menu
声優
ドラマCD『絶対BL』中島ヨシキ、土田玲央、江口拓也インタビュー

ドラマCD『絶対BLになる世界VS絶対BLになりたくない男』中島ヨシキさん、土田玲央さん、江口拓也さんインタビュー|BL世界とギャグのバランスが絶妙なドラマCD&キャラソンが完成!

2020年4月24日(金)発売のドラマCD『絶対BLになる世界VS絶対BLになりたくない男』。

原作は、「ボーイズラブ漫画」の住人だと気づいた主人公がBL世界の法則に抗い、立ちかけるフラグを折り続ける、Twitter&Pixivで話題沸騰中の不条理BLギャグマンガです。

今回アニメイトタイムズでは、作品の世界観やドラマCDの収録の様子などについて、主人公役の中島ヨシキさん、主人公の弟・綾人役の土田玲央さん、綾人に好意を寄せる友人・東條役の江口拓也さんの3人にインタビュー!

中島さんには、作品をイメージしたキャラクターソングの聴きどころなども伺いました。

アニメイトタイムズからのおすすめ

キャラクターを演じる上でのキーワードは“モブ感”!?

――まず、収録を終えての感想を教えてください。

主人公役の中島ヨシキさん(以降、中島):原作を読ませていただいた時から覚悟していたことではあるのですが、とにかくいっぱいセリフがあったなと(笑)。

“主人公”というキャラクターは、登場人物たちがイチャイチャしている世界線とは別の世界というか、別次元にいるような……例えるなら“神様”のような立ち位置の不思議なキャラクターで、この世界を俯瞰して見られる貴重な役どころだったので楽しませていただきました。

もう、次がやりたくて仕方がないです(笑)。

主人公の弟・綾人役の土田玲央さん(以降、土田):収録を終えての感想は、「(小学生の日記風に)楽しかったです」(笑)。

一同:(笑)。

中島:終わり?(笑)

土田:まず、ほかのキャストの方々がすごく豪華です!

そして、原作は友達から「面白いよ」と教えてもらって、もともと知っていたので、こんな面白い作品に、しかも弟役で携われて嬉しかったです。

主人公でもあるお兄さんは、(BLになることに)すごく抗っていますけど、弟はモブ(本来は名前も付いていないような脇キャラ)という属性で、しっかりとやらせていただいておりますので、今後ともしっかりできたらなと思います(笑)。

一同:(笑)。

東條役の江口拓也さん(以降、江口):1人1人のキャラクターの濃さというか、「ここがカップル」なんだとわかった途端に、どのカップルも今後のストーリーが見てみたくなるくらい、濃いキャストでお送りしているので、ワクワクして、すごく夢が広がりました。

1つの作品の中で、こんなにカップリングできることがあるのかというところが、たまらなかったです。

――原作漫画・台本を読んでの第一印象はいかがでしたか?

中島:僕は、出演のお話をいただいてから原作を読んだのですが、「それ言ったら終わりでしょ!」というメタ(主観的な立場からは見えるはずのない次元に言及する)ネタで。

しかも、僕はBLのドラマCDにもいろいろと出演させていただいているので、この作品をドラマCDにするとなった時に「俺がそれ言ったらダメなやつ」と思いましたね(笑)。

一同:(笑)。

中島:ただ、逆にそんな自分が演じるからこそ面白くできるんじゃないかと思い直し、あえて、そこにツッコんでいくからメタネタは面白いなと考えました。

原作のイラストもキレイですし、江口さんが話されたように、どこを切り取ってもBL漫画として成立するカップリングが登場するので、すべてにツッコミを入れていく感じが面白かったです。

土田:まず、原作を読んで思ったのが、ボリュームがすごいなと。「このシチュエーションもツッコむんだ!?」みたいなところも、たくさんあって面白いなと思いました。

それにツッコむ主人公も“アリ”なんだなと思いました。

江口:1話1話のエピソードがテンポ良く区切られていて、いろいろな世界をのぞき見している感じで、あっという間に読み終わってしまう気持ち良さもあり、「これは人気出るだろうな」と実感しました。

