StAr」を持ってきた。

敢えてこのタイミングで触れておこう。この日の芹澤 優さん(赤城あんな)は神がかっていた。

ソロとして見せた「ヒロインズドラマ」の時からも感じていたが、やはり今日は何かが違う。

パフォーマンスの質の高さは勿論だが、ステージに立った時に発するオーラが半端じゃない。いつも以上の気迫を感じる。

その理由について考えていると、ある一点が思い浮かんだ。「ミラクル☆キラッツ』の萌黄えもが今日このステージにいないのだ。赤木あんなであれば、彼女がいないことを忘れさせるようなパフォーマンスをするはず。

そんなキャラクターの想いを感じさせる歌声とダンスはいつも以上の魅力を発揮させたのではないだろうか。2人が並び立つ瞬間がこれから楽しみで仕方ない。そんな気持ちで心をいっぱいにするパフォーマンスだった。

トリを務めた「Meltic StAr」に導かれ、プリパラ&プリチャンアイドルたちが一斉にステージへと姿を現す。

全員で「i☆Ris」の「Make it!」を大合唱。冬の寒さを忘れさせるほどの熱が会場を包み込む。

まさに大団円な空気感。ここで、会場全体を見渡してみた。客席もプリパラ・プリチャンアイドルも幕張メッセにいる全員がとてもいい顔をしている。そして、あっという間の2時間半が終わろうとしている。

と、ステージ右手を見てみると真中のんと太陽ペッパーが「Make it!」の完璧な振り付けを披露しているではないか。このダンスを見て心がいっぱいになったのは僕だけではないはずだ。

ライブの締めは「Crew-Sing! Friend-Ship♡」。次への約束をしてアイドルたちは次のステージへと旅立っていった。

2020年からは「キラッと☆プリチャン」の第3期がはじまる。今後のプリティーシリーズからも目を離すことができない。

〔文・川野優希〕

「プリティーオールフレンズ」公式ホームページ

おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020冬アニメ、何観るアンケート(結果発表)
冬アニメ声優で観る
2020年冬アニメ声優インタビュー特集
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
平成アニメランキング