――ご自身が演じられたキャラクターの役どころや、役作りについて教えてください。

中島:……主人公です(笑)。最初に「イケメンではなく、モブで」というディレクションをいただいて、誰しもモブから(声優としての)キャリアをスタートしているので、初心に返るというか。

でも、この文章量はもはや「モブじゃないだろう」と(笑)。

一同:(笑)。

中島:話すとどうしても個性が出てきてしまうので、 “モブ”としての個性と“ツッコミ役”としての個性というのを、どう折り合いをつけてバランスを取るのかは悩みましたね。

周囲の登場人物たちが“いい雰囲気”になってきた時に、遠慮せずツッコんでいくような温度差、温度感は意識しながら演じました。

漫画だと、コマ割りの大きさや吹き出しの使い方でインパクトが出ると思うのですが、キャラの雰囲気を守りながら、声のボリューム以外でツッコミの熱量やインパクトをどう出すのかが、この作品をドラマCD化する面白さであり、難しさなのかなと思います。

――“モブ”という一面だけを見ると演じやすそうですが、なかなか役作りは難しそうですね。

中島:そうですね、難しいです!(笑)

江口:そもそも、個性のある声をしているから声優になったはずなのに(笑)。

一同:(笑)。

江口:普段は、個性を出すことをウリにしているようなところもあるから、それを逆に消すというのはなかなか難しいよね。

中島:そうですね。改めて技量を試されるようなキャラだったなと思います。

――では、綾人はいかがですか?

土田:綾人は主人公の弟でもあるので、やはり“モブ”で(笑)。

でも、(主人公と違って、この世界の仕組みに)気付いていないので、抗うこともなくて。それでもモブ(という設定の中)でどう演じていくかをいろいろと考えました。

特に、「受け」ではあるのですが「受け」っぽくし過ぎないというか、モブの……何回も“モブ”って言っていますね(笑)。

一同:(笑)。

土田:江口さんが演じた東條の「攻め」が、コントラスト的に際立つと良いなということも考えて、BL作品で描かれるベタな「受け」キャラというよりは、どこにでもいる普通の男の子を意識して演じました。

江口:僕は、「攻め」でキャスティングしていただいたBLCDに出演するつもりで演じました。

一同:(笑)。

江口:東條を演じる際、一旦、この作品がギャグだということは忘れて、東條と綾人でひと作品作れるくらいの気持ちで臨みました。

ストーリーの中で描かれる切なさや、山場の1つだなと思うところは、漫画も参考にしつつ、情緒たっぷりに演じさせていただきました。

中島:2人のシーンは描き下ろしですからね。

――カップリングが多いので、通常のBL作品より東條×綾人のエピソードやセリフはそれほど多くないと思いますが、その限られた中から膨らませて役作りされたんですね。

江口:言ってみれば、“主人公”以外は全員(BL作品の)主人公なので、その主人公感をいかに出すかということを意識しました。

兼役として、ほかのキャラも演じましたが、それぞれのキャラで急にスポットが当たっても「どのキャラでも演じきってやる」という意気込みで、自分としては「これだけ(の出番)でもったいないな」と思ったり。

先輩方についても「もったいない」と思うくらい、かなり豪華で、もっと聴いていたいと興奮しました。

――スピンオフとして、カップルの1組だけに焦点を当てて作品ができますね。

中島:いろいろできますよ。そうしたら、僕は全作品にモブで出られますから(笑)。

江口:確かに! それ。すごく面白い(笑)。

(C)紺吉/祥伝社
おすすめタグ
あわせて読みたい

ドラマCDの関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020春アニメ(来期4月)、何観るアンケート 結果発表
春アニメ声優で観る
2020春アニメインタビュー
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